芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

水沢アリー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/19(金) 07:58:21.58 ID:aEgrTiXR9
no title


地上波未公開シーンを含めた完全版「しくじり先生 俺みたいになるな!!」が、AbemaTV(アべマTV)で放送された。

番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”として平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、
元ベイビーレイズJAPANの大矢梨華子、乃木坂46の大園桃子、AKB48の横山由依らが出演。今回の“しくじり先生”はタレントの水沢アリーだ。

”第2のローラ”としてブレイクし、おバカキャラで売っていた水沢。バラエティ番組に出演するときは、何を聞かれても
「わからな~い」という、おバカキャラ鉄板の一言で笑いを取っていたという。吉村が「このとき芸能界チョロいと思ってました?」と聞くと、水沢は「そうだねー!」と認め、笑いを誘った。

no title


当時水沢が出演していた番組の台本には「アリーちゃん、今の知ってる?」「わからな~い」「わからないアリーちゃんのために説明します」という流れがよく書かれていたそう。
笑いを取りつつ情報を掘り下げられるため、情報系バラエティ番組では重宝されていたようだ。

「必死にバカを演じていた」という水沢だが、徐々にバラエティ番組のディレクターたちが要求するおバカエピソードはエスカレートしていったという。

no title


これは”タレントあるある”で、吉村も「『誰口説きました? 誰失敗しました?』って聞かれる」といい、
「もうちょっと大きい名前の芸能人口説いてませんか?」と求められ、焦って女優・宮崎美子の名前を言ってしまったという。

no title


当時、水沢もディレクターに「まだ他で話してないエピソードない?」「今まで黙ってた秘密ない?」「ネットニュースになるようなネタない?」などとよく聞かれていた。
「放送できるギリギリのネタない?」とも聞かれたと話すと、これに若林は「じゃあ話せねえよ!」とツッコミを入れ笑いを誘った。
吉村も「なんで黙ってた秘密を初対面の人に言わないといけないんだって毎回思う」と不満をぶちまけた。

no title


水沢に対するディレクターの質問はさらにエスカレートし、とうとう「誰かの家、燃やしたことない?」という、とんでもない質問にまで発展。

また、おバカキャラだった水沢は、クイズ系の番組では「私で当てちゃいけない」という暗黙の了解があったため、
「現在の総理大臣は?」という誰でもわかるような問題に「阿部サダヲ」と無理やり答えて笑いを取ったことも明かし、キャラを保ち続ける苦労を告白。
心身ともにバランスを崩し、2年間芸能界を休業した。番組は期間限定・無料でAbemaビデオで配信中。

no title


http://news.livedoor.com/article/detail/16339160/
2019年4月19日 7時30分 AbemaTIMES

【水沢アリー、当時の台本を暴露「必死にバカを演じていた…」 2年間芸能界を休業した理由とは?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/15(月) 12:05:38.61 ID:M3/d1dci9
水沢アリーが、4月15日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系、毎週月曜24:20~)に出演。“顔もキャラも大嘘先生”として教壇に立ち、あちこち噛みつきまくった挙句、休業した真相を赤裸々告白する。

若林正恭(オードリー)と吉村崇(平成ノブシコブシ)が出演する同番組は、過去に“しくじった”ことのある先生たちが同じ失敗をする人を増やさないよう授業する反面教師バラエティ。同日は生徒として、大矢梨華子、大園桃子(乃木坂46)、澤部佑(ハライチ)、横山由依(AKB48)も出演する。

現在28歳の水沢は、2013年の大学2年の時に、“華やかな顔立ち”と“先輩にタメ口で噛みつくキャラ”で大ブレークし、“第2のローラ”としてバラエティ番組で引っ張りだこの存在に。しかし、今回の授業では、デビュー1週間前にファッション感覚で目を整形していたことを、あっさりカミングアウト。しかも、噛みつきキャラやおバカキャラは、すべて売れるために作った大嘘だったことを激白する。

ところが、安易な考えで“顔とキャラ”をいじった結果、オンとオフの切り替えができなくなり、プライベートでも周囲に噛みつきはじめ、本来の性格まで悪化。
自分を見失った末、芸能界休業へと至ったという。そんな水沢は、心を満たそうとして“B・B・P”に走ったというが、果たして“B・B・P”とはいったいどんな行動なのか? また、自分を見つめなおそうとした直後、水沢の身に起きた人生観を変えるほどの大事件も明らかになる。

「今回は一切、NGありません!」「ここまでハッキリと話すのは初めて」と、自らのしくじりをすべてぶっちゃける水沢。しくじりを経て、新たな境地にたどり着いた今後の目標も語る。さらに地上波放送直後の24時50分からは、Abemaビデオ版で「お笑い研究部」第2弾が配信される。
「お笑い研究部」は、“笑わそうとして怒られてしまったしくじりネタ”を芸人たちに披露してもらい、どうすれば怒られなかったのかをみんなで考える部活で、今回は、2017年『M-1グランプリ』ファイナリストのマヂカルラブリーが登場し、その『M-1グランプリ』で審査員を怒らせたネタが披露される。

2019年4月15日 10時0分 テレビドガッチ 
http://news.livedoor.com/article/detail/16318356/ 
no title


参考
no title

no title

no title

no title

【【しくじり先生】水沢アリー、整形&おバカキャラ演技 休業した真相を赤裸々告白】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/14(水) 07:52:31.32 ID:CAP_USER9
タレントの水沢アリー(28歳)が、11月13日に放送されたバラエティ番組「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演。心を病んでしまい、2年間休業していたと告白した。

タメ口で見た目がハーフのようだったことから“第2のローラ”と呼ばれ、デビュー半年でCMに出演、1年で100本の番組に出演するなどブレイクしていた水沢。
だが、ローラに寄せていくよう求められていく中で、共演者とケンカをするように指示されたり、芸人に対して辛辣なコメントをするようになって、その結果、心を病んでしまったという。

「本当の自分を見失った」と語る水沢は、2年間の休業を申し出て休業期間中に会社を立ち上げることに。
業務内容としては、伝統芸能を若者向けにアレンジメントして商品化しようとするもので、コンサルタントなども手掛けているとのこと。

水沢は「2年間休んでいた間に、愛が全てだということに気づいたの。人と地球を幸せにすることが私のテーマなの。
愛が全てだと気づいてから、人を褒めたいなと。戦う形とかじゃなくて人のいいところ探したり、褒めることに使いたいなって気持ちになったの」と語った。

そんな水沢に、この日出演していたバイキング・小峠英二(42歳)を褒めるよう求めたところ、
「身につけているものが少ないのに…シンプルなのに華がある」とコメント。
小峠は「褒めてねえじゃねえか!ハゲの新しい言い方ですよね『身につけているものが少ない』って」とツッコミを入れていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15591505/
2018年11月14日 3時52分 ナリナリドットコム

no title

【水沢アリー、2年間休業の理由告白】の続きを読む