芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

水卜麻美

    このエントリーをはてなブックマークに追加
水卜麻美2


1: なまえないよぉ~ 2017/08/08(火) 06:11:37.03 ID:CAP_USER9
 日本テレビの水卜(みうら)麻美アナウンサー(30)がアシスタントを務める同局系「ヒルナンデス!」(月~金曜前11・55)を9月いっぱいで卒業することが7日、分かった。

 2010年に入社した水卜アナは、11年3月の同番組スタート時からレギュラー出演してきた。食べっぷりがいいグルメリポート、女子アナとしては異色のぽっちゃり体形をイジられ、「水卜(みと)ちゃん」の愛称で親しみやすいキャラクターが浸透。オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」で昨年まで4年連続で1位を獲得するなど人気アナに成長し、2年目から6年半親しんだ番組をついに巣立つ。

 関係者によると、今後は情報・報道系の番組を担当する方向で調整が進んでいる。バラエティーで活躍しながら、26、27日放送の「24時間テレビ40 愛は地球を救う」では4年連続で総合司会を務めるエースアナがさらなる新境地を開く。

 水卜アナは8日、「ヒルナンデス!」に生出演。卒業について語るのか注目される。

2017.8.8 05:03
http://www.sanspo.com/geino/news/20170808/geo17080805030011-n1.html
no title

【独立か? 水卜アナ、卒業ナンデス…日テレ系「ヒルナンデス!」9月いっぱい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
水卜麻美2


1: なまえないよぉ~ 2017/07/30(日) 19:51:02.82 ID:CAP_USER9
昼帯の「ヒルナンデス!」でアシスタントを務め、今年6月の「週刊文春」の「好きなアナウンサー」(女子アナ部門)で
V4を達成するなど、今や日本テレビの看板娘となった水卜麻美アナ(30)。明治安田生命が今年発表した「理想
の女性上司ランキング」でも1位に輝いている。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「好きなアナにしても理想の上司にしても、男性人気だけでは首位になれません。男性にも女性にも愛される
キャラクターは、まさに視聴率が見込めるアナの代表例ではないでしょうか」

 水卜アナは、2010年に日本テレビ入社。翌年3月にスタートした前出の「ヒルナンデス!」のレギュラーに抜擢されると、
局アナには珍しいポッチャリ体型と、グルメロケでの食べっぷりのよさでジワジワと人気が上昇。入社5年目の14年からは
局の一大名物番組「24時間テレビ」の総合司会を担当し、オールマイティに活躍できる女子アナとして重宝されている。
そんなエースアナがついに一つの決断を下した、という。

「実は昨年末頃からアナウンス部の上司に、退社の意向を伝えていたんです。つまりフリー転身です」(局プロデューサー)

no title

http://www.asagei.com/excerpt/85575

【日テレ・水卜麻美「来春独立フリー」で日テレ大混乱!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/06/28(水) 07:44:45.15 ID:CAP_USER9
日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、きょう28日(21:00~22:54)に放送される同局系ドキュメントバラエティ特番『ダイエット・ヴィレッジ ~デブのままでは終われない汗と涙の大減量合宿 2017年夏~』に出演し、夏までに7kg減量することを宣言する。

この番組は、一癖も二癖もある個性的な8人のおデブたちが、1カ月のダイエット合宿に挑む姿を追っていくもの。
今回は「体重が身長を上回る男」「たった7日で服が破れてしまう女」「腹に尻ができた女」など男2人、女6人がひとつ屋根の下で生活し、合計100kgの減量に挑む。

合宿には、レスリングの吉田沙保里選手や、青山学院大学の原晋駅伝監督、ゴルフの古閑美保選手、カリスマトレーナーのスティーブン ヘインズら豪華特別講師陣に、泉里香、滝沢カレンという応援ゲストも。
しかし、ハードなトレーニングに、参加者は日を追うごとに疲労が蓄積。
慣れない集団生活に精神的なストレスもピークに達し、「ナメてんの?」「あいつ最低!」と怒号が響きわたる。

VTRを見たスタジオMCのハリセンボン・近藤春菜は「頑張っている姿に感動しましたね…」としみじみ。
そんな中、水卜アナは「私もダイエットしよう! 今が最高に重いので夏までに7kg!」と宣言し、近藤も「じゃあ私は3kg痩せる!!」と、2人で計10kgのダイエットを決意していた。

http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1644182/

『ダイエット・ヴィレッジ~デブのままでは終われない汗と涙の大減量合宿 2017年夏~』 近藤春菜と水卜麻美
no title

【水卜麻美アナがダイエット宣言「今が最高に重いので夏までに7kg!!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/05/22(月) 13:50:32.75 ID:CAP_USER9
日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)が、21日に放送された同局系バラエティ番組『ニノさん』(毎週日曜12:45~13:15)で、一部視聴者のバッシングに悩んでいることを打ち明けた。

この日は、「わかる人にわかってもらえばいい」という橋本龍太郎の生き方を学ぶ企画。
水卜アナは、「アナウンサーだからちゃんとしている、元気にハキハキしゃべるというイメージを持っていただくことはありがたい」と感謝しながら、
PCで黙々と作業しているところを後輩社員に目撃され、「三浦先輩って結構暗いんですね。入社してビックリしました」と言われたことがあったという。

そんな後輩の悪気のない発言を、「『おはよー!』みたいに何かを食べてるようなイメージで(後輩は)入社しているので、パソコンに向かってるのを見てビックリしちゃったみたいで」と分析。
元気で明るく前向きなイメージが、人々の中に強く残っているのを実感した出来事だった。

オリコン調査による「好きな女性アナウンサーランキング」で4年連続1位に選ばれている水卜アナ。
俳優の坂上忍(49)は、「女子アナでずっと何年も1位なわけでしょ? 当然『嫌い』も出てくるからね」と人気者にとっての宿命を話題にし、
「微妙に傷ついているんじゃないの?」とその心中を探る。

すると水卜アナは、「はい」と即答。
「引くぐらい傷ついています。耐えられないんです」と素直に心情を伝え、「すごくリアルな顔しちゃいました」と照れ笑いを浮かべる。
「だから、どんどん発言も保守的になってきちゃうし、余計なことをしゃべるくらいなら黙っていようと思っちゃうから」とアンチの存在を意識していることを明かし、
「こうやって言いたいことを言えるのはかっこいい」と橋本龍太郎の信念を称賛していた。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170522/Cobs_1629826.html

水卜麻美アナ
no title

【水卜アナ、アンチのバッシングに苦悩「引くぐらい傷ついています。耐えられない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/04/26(水) 06:42:43.95 ID:CAP_USER9
日本テレビアナウンサーの水卜麻美(30)が、4月19日放送の『今夜くらべてみました ゴールデン初回2時間SP』(日本テレビ系)に登場。知られざるプライベートを赤裸々に語った。

水卜は日本テレビの井田由美アナ(59)、尾崎里紗アナ(24)とともに 「トリオTHE華麗なる日テレ女子アナ」として登場。
入社8年目の水卜は、好きな女性アナウンサーランキング4年連続一位の人気者。
だが、中学のときは学級委員で、高校のときは変顔のプリクラを撮るのにハマるなど、いたって普通の青春時代を送ったという。

そして女子アナを目指し、慶応義塾大学に入学。「地味な自分を脱却してアナウンサーになるぞ!」と意気込んで入学したものの、切なすぎる事件が起こった。
それは「大学デビューを試みるも、カルチャーショックを受け挫折事件」。
ブランドのバッグを持ち、眉毛を描いて茶髪にして入学式に乗り込んだのだが、フルメイクに巻き髪であか抜けた女の子たちを目のあたりにし
「あ、間違えましたー! っていう感じで。けっこうショックだった」と、キラキラ女子に圧倒されてしまった当時を振り返った。

また、女子アナの登竜門であるミスコンにも出たかったのに、出られなかったという水卜。
その理由について「基本は人からの推薦だと思うんですね。なので、推薦されれば出られると思うんですけれど、
“あれってどうやって行われてんのかな?”って思って、気づいたらすべての選考が始まり、
すべてが決まってて、4年間誰にも推薦されないまま終わった」というトホホな体験を明かした。

大学時代もアナウンサーになりたいという夢を周囲に語っていなかったという水卜。
日本テレビ内定後は、大学で大騒ぎになると思いきや、友達が少なかったゆえに「誰もあたしのことなんか知らないので、“文学部にいるらしいけど誰? 
そんな人いた?”みたいな感じになってて」と、またもや水卜らしいエピソードを披露していた。

「水卜麻美は、視聴者が親近感を覚えるルックスや、言動が人気の理由。
こういった“学生時代から地味でトホホな青春を送った”というエピソードは、お茶の間に味方を増やすだけです。
本当に自己プロデュースの上手な、頭のいい人だと思いますね」(女子アナウォッチャー)

フリーで活躍する加藤綾子アナ(32)や夏目三久アナ(32)といった美女アナを差し置いて人気1位をキープできるのは、
天真爛漫なキャラながらも、ニーズを読めるクレバーさがあるからだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1304617/
2017.04.26 06:00 日刊大衆

水卜麻美2


【水卜アナ「ミスコンに出られなかった」大学時代を告白】の続きを読む