芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

水卜麻美

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/03/14(木) 07:00:08.78 ID:o+7AgYhl9
日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、13日深夜に放送された同局系単発バラエティ番組『犬も食わない』で、最近のセクハラの風潮について困っていることを明かした。

現代社会にはびこる“犬も食わないケンカ”を対照的な2人のキャラクターによるコントで描き、
オードリーの若林と水卜アナがTwitterの視聴者を巻き込んで応援する同番組。昨年秋に10回限定で放送され、復活版となる今回は、全5対決が繰り広げられた。

この中の「セクハラビクビクおじさん」(小手伸也)vs「セクハララインわかってますおじさん」(かもめんたる・う大)を受け、
水卜アナは「放送できるか分からないんですけど…」と言いながら、セクハラに対する持論を展開。

「『ちょっと太ったんじゃない?』って言われるのはダメなんですよ。でも『ちょっと痩せたんじゃない?』もダメです。
セクハラって結局信頼関係と受け取り方ですけど、私は会社の人が好きなので、『痩せた』って言われたらすっごいうれしいし、
『太ったね』とか言われても、むしろ面白いのでいいんです。でも全部禁止されちゃうと、女子も女子でちょっと困る人もいるでしょうね。
もしかしたら古い考えかもしれないですけど」と、コミュニケーションが制限されてしまうことを恐れた。

それを聞いたにもかかわらず、若林は「これからの時代、コンプライアンスも厳しくなってくるから、水トちゃんにそういうこと言うのは世の中でやめたほうがいいね」とおどけた様子。
すかさず、水卜アナは「それは困るんですよ。本当に困るの、本当に困る!」と、若林に両手を合わせて切実に訴えていた。

この日の放送では他にも、「ビジネス本全部読み男」(SixTONES・ジェシー)vs「帯だけ読んでる男」(かまいたち・山内健司)、
「マイナーアイドルファン」(犬飼貴丈)vs「メジャーアイドルファン」(ミキ)、「ハッシュタグ仕分け女子」(趣里)vs「ハッシュタグ活用女子」(武田玲奈)、
「腹筋女子」(奥山かずさ)vs「美尻女子」(西野未姫)が展開され、「#犬も食わない」がTwitterのトレンド入りする盛り上がりとなった。

また放送中には、番組公式SNSで、若林と、翌朝に『スッキリ』の生放送を控える水卜アナによる生配信も実施し、視聴者からは「レギュラー化希望」の声が殺到。
“犬も食わないTシャツ”を着用して日テレ社内や汐留界隈で番組をアピールしていた水卜アナは「次はちょっと半径広げますわ。
麻布十番とか…」と、さらなるPR活動をやる気十分で、若林も「またいつの日か、よろしくお願いします」と、次回の放送に意欲を示していた。

なお、オードリー・春日俊彰ふんする「YouTuberナメてるおじさん芸人・古井ひでお」によるYouTubeチャンネル「古井ひでおチャンネル」は、レギュラー放送終了後の今もなぜか更新中。
それに加え、今回の「マイナーアイドルファン」コントに登場した、ハーパー・あいなぷぅ演じる地下アイドル・あいにゃんが、
“動画アイドル”として活動を開始したことが発表され、またも番組を飛び出してひとり歩きしだすキャラクターが誕生した。

http://news.livedoor.com/article/detail/16156186/
2019年3月14日 4時0分 マイナビニュース
no title

【水卜アナ、セクハラの風潮に持論「全部禁止されると困る人も」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/12(火) 08:04:15.08 ID:xPJaeT9s9
“ぽっちゃりアナ”というブランドを作った日本テレビの水卜麻美アナが、最近“激ヤセ”したと評判だ。一時、ダイエットしたという話もあったが、そのときよりもさらに細いという。

「スリムとまではいきませんが、相当にヤセたことは確か。身長158センチ。前の体重はMAXで60キロの半ばまであったといわれます。でも、今7~8キロはヤセたでしょう。見ても、デブというほど太いわけでもありません」(日本テレビ関係者)

それはどんなところから分かるのか。かつては体全体がムッチリしていて見るからに豊乳だったが、今は並乳という感じ。

「以前は首に肉が付き過ぎて顔と同じ太さにも見えました。今など、鎖骨から首筋にかけて、あまり肉がない。首のラインもスッキリしてきた。見た目は『多少太いかな』というレベルで、もう“ブタアナ”ではありません」(同・関係者)

水卜アナは2月11日に放送される特番『今だから話します 平成最後にアスリート初告白 SP』に出演。再現ドラマでフィギュア金メダリストの荒川静香役も演じる。

「再現ドラマで、水卜アナは荒川をマネてリンクで滑ります。スケーターはアスリートですから、細身の演者ではダメ。少し太目かな程度の水卜アナがちょうどハマる。水卜アナは、番組のためにダイエットしたのではありませんよ」(同)

滝沢の強権発動で強制破局?

水卜アナは2015年、昼の情報番組『ヒルナンデス!』で共演していたジャニーズ『関ジャニ∞』の横山裕との交際が発覚。そのモラルが問われた。

「たださえ評判が悪いジャニーズアイドルと付き合うのはご法度なのに、水卜アナは交際を貫いた。しかし、ジャニファンからのバッシングが強く、17年に朝の情報番組『スッキリ』に異動。そのまま“水面下愛”を続けていました」(女性誌記者)

しかし、昨年からジャニーズ事務所は、『ジャニーズアイランド』社長の滝沢秀明が人事権を掌握。所属アイドルの女性関係を厳しく制限。それが水卜アナにも影響したとみられる。

「昨年、水卜アナには横山との結婚説が出ていたのは確か。しかし、滝沢の強権発動で、2人は別れさせられた可能性もある。日テレは民放一のジャニーズ寄り局。すでに今年に入って破局報道が出ており、その後、水卜アナは急激にヤセました」(同・記者)

水卜アナが後ろ髪を引く思いで横山と別れたのならば、激ヤセも納得だが…。

http://dailynewsonline.jp/article/1688934/
2019.02.12 07:31 まいじつ


no title

【水卜麻美アナ『激ヤセ』原因は「人気落ち」か「フリー準備」か「フラれた」か ← 眼科池wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/01/24(木) 11:08:13.15 ID:67If+vDu9
毎年“フリー転身説”が持ち上がるほど根強い人気を誇る、日本テレビの水卜麻美アナ(31)。水卜アナといえば、女子アナらしからぬ見事な食べっぷりで食レポをこなす“ぽっちゃりキャラ”のイメージがあるが――。

「ここ半年くらい、水卜アナは本格的なダイエットに励んでいたと聞いています。でも、彼女はハードな運動やストイックな食事制限が苦手。過去に何度もダイエットに挑戦していますが、どれもすぐに続かなくなるか、リバウンドしてきました」(テレビ局関係者)

そんな彼女だが、今回はなんと10kgの減量に成功したというから驚きだ。そのダイエット方法とは?

「毎日、全裸になって鏡で全身をチェックする“全裸ダイエット”を取り入れたそうです。食べたものをメモする“レコーディングダイエット”や軽い運動もしていたそうですが、3日坊主にならないように無理のないダイエットを心がけていたといいます」(前出・テレビ局関係者)

“全裸ダイエット”の効果について、ダイエットに詳しい美容ライターはこう語る。

「やみくもに“痩せたい”と思っても、ダイエットは続きません。本当は目をそむけたいリアルな姿を目に焼き付けることが大事です。なので、服を着ずに全裸になるのがポイント。マツコ・デラックスさん(46)も同じ方法で20kgの減量に成功しています」

“全裸ダイエット”で理想のボディを手に入れた水卜アナ。彼女には、仕事面でさらなる野望があるという。

「今年32歳になる彼女は、これまでの“バラエティ色”を弱めて、報道の一線で活躍していきたいと考えているようです。いまのお手本は『news zero』(日本テレビ系)でMCを務める有働由美子アナ(49)。彼女もNHKを退職後ダイエットに成功し、ジャーナリストらしい精悍な見た目にイメチェンしました」(前出・テレビ局関係者)

“裸一貫”からの再出発で、目指せ“ポスト有働”!?

2019年1月24日 6時0分
女性自身
http://news.livedoor.com/article/detail/15916890/
no title

【水卜麻美アナ 全裸ダイエットで10kg減、狙うはポスト有働、さらなる野望もwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/14(金) 10:02:17.27 ID:CAP_USER9
 女優の南沢奈央と破局したお笑いコンビ『オードリー』の若林正恭(40)が深夜番組『犬も食わない~ディスり合いバトルコント~』(日本テレビ系)で共演している水卜麻美アナ(31)に急接近、熱愛に発展するのではと注目の的だ。

 「若林と水卜アナはかなり前から親しい関係にある。ジャニーズ事務所の『関ジャニ∞』横山裕と別れた水卜アナと本格交際が噂されているんです」(日本テレビ関係者)

 まず若林と南沢の交際が発覚したのは、昨年12月。
「2人は2010年にバラエティー番組共演で知り合い、お互いの趣味が落語&プロレスということで意気投合。真剣交際は'17年から。南沢の事務所も若林との交際を認めたので“結婚秒読み”と見られていたんですが、9月に破局していたんです」(女性誌記者)

 若林は理由について「私の度量の狭さです」とラジオ番組で話している。
「若林はオードリーとしてレギュラー7本、ピンでも3本持っている売れっ子芸人ですからね。交際に発展してから共通の趣味である落語やプロレス観戦のデートが少なくなった。独占欲が強い南沢にはそれが我慢ならなかったうえ、潔癖症だから過去の若林の風俗通いも許せなかったようです」(バラエティー関係者)

 一方の水卜アナは、'15年7月に昼の情報番組『ヒルナンデス!』で共演していた横山とのボクシングジムデートが報じられた。
「当然のようにジャニーズの横槍が入って強制破局させられた話や、田中みな実との二股交際説が飛び交ったものです。水卜アナはショックを受けて別れたといわれていたんですが、秘かに交際は続いていたようです。水卜アナは横山と結婚するために、日テレを寿退社することも考えた。しかし、優柔不断な横山にあいそを尽かし今夏にジ・エンド。今はフリーの状態とか。若林とは気を許せる仲であることは確かですよ」(日テレ系番組制作会社スタッフ)

 だからか、若林と水卜アナの双方が独り身になってから番組がスタートした『犬も食わない』の番組公式インスタグラムの“ツーショット”が怪しいと評判。
「あまりにも仲がよさそうなので“できている”というネタが局内で流れているんです。もともと若林は“女子アナ大好き”人間。デカパイ肉布団で温かい水卜アナの体を狙ってるはずですよ」(情報番組関係者)

 う~ん、寝てみたい。

https://wjn.jp/article/detail/0112520/
no title

【水卜麻美 オードリー若林が狙うエッチ「デカパイ肉布団」wwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/01(木) 14:55:29.11 ID:CAP_USER9
 “最強女子アナ”の呼び声も高い日本テレビの水卜麻美アナ(31)。つねに独立がささやかれ、本人もフリーに色気をみせていたようだが、どうも最近は及び腰になっているというのだ。その原因が有働由美子アナ(49)だというからどういうことだ。

 「水卜アナをかわいがっている幹部が説得して、局に残ることを決めたと言われていますが、独立話は湧いては消え、という状況を繰り返しています。独立すればギャラは億単位ともいわれており、自身もまだフリーへの夢を諦めていないようでした」とベテランの芸能ライター。

 親しい知人には、いまだフリーになったときのメリットやデメリットを相談しているともいわれていたが、最近はフリーになることに大きな不安を感じているようなのだ。

 「一時は、局の看板である報道番組『news zero』を外部から来たフリーの有働アナに託すことに、水卜アナは不満を感じていました。しかし、その有働アナが苦戦しているのを目の当たりにしたことが大きいようです」と先の芸能ライター。

 今年3月いっぱいでNHKを退社し、フリーになると、さっそく10月から「news zero」で報道キャスターを務めることになった有働アナ。鳴り物入りでのスタートだったが、いざ始まってみると、視聴率で大苦戦しているのだ。

 「報道志向の水卜アナからすれば、有働アナは、自分がフリーになったときの格好のシミュレーションだったわけです。その有働アナですら、なかなか視聴率を取ることができないうえ、しかもその原因として、バッシングの対象になってしまうという厳しい現実を間近でみてしまいましたからね」と同局関係者もそう指摘する。

 これまで好きな女子アナランキングで5連覇し殿堂入りまでした水卜アナだが、最近ではバッシングを浴びることも。

 「誰からも好かれるキャラだったのに、ラーメンをひたすら食べるという短い動画をインスタに投稿すると『あざとい』という批判も少なくなかった。仲の良い後輩アナの結婚式に呼ばれなかったということをバラエティー番組で皮肉まじりに話したところ、やはりバッシングを浴びてしまった。自分の思っている以上にアンチが増えていることにも不安を感じているそうです」と先の同局関係者は声をひそめる。

 フリーになるには、相当の覚悟が必要なようだ。

2018.11.1 
https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/181101/ent1811019011-s1.html?ownedref=not 176et_all_newsTop 
no title

no title


【水卜アナ「独立」に暗雲、本人も及び腰 背景に「zero」有働アナの苦境とアンチ増加】の続きを読む