芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

水ト麻美

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/04(月) 08:10:19.68
日本テレビの人気者・水卜麻美アナが、自身のインスタグラムで“ランチ会”を配信し好評を得ている。

「とんかつや羽付き餃子を美味しそうに食べる様子をそのままライブで配信しフォロワーと交流を持ち、その美味しそうに食べる様子が大絶賛を受けています。〈美味しそうに食べる姿に癒されました〉〈見てて元気なる〉といったコメントが寄せられ、水卜アナもノリノリ。配信予告もしていますから、今後も楽しみです」(女子アナウオッチャー・たなか是政氏)

 この大サービスは、世の中のコロナ疲れを少しでも軽くできないかという、水卜アナの優しさからくるものだろう。

「年末年始の暴飲暴食のせいか、年明けから水卜アナのボディはパツパツのオーバーシュート状態で、バストも史上最高の推定Gカップにまで膨らみを見せ男性視聴者を喜ばせていました。そのためレギュラー番組の『スッキリ』では毎日がバストお宝映像状態となっていましたが、気にしたのかこの1カ月でさすがに徐々に痩せてきたようにも見えます。ですが、このランチ配信の好評で、また食欲が回復してきそう。再爆裂化が楽しみですね」(前出・たなか氏)

 それでこそ水卜アナ!(露口正義)

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-148210/ 
水卜麻美

【水ト麻美に期待がかかる再度の爆裂化/バストも史上最高の推定Gカップまで膨らむ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/25(木) 13:59:10.20 ID:2uK2VV249
フィギュアスケート女子の本田真凜(17)=JAL=が25日までに自身のインスタグラム更新。
自身が大ファンという日テレ・水ト麻美アナウンサー(32)と対面した2ショットを披露し、「2人とも可愛すぎる」「最高のコラボ」と反響を呼んでいる。

本田は「大好きな大好きな水卜さん」として2人のアップショットを投稿。
「撮影の合間にも私の止まらない水卜さん愛をお伝えする事ができて食べ物のお話も
アメリカのお話もたくさん出来てもう本当に夢のような幸せな時間でした」と喜び、「またお会い出来ますように…」と願った。

また「5/2『news zero』♯本田紗来♯本田望結♯本田真凜」と姉妹での番組出演を告知した。

この投稿には水トアナからも「ありがとうーーー!!わたしも、とっっっても幸せな時間でした」と感謝のコメントが寄せられ、
フォロワーからは「みとちゃんも真凜ちゃんもかわいい」「透明感がすごいです」「最強タッグ」「大好きなお二方が奇跡のコラボ」との声が上がっていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16371286/
2019年4月25日 13時28分 スポーツ報知
no title

【本田真凜、水ト麻美アナとの“相思相愛”ショットが「奇跡のコラボ」「2人とも可愛すぎ」と反響】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/08/23(木) 18:36:09.52 ID:CAP_USER9
 日本テレビの人気アナウンサー、水ト麻美アナがインスタグラムを始めて約1カ月。開始当初はフォロワーも1000人程度と、人気女子アナとしては寂しい数字だったが、その後徐々に増え、今や24万人を超えた。

 そこには暴飲暴食としか思えない食べ歩きの記録が赤裸々に描かれており、「さすがは水卜ちゃん!」と、彼女の“売り”を称賛するコメントがあふれている。

 「水トアナは、自身初のレギュラー出演番組として6年半アシスタントを務めた『ヒルナンデス!』を、昨年9月に卒業。10月から朝の情報番組の『スッキリ』のサブMCに就任しました。主婦層から絶大な人気があり、『好きな女性アナウンサーランキング』で4年連続1位となった実績が買われてのものでした。ところが今、毎朝4時30分には起きる生活で、当然、夜は遊べなくなった。友人たちに『早くフリーになって仕事を選べる立場になりたい』と漏らすようになったといいます」(芸能関係者)

 水トアナは真面目で、仕事には熱心に取り組むタイプ。上層部からの受けがいいし、すぐにフリーになるのは想像しにくい。

 「やっぱり、夜に食べ歩きできないのが相当にストレスになっているらしく、『食事の誘いを断るのがつらい』という愚痴を言うようになっているようです。本音は、本人が食べに行けないのがつらいのでしょうけど…」(同・関係者)

 水トアナは自身のインスタグラムのアカウントを『mito_meat』とするほど、食べることが好きなキャラクターだ。食べ歩きのためにフリーになる決心をするというのも、実に水卜アナらしい。

 「実際、いくつかの大手事務所に『フリーにならないか』と誘われています。もっとも可能性があったのは昨年の今ごろですが、そのときは条件が整わなかった。今は水トアナが生活を変えたいと思っているので、フリーに転身する可能性は高いでしょうね。仕事を整理してからとなると、クールの区切りがいい来年の春あたりが適しているかもしれません」(同)

 SNSでも「水トちゃんが食べ歩けないなんて、魚が泳げないようなもの」「水トちゃん、やっぱり朝より夜キャラだよ。ガンガン食べ歩きしてほしい」などと、食べることへの応援の書き込みが多く見られる。
「水トはもう31歳。独立するにしても、年齢としては限界に近い。今年中に身の振り方を決めるのではないでしょうか」(同)

 人気アナウンサーの未来が“おなか”とともに揺れている。


https://wjn.jp/article/detail/9083951/

【水ト麻美「夜の食べ歩き」のためにフリーを決心かwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/06(月) 17:41:22.23 ID:CAP_USER9
10月から朝のワイドショー「スッキリ」(日本テレビ系)に、同局のエースアナの水ト麻美アナが新加入。極楽とんぼ・加藤浩次、ハリセンボン・近藤春菜という芸人コンビに加え、3人MCとして始動した。

 さる10月30日の同局の定例会見では、大久保好男社長が、彼女が新たにMC加入した「スッキリ」について触れ、「期待通りの結果を出してくれていると思っています」と高く評価していたが、果たして本当なのだろうか?

「社長の言っていることは半分当たっていて、半分外れてます(笑)。というのも、この10月の第一部(朝8時~9時30分)の平均視聴率は7,0%を記録したという発表がありましたが、
確かに20日までは7%、時には8%を超える日(16日には8,8%)もあったのです。しかし24日の6,6%を皮切りに、25日が5,3%、26日が5,8%、27日が5,3%と、前月までの5%台に逆戻り。
つまり平均視聴率が高かったのは月の前半に稼いだ“お釣り”だったんです」(芸能ライター)

 対して現在トップを走る「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)はどうだろう。
24日は8,3%、25日は8,4%、26日は9,1%、27日は7,9%と独走。つまり「スッキリ」はリニューアル後もなかなか羽鳥慎一キャスターに勝てていないのである。

「最初は『ヒルナンデス!』から移った水トちゃん見たさにチャンネルを合わせた人も、確かに彼女は出てはいるものの、思ったほど番組自体は変わり映えのしない内容だということに気づいたようです」(制作会社デスク)

 番組のイメージダウンを恐れ、大胆な発言で物議を醸すこともあったテリー伊藤氏や、利益供与問題で批判された上重聡アナと立て続けに出演者を追放してきた「スッキリ」。だが、好感度No.1アナを入れても、立て直しはいまだ道半ばのようだ。

(魚住新司)

エース・水ト麻美投入でも「スッキリ」が羽鳥慎一に勝てない“誤算” 
2017年11月6日 05:59 
http://www.asagei.com/excerpt/92200 
no title


  【体型がスッキリしていないエース・水ト麻美投入でも「スッキリ」が羽鳥慎一に勝てない誤算wwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/08/21(月) 22:05:48.30 ID:CAP_USER9
周囲が羨む美女が並び立てば、必ず起こるのが大ゲンカ。怖いけど見てみたいテレビのウラ側をスクープ!

 テレビ界は椅子取りゲーム。中でも椅子の数に限りがある女子アナたちの間では日々、争いの火ダネが転がっている。
画面には映らない女子アナ犬猿バトル夏の陣、壮絶七番勝負をお届けしたい。

 まずは、入社間もない新人にもかかわらず、「現場が困惑するほどの仲の悪さ」と噂されているのが、フジテレビの久慈暁子アナ(23)と
海老原優香アナ(23)。東京湾が血に染まるかもしれない「お台場ルーキー戦争」を、女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

「入社前に、ノンノモデルから女優業までこなしていた久慈アナは、ルックスも経歴も別格。歴代女子アナトップのオールラウンダー。
一方の海老原アナはミス学習院ですが、肩書的には劣る。久慈アナはメインを務める番組『クジパン』がすでに始まっていますし、
海老原アナは確実に自分との差を感じているでしょう」

 そこに生まれる感情とは、嫉妬に違いない。「昔、中野美奈子を同期に持った中村仁美が、電話を取る際、“アイドルじゃないほうの新人です”と
名乗り、嫉妬心を燃やしていた」(前同)という話もある通り、美女アナの採用にこだわるフジでは、まま起こるバトルなのだ。しかし、事態はそれだけに止まらない。

「久慈アナはまだ入社3か月にもかかわらず、7月10日からフジの看板番組『めざましテレビ』に異例の抜擢をされたんです。そのことで、
他の“めざまし女子アナ”たちが“代わりに飛ばされるのは誰!?”と戦々恐々の状態になっています。特に、宮司愛海アナは、自分の首が危ないと
感じているのか、久慈アナとは距離を置いているようですよ」(放送作家)

no title

https://taishu.jp/detail/29044/

【加藤綾子、水ト麻美、桑子真帆…人気女子アナ「壮絶犬猿バトル」】の続きを読む