芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

民放

1: なまえないよぉ~ 2019/08/22(木) 05:05:57.40
女優橋本愛(23)が、高畑充希(27)主演の日本テレビ系10月期ドラマ「同期のサクラ」(水曜午後10時)で、5年ぶりに民放連続ドラマにレギュラー出演することが21日、分かった。13年NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレークした橋本は、14年フジテレビ系「若者たち2014」を最後に民放連ドラレギュラーから遠ざかっていた。

今作で橋本が演じる月村百合は、ゼネコン花村建設に入社した高畑演じるサクラの同期の1人。サクラが周囲に忖度(そんたく)せず、故郷の離島に橋をかける夢に一直線に向かっていくのと対照的に、百合はクールで場の空気を読むが、常に自分の居場所を探して、少しずつ心に変化もきたす、イマドキの若者らしい役となる。

橋本は「勇気を持って生きる女性を勇気を持って演じたい。変わらないことの美しさと同等に、変わることの美しさをお伝えできれば。たくさんの人の思いや生き方を肯定できるように頑張ります」と意欲を語った。

同作は17年「過保護のカホコ」制作陣が1話1年で10年を描く。脚本の遊川和彦氏は「ずっと一緒に仕事したくてたまりませんでした。彼女の芝居はウソやごまかしがなく、少し不器用だけどいつも真剣。今まで見たことない橋本愛を引き出したい」。橋本は日テレ連ドラ初登場で、大平太プロデューサーは「何度もラブコールを送りました。高畑さんのあふれ出るエネルギー、橋本さんの秘めたるパワーが化学反応を起こしてくれる」と期待した。
8/22(木) 5:00 日刊スポーツ 
橋本愛が5年ぶりに民放連ドラでレギュラー出演 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-08210442-nksports-ent 

日本テレビ系10月期ドラマ「同期のサクラ」で、5年ぶりに民放連続ドラマにレギュラー出演する橋本愛 
no title


【橋本愛が5年ぶりに民放連ドラでレギュラー出演】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/24(金) 05:09:49.52 ID:CAP_USER9
 民放キー局の一部の主力女子アナたちの過酷な労働環境について、発売の「週刊ポスト」(小学館)が報じている。

 主力アナの過労ぶりを露呈していたのはTBSの吉田明世アナ。10月29日の「サンデー・ジャポン」生放送中に体調不良を訴え、途中退席。しかし、翌日、月曜から金曜まで出演している朝の帯番組「ビビット」で仕事復帰を果たした。

 そんな中、11月20日の同番組には出演せず。同日午後に放送された「たまむすび」(TBSラジオ)内で、「この間、倒れてしまったこともあって、勤務を見直し、上司と番組(スタッフ)と相談を重ねた結果、週の後半、水木金曜日だけを担当させて頂くことになったんです」と出演本数を減らしたことを明かしていた。

 民放キー局を見渡すと、テレビ朝日は青山愛アナが7月、宇佐美佑果アナが年内で退社。TBSは、久保田智子アナが昨年3月に有給休暇消化後の退社を発表、佐藤渚アナも今年4月退社した。日テレは小熊美香アナが妊娠・出産を機に12月中の退社を発表。フジテレビはお笑いコンビ・さまぁ~ずの大竹一樹の妻、中村仁美アナが部署異動の辞令を受けたのを機に7月に退社している。

 同誌によると、どんどん女子アナが退社する一因となっているのが、一部の主力アナへの仕事の集中。たとえば、日テレではミトちゃんこと水ト麻美アナが過重労働気味。杉野真実アナも報道を中心にフル回転なのだとか。

 フジテレビは椿原慶子アナ、生野陽子アナ、山崎夕貴アナばかりに出演が集中しているというのだ。

「同じ給料にもかかわらず、仕事をバンバン入れられた方はたまったものではないだろう。しかし、力量に差があると力がある方を使うのは上層部として当然の判断。とはいえ、過重労働ではまったく“花形”の職業とはいえない」(テレビ局関係者)

 それなりの“覚悟”がなければ、売れっ子アナは目指せないようだ。

http://wjn.jp/article/detail/6456499/
no title

【“花形”の職業ではなくなった民放キー局の女子アナ 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/19(金) 06:15:48.75 ID:CAP_USER9
 女優の池脇千鶴(35)が14年ぶりに民放の連続ドラマに出演する。TOKIOの長瀬智也(38)が主演する7月スタートのTBS日曜劇場「ごめん、愛してる」(日曜後9・00)で、これまでにない難役に挑む。

 誰にも愛されずに大人になった律(長瀬)が、ヒロインと出会い初めて愛を知るラブストーリー。池脇演じる若菜は律の幼なじみで、同じ児童養護施設で育った女性。8歳の息子がいるが、自身は子供の頃の事故で高次脳機能障がいとなり知能は7歳程度のままだ。池脇は実際に障がいのある人を取材し、「自分なりの若菜像をつくり上げることができた」と話している。難役をどのように演じ切るのか注目が集まる。

 大西礼芳(あやか、26)、六角精児(54)、中村梅雀(61)も出演する。

no title

7月期TBS日曜劇場「ごめん、愛してる」に出演する池脇千鶴
Photo By スポニチ


2017年5月19日 06:00
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/19/kiji/20170518s00041000429000c.html

【池脇千鶴、14年ぶり民放連続ドラマ出演】の続きを読む