芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

死語

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/05/19(土) 16:44:56.81 ID:CAP_USER9
「死語」とは以前よく用いたり流行ったものの、最近はめっきり使わなくなった言葉のことである。
5月18日の「ことばの日」にちなみ、お昼のバラエティ『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の“超限定マーケティング”で「死語」をテーマに取り上げた。

番組が40~50代女性に「死語」についてアンケート調査した結果にもとづくランキングは次のようなものとなった。

■40~50代女性に聞いた、もう『死語』だと思う言葉 トップ10

1位 ナウい
2位 チョベリバ&チョベリグ
3位 アベック
4位 KY
5位 花金
6位 アッシー
7位 とっくり(※とっくりセーターの意味)
8位 だっちゅーの
9位 ヤング
10位 バッチグー

はじめはトップ10が明かされておらず、出演者が予想して回答するクイズ形式で進行する。そんななかでゲストの元アイドリング!!!朝日奈央(24)やレギュラーの河北麻友子(26)は知らないことが多く驚きを隠せなかった。

50代ならばバブル時代を知っているので「アッシーくん」と予想したのは河北麻友子だった。ただ、それに絡んだクイズで「“テープくん”とはどんなことをしてくれる男性?」との問いに、彼女は「テープを巻いてくれる、切ってくれる人」とイメージできず戸惑う。

正解は「CDをカセットテープにダビングしてくれる男性」と聞いても、「カセットテープがよく分からない…」とやはりピンとこない。

MDさえほとんど使われなくなりカセットテープを知らない世代が増えるなか、奥田民生の『イージュー★ライダー』(1996年6月)の歌詞にノスタルジーを感じる人も少なくなるばかりだろう。

また、朝日奈央は陣内智則が「アベック」を正解すると、「何ですか? アベックって知らない!」と目を丸くした。最近では「カップル」と呼ぶことが多いので初耳だったようだ。進行の有吉弘行が「今でも野球でアベックホームランとか使うよね」とフォローしていた。

ちなみに以前、“みちょぱ”ことモデルの池田美優(19)はSNSでJK(女子高生)を中心に若者が使う「卍」について「5、6年前と意味が違ってきた」とぼやいていた。
「まじ卍」と使われるのも今年あたりまでかもしれない。そうやって「死語」は増えていくのだろう。

河北麻友子「カセットテープが分からない」朝日奈央「アベックって何?」 『死語』ランキングで実態明らかに 
2018.05.19 12:00 
http://japan.techinsight.jp/2018/05/maki05181646.html 
no title


(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【死語ランキングで河北麻友子(26)「カセットテープが分からない」朝日奈央(24)「アベックって何?」wwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/07/08(土) 11:30:10.83 ID:CAP_USER9
女優の真木よう子さん(34)がツイッターを開設したところ、「ワロス」など、今では使われなくなったネットスラングを使ったため、困惑するファンが続出している。

「ワロス」という言葉を生んだ「2ちゃんねる」でも真木さんのツイートが話題になっていて、ネットに慣れていないようで「恥ずかしい」などといった意見が出ているほか、過去に使われたネットスラング「漏れ」「キボンヌ」「逝ってよし」などを思い出す人もいる。

「Twitterとやら、始めました」

真木さんは2017年6月28日、

「Twitterとやら、始めました。初めまして。ワタクシ通り名真木よう子」
とツイッターを開設した。ネット上ではまず、この「通り名」というのはどんな意味なのか話題になったが、続いて何をつぶやけばいいか分からないとし、真木さん主演のフジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」の撮影を話題にし、

「私扮する宮地奈央の私服は極めてダサい、一周回ってもやっぱりダサい。出オチ感半端ねぇyo、そこのみでいいから観てくれyo」
そして、

「本日も撮影なう。ワロス」
とつぶやいた。これに対しフォロアーから、

「言葉には気をつけて...」
とたしなめられ、

「了解です!バルスって言ったらいいかな??」
と返した。この「ワロス」というのは「2ちゃん」発祥のネットスラングで「笑った」という意味だ。そのため真木さんに「2ちゃんねらー?」といった疑いがかけられた。しかし、「ワロス」は10年くらい前に流行り、今では「死語」のようになっている。

ネットスラングも流行廃れがあるから難しい

当の「2ちゃん」でも真木さんのツイートが話題になり、

「無理してネットスラング使おうとして、思いきり滑ってる」
「ひと昔前によくいた、椎名林檎が好きな専門学校生が書きそうな文面」
「きっと今ごろ死にたくなるくらい恥ずかしがってると思う」
「年増のいい女がネットに馴染もうと頑張ってくれてんだから、大目に見てあげて」
などといった書き込みが出ることになった。

真木さんのツイートで過去に流行ったネットスラングを思い出す人も多くいて、

「はげどうとか言って欲しい希ガス」
「初心者は逝ってよし」
などといった書き込みが出たほか、「漏れ」「キボンヌ」「香具師」「オヌヌメ」といった言葉が出て、

「ネット用語も流行り廃りがあるし、定番になっただろと思ってたら、そうでもないのがあったりで難しいよなぁ...」
などといった感想も綴られた。

https://www.j-cast.com/2017/07/08302245.html?p=all 

f67562a2

【真木よう子「ワロス」とネット死語 ファン「大目に見てあげて」】の続きを読む