芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

欅坂46

1: なまえないよぉ~ 2018/09/17(月) 00:03:19.51 ID:CAP_USER9
欅坂46の平手友梨奈(17)が16日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。
映画「響―HIBIKI―」の監督に発した、衝撃のひと言が明かされた。

「響―HIBIKI―」のメガホンをとったのは月川翔監督(36)。
監督いわく、平手は「『現場に入る前にリハーサルしましょう』と呼んでも『いや今日はちょっと…』というような人だったので『いつお芝居を見られるのかな』という感じだった」と告白。
「最初は(平手に)目も見てもらえなくて…」と嘆くばかりだった。

それに対し、平手は「『(この人)どういう方なんだろう?』というところから入っちゃうので」とポツリ。
監督は「僕はこういう事が苦手ですとかいう弱みも全部話して、僕が丸腰になって、大丈夫だよって状態にして」と、まるで小動物を扱うかのように平手に接していったようだ。

そんな平手にも意外な一面が。
初めてのリハーサルの時、平手は映画初出演ということで緊張をほぐそうと「まずは台本を見ながらでいいから…」と監督が声をかけると、突然「リハをやる前に監督と2人でお話させていただけませんか?」と願う平手。
監督は快諾し、別室に行ったものの、平手はなかなか口を開かない。
どうしようもなく「脚本どうだった?」と質問すると、「つまらなかった」と衝撃の一言。

監督は、あまりの出来事に驚きを隠せなかったが、17歳のまっすぐな意見に理由を聞き出し、平手の意見を脚本家に説明。
すると脚本家も納得して修正されたという。
普通はキレてもおかしくないが「スゴい的確なことを言っていた」と理解し監督・脚本家ともに納得したのだとか。

本作は平手の蹴りのシーンが印象的だが、「もっと蹴りたかった?」の問いに「うん」と即答しスタジオは騒然。
そのやり取りを聞いた平手ファンの東野は「俺、楽屋おるから、蹴ってもらって…」と発言すると、共演者たちからは「なんでやねん!」と強烈なツッコミが入っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000198-spnannex-ent

「行列のできる法律相談所」 平手友梨奈
no title

no title

no title

no title

no title

no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

no title

【【欅坂46】平手友梨奈(17)さん、完全に天狗になっている模様wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/13(木) 22:51:07.06 ID:CAP_USER9
グループ活動から距離を置いた半年間を経て7月に完全復帰。
あらためてその存在感を示した欅坂46のセンター、平手友梨奈さん。
初主演映画も公開間近。作品、そしてグループへの情熱。
17歳のカリスマを突き動かす思いと、アイドルの枠にはおさまりきらないその魅力に迫ります。

カリスマ、平手友梨奈。
平手友梨奈さんがカメラの前に立った瞬間、場の空気が一瞬にして引き締まる。
さりげない仕草、ふいに向けられる強い眼差し。
すべてが絵になる、まさにカリスマ。

まもなく封切りとなる初主演映画『響 -HIBIKI-』ではその才能と純粋すぎるキャラクターで文学界に革命を起こす女子高生小説家・鮎喰響(あくい・ひびき)を演じている。

大人たちをやっつける響にワクワク!
「原作のコミックを読んで響が大好きになって…悩んだけど、最終的にはやってみたいと思いました。響は才能を持っているだけでなく、自分の信じることや大切な人のためなら闘える人。そういう貫く気持ち、大事ですよね」

信念を貫くためなら手段は選ばない響。劇中では率直なその性格を表すアクションにも挑む。

「本気でやってと言われたので、全力でいきました。大人たちをやっつけていく響にわくわくして『響、次は何やってくれるんだろう』って。私も響に学んで、いつでも闘う覚悟ができました(笑)」

屋上から飛び降りても平気!?
屋上から飛び降りる場面もスタントなし。心配する周囲をよそに、

「なんかこう、ふわーっと。楽しかったです。普通に」

と涼しい顔。ハードルの高いことをさらりとやってのける大物ぶりはまさに響そのもの!?

徹底したプロフェッショナルの姿勢
「興味のないものには無関心だけど、ツボにハマったものは掘り下げるところとか、似ている部分はありますね。とはいえ、熱中している趣味ってないかも。オフの楽しみは食べること…くらい?」

と、あどけなく首を傾げる。
一方で7月に復帰した欅坂46の活動に対しては、徹底してプロフェッショナルな姿勢でパフォーマンスを追求する。

「『こういう歌い方、ダンスをしたい』と思ったら、どうしたらできるのか、すっごい気になる。だから夢中で調べます。それでアイデアが思い浮かんだ瞬間、周りの人に一方的にメッセージを送り続けるんです(笑)。脳内実況中継。それで後から『あのとき私、なんて言ってたっけ?』と聞くんです。書いたらそれで忘れちゃうから」

と肩をすくめつつも、打ち込むと決めたら一切の妥協はなし。

欅坂46を牽引する存在として…
「活動を“仕事”とは割り切れません。だからいいステージができるなら、いくらでも時間をかけたい。例えば同じ思いのメンバーがいたら夜中の何時まででも、納得できるまで練習に付き合います」

クールに見えて、誰より熱い。
平手友梨奈として、欅坂46を牽引する存在として。
その熱がファンを、そしてメンバーを、さらなる熱狂の渦へと引き込んでいく。

ひらて・ゆりな 
2001年6月25日生まれ、愛知県出身。
欅坂46最年少メンバーにしてグループの絶対的支柱。
ファーストシングル「サイレントマジョリティー」から最新曲「アンビバレント」まで、7作連続センターを務める。
見る者を一瞬にしてその世界に引き込む研ぎ澄まされたパフォーマンスに、幅広い世代が熱狂。
その天才ぶりと無邪気な素顔とのギャップも魅力!? 
初主演映画『響 -HIBIKI-』が9月14日から、全国東宝系で公開。愛称てち。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00010000-ananweb-ent&p=1

欅坂46 平手友梨奈
no title

映画「響 -HIBIKI-」(9月14日公開)メインビジュアル
no title

【【またカリスマw】「17歳のカリスマ」欅坂46、平手友梨奈、徹底してプロフェッショナルな姿勢でパフォーマンスを追求wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/13(木) 00:09:59.99 ID:CAP_USER9
欅坂46の平手友梨奈が13日発売のマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」41号の表紙&巻頭グラビアを飾った。

2016年のデビュー以来、若者に絶大な支持を得る欅坂46のセンターとして常に走り続けてきた彼女が、9月14日公開の映画『響 -HIBIKI-』にて、映画初出演にして初主演というステージに立つ。
歌とダンスのパフォーマンスを今度は芝居に置き換えて、平手が魅せる次なる世界とは。
映画への想いを語るコメントも掲載する。

誌面のグラビアでは、さらりと白のシャツワンピースを着こなして登場。
シンプルな衣装ながらも彼女の美しさが際立ち、唯一無二のオーラを放っている。

センターグラビア&巻末グラビアも
このほかにも、センターグラビアにコスプレイヤーの伊織もえが登場。
前号で表紙を飾った彼女が2週連続で出演する。

さらに巻末グラビアはAKB48の矢作萌夏。
同誌初登場を果たす。

http://mdpr.jp/news/detail/1791787

「週刊ヤングジャンプ」41号 平手友梨奈
no title

no title

no title


映画「響 -HIBIKI-」(9月14日公開)メインビジュアル
no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

no title

【【欅坂46】平手友梨奈、真っ白衣装でナチュラル美 唯一無二のオーラ放つ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/11(火) 15:32:25.79 ID:CAP_USER9
欅坂46の長濱ねるが長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」(2019年2月6日よる9時~ NHK BSプレミアム)に出演する。

今年4月、同作の制作発表を行い、脚本(荒井修子氏)と出演者2名(貫地谷しほり、遠藤憲一)を発表したが、新たな出演者が発表に。
長濱のほか、樫山文枝、和泉ちぬ、前野朋哉、宮崎香蓮(※「崎」は正式には「たつさき」)が出演し、宮崎は島原ことば指導も担当する。

ストーリーと長濱ねるの意気込み

同作は、「かんざらし」の名店といわれる「銀流」のリニューアルオープンを目指す物語。
長崎県島原市には「かんざらし」と呼ばれるお菓子の名店「銀流」があったのだが、20年前に閉店。
それを今によみがえらせるため、地域おこし協力隊として桐畑瑞樹(貫地谷しほり)が市に雇われる。

長濱が演じるのは、「銀流」のアルバイト・保科舞香役。
NHKのドラマ出演は今回が初めてとなる。
長崎県出身の長濱は「この度、長崎県を舞台にしたドラマに出演させていただくことができ、本当に光栄で心から嬉しいです」と喜び、「島原市は幼い頃から何度も足を運んでいた馴染みのある場所」と紹介。
「演技経験が浅く、不安もあります」としながらも「大好きな長崎のお話を精一杯楽しく演じきりたいです」と意気込んでいる。

長濱ねる コメント
この度、長崎県を舞台にしたドラマに出演させていただくことができ、本当に光栄で心から嬉しいです。島原市は幼い頃から何度も足を運んでいた馴染みのある場所であり、また長崎にゆかりのある方々が出演されると聞き、とてもワクワクしています。演技経験が浅く、不安もありますが、大好きな長崎のお話を精一杯楽しく演じきりたいです。

http://mdpr.jp/news/detail/1791916

欅坂46 長濱ねる
no title

no title

no title

【【欅坂46】長濱ねる、NHKドラマ初出演!地元・長崎が舞台】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/12(水) 09:34:34.78 ID:CAP_USER9
欅坂46・今泉佑唯のソロ写真集「誰も知らない私」(10月3日発売)より、先行カットが公開された。

今泉佑唯、奇跡のカット披露

すでに解禁しているカバーや水着の写真では大人びた表情を見せたが、今回は“妹感”が可愛すぎる自転車カット。
ロケ地のイタリア・ナポリで、子ども用の自転車を借りて撮影した。

最初は滞在していたヴィラの敷地内で漕いでいたが、だんだんと楽しさが満ちて、ミニスカ姿で元気に漕ぎまわる今泉と、それを追いかけるカメラマン。
太ももを大胆に露出した姿は、これ以上裾がめくれたらお蔵入りだったかもしれないギリギリセーフ、奇跡のカットとなった。

https://mdpr.jp/news/detail/1791975

今泉佑唯が太ももを大胆に露出「奇跡のカット」公開
no title


今泉佑唯 水着ショット解禁 
no title

Loppi ・HMV限定版表紙
no title

通常版表紙
no title

ソロ写真集「誰も知らない私」より
no title

no title


特典ポストカード
no title

no title

【【欅坂46】今泉佑唯、えろえろなミニスカで太もも大胆露出wwwwwww】の続きを読む