芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

欅坂46

1: なまえないよぉ~ 2019/01/16(水) 10:34:25.65 ID:SOOMGF7y9
昨年11月に欅坂46を卒業した今泉佑唯(20)が、ファンの間で注目を浴びている。
今月から所属事務所を「エイベックス・AY・ファクトリー」に移し、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを開始。
ツイッターでは早くも20万人以上のフォロワーを集めている。

今月11日には、動画配信サービス「SHOWROOM」で、出演舞台のチケット販売記念配信を行った。
卒業後初、約3カ月ぶりの配信。
配信開始前は「見に来る人がいるだろうか」と不安がり、かなり緊張した様子だったが、開始直後から多くの閲覧者が訪れ、多数の歓迎コメントを受けると、「みんな、ありがとう」と何度も感謝していた。

配信中盤以降に緊張もほぐれると、ファンからのリクエストにも応じた。
Uruの「プロローグ」などをアカペラで歌い、持ち前の歌唱力を披露した。
最終的に、配信には4万人以上が訪れた。
久々に「動く今泉佑唯」を見たファンたちからは、「配信ありがとう!」「なんか、泣けてきた」などと、喜びのコメントを寄せられた。

15年8月に欅坂46に加入。
16年4月発売のデビュー曲「サイレントマジョリティー」で、ポジション最前列のフロントを務めた。
キュートなルックスと、“神対応”のファンサービスで、握手会ではトップクラスの人気を誇った。

一方、17年4月から8月まで体調不良のため活動を休止するなど、イベントを欠席することもあった。
「今泉はもともと個の力がある。グループでの活動よりも、自由度の高いソロ活動のほうが向いているかもしれない」と話す音楽関係者もいる。
今泉自身も、現在、新たな一歩を踏み出そうと意欲満々だという。
もちろん、欅坂46や、以前所属していた事務所への感謝は決して忘れない、と周囲に話しているという。

今泉のように、アイドルグループ卒業後ソロのタレントとして活動するメンバーは多いが、活躍ぶりはさまざまだ。
グループ会社の「エイベックス・マネジメント」に所属する元AKB48川栄李奈(23)はじめ、多数のドラマやバラエティー、CMなどに出演するのは一握りと言っていいだろう。
苦戦をしいられる者も、決して少なくない。

それでも、今泉にかかる期待は大きい。
今や国民的アイドルグループになった乃木坂46はじめ欅坂46、けやき坂46(ひらがなけやき)の「坂道シリーズ」グループの勢いも、追い風だろう。
早速、今年3月から上演する劇作家つかこうへいさんの代表作、舞台「熱海殺人事件」(3月28~31日、クールジャパンパーク大阪TTホール、4月5~18日、東京・紀伊国屋ホール)でヒロインを演じることが決まっている。

同作の演出は、かつて舞台「あずみ」で川栄を抜てきし、女優として開眼させた岡村俊一氏。
舞台初出演の今泉にとって、厳しい稽古が待っていることは間違いないが、一気にソロ活動の道が開き、先輩の川栄に続く人気タレントへと坂を駆け上がっていく可能性もありそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00445818-nksports-ent

つかこうへい舞台「熱海殺人事件」ヒロインに抜てき
no title

no title


欅坂46 今泉佑唯
no title

no title

no title


“先輩”元AKB48川栄李奈
no title

【欅坂46卒業の今泉佑唯にかかる期待 キュートなルックスと“神対応”で人気 ← 卒業ブーストなだけだろwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/15(火) 19:18:35.77 ID:NEIvMHgI9
平手友梨奈(欅坂46)が「第42回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞した。

平手は初主演映画「響 -HIBIKI-」で、圧倒的な文才を持つ現役女子高生・鮎喰響を好演。
自分の信念に正直で破天荒な一面を持ち合わせるヒロイン像を体現してみせた。
新人俳優賞には平手のほか、上白石萌歌、趣里、芳根京子、伊藤健太郎、中川大志、成田凌、吉沢亮というフレッシュな面々が名を連ねた。

「第42回日本アカデミー賞」の最優秀賞は、3月1日に授賞式にて発表。
優秀賞受賞作品・受賞者の中から選出される。

■ 第42回日本アカデミー賞
□ 優秀作品賞
「カメラを止めるな!」
「北の桜守」
「孤狼の血」
「空飛ぶタイヤ」
「万引き家族」

□ 優秀主演男優賞
岡田准一「散り椿」
舘ひろし「終わった人」
濱津隆之「カメラを止めるな!」
役所広司「孤狼の血」
リリー・フランキー「万引き家族」

□ 優秀主演女優賞
安藤サクラ「万引き家族」
黒木華「日日是好日」
篠原涼子「人魚の眠る家」
松岡茉優「勝手にふるえてろ」
吉永小百合「北の桜守」

□ 新人俳優賞
上白石萌歌「羊と鋼の森」
趣里「生きてるだけで、愛。」
平手友梨奈「響 -HIBIKI-」
芳根京子「累-かさね-」「散り椿」
伊藤健太郎「コーヒーが冷めないうちに」
中川大志「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」
成田凌「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」
吉沢亮「リバーズ・エッジ」

全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000052-natalien-musi

平手友梨奈 主演映画「響 -HIBIKI-」
no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

no title

【欅坂46平手友梨奈さん、初主演映画「響 -HIBIKI-」で「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞、大ヒットだったからなwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/10(木) 18:54:45.54 ID:oZ24StRF9
欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)でのある一幕が物議を醸している。

問題となっているのは6日深夜放送回。番組内では、今年年女になった菅井友香と渡辺梨加を中心にメンバーが2チームに分かれてゲームバトルが開催された。
その中で、各チーム2名がこたつに入り、足の感触でこたつの中に入っているものを当てるというゲームも行われたのだが、その1回戦目で中に入っていたのは門松。
4人のメンバーが門松を足で触り続け、台座から落ちてしまった門松を踏みつけるように触り続けるという光景も放送された。

しかし、もともと門松には「年神を家に迎え入れるための依り代」という意味合いがあるため、
放送後にネットからは「門松足で踏むってどういう神経してるの?非常識というか罰当たり」「見てて胸くそ悪くなった」
「罰当たりだし、正月から縁起悪い」といった批判が殺到。番組制作側に対して、
「スタッフの常識を疑う」「矢面に立つのはメンバーなんだから、もうちょっと考えて」という指摘が寄せられてしまった。

また、バトル内ではさらに「羽子板マシュマロキャッチ」として、チームのリーダーが3メートル離れた場所にいるメンバーに羽子板でマシュマロを打ち、
1分間でメンバーが口でキャッチできた数を競うというゲームも行われ、
「食べ物で遊ぶのもそうだし、いろいろ常識がなさすぎる」「マシュマロを大量廃棄したのも問題でしょ」という声も噴出。
食べ物企画でよく見る「この後、スタッフが美味しく頂きました」というテロップもなかったために、苦言がさらに大きくなっている状態になっている。

また、一部ファンは番組の公式ツイッターアカウントに直接苦情を寄せるなどの事態にも発展しているこの騒動。果たして番組側からの説明はあるのだろうか――。

http://dailynewsonline.jp/article/1643708/
no title

【欅坂46が“門松を蹴る・踏みつける”に批判殺到www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/08(火) 16:34:54.74 ID:PERYJ0Kc9
欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)でのある一幕が物議を醸している。

問題となっているのは6日深夜放送回。番組内では、今年年女になった菅井友香と渡辺梨加を中心にメンバーが2チームに分かれてゲームバトルが開催された。
その中で、各チーム2名がこたつに入り、足の感触でこたつの中に入っているものを当てるというゲームも行われたのだが、その1回戦目で中に入っていたのは門松。
4人のメンバーが門松を足で触り続け、台座から落ちてしまった門松を踏みつけるように触り続けるという光景も放送された。

しかし、もともと門松には「年神を家に迎え入れるための依り代」という意味合いがあるため、
放送後にネットからは「門松足で踏むってどういう神経してるの?非常識というか罰当たり」「見てて胸くそ悪くなった」
「罰当たりだし、正月から縁起悪い」といった批判が殺到。番組制作側に対して、
「スタッフの常識を疑う」「矢面に立つのはメンバーなんだから、もうちょっと考えて」という指摘が寄せられてしまった。

また、バトル内ではさらに「羽子板マシュマロキャッチ」として、チームのリーダーが3メートル離れた場所にいるメンバーに羽子板でマシュマロを打ち、
1分間でメンバーが口でキャッチできた数を競うというゲームも行われ、
「食べ物で遊ぶのもそうだし、いろいろ常識がなさすぎる」「マシュマロを大量廃棄したのも問題でしょ」という声も噴出。
食べ物企画でよく見る「この後、スタッフが美味しく頂きました」というテロップもなかったために、苦言がさらに大きくなっている状態になっている。

また、一部ファンは番組の公式ツイッターアカウントに直接苦情を寄せるなどの事態にも発展しているこの騒動。果たして番組側からの説明はあるのだろうか――。

http://dailynewsonline.jp/article/1643708/
2019.01.08 12:40 リアルライブ
no title

【欅坂46が“門松を蹴る・踏みつける”で物議に 批判が殺到した背景とは 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/08(火) 05:23:56.55 ID:QJ+lIFX+9
欅坂46小林由依(19)の初のソロ写真集(タイトル未定)が、3月13日にKADOKAWAから発売されることが7日、分かった。
昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で、欠場した平手友梨奈(17)に代わって欅坂46のセンターを務めた注目株。欅坂46で5人目のソロ写真集となる。

昨年秋、イギリスで撮影。ロンドンを中心に、ライブハウス、ブライトンのビーチ、バースのスパ施設など、各地でとらえた多彩な表情を収録。
水着ショットにも初挑戦したという。「古い街並みがとても魅力的で、どこを切り取っても絵になるすてきな場所で撮影をさせていただき光栄でした!」と振り返った。

小林はストイックに表現力を追い求め、キレのあるパフォーマンスでファンを魅了する人気メンバー。
ギターが得意で、歌唱力も高い。また、メンバーの織田奈那(20)から溺愛されており、織田のブログ内には「ぽんかんさつ」と題した企画があるほどだ。

小林は「写真集ではカメラを気にしていない自然体な表情も見せているので、ぜひ『ぽんかんさつ』の延長線として見ていただけたら面白いかと思います!」とアピールした。

http://news.livedoor.com/article/detail/15840732/
2019年1月8日 5時0分 日刊スポーツ

002_size6


no title


【欅坂46小林由依さん、初ソロ写真集、水着ショットも初挑戦】の続きを読む