芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

橋本愛

1: なまえないよぉ~ 2019/10/07(月) 05:41:57.73
女優の橋本愛が、10月4日にInstagramを更新。ドラマ『同期のサクラ』の撮影で着用した作業着姿を披露し、「かわいいがすぎる!」とファンを悶絶させている。

10月9日より放送がスタートするドラマ『同期のサクラ』は、大手ゼネコンの花村建設を舞台に、高畑充希が演じる新人女性社員・北野サクラが夢に挑んだ10年間の記録を描いた作品。およそ5年ぶりに民放の連続ドラマにレギュラー出演する橋本は、サクラの同期・月村百合役を演じている。4日に更新したInstagramのエントリーで、橋本は作業着とヘルメットを着用した笑顔の写真を公開して「百合ちゃんです」と自己紹介。「花村建設の花をイメージしてポーズしたらめっちゃぶりっこになった…」とキュートなポーズの意図を明かし、「10/9。ドキドキです。テレビを介してお会いするのが楽しみです」と第1話の放送に向けて期待をつづっている。

同ドラマの公式Instagramでは、ぶりっことは正反対の“オラオラ”感ただようお茶目なオフショットも披露した橋本。キャプションに「いろんな顔を見せてくださる #橋本愛? さんにスタッフはメロメロです」とあるように、その演技力を撮影現場でいかんなく発揮しているようだ。

◆「かわいいがすぎる!!!」とファン大興奮

クールな演技派女優というイメージとのギャップに、橋本のファンは大喜び。Instagramのコメント欄には無数のハートマークとともに「かわいいがすぎる!!!」「笑顔嬉しい」「ヘルメット姿でもやっぱり可愛い」「素朴な作業着もとてもお似合いです」「めんこいのう」「建設現場に咲いた百合の花」「可愛すぎて現場で足踏み外しそう」といった絶賛のコメントが殺到した。また、「ドラマ楽しみ~!」「めちゃめちゃ楽しみです!」など『同期のサクラ』への期待の声も続々と寄せられていた。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

橋本愛が作業着姿で“ぶりっこポーズ”を披露!「可愛すぎて現場で足踏み外しそう」とファン悶絶 
[2019/10/4 19:02]耳マン 
https://33man.jp/article/007642.html 

橋本愛の貴重な“ぶりっこポーズ”に注目!橋本愛 Instagram 
no title

[douki_sakura] 
no title

【橋本愛ちゃんが作業着姿でぶりっこポーズ、ファン悶絶wwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/19(木) 06:51:20.53
 10月9日から放送がスタートするドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)。この作品で5年ぶりに民放連ドラ出演を果たすのが、橋本愛(23)だ。

「橋本さんは、主演の高畑充希さんの同期を演じます。クールで場の空気を読むけれど、常に“自分の居場所”を探している若者という難しい役どころ。新田真剣佑さんや竜星涼さんなどのイケメンが出演することでも話題です」(スポーツ紙記者)

 '13年にNHK朝ドラ『あまちゃん』でアイドルを目指す足立ユイ役を熱演し、人気が急上昇した橋本。

「主演ののんさんに引けを取らない“実力派女優”としてのポジションを確立した彼女は、映画界やドラマから熱烈オファーが絶えませんでした。'13年以降、19本の映画に出演しており、そのうち8つは主演を飾っていますよ」(同・スポーツ紙記者)

 端正な顔立ちに、どこか陰のある雰囲気──。独特の感性から生まれる演技は、若手女優のなかでも“金の卵”として、圧倒的な存在感を放っていた。しかし、映画界で華々しく活躍する一方で、民放のテレビドラマに姿を見せなかったのは、とある理由があったという。

「『あまちゃん』出演以降、仕事のオファーが殺到し、心身ともに疲れてしまったため、ペースを整えるために仕事をセーブしていたそうです。本来、彼女は繊細な性格で、今どき珍しい一球入魂タイプの女優。ドラマ出演となると長期間、共演者と顔を合わせることや、番宣のためにバラエティー番組に出演することが条件となってきますが、彼女はそれが苦手なタイプでした」(芸能プロ関係者)

 橋本は過去に、雑誌のインタビューでも次のように語っていた。

《今はまだ、一生これで食べていこうとは思えてはいない。(中略)どうしても、すぐ陰に潜みたくなるところがあるもので(笑)》

 ドラマの撮影現場でも、共演者と言葉を交わさず、ひとりでいることが多かったという。

「以前は“どうして需要があるのかわからない”と語るほど、女優という仕事に前向きではなかったようです。人見知りのため、朝ドラの現場でも、撮影が終わると共演者と話したりすることはなく、すぐに楽屋にこもっていました」(制作会社関係者)

 とはいえ、彼女も年を重ねるにつれ、自分の視野を広げる意味でも、挑戦していくことの大切さに気がついたのだろう。

「最近は、積極的に可能性を広げていきたいと思っているようで、ドラマ出演にも前向きな姿勢を見せています。それに橋本さんの場合、マイペースな活動のほうが、女優としてさらに味が出ると期待の声もありますよ」(前出・芸能プロ関係者)

 5年ぶりの民放連ドラで、どんな姿を見せてくれるのか今から楽しみだ。

週刊女性2019年10月1日号 2019/9/19
https://www.jprime.jp/articles/-/16090?display=b
no title

no title

【橋本愛 《あまちゃん女優》5年ぶりの民放連ドラ出演、なぜブランクあいたのか】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/22(木) 05:05:57.40
女優橋本愛(23)が、高畑充希(27)主演の日本テレビ系10月期ドラマ「同期のサクラ」(水曜午後10時)で、5年ぶりに民放連続ドラマにレギュラー出演することが21日、分かった。13年NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレークした橋本は、14年フジテレビ系「若者たち2014」を最後に民放連ドラレギュラーから遠ざかっていた。

今作で橋本が演じる月村百合は、ゼネコン花村建設に入社した高畑演じるサクラの同期の1人。サクラが周囲に忖度(そんたく)せず、故郷の離島に橋をかける夢に一直線に向かっていくのと対照的に、百合はクールで場の空気を読むが、常に自分の居場所を探して、少しずつ心に変化もきたす、イマドキの若者らしい役となる。

橋本は「勇気を持って生きる女性を勇気を持って演じたい。変わらないことの美しさと同等に、変わることの美しさをお伝えできれば。たくさんの人の思いや生き方を肯定できるように頑張ります」と意欲を語った。

同作は17年「過保護のカホコ」制作陣が1話1年で10年を描く。脚本の遊川和彦氏は「ずっと一緒に仕事したくてたまりませんでした。彼女の芝居はウソやごまかしがなく、少し不器用だけどいつも真剣。今まで見たことない橋本愛を引き出したい」。橋本は日テレ連ドラ初登場で、大平太プロデューサーは「何度もラブコールを送りました。高畑さんのあふれ出るエネルギー、橋本さんの秘めたるパワーが化学反応を起こしてくれる」と期待した。
8/22(木) 5:00 日刊スポーツ 
橋本愛が5年ぶりに民放連ドラでレギュラー出演 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-08210442-nksports-ent 

日本テレビ系10月期ドラマ「同期のサクラ」で、5年ぶりに民放連続ドラマにレギュラー出演する橋本愛 
no title


【橋本愛が5年ぶりに民放連ドラでレギュラー出演】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/09(木) 07:07:25.73 ID:UbYILpX39
橋本愛、5年半ぶり連ドラ主演…41歳上の教授に恋する23歳大学院生役
2019年5月9日 6時0分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20190508-OHT1T50303.html

令和への意気込みを語った橋本愛
no title



 NHKBSプレミアム来月2日開始「長閑の庭」デビュー10年 女優の橋本愛(23)が、NHK BSプレミアム「長閑の庭」(6月2日スタート、日曜・後10時=全4話)で5年半ぶりに連ドラ主演することが8日、分かった。連ドラ主演は同局の「ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~」(13年10月)以来。同名コミックを原作に、恋愛経験ゼロで41歳年上の教授(田中泯)に恋する23歳の大学院生・元子を演じる。

 注目の若手女優も、デビュー10周年の節目。映画「告白」(10年)で注目を集めて以降、最近では昨年のNHK大河ドラマ「西郷どん」で主人公・西郷隆盛の最初の妻、放送中の「いだてん」では浅草の遊女を好演。「今、ここに来たかったという理想郷を見られている感じがする。ここで地固めしたい」と静かに今後への決意を語った。

 今月3日のクランクインが、令和1発目の仕事だった。「私は毎日、今日は今日が最後だから、今日の最後をみとっているという感覚。だけど、4月30日は雨が降っていた。何か、すごく浄化されているようで気持ち良くて(令和に)なった瞬間、ハッと思ってベランダに駆けて、その空気の匂いをかぎました。それはずっと忘れないと思う」。改元を機に、気持ち新たに新しい役と向き合っている。

 前回の連ドラに主演した当時のことは「あのときの、彼女は」と人ごとのように振り返る。「普通に、いっぱいいっぱいだったなということをすごく思い出します。視野も狭かった。あの頃とは、上とか下じゃなくステージが違う」。自分に自信が持てないというのが今作の役柄だが、実際の自身は成長への自負をのぞかせた。

 成長したことで、今後の女優業への意欲もよりかき立てられている。「どんどん世界が広がっていくというか、見えている世界の解像度が上がってきたような。いろんなディテールまで鮮明に見ていくという感覚」。さらなる飛躍に視界は良好だ。

 ◆橋本 愛(はしもと・あい)1996年1月12日、熊本県生まれ。23歳。2008年に所属事務所のオーディションでグランプリを獲得し芸能界入り。09年に雑誌「Seventeen」最年少グランプリとなり、14年まで専属モデル。13年に映画「桐島、部活やめるってよ」などで日本アカデミー賞新人俳優賞ほか受賞。同年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主人公の親友役を演じた。

(おわり)

【橋本愛、5年半ぶり連ドラ主演…41歳上の教授に恋する23歳大学院生役】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/11(金) 06:58:41.93 ID:Hcn4WN+z9
 女優の橋本愛が9日、自身のインスタグラムで、出演しているNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の撮影における遊女姿のオフショットを公開した。ファンは「愛ちゃんすごく綺麗です」「かわいすぎる」など絶賛している。

 宮藤官九郎が脚本を手掛ける同作は、オリンピックをテーマとする作品。前半ではオリンピックに初参加した男・金栗四三(中村)を、後半ではオリンピックを呼んだ男・田畑政治(阿部)に焦点を当て、彼らが歩む激動の半世紀を描いていく。橋本は明治時代における浅草の観光地「浅草十二階」で客を引く遊女で、押しが強く、きっぷのいい姉御肌な小梅を演じる。

 橋本はインスタグラムで「物凄いドラマです。テレビからはみ出るほどの生命力を、毎週享受できる2019年は奇跡かと」という言葉を添えて、遊女姿で柔らかい表情を見せる様子を収めた写真を投稿。そして「女性として強く生き抜く小梅と、信頼し合う仲間たちのことを、演じるたびにどんどん好きになっています。それが幸せ」と本作への出演の喜びを明かしている。

 美しい遊女姿の写真を見たファンは「クドカンワールド全開でした!あまちゃんキャストスタッフばかりでファンにとってはたまらんです。あまちゃんがみたくなります」「大河でそれもクドカンさんの作品で愛ちゃん観れるの嬉しすぎる!」といった声のほか、小梅に対しても「可愛いカッコイイ」「見ました!すごく綺麗だったー」「小梅がこれから主要人物たちにどう絡むのか注目ですね」「江戸っ子気質の小梅が綺麗でカッコよかったです」「次は朝ドラ主演を!」などの反応を見せている。

引用:https://www.instagram.com/ai__hashimoto/


エンタメ2019年1月11日 06時20分
https://www.crank-in.net/news/61698/1
no title

【橋本愛さんが、妖艶な遊女姿でファンを魅了『いだてん』オフショット】の続きを読む