芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

桐谷美玲

1: なまえないよぉ~ 2017/05/10(水) 21:26:43.30 ID:CAP_USER9
このところ“ゴリ押し”の女優が視聴率を下げる原因になっていると、テレビ業界ではもっぱらの評判だ。
“ゴリ押し”とは、特定の芸能事務所が特定のタレントの仕事を極端に増やすことだ。
名前を挙げると桐谷美玲、剛力彩芽、仲里依紗になる。

「桐谷や剛力、仲里は、所属芸能事務所が連日のようにテレビ局の実力者を懐柔し、出番を獲得したといわれています。
そうしてまでキャスティングしても、それぞれ視聴率が伸び悩んでいるわけですから、“看板に偽りあり”と言わざるを得ません」(テレビ雑誌編集者)

まずは桐谷。主演している連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)は初回放送の平均視聴率は9.5%だったが、3回目には6.0%に下落している。

「演技に力が入り過ぎていて空回りしています。桐谷の芸能事務所は、堀北真希が引退してしまったので、桐谷をフル回転させていますが、穴を埋められていません。
桐谷本人も撮影現場ではおやじくさい行動が多く見られて、女子力は皆無です。
そんな状態なので演技に艶がありません」(演出家)

力不足に手抜き演技

そして剛力は、出演ドラマがほとんど低視聴率であるにも関わらず、毎クールといえるほどドラマに出ている不思議な女優だ。
この4~6月期のドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)も初回平均視聴率が7.5%、第2話が5.3%と低迷している。

「女囚を7人並べたのはいいが、剛力以外の女囚の配役が地味過ぎて視聴率に結び付いていません。
このドラマも23時15分から放送が始まるのですが、剛力のドラマはたいてい深夜の放送が多い。
これは大きなハンディですが、剛力自身にそれを吹き飛ばすほどのパワーは感じられません。
普通の女性が恋愛に悩むようなドラマの方がファン層とマッチするのではないでしょうか」(同・演出家)

仲里依紗は、『あなたのことはそれほど』(TBS)で波留に夫を取られる妻役を演じているが
、力が抜けてしまったかのような演技で、現場でもまるで手抜きのようにリハーサルから本番まで流しているという。

「準主役といえば聞こえはいいが、このドラマは完全に波留にスポットが当たっていますから、仲としては“こなす”仕事です。
仲はもうベテランの脇役の領域に入りましたし、力を抜いて軽く演技をしています。
視聴率も初回は11.1%、第2話は9.0%と下降気味。ここから盛り返せるかは脇役の演技にかかっているというのに、
仲は現場でも自分の役だけに集中して、他の役者が話し掛けても上の空。何かこう、出たくもない作品に出て、いやいや演技しているようにも見えます」(同・演出家)

スタッフたちから「視聴率をゴリ押ししてくれよ」という声が聞こえてきそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1309040/
2017.05.10 17:30 まいじつ

no title

?

【桐谷美玲、剛力彩芽、仲里依紗…視聴率急落「ゴリ押し」トリオ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/05(金) 15:25:52.89 ID:CAP_USER9
女優の桐谷美玲が4日、自身のInstagramを更新。ショートパンツ姿でスラリ美脚を披露し、ファンから「脚長くて細くて羨ましい」と反響が寄せられている。

桐谷は、同日放送された主演ドラマ「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ系、毎週木曜よる10時)第4話の告知とともに、撮影オフショットを掲載。
ドラマでは女子力ゼロの“女子モドキ”な主人公・城之内純を演じているが、公開された写真では大きなトラがプリントされたビッグTシャツにショートパンツ、黒の靴下を合わせたダサカワスタイルを着こなした。

スラリと長い美脚が全開になっており、ファンの間では「美玲ちゃん、脚長いしスラッとしてて憧れます」「美脚!サービスショットありがとう」「手脚細いから何でも似合って素敵です」とスタイルに注目が集まっている。
さらに、女子モドキ風のダサコーデにも「大阪のおばちゃん風ですか(笑)?可愛すぎます」「ダサファッションなのにオシャレに見えちゃう美玲ちゃんさすがです」と反響が寄せられている。
(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1684716 
2017.05.05 13:01 


no title

【のちの大阪のおばちゃん 桐谷美玲、ショーパンでスラリ美脚全開 女子モドキ“ダサコーデ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/28(金) 12:09:17.98 ID:CAP_USER9
 モデルの桐谷美玲が26日、自身のInstagramを更新。ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系列)で共演する女優・水川あさみと共に
「ブルゾンちえみwithM」ショットを公開し、ファンの間で反響を呼んでいる。

 同作で3人は女性になりきれない、“女子モドキ”の研究員を演じているが、
ファッション雑誌「with」の特集では“女子モドキ”から“良いオンナ”に劇的変化を遂げるというビフォーアフター企画に挑戦。
そのアフター写真と思われる3人のオフショットが公開された。

 変貌を遂げた3人は、キャリアウーマンとしてネタを披露するブルゾンにちなみ、ブルゾン風ショットに挑戦。
オフショルダーの衣装に身を包んだ桐谷に対し、
「待って、美玲ちゃん細すぎ!!」「腕…細すぎる」「美玲ちゃん、細すぎて心配です。。。」「かわいい でもひじ上がひじよりも細い」などと、
モデルであるスレンダーな体に細すぎるといった声も見られた。

桐谷美玲Instagram 

no title

http://news.livedoor.com/article/detail/12992147/

【桐谷美玲、華奢な腕にファン驚き 「腕…細すぎる」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/28(金) 09:59:36.81 ID:CAP_USER9
27日に放送された女優・桐谷美玲(27)主演のフジテレビ系ドラマ「人は見た目が100パーセント」(木曜・後10時)の第3話の平均視聴率が6・0%だったことが28日、分かった。初回9・5%でスタートした同ドラマだが、第2話で3・1ポイント急落の6・4%。今回もダウンとなった。

同ドラマには、桐谷、水川あさみ(33)、足立梨花(24)、今作がドラマデビューとなる、お笑いタレントのブルゾンちえみ(26)、岡崎紗絵(21)らが出演。桐谷演じる、見た目のさえないおしゃれ偏差値最低の製紙会社研究員がある日、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのではと思いたって美を突き詰めるべく奮闘する、大久保ヒロミさん原作のラブコメディーだ。

今回、ダウンとなったが、同局の調査では20~40代の女性視聴者の支持は高く、桐谷ら女性キャストの奮闘ぶりへの共感度が高いことがうかがえる形となった(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170428-OHT1T50107.html

0d22d200

【桐谷美玲主演『人は見た目が100パーセント』第3話は6・0% 今回もダウン】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/22(土) 08:51:04.55 ID:CAP_USER9
4月21日、ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)の第2話が、平均視聴率6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが判明した。
視聴率が急降下した中、主演の桐谷美玲(27)の演技が物議をかもしている。

女子力ゼロの“女子モドキ”を演じる『人は見た目が100パーセント』。
“女子モドキ”扱いの役を演じる桐谷や水川あさみ(33)、ブルゾンちえみ(26)がトリオを組んでコメディドラマを展開する。

■桐谷の演技にブーイング「主人公に感情移入できない」

21日放送の第2話では、結婚式に招かれた研究員の城之内純(桐谷)がドレスアップにチャレンジするも、
当日、美容室のヘアメイクでイケメン男性美容師である榊圭一(成田凌・23)の手から逃亡。その足で結婚式に出席した城之内は、
同席していた上司・松浦栄子(室井滋・56)にコテンパンにされて失意のドン底に陥ったところ、再び榊に出くわす。

放送翌日に発表された視聴率は6.4%。前回の9.5%から3.1%もダウンする事態となった。

第2話でとくに指摘を受けたのが桐谷の演技。結婚式当日も“いまどき女子のマネをして緊張する女子モドキ”を演じるも、
不自然な歩き方やわざとらしい言動を連発し、一部ファンに「桐谷美玲って演技下手だからコメディドラマじゃないと見てられない」「主人公に感情移入できん」
「桐谷美玲の役まじでイライラする」「ブルゾン演技うまくね? 桐谷美玲のほうが下手な気がする」と非難された。

振り返ってみると、桐谷が演技で高評価を受けることは少なかった。ビジュアル面ばかり目立って
『世界で最も美しい顔100人』ランキングや各種ファッション賞などで取り上げられるも、演技賞の受賞がとんとない。

「桐谷の演技はワンパターンの傾向がある。今回の役も、キャラ設定を抜きにすれば前回出演の月9ドラマ『好きな人がいること』や他作品と演技が似ている。
“桐谷美玲”としての存在感が強く、カメレオン女優とは決して言えない」(芸能関係者)

しかしなぜ巷で大根女優のような扱いを受ける事態に陥ったのか。

「桐谷はビジュアルでチヤホヤされ、“恋する美女”を演じる頻度が高い。おまけに雑誌やCMのモデル、ニュースキャスターも務める。
まともに勉強する暇がなく、演技が次第にテンプレート化しているのかもしれない」(前同)

 “木村拓哉(44)が演じるのはキムタク”という揶揄のように、桐谷が今演じられるのは“桐谷美玲役”だけかも!?

http://dailynewsonline.jp/article/1303332/
2017.04.22 07:05 デイリーニュースオンライン

04497ca3

【桐谷美玲は女版キムタク?「人は見た目」急落6.4%で囁かれる”大根女優説”】の続きを読む