芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

桐谷美玲

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/06(月) 13:45:47.39
 今春の番組改編では「音楽番組の復活」「長寿番組のレギュラー放送終了」などが大きく報じられたが、なかでも放送前からネット上の反応が芳しくなかったのが、報道番組やスポーツニュース番組へのタレント起用。

 報道番組では『news every.』(日本テレビ)のキャスターに桐谷美玲と斎藤佑樹、『news zero』(日テレ)のパートナーに波瑠、板垣李光人、シシド・カフカが起用された。

 さらに、スポーツニュースでは8年ぶりに復活した『すぽると!』(フジテレビ)に“キャプテン”として芸人の千鳥が出演し、ネット版の『すぽると! onTVer』にもアイドルの黒嵜菜々子が登場している。

 しかし、これらの起用が発表されるとネット上には「不要」「見ない」などの否定的な声が少なくなかった。その主な理由は「キャスターと専門家以外はいらない」「それならもっとニュースやスポーツを掘り下げてほしい」というものだが、制作サイドはこのような反応が出ることくらい分かっていただろう。では、なぜ否定的な声があることを承知の上でタレントを起用するのか。テレビ解説者の木村隆志が掘り下げていく。


■タレント側も新たなイメージを加えられるチャンス

 報道やスポーツの専門家ではないタレントを起用する理由は、シンプルに「コア層(主に13~49歳)の個人視聴率獲得」で間違いないだろう。話題性やビジュアル面のメリットを狙っているのは確かであり、やはりタレントの影響力はまだまだ大きい。

 ただ、それだけで継続視聴してもらうことは難しいだけに、彼らには視聴者に近い存在となり、視聴者目線でのコメントが求められている。

 実際、桐谷は「20代のころに報道番組に携わっていて、当事者意識を持っていくのは本当に大切なことなんだなと教えてもらって勉強しました。30代になり、結婚して出産して、毎日日々子育て、そして主婦業をしていく中で、新たな目線で生活者の1人としてニュースを伝えていきたい」などとコメントしていた。

 また、桐谷は家事に役立つ節約や時短テクニックを主婦目線から紹介する「キリモリっ!」というコーナー担当していることからも、それが分かるだろう。桐谷にとっても「庶民派」「子育て中の主婦」という新たなイメージを加えられるチャンスであり、意気込みが伝わってくる。

■「ライト層向け」に舵を切る背景

 しかし、報道番組やスポーツニュースの視聴者には、「自分が知らない専門的な視点や情報を求めたい」という目的の人も多く、必ずしも制作サイドの狙いや桐谷の姿勢とは一致しない。しかもネット上で批判する熱心な視聴者ほどその傾向があるだけに、『news every.』や『news zero』はそれらの層ではなく「ライト層向けの報道番組を選んだ」というニュアンスが感じられる。

 これは裏を返せば、報道番組やスポーツニュースはそれだけ「『好きな人が見る』という嗜好性の高いコンテンツになっている」ということだろう。ネットで大量の情報が得られる中、報道番組やスポーツニュースは以前のように「年齢性別や趣味嗜好を問わず多くの人々が見るもの」ではなく、「そのジャンルに強い関心がある人々が見るもの」という感があるなど、視聴者の絶対数が以前よりも減ってしまった。

 ただそれでも、「強い関心のある人々も、ネット配信の有料コンテンツとして見るほどの需要はない」だけにテレビ局としては、やはり放送で稼いでいかなければならない。だからこそ、民放地上波の報道番組やスポーツニュースは、「できるだけコア層の個人視聴率を獲得する」というライト層向けに舵を切らざるを得ないところがある。

 もちろん、ライト層向けでも報道番組やスポーツニュースは一定以上の専門性を求められるだけに、タレントがメインになることはない。だからこそ桐谷、波瑠、板垣、千鳥らの立ち位置はアクセントに留まっている。
 

「新たな目玉を加えたい」事情も

 タレントの起用に関して“今春の背景”として挙げておかなければいけないのは、「キャスター交代」と「8年ぶりの復活」というそれぞれの事情。

 『news every.』は藤井貴彦、『news zero』は有働由美子と“番組の顔”だったメインキャスターが抜けたことで、「新たな目玉となる出演者が欲しい」という思惑があった感は否めない。これは『すぽると!』も同様で、8年ぶりに復活させるからには、局アナにメインを任せるだけでは足りず、「新たな目玉を加えたい」という狙いが見える。


『every.』に桐谷美玲、『zero』に波瑠、『すぽると!』に千鳥…批判もある中、なぜニュース番組にタレントが起用されるのか

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7c289086643bc68c3eb28946f5dd02e40b15946

tv_monku_daisuki

【『every.』に桐谷美玲、『zero』に波瑠、『すぽると!』に千鳥… 批判もある中、なぜニュース番組にタレントが起用されるのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/03(金) 09:07:20.88
 女優の桐谷美玲(34)が2日までに自身のインスタグラムを更新し、別人のような姿を披露した。

 4月30日の投稿で、人気コスメブランド「ゲラン」のアイテムを使ったメイクを紹介。赤系のアイシャドウで「発色良くていろんな使い方ができる」などとつづった。

 濃いめのメイクで妖艶な表情を見せる。フォロワーは「いつもとまた雰囲気が違って、こちらもとっても素敵~」「うわぁ~美玲さん。レトロチックなメイクですね。なんだか物凄く色気のある昔の大女優さんみたいな」「惚れた」「!?またちょっと雰囲気違ってて良い」「普段とイメージ違いますネ」「美玲ちゃん濃いメイクにするとなんかイメージ変わるね!」「誰ですか?」と驚いていた。

 続く5月1日の更新では、キャスターを務める日本テレビ系「news every.」(月~金曜・午後3時50分)のオフショットを披露。 

 「1週間経つのが早いなぁ。森さんとキリモリコンビで」と森圭介アナと撮影。「シャキーンとしたブラウスでいい感じにしゃっきりがポイント」と衣装姿を見せた。


「誰ですか?」桐谷美玲、別人のような姿にネット「!?」「イメージ違う」「色気」「惚れた」

https://news.yahoo.co.jp/articles/2599569b9a5bc05b91e1754bce19823501239477 

https://i.imgur.com/JjYUkrL.jpeg
https://i.imgur.com/NREbP9a.jpeg

pose_kage_warau_man_嫉妬

【桐谷美玲、別人のような姿にネット「!?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/02(木) 09:45:01.71
 女優の桐谷美玲が4月30日、SNSを更新、くしゃくしゃシャツをオシャレに着こなす、上級者テクを披露した。

 「シャツを入れたり出したり座ったり立ったりしていたら、ものすごくシワシワになっちゃった 急いでアイロン新調したので、あとは私の技術次第」

 確かにブルーのストライプシャツは、しわだらけ。でも、黒のビスチェに、黒のハーフパンツ、黒のブーツで引き締め、しわまでも「わざと」に感じさせる、桐谷ならではの着こなしだ。

 フォロワーからは「シワもアジがあってよろし」「言われなきゃ気付かないですよ」「シワすらファッションにしてしまう才能」「しわしわになったシャツを着てる美玲ちゃんもかわいい」「カジュアルな美玲ちゃんは久しぶり」「みれいの短パン珍しい」という声が寄せられた。

5/1(水) 22:10配信

デイリースポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/d324ca5515484771ae472cb48ff06231002da5e8
https://i.daily.jp/gossip/2024/05/01/Images/f_17605782.jpg

アンチ嫉妬

【わざと?桐谷美玲 しわしわシャツまでオシャレに見せる超絶テク「言われなきゃ気付かない」「シワすらファッション」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/04/15(月) 00:15:04.31
日本テレビのニュース番組に”春の嵐”が吹き荒れているーー。

女優の桐谷美玲は夕方の情報番組『news every.』の水曜日と木曜日の新キャスターに、女優の波瑠、シシド・カフカは報道番組『news zero』のそれぞれ火曜日、木曜日の新パートナーに就任した。


彼女たちがニュース番組に抜擢されたことについて、ファンからは喜びの声が多くあがったものの、SNSにはこんな声があがっていた。

《局のアナウンサーをきちんと育てて起用すればいいのに タレントキャスターは要らない》

《なぜにアナウンス部の後輩使わないのだろうか?》

《ニュース番組に芸能人は不要》

《民放のニュース番組はタダの情報バラエティーだから ワイドショーと変わらん TV写りや話題性重視してるダケ》

《視聴者が求めているのは知名度のある女優や俳優の起用でなく、盤石で堅実な報道番組。もう見ない!》


「テレビ局が、報道番組にタレントを抜擢する狙いは、近年、スポンサー的にも局的にも重要視されているコア視聴率(局によって定義は異なるが13歳~49歳の個人視聴率)を獲得するためなのではないかといわれています。

 そのコア視聴率をいち早く導入したのが日本テレビで、文化人や有識者よりもタレントの方が有益だと判断した結果だと思われます。

 しかし、情報番組のキャスターに“本業”でない人が起用されることに、違和感を覚える人も多いのでしょう。特に、4月3日、『news every.』に登場した桐谷さんの場合は、なかなかコメントする場面も見受けられず、《バイト感覚かよ》という厳しい感想がSNSに寄せられていました」(芸能記者)


「突然のバラエティ化」に難色を示す視聴者も多いようだ。本当に求めているのは知名度のあるタレントではなく、自分では知り得ない専門的な知識や視点を発信してくれるコメンテーターのように思えるが……。



ニュース番組にタレントは必要?日テレが桐谷美玲、波瑠ら抜擢で非難多く

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5140a2e510e71fd2ea678b77a26c5955dfd4506

tv_monku_daisuki

【ニュース番組にタレントは必要? 日テレが桐谷美玲、波瑠らを報道番組に抜擢で非難多く 「タレントキャスターは要らない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/03/12(火) 07:24:16.30
 元プロ野球選手の斎藤佑樹氏とモデル・タレントの桐谷美玲が、25日に鈴江奈々アナウンサーと森圭介アナウンサーのWメインキャスター制にリニューアルする、日本テレビ系報道番組『news every.』(月~金 後3:50)の新キャスターに就任することが12日、発表された。斎藤氏は月・火曜、桐谷は水・木曜に出演する。

【写真】赤いネクタイを合わせたスーツでビシッと登場した斎藤佑樹

 斎藤氏は2006年、夏の甲子園にエースとして出場し全国制覇。「ハンカチ王子」として話題になった。2021年10月に引退を発表。引退後の12月に自らの会社・株式会社斎藤佑樹を設立した。「野球未来づくり」を掲げ、野球場建設など、さまざまなプロジェクトの実現にむけて取り組んでいる。夢を追い続ける斎藤氏は、日本の未来はどうあるべきなのかを考えながらニュースを伝える。

 斎藤氏は毎月、「大逆転家族!」の企画で取材に出る。さまざまな栄光と苦労を経て、第二の人生を歩む斎藤氏は「赤字で閉店間際からV字復活した家族経営の料理店」や「一度は閉業したが、大逆転で復活した老舗企業」など、大逆転を果たした家族を取材する。取材では、写真展を開くほどの腕前の斎藤氏が、私物の一眼レフを持参。“大逆転”を成し遂げた家族の表情や姿を写真におさめる。また、インスタグラムに直筆の手紙を上げたところ、達筆を絶賛された斎藤氏が、取材を通して、感じたこと・思いを直筆で書き記す。

 桐谷は、ファッション誌『Seventeen』専属モデルを務め、ティーンエイジャーの憧れの存在として10代を過ごし、数々のドラマで主演を務めるなど俳優としてもキャリアを重ねてきた。2012年からは6年半にわたって同局『NEWS ZERO』のキャスターを経験。ニュースの最前線で世の中の動きを感じ学ぶ日々を送った。結婚と出産を経て、仕事もプライベートも“全力”で生きる「生活者」として、これからの日本はどう変化してゆくべきなのかを一緒に考えながらニュースを伝える。

 桐谷は「キリモリっ!」の企画で毎月取材に出る。円高や値上げが続き生活も厳しさを増す中、いかに上手に家計をやりくりするかは多くの人にとっての大命題。料理や掃除、収納術など暮らしのさまざまな場面で役立つ節約と時短法を、桐谷と森アナが取材する。“コスパ”や“タイパ”の達人を訪ね、このコーナーを見れば、その日にまねしたくなるちょっとしたテクニックや思考法を、視聴者の代表として体験する。今の時代の「真の豊かさ」「暮らしの達人」を目指す。

 現在、斎藤氏と桐谷は、25日からの放送に向けて、キャスターとしてのあれこれを勉強している。ニュースキャスター初挑戦となる斎藤氏は、アナウンス技術を特訓中。講師は同局アナウンサーOGで、日テレ学院の学院長を務める豊田順子氏が務め、原稿を正しく読む、わかりやすく伝える前に、まず“声を出す”ことから悪戦苦闘している。豊田氏は「教えたときの発見の喜びを素直に受け止める人。吸収力があって鍛えがいがあります」と評価。自宅での自主練習も重ねながら、デビュー日を目指す。約2ヶ月にわたる“授業”に密着した様子は、YouTubeチャンネル「日テレNEWS NNN」で21日に公開する。

3/12(火) 5:00配信
オリコン
『news every.』に出演する(左から)桐谷美玲、森圭介アナウンサー、鈴江奈々アナウンサー、斎藤佑樹氏(C)日本テレビ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b3b1781b244828b5db2bf127b6bf0dccec491ced

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240312-00000314-oric-000-7-view.jpg?exp=10800

tv_monku_daisuki

【斎藤佑樹氏&桐谷美玲、日テレ『news every.』でキャスター就任 自ら取材するコーナーも】の続きを読む