芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

柴咲コウ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/18(火) 12:40:05.88
「やはり、“女優魂”は健在だったということでしょう」(芸能プロダクション関係者)
女優・歌手、そして実業家とマルチな活動を見せている柴咲コウ(38)が、
、窪田正孝主演のNHK朝の連続テレビ小説『エール』(3月30日スタート)に出演することが明らかになった。

「なんと、朝ドラは初出演。今まで出なかったのが不思議なくらいです」(NHK関係者)

柴咲が演じるのは、世界的に活躍するオペラ歌手・双浦環。
「ヒロインの音(二階堂ふみ)がプロ歌手を目指すきっかけとなった人物で、後に、音と裕一(窪田)に多大な影響を与える存在になります。
第7回(4月7日放送分)から登場します」(ドラマ関係者)

それにしても、この柴咲、つい最近まで“女優休業”がしきりと取り沙汰されていた。

「『日本アカデミー賞最優秀助演女優賞』の受賞につながった『GO』(2001年公開)など、
テレビや映画でこれまで数々の名作に出演してきた柴咲ですが、近年、その姿を地上波ドラマで見ることはほとんどありませんでした」(テレビ局関係者)
そして、2020年も女優としてのスケジュールは“ほぼ白紙”状態と見られていた。

「今年5月に公開される岡田准一主演の映画『燃えよ剣』(東宝)にヒロインとして出演していますが、
撮影は昨年9月に終えています」(映画ライター)

昨年だけ見ても、映画は『ねことじいちゃん』の1本のみで、連ドラはWOWOWの『坂の途中の家』で主演を務めたきりだった。
「それでも、CMの仕事はきっちりこなしていましたから、それなりの存在感はあったと思います」(大手広告代理店幹部)


★木村に舌入れディープキス


柴咲コウは、1981年8月5日、東京・豊島区生まれの38歳。
「ひとりっ子です。よくも悪くも目立つ子だったようで、14歳の頃、地元・池袋を歩いているところをスカウトされました」(前出・小松氏)

1998年、番宣番組『倶楽部6』(TBS系)でデビュー。翌年、日本リーバの『ポンズ・ダブルホワイト』の「ファンデーションは使っていません」というセリフのCMでブレークした。
女優として注目されるようになったのは、2000年の映画『バトル・ロワイアル』だった。

「“殺人鬼”のような女子高生を演じて注目されたのです。今も変わりませんが、あの“目力”にはインパクトがありました。
下積み時代には、湯島(東京)のラウンジでカウンターレディーのアルバイトをしていたそうで、とても人気があったようです。昔から、男の扱いには慣れていたということです」(前出・テレビ局関係者)

そして、件の映画『GO』では、まさにうってつけの奔放な女子高生を好演し、各映画賞を総ナメ。トップ女優の仲間入りを果たした。

そんな柴咲を、自分のドラマの相手役に指名したのがキムタク(木村拓哉)だった。

「2003年の連ドラ『GOOD LUCK!!』(TBS系)です。実生活上の妻・工藤静香を見ても分かるように、キムタクはヤンキー系の女性が大好きなんです。
キスシーンで、舌を絡めたディープキスをして、キムタクをフル勃起させたという “伝説” が残っています。とにかく、彼女は男を “その気” にさせるのがウマいんです」(芸能レポーター)

そこで気になるのが、柴咲の結婚問題。
「数多くの男と浮名を流しながら、ゴールインには至っていません。芸能界七不思議の1つです」(前出・芸能レポーター)

ISSA、妻夫木聡、三宅健、中田英寿など枚挙にいとまがない。

「本人曰く“するかしないかだけ”ということですが、こればかりは分かりません。“もうすぐ結婚”ということも十分にあり得ます」(前出・芸能レポーター)
https://wjn.jp/article/detail/2767501/
柴咲コウ

【柴咲コウ(38) 木村拓哉をフル勃起させた 「魔性の色気」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/05(日) 13:10:54.74
薬物事件の影響で注目を集めた来年の大河ドラマ「麒麟がくる」だが、今年の大河までの過去10年で主演を務めた女優は上野樹里、井上真央、綾瀬はるか、柴咲コウの4人のみ。

この4人のうち、柴咲のメディア露出の激減が目立っている。
今年出演した映像作品は、映画「ねことじいちゃん」、ドラマはWOWOWの主演ドラマ「坂の途中の家」のみで地上波のドラマはなし。
公式サイトによると、CM出演はわずか2社のみ。

来年公開の司馬遼太郎さんの原作を映画化した、V6の岡田准一主演の「燃えよ剣」へは2番手での出演が決まっているものの、大河主演女優としてはあまりにもさみしい活動状況だ。

「かつては間違いなく所属事務所の女優の中では稼ぎ頭だった。
しかし、現在では北川景子、本田翼、バラエティーでも活躍する滝沢カレンらよりも稼げなくなってしまったのでは。
しかし、そうなってしまったのは本人が招いた結果」(テレビ局関係者)

柴咲は16年にエンタメ・コマース事業を行う会社を設立し、自らCEOに就任。
また、18年には「衣・食・住」をテーマとし、企画・デザインなどプロデュースを全面的に手掛けたファッションブランドを立ち上げたが、どうやら、これがいけなかったようだ。

「自分の名前があればビジネスが成功すると算段し、将来的には独立して個人事務所での活動を目論んでいた。
女優としての才能はあったかもしれないが、ビジネスセンスはそこまでではなかったようで、事業がことごとく軌道に乗らなかった。
事業を立ち上げる際、所属事務所の幹部に対して、あれこれ言いたいことを言ってしまったようだが、そのせいで、もはや柴咲を積極的にキャスティングする動きはなし。
柴咲で提案してもほかの女優を出してくることが多いようだ」(映画業界関係者)

ビジネスから撤退して、女優業に専念するのが得策のようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2143631/
2020.01.05 12:30 リアルライブ

no title

【柴咲コウのメディア露出が激減した理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/26(土) 05:11:05.47
柴咲コウが、25日放送の『A-Studio』(TBS系)に出演。ライスタイルに変化が訪れていることを明かした。

 友達の陶芸家夫婦の家に泊まり込んでは器を作るという柴咲。「土、大好きですから」とも述べ、さらに人間国宝の陶芸家に習っていたこともあったと語った。

 普段、料理もするという柴咲は現在、梅干しは来年食べる分を作っているとし、「これから自家製の味噌を作りたい」とも。さらに「将来的に自分の食べる分ぐらいは自分で作れるようになりたい」と自給自足への夢を話した。

 上白石萌歌から「農業を始めたいってことですか?」と聞かれると、「興味はありますね」と回答。「そんなに大きいものではなくても、自分の畑は欲しい」と願望を告げた上で、「どんどん山奥に住み始めそうだな……」と、将来の自分の姿を予想し、笑いを誘っていた。《杉山実》


柴咲コウ、ライフスタイルの変化告白「どんどん山奥に住み始めそう」 
2019年10月26日(土) 03時02分 
https://www.rbbtoday.com/article/2019/10/26/174156.html 

柴咲コウ【撮影:松本】 
no title


【柴咲コウ、ライフスタイルの変化告白「どんどん山奥に住み始めそう」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/02(水) 20:10:23.35
先ごろ、ライフスタイルブックと写真集を同時発売した女優の柴咲コウ。ここ最近は音楽活動の方に比重を置き、アクトレスとしての印象が薄くなっている彼女だが、これを機に、再び画面露出を増やしていくという情報が持ち上がっている。

「大手事務所の所属だし、過去の実績から仕事が取れないというわけでもない。ただ一方で、柴咲を積極的に使いたいという局も今は少ない。一流なのに近年、方向性が見えず、扱いにくいイメージがあるようです」(芸能ライター)

2001年、映画『GO』で、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。04年の主演映画『世界の中心で、愛をさけぶ』は、観客動員620万人という驚異的な数字を記録。
女優としての評価を飛躍的に高めた。ドラマでは03年、平均視聴率30%超えの木村拓哉主演『GOOD LUCK』(TBS系)でヒロインを演じ、
その後も『Dr.コトー診療所』『ガリレオ』『信長協奏曲』(いずれもフジテレビ系)など、高視聴率作品に次々出演。20代から30代にかけて抜群の存在感を示した。

「10代から女優として活躍し、グラビア経験はほとんどなし。そのため女優専門かというと、そういうわけでもない。歌手としてもメジャー。
そこに活動の難しさがあるみたいです」(同・ライター)

03年、RUI(ルイ)の名前で映画『黄泉がえり』の主題歌『月のしずく』を発売。これが100万枚の大ヒット。ドラマ版『世界の中心で、愛をさけぶ』では女優ではなく、歌手として主題歌『かたち あるもの』を歌って60万枚のヒット。実績も抜群だ。

歌手活動の不調でヌードも検討!
「柴咲は作詞も手掛け、むしろ女優より音楽に傾倒しているという話もある。奥田民生や斉藤和義と親交があり、音楽関係者との付き合いの方が多いとされます」(音楽ライター)

17年、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に主演。以後、大きなドラマには出ていない。

「ここ数年、大河ドラマは平均視聴率15%以上を取れば、何とか合格点と言えます。『――直虎』は12.7%で、決して芳しい結果ではありませんでした。そのため、より音楽活動に力を入れ始めたといいます」(同・ライター)

昨年、日本国外向けの歌手活動名義を『MuseK』(ミュゼック)に変更。今年はシングル3作(音楽配信)を出しているが、あまり話題になっていない。

「今後は、また女優に本腰を入れるようです。そのアドバルーンのため、ヌードになることも検討中だとか。彼女の〝顔〟は好き嫌いがあるようですが、話題性は十分でしょう」(女性誌編集者)

群雄割拠のアラフォー女優の中では、過去の実績がいつまでも武器なるわけではない。ミステリアスな背景の中で一糸まとわぬ姿をさらせば、一気にトップ再浮上間違いなしだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/2025128/
2019.10.02 19:00 まいじつ

https://www.youtube.com/watch?v=AvhBOoIQQ1o


月のしずく

https://www.youtube.com/watch?v=kXRoe4QcGNQ


柴咲コウ - かたち あるもの

https://www.youtube.com/watch?v=OupqmZj-DRU


柴咲コウ - いくつかの空

3c6cbabd-s

【柴咲コウ“音楽傾倒”から再び女優業へ…アラフォーヌードも辞さず!?www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/17(火) 10:56:35.06
女優の柴咲コウに激ヤセ疑惑が持ち上がっている。
彼女は9月10日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)にVTR出演。
すると一部で、ほほがこけおちてげっそりしたルックスとの指摘があり、激ヤセが疑われることとなったのだ。

「柴咲は10月9日にライフスタイルブックと写真集の販売会見を行いました。スッキリのVTRはその時に撮られたものだと思います。
会見でも、やや顔つきがほっそりしたなと思っていましたが、テレビで見るとそのせいか、ほうれい線が目立って見えたことに驚きましたね。なんだか、疲れているような印象を持ちました」(スポーツ紙記者)

放送と同時にネットには「なんかやつれてる。大丈夫なのか」「痩せすぎで怖い」という声が上がった。中には「痩せたせいか老けてる」
「ルックス劣化したな」と、痩せすぎたことで、老け込んでみえてしまったことを心配する声も。

「8月15日に彼女のインスタグラムで公開された写真を見ると、そこまで痩せていないんですよ。ということは、その後3週間ほどで急激に痩せたことになります。
短期間で一気に痩せるのは体にいいわけがなく心配ですね。フォトブックと写真集のリリースにあわせてダイエットしただけならいいのですが…」(芸能ライター)

一方で、「やっぱりキレイ」「ホント可愛い」といった称賛の声も上がっているだけに、柴咲のルックスにおいては賛否が分かれることになりそうだが果たして…。

http://dailynewsonline.jp/article/2007132/
2019.09.17 10:15 アサジョ

no title

no title

no title

no title

【柴咲コウさん、激ヤセ!?“3週間前の写真”との違いに心配の声・・・】の続きを読む