芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

柴咲コウ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/01(木) 16:33:28.51 _USER9
 女優の柴咲コウ(39)が主演する10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「35歳の少女」の番組公式インスタグラムが更新され、柴咲がツインテールをしているレアショットを披露した。

 公式インスタでは「こんな #柴咲コウさん見たことない!? クールビューティーイメージの柴咲さん 今作品では、新たな一面を見ることができちゃうんです #ツインテール #黄色いワンピース #ピンクのポシェット」とつづり写真を添えた。

柴咲のドラマ最新ショットに「可愛いすぎる」「まさにかわいい少女」「拝見出来て嬉しい!!」など称賛の声が並んでいる。

同ドラマは人気脚本家・遊川和彦氏のオリジナル作品で、同局系「家政婦のミタ」(11年)「過保護のカホコ」(17年)などを手がけた制作チームの最新作。柴咲は、同チームによる15年1月期の「〇〇妻」以来5年ぶりの民放連ドラ主演となる。不慮の事故で25年眠り続け「体は35歳、心は10歳」として目覚めた主人公・望美(柴咲コウ)の成長物語で、女優・鈴木保奈美が望美を献身的に介護してきた母親・多恵役を演じる。

https://hochi.news/articles/20201001-OHT1T50119.html 
2020年10月1日 13時57分スポーツ報知 

no title


子ども時代を演じる 鎌田英怜奈ちゃん
no title

【日テレ「35歳の少女」柴咲コウのツインテールのレアショット披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/19(土) 05:45:48.53 _USER9
女優の柴咲コウが17日、インスタグラムを更新。知人と北海道で営む共同ファームの画像や短動画を公開し、「こういう生活憧れますね」と反響を呼んでいる。

「OUR HOME FARM」とハートマークをつけて紹介。広大な土地に馬やポニー、羊などさまざまな動物が飼育されており、柴咲はカントリーライフを楽しんでいる。

 自身のYouTubeチャンネル「柴咲コウ 公式’Les Trois Graces’Channel」には動画も投稿。柴咲が見せる新たな一面が話題になっている。インスタ投稿の4枚目の写真では長靴を履き、グローブをつけてハンドルを握り、ショルベルカーを操縦するようなショットもある。

 フォロワーからは「え!? ユンボ操縦出来る? スゴ…」「最高!!」「羨ましいー行きたーい!」「自然豊かで可愛い動物もたくさん」「こういう生活憧れますね」「重機の免許も持っておられるのですね」

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

柴咲コウ、ショベルカーの免許取得? ファン驚き「え!? ユンボ操縦出来る?」 
9/18(金) 12:01 ENCOUNT 
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3be2fbb4fd2fad887473381fdb925430572f5c0 

@ko_shibasaki 
https://www.instagram.com/p/CFPQon1nTNR/ 

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title






「何をやっても絵になるね」 

  【柴咲コウさんが、北海道ファームの画像を公開 ショベルカーの免許取得? ファン驚きwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/21(金) 05:20:33.53 _USER9
 女優の橋本愛(24)が、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)に出演することがわかった。1995年に不慮の事故によって10歳で長い眠りにつき、25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”今村望美(柴咲コウ・39)の妹・時岡愛美(ときおか・まなみ)役に起用された。心は10歳である望美の、いわば“歳上の妹”役に挑戦する。

 遊川和彦氏の脚本による連ドラには、前作の『同期のサクラ』以来2度目の出演。柴咲と同じ作品に参加するのはドラマ『dele』(2018年)以来2度目だが、同じシーンでの共演は初となる。

 今作は同局の人気ドラマ『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結。『〇〇妻』以来、5年ぶりに柴咲と遊川氏がタッグを組み、新たなオリジナルドラマに挑む。すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、柴咲演じる主人公の“時をこえた”成長物語。望美の初恋の相手、広瀬結人役は、坂口健太郎が演じることはすでに発表されている。

 橋本演じる愛美は望美の3歳違いの妹。大手広告代理店の営業部門で働き、一見、美人で、仕事もできるしっかり者だが、外見とは裏腹の“かまってちゃん”タイプ。恋愛には不器用で男は決まって去っていく。姉の事故後、両親は離婚し、姓は母方の時岡となった。家族を取り巻く環境が激変したことで、自分の存在意義に苦しみ、姉の目覚めを素直に喜べないでいる、といったキャラクター。

 橋本は出演に際し、「遊川さんの作品の真ん中にあるのは前回の作品と変わらないな、と思いました。信念とはそういうもの、素晴らしい景色をテレビの向こうに咲かせられるように頑張ります」と意気込み。そして柴咲との共演について「柴咲さん演じる、自分より歳下のお姉ちゃん。どんな心のやり取りが生まれるのか、楽しみです」と期待を寄せている。

■橋本愛コメント
35歳の少女、壊れた家族、それぞれの自責。一つの事実にいくつもの事実が発生し、正しさも美しさも隠れて、壊れたものは二度と元には戻らない。闇雲に継ぎ接いで、元の輪郭に整えたとしても、罅を無視することはできない。でもきっと、粘り気の強い日々を積み重ねて、煌めきで覆ったら、いつか金継ぎの器のように、壊れたからこそ美しい、何かに変態できるかな。居た堪れないほど失い壊れゆく人生が無数に散らばる世の中で、再生の美を見せつけられたら。

柴咲さん演じる、自分より歳下のお姉ちゃん。どんな心のやり取りが生まれるのか、楽しみです。
遊川さんの作品の真ん中にあるのは前回の作品と変わらないな、と思いました。信念とはそういうもの、素晴らしい景色をテレビの向こうに咲かせられるように頑張ります。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

橋本愛、柴咲コウの“歳上の妹”役に挑戦「どんな心のやり取りが生まれるのか、楽しみ」 
2020-08-21 05:00 オリコン 
https://www.oricon.co.jp/news/2169918/full/ 
日本テレビ系10月期土曜ドラマ『35歳の少女』に出演する橋本愛 
no title


【橋本愛、柴咲コウの“歳上の妹”役に挑戦「どんな心のやり取りが生まれるのか、楽しみ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/09(日) 13:02:13.19 _USER9 BE:919613306-2BP(0)
 女優の柴咲コウ(39)が9日までに自身のインスタグラムを更新し、先月参加したイベントの様子を記した。

 「新宿御苑にて小泉進次郎環境大臣、アソビュー株式会社代表取締役CEO山野智久さんと共に『国立公園の魅力を伝えるトークセッション』に登壇致しました」と写真をアップ。豊かな新宿御苑の緑をバックに、3人が笑顔で談笑している。全国に34か所ある日本の国立公園を、柴咲が企画・プロデュースするプロジェクトについても情報発信したようだ。

 意外な3ショットに、フォロワーからは「素敵な写真」「女神に見える」「民族風の衣装がかわいい」などの声が寄せられた。

8/9(日) 12:54 
スポーツ報知 

柴咲コウ、小泉進次郎環境相らと笑顔で談笑「素敵な写真」「女神に見える」 
柴咲コウ 
no title


インスタグラムの写真
no title

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200809-08090065-sph-ent

【柴咲コウ、小泉進次郎環境相らと笑顔で談笑】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/08(土) 06:50:18.55 _USER9
「8月5日に誕生日を迎える柴咲コウ(38)ですが、京都の野外会場で無観客ライブを開催し、その様子を配信します。彼女は毎年、ファンクラブ会員限定でバースデーイベントを開催していました。昨年の会場は軽井沢で参加費は5万円。今年の無観客ライブも本編は有料配信にするとはいえ、コロナ禍のなかでの“苦肉の策”となりました」

そう語るのは、柴咲の知人。

彼女は’16年に「レトロワグラース株式会社」(以下・レ社)を設立し、自ら代表を務めている。3月末に所属事務所を退社して以降、レ社は本格的にプロダクション事業にも進出したが、もろにコロナ禍の影響を受ける形に……。

“私の会社を守りたい”、そんな気持ちが強まっているためもあるのか、柴咲は女優業への意欲を燃やしているという。

「8月下旬から配信されるオムニバス映画『緊急事態宣言』にも出演していますし、10月期からは、『35歳の少女』(日本テレビ系)で、5年ぶりに民放で連続ドラマの主演を務めます。また有名女性監督の映画作品への出演もすでに決まっているそうです」(芸能関係者)

出演する作品は自ら慎重に吟味するという柴咲。そんな彼女でも仕事が次から次に決まる陰には、“敏腕エージェント”の存在があるという。

「所属事務所から独立することで、仕事の選択の自由度は増します。そのいっぽうで映画会社やテレビ局との交渉もこなさなくてはならないのです。そこでギャランティの一部を対価にして業務を肩代わりしてくれるのがエージェントで、柴咲さんが契約しているのは、かなり“やり手”だと聞いています。また優秀なエージェントが増えていることも、芸能人たちの独立が増えている背景にあるようです」(別の芸能関係者)

8月5日には39歳となる柴咲。前出の知人はこう語る。

「彼女は、以前は雑談の中などで『私もいつかは結婚したい』と、語っていました。でも最近は、まったくそんな話をしなくなったのです。それだけ会社存続への危機感を抱いているのでしょうか」

柴咲にとって30代最後の1年は、結婚の2文字を封印して仕事にまい進することになりそうだ。

「女性自身」2020年8月18・25日合併号 掲載
投稿日:2020/08/08 06:00 更新日:2020/08/08 06:00 
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1883515/ 
no title

【柴咲コウが独立後も好調なワケ 背景に敏腕エージェントの存在】の続きを読む