芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

柴咲コウ

1: なまえないよぉ~ 2017/10/12(木) 05:20:44.29 ID:CAP_USER9
女優の柴咲コウさんが主演し、放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が11日、浜松市内でクランクアップを迎えた。最終シーンの撮影を終えた柴咲さんは「体力がありあまっています。あと1年ぐらいできそう」と満面の笑み。また、大河ドラマをやりたいかと聞かれると「もちろんです! やりたいです!」と力強く即答した。

 この日は、柴咲さんは「クランクアップです!」と声をかけられると、共演者らと顔を見合わせ「わー!」と大はしゃぎ。うれしそうに記念のくす玉を割り、花束を受け取った。

 くす玉割りと花束贈呈のセレモニーには、菩提寺・龍潭寺の僧侶、傑山(けつざん)役の市原隼人さん、昊天(こうてん)役の小松和重さんらも出席した。会見には.制作統括の岡本幸江チーフ・プロデューサー(CP)も出席した。

 この日の撮影は、浜松市久留女木(くるめき)の棚田で行われた。最終回となる第50回(12月17日放送予定)で放送される井伊谷(いいのや)の民が、里の豊かな実りを感謝するシーンが撮影された。

 同作は2015年8月26日に制作と、柴咲さんの主演が発表され、16年9月6日にクランクインした。

 「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる主人公・直虎(柴咲さん)が、男の名で家督を継ぎ、今川、武田、徳川が領地を狙う中、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守りながら、生き延びていく……というストーリー。放送はNHK総合で毎週日曜午後8時ほか。


浜松市で行われたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップ会見に出席した柴咲コウさん
no title

no title

no title

no title

https://mantan-web.jp/article/20171011dog00m200009000c.html

【柴咲コウ 大河「直虎」撮了で満面の笑み】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/27(水) 18:06:22.78 ID:iYWuiYS40 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

no title


NHK大河ドラマ「直虎」に出演中の女優・柴咲コウ(36)がIT企業の代表取締役社長CEOを務めていることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。
企業名は「レトロワグラース社(以下、レ社)」で、昨年11月に設立されている。

本誌取材班は同社の事業計画書を入手。そこには代表取締役社長CEO柴咲コウ名義で、次の挨拶文が記されている。

〈ネットメディアエンターテインメントを通じて、よりたしかな未来を構築すべく、LES TROIS GRACESを立ち上げました。
個々の特性を最大限活かし、真実の未来を奏でます〉

その計画書によると、同社は今年9月末までに資本金を1億6千9百万円に積み上げ、株式上場を目指すという。また今年3月、
柴咲の所属事務所「スターダストプロモーション」からファンクラブ事業を引き継いでいる。

no title



「8月にレ社の取締役に就任した藪考樹氏(46)がサポートしています。藪氏は、携帯用ゲームアプリで知られる『モブキャスト』の社長。
柴咲とは以前から親交があり、彼女が尊敬する経営者です」(芸能プロ関係者)

レ社の株式の過半数を柴咲が持つが、それに次ぐ25.1%を手にするのが「モブキャスト」子会社の「モブキャスト・エンターテインメント」だ。

本誌の取材に「モブキャスト」は「(子会社がレ社に)出資した事実はあります」と回答。「スターダストプロモーション」は、
「女優・CM業のマネージメントをレ社が引き継ぐことはない」と答えた。

「週刊文春」9月28日発売号ではレ社設立の経緯などを詳細に報じている。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170927/Bunshun_4278.html

【柴咲コウさん資本金1.7億円のIT企業を設立】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/06(水) 06:14:07.25 ID:CAP_USER9
NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で主人公となる女領主・井伊直虎を演じる柴咲コウ。9月3日に彼女が『柴咲コウ ko_shibasaki Instagram』にて「とある撮影中 今夜の直虎も、お見逃しなく」とモノクロショットを公開した。
大河ドラマとは無関係な撮影のようだがどうしても『直虎』のイメージが被るのだろう、フォロワーからも「いい写真ですね。今夜も直虎見ました。だんだんおもしろくなってきた。決して見逃しませんよ」とそれに絡むコメントが多い。

その日の夜に放送された第35回「蘇えりし者たち」では、徳川家康(阿部サダヲ)の家臣・酒井忠次(みのすけ)が気賀の堀川城を乗っ取った大沢基胤(嶋田久作)への見せしめに気賀の民を惨殺してしまう。
直虎が駆けつけた時には盗賊の頭(かしら)である龍雲丸(柳楽優弥)が瀕死の状態だったが、懸命の治療を施してなんとか一命を取りとめた。
『大河ドラマ「おんな城主 直虎」 nhk_taiga_naotora Instagram』には視聴者から「直虎と龍雲丸との会話、龍雲丸のこぼれた涙をしっかり見てこちらも泣きました」「直虎がかしらに薬を口移しで飲ませてあげるシーンはもののけ姫を思い出した!」などの感想が寄せられている。

一方で柴咲コウのモノクロショットには「最近綺麗になりましたね。良かったです」「いつもの目ヂカラとは異なる、瞳の中の温かさを感じさせる一枚ですね。この感覚は何だろう?」と引き込まれる魅力があり、
やはり『直虎』を連想するのか「美青年」とのたとえもあった。

なかには「そろそろ卒業だね大河ドラマ、次へ頑張ろう!」という声があるように最終話まで残すところ20数話とクランクアップが近づいており、来年の大河ドラマ『西郷どん』も7月初旬にクランクインした。
そろそろ「柴咲コウ新作」の情報も聞こえてきそうだ。

柴咲コウ、ある撮影でのモノクロショット 『直虎』思わせる凛々しさに「美青年」の声 


『柴咲コウ 2017年9月3日付Instagram「とある撮影中 今夜の直虎も、お見逃しなく」、2017年8月13日付Instagram「#Repost @nhk_taiga_naotora」』
no title


http://japan.techinsight.jp/2017/09/maki09041649.html

【柴咲コウさん、モノクロショットでもやっぱり美人www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/04(火) 17:13:29.15 ID:CAP_USER9
女優の柴咲コウ(35)が4日、都内で行われたスマートフォン「AQUOS R」新CM発表会に出席した。

 柴咲が出演する新CM「階段篇」「夜の街篇」の放映開始日と、同スマートフォンの発売日が7日であることにちなみ、イベントでは七夕の短冊に願いを書いて披露する企画が行われた。
“柴咲農園を作る!!”と書いた柴咲は、その理由を聞かれると「ものを生み出すということは本当に素晴らしいなと思っていて、1人の人間としてなくてはならないものって、やっぱり食べることじゃないですか。それを自分で作り出せたら本当に素晴らしいなと思って、心が豊かになるんだろうなって思いました」と説明。
「ただ農業ってすごく難しいと思うので、まずは小さな家庭菜園から始めて、それを少しずつ大きくして、おすそ分け程度には振る舞えるようになれたらいいなと思いました」と目を輝かせた。最初に何を作りたいか尋ねられると「季節柄、これから夏野菜なので、トマトとかゴーヤーとか、そのあたりからチャレンジしてみたいです」と声を弾ませた。

 また、スマートフォンを使って写真を撮ることがあるか聞かれると「しますね。猫を飼っているので、被写体は猫が多いですね。料理も気分転換程度にはしますので、それを収めたいなというときはあります」。 
 写真を撮る際にこだわっていることを尋ねられると「(飼い猫は)白猫で、その毛並みまで写したいんですけど、上手いこと写せないことがあるので、これ(同スマートフォン)なら綺麗に写るんだろうなって思います」と期待を寄せ、さらに「腕はどうあれ、お料理もおいしそうに撮りたいので、テカリや出来立て感が伝わればいいなと思って撮っています」と明かした。 
  

柴咲コウ 七夕の願い事は「柴咲農園を作る」 その理由とは… 
2017年7月4日 14:45 
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/04/kiji/20170704s00041000134000c.html 
no title


  【柴咲コウ 七夕の願い事は「柴咲農園を作る」 その理由とは…】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/03(月) 13:53:49.35 ID:CAP_USER9
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に主演する柴咲コウ(35)が3日、「戦国!井伊直虎から直政へ」特別展(4日~8月6日)が開催される東京・墨田区の江戸東京博物館を内覧に訪れた。

 直虎の花押が入った唯一の書状「関口氏経連署状」や僧名の次郎法師が彫られた世継観音像など、井伊家にまつわる約230点を展示。柴咲は「資料としては見ていたけれど、実物を見ると実在した人なんだと感動します。より身近に感じられました」と感激の面持ちだ。

 撮影は10カ月が過ぎ、養母として育て後に徳川四天王を一角を占める武将となる井伊直政(菅田将暉)とのシーンに入っていく。「それこそ今週からで、菅田くんとの芝居でどう対じしようか思案していたところだったので、よきヒントが得られた気がします。かなり精かんな顔つきなので、菅田くんにつながる部分もあるかも」と笑顔を見せた。

 だが一方で、「個人的には刀がすごく好き」と本音も吐露。徳川家康の脇差などを食い入るように見つめ、「心から平和を願っている人間ですが、引き寄せられる魅力がありますね」と照れながら明かした。

柴咲コウは刀剣女子!?家康脇差に目くぎ付け「個人的にはすごく好き」 
[ 2017年7月3日 13:33 ]  
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/03/kiji/20170703s00041000171000c.html 
no title


  【柴咲コウは刀剣女子!?家康脇差に目くぎ付け「個人的にはすごく好き」】の続きを読む