芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

柏木由紀

1: なまえないよぉ~ 2017/09/30(土) 05:20:10.86 ID:CAP_USER9
no title


AKB48・NGT48の柏木由紀(26)が、28日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際、AKB48の峯岸みなみ(24)からLINEの内容を暴露された。

 峯岸によれば、「私と柏木と指原の3人でLINEグループをやっているのですが、柏木の愚痴や妬みが下品すぎ」なのだとか。番組ではHKT48・指原莉乃(24)も含めた3人のLINEのやりとりが公開された。指原がモデルの泉里香(28)の写真をアップして、「この人絶対にブスって言われたことないよ」とコメント。「たしかに可愛いもんね」(峯岸)、「どんな人生やねん!それ!」(指原)と羨ましがる声が続き、柏木は「ないな」「乳首めっっっちゃ長いとかだったらいいのに」と悪口を送っていた。

 これに柏木は「悪気はない」「グラビアもモデルもやっていて、うらやましさしかないから、妄想で乳首がめっちゃ長かったら許せる」と釈明。

 泉については、主に指原が憧れている女性だとたびたび明かしていて、以前出演した番組では「こんなに可愛くて、お胸もあって、どうか乳首が長くあってくれ」、「羨ましくって。お願いだから乳首がちょっとだけ長くあってくれ」と、複数回“乳首長くあってくれ”発言をしている。指原は、「自分がコンプレックスの塊だから」、キレイすぎる泉にも「何かコンプレックスがあってくれないと……」と思っているそうだ。正直者とも言えるが、なかなかの性格ブスである。



 泉に対しては、ほかにも「お尻の毛がめっちゃ濃いといいな」「お尻にでっかいイボがあればいい」と願う発言をしているが、それよりも「乳首が長かったらいいのに」願望が顕著だ。どうやら、3人とも、乳首が長いことは“欠点”だと思っているようだ。

そもそも乳首に“普通”なんてない
 乳首は人によって色も形もそれぞれ。薄い色の乳首もあれば、濃い色の乳首もある。乳首が小さめの人もいれば、大きめの人もいる。陥没乳首の人だっている。乳輪が大きめの人だっている。

しかし、一般的には「乳首の色は薄めで、形もそんなに主張しすぎていないほうがいい、整っているほうがいい」と思っている人が多い。しかし、乳首だけでその女性の価値は暴落しない。指原たちは泉の乳首が長かったら良いと願っていたが、もし本当に泉の乳首が長かったとしても、彼女を魅力的に思う人は十分いるだろう。

 そもそも乳首に“普通”なんてない。その普通の基準を勝手に作って、「長いのは変」と決めつけ、バカにするのもおかしい話だ。

 指原いわく、柏木と峯岸の3人で、雑誌などで可愛い子を見つけては、「世の中にこんな可愛い女の子がいるなんてしんどい」と言い合っているという。峯岸もラジオで「基本、可愛い子には毒を吐いてますね」とコメントしている。泉里香についても、その可愛さを認めた上で、あくまでも自分たちを貶して笑いを取るためのネタとして使っているようだが、実に不毛なやりとりをしていると言えるだろう。


https://news.infoseek.co.jp/article/messy_53804/

【「泉里香の乳首が長かったらいいのに」と願う柏木由紀と指原莉乃の性格ブス】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/28(木) 23:36:36.22 ID:CAP_USER9
AKB48・NGT48の柏木由紀(25)が28日、日本テレビ系バラエティー番組「ダウンタウンDXDX」(よる9時?)に出演。
握手会での“塩対応”を釈明した。

柏木は同じグループの荻野由佳(18)と登場。
今年6月のAKB選抜総選挙で5位になった荻野は、ドラフト会議で柏木から指名され、NGT入りが決まったこともあり、「柏木さんは恩人」と感謝した。
また、“神7”入りと大躍進した理由を「ファンとの距離感」と説明。
握手会での様々な工夫を紹介した。
番組では握手会の模様の写真を紹介したのだが、端っこに写っていたのはイスの上であぐらをかいて握手する柏木だった。

“塩対応”の現場写真を見た出演者から「ファンへの裏切りや!」の声が飛び交い、ケンドーコバヤシは「たばこ屋のおばちゃんやん」と言い切った。

総ツッコミを受けた柏木は握手会が長時間にわたるものと説明したうえで「私は最年長だし…。イスの下にシートを3枚くらい重ねて高さを調節して、座っていることが(ファンに)バレないようにしていた」と釈明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000057-tospoweb-ent

『ダウンタウンDXDX』 柏木由紀と荻野由佳
no title

no title

no title

no title

no title


AKB48 柏木由紀
no title

no title

no title

【【AKB48】柏木由紀 あぐらかいて握手の“塩対応”バレる 「私は最年長だし…」と釈明】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/28(木) 13:21:49.93 ID:CAP_USER9
“ゆきりん”こと柏木由紀(AKB48/NGT48)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「柏木由紀のYUKIRIN TIME」。
9月23日(土)の放送では、東京・早稲田大学ビジネススクール(WBS)で先日行われたオープンゼミに、特別講師として参加したゆきりんが、生徒たちを前に講演した模様をお届けしました。
その内容を2回にわたって紹介します。
前編の今回は、ゆきりんがアイドルになるまでの経緯や、内側から見たAKB48について。

講演のタイトルは“私がアイドルになるまで…そして現在、未来”。
「こういう場で喋るのは初めて」と言うゆきりんは、緊張の面持ちで講義をはじめました。

◆柏木由紀がアイドルになるまで
ゆきりんがアイドルに興味を抱くようになったのは、小学2年生のときに地元・鹿児島にやってきたモーニング娘。のコンサートを母と一緒に観に行ったことがきっかけ。
当時から歌ったり、踊ることが好きだったものの、“アイドルになりたい!”という気持ちはなく、その頃は純粋に曲を聴いたりコンサートを観ることに生きがいを感じていたと言います。

ところが小学校高学年の頃、同級生が持ってきたオーディション雑誌を読み、芸能界に入るためにオーディションという方法があることを知り、「自分もいつかステージに立ってみたいと思うようになった」というゆきりん。

憧れの存在であったモーニング娘。のオーディションを3回受けるも落選。
中学2年生のとき、たまたま手に取ったティーン誌で、AKB48オープニングメンバー募集の広告を見て応募したゆきりんは、最終審査まで残るも両親を説得できず断念。
しかし、アイドルになるという夢を諦めきれず3期生のオーディションに再び挑戦して見事合格。
その日から目まぐるしく生活が激変したそうです。

「オーディションに受かって2週間で母と上京して……右も左も分からない状態で、ふたりで物件探しをしました」と当時を振り返っていました。

◆AKB48というアイドルグループ
3期生メンバーとしてAKB48に所属することになったゆきりん。
次に語られたのは、自身のデビューから10年の活動を通して、内側から見たAKB48のこと。

ゆきりんが、AKB48が国民的アイドルグループと言われるまでに成長した理由として挙げたのは、「専用劇場があり、毎日公演を行っていること」「握手会」「選抜総選挙」の3つ。

「“会いに行けるアイドル”というコンセプトが、他のアイドルとかぶらなかったのが運がよかった」と話すゆきりんが、特に大事にしているのが「握手会」。
現在、週末は大きな会場でほぼ毎週やっているそうで、今までテレビでしか観られなかったアイドルとファンが、直接触れ合える機会が増えたことが大きいと言います。

ゆきりん曰く、握手会は自身の性格やファンへの対応など、テレビだけでは伝えきれない魅力を、実際にファンが感じて好きなメンバーを決められる重要な場なのだとか。
「まずは目の前の人をファンにすることからはじめようと、できることからコツコツと積み重ねていきました」というゆきりんは、会場に来てくれたファンの名前や特徴、その日話したことを覚えておくため、握手会のたびにノートに細かく書いていたそうです。

そんな努力もあって、ゆきりんは「AKB48選抜総選挙」の第1回から第8回まで、安定して上位をキープ。(>>2017年は初の不出馬)
今年で第9回、いまや毎年恒例のイベントとして知られる「AKB48選抜総選挙」について、ゆきりんは「アイドルが、作品のセールス以外に順位がつけられることが今までなかった。女の子に順位をつけるというちょっと残酷なところも、総選挙が世間の皆さんに注目してもらえるきっかけになったのでは」と分析していました。

また、ゆきりんがこのグループでよかったと感じているのは、「発言の自由があること」だと言います。
Twitterやブログ、InstagramなどのSNSの投稿において、所属事務所やマネージャーによるチェックはなく、自分の思いのままに発信しているのだそう。
コンサートのMCでも特に台本はなく、予定調和ではない自由な発言ができることがよかったと言い、「大人数メンバーがいる中で、それぞれが個性を出せたのもAKB48のよさだと思う」と話していました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00010001-tokyofm-ent&p=1

AKB48 柏木由紀
no title

no title

【【AKB48】柏木由紀「AKBが国民的グループになった3つの理由」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/12(火) 13:09:04.39 ID:CAP_USER9
AKB48/NGT48の柏木由紀が12日、自身のブログを更新。
喉の不調で声が出にくくなっていることを明かした。

「実は8月末くらいから、喉や鼻がグズグズな感じで。熱も上がったりすぐ下がったり」と体調を崩していたことを告白した柏木。
喉にも不調が出てしまったそうで、「声が、、わたしの大事な声が、、ガラガラでございます」と現状をつづった。

ファンから心配の声

また、医師からは「今は極力、声を出しちゃいけないといわれました。。」と指示を受けたといい、「元気なのに。。しゅん。。」としょんぼり。

先日は人生初の人間ドックを受診し、問題なかったことも報告。
今は喉の一刻も早い回復のため、「今日も点滴じゃ」と治療を受けることも明かし、「ほんとに身体は元気なので!ご安心を」とファンに呼びかけ。
今日(12日)の劇場公演にも予定通り出演するとしている。

ファンからは「ゆきりんお大事にしてね」「はやく良くなりますように…」「声も身体も大事にして」「体調気をつけて下さい」など心配の声が多数寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1713807

AKB48 柏木由紀
no title

no title

no title

【【AKB48】柏木由紀、体調不良で点滴治療  ファンから心配の声相次ぐ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/03(日) 16:30:17.75 ID:CAP_USER9
かわいいイメージを維持したいアイドルが多いなか、自虐ネタを語り、お笑い芸人からいじられることでバラエティの仕事をこなせる人もいる。

AKB48の柏木由紀が、8月30日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)にて、ファションイベントに参加した際に、自身のコンプレックスを再確認したエピソードを語っていた。

「(モデルなどが集まる『関西コレクション 2017A/W」の現場で)場違いだなって、ずっと感じてて。ずっと下向いてた。AKBの楽屋が一番安心しました。もう、一歩外に出ると、ずっと下向いて。みんな閉じこもってましたよ」

これに対し、共演者のケンドーコバヤシが「そういうときこそ、外ぶらぶらしないと。AKBの楽屋にいることが、一番ダメ。『お高くとまりやがって』って、関西の打ち上げで言われてる」と指摘。

アンガールズの田中卓志も「お高くとまってて、出てみたら胴長なんだもん。あり得ないでしょ(笑)」と、ケンコバに同調しながら、柏木のコンプレックスを刺激。

すると、柏木も「めっちゃツイッターで来ました。『やっぱり、胴長いですね』って(笑)」と自らの欠点を認めた。

過去には、自身のツイッターアカウントで、グラビアのオフショットを公開しながら、「この写真だと、いつにも増して胴が長い いや、、これが現実か、、、(笑)」と自虐したこともある柏木。

自身の欠点を笑いに変えられるうちは、バラエティでの立場も安泰だろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170903-00010002-flash-ent

『関西コレクション 2017A/W」 渡辺麻友と柏木由紀
no title

no title

AKB48 柏木由紀
no title

no title

【【AKB48】柏木由紀「やっぱり、胴が長い」コンプレックスを自虐語り】の続きを読む