芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

松本人志

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/04(月) 05:05:04.88
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生活苦となっている芸人の救済に立ち上がったダウンタウン松本人志(56)のプランがお笑い界で「太っ腹すぎる」と話題を呼んでいる。1人上限100万円を無利子で貸し付けるもの。面識のある後輩は1000人にも上るとみられ、お願い次第では最大10億円の“持ち出し”覚悟の大盤振る舞いとなる。

 驚きの松ちゃんファイナンスだ。テレビ局関係者によると、後輩芸人らにポケットマネーで1人上限100万円を無利子無担保で貸し付けるプランで、返済期間は5年間という。

 所属の吉本興業では3月から全劇場を休館。当初は無観客ライブ配信も行っていたが、政府の緊急事態宣言により、それもままならなくなった。「テレビの収録も劇場もない。給料もないのないない尽くし」(中堅芸人)との悲鳴が上がる中、“漢(おとこ)”松本がひと肌脱いだ形だ。

 公にはしていないが、4月中旬にスタッフを通じて、親交のある後輩芸人に緊急メールで呼び掛けた。「コロナで収入が減った芸人に松本人志が金貸します。条件。おもろいやつ」との内容で、貸し付けの“条件”でハードルは上がっているが、これは将来性のある後輩への投資との意味を込めてだろう。

 これまでも自然災害が起こった際、水面下で寄付を行うなど人が困っていると動かずにはいられない性格。周囲によると「後輩の将来が閉ざされるのは悲しいので貸し付けを決めた。返済を催促することもないでしょう。何かできることはないかとすぐに動いたようです」という。

 吉本には6000人が所属しており、松本と面識のある後輩を考えると、貸し付けが1000人ほどまで広がる可能性もある。総額10億円に上るが「松本さんは数億円単位になることも覚悟している。それこそ10億円ということも考えているのでは」(放送作家)と大盤振る舞いの救済策となる。

 昨年、所属芸人が特殊詐欺グループとの間で行った闇営業問題で吉本が分裂危機に陥った際はツイッターに「後輩芸人は不安よな。松本、動きます」と投稿して事態の収拾に奔走。闇営業で謹慎中の芸人が生活に困っていると、タイガーマスクに扮し、スタッフを通じて計数百万円を援助したこともあった。

 後輩からは「恐れ多くて借りてもいいのか迷う。“おもろいやつ”という条件で5万円くらいしか借りられなかったらどうしよう」と悩む声がある一方、「お願いするつもり。生活が干上がりそうです」と借りる気満々の猛者まで、それぞれだ。

 生活困窮組には願ったりかなったりの夢プラン。タイガーマスクの主人公ではないが、お笑い界の伊達直人から素敵なプレゼントだ。

 ▽タイガーマスク 梶原一騎原作、辻なおき作画で、1968~71年に週刊少年マガジン(講談社)などで連載され、69年にはアニメ化もされた。主人公の伊達直人は児童養護施設「ちびっこハウス」の出身。素性を隠して、タイガーマスクとしてレスラーで活躍。ファイトマネーは出身の児童養護施設のために使うヒーローだった。
2010年からは実際にタイガーマスクをまねて、タイガーマスクの本名「伊達直人」を名乗る人物から児童養護施設などへの寄付が相次ぎ「タイガーマスク運動」と呼ばれている。

5/4(月) 5:00 スポニチアネックス 
松本人志 10億円覚悟!生活苦の後輩芸人救済、1人上限100万円無利子貸し付け 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200504-00000000-spnannex-ent 
osatsu_money_yamadumi

【【驚愕】松本人志 10億円覚悟!生活苦の後輩芸人救済、1人上限100万円無利子貸し付け】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/07(火) 22:43:48.49
連日、テレビで報じられている新型コロナウイルス関連のニュース。4月5日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」も志村けんの死去、東京五輪延期といったコロナに関する話題で持ち切りだった。

 中でもコロナの影響による所得減少者への支援策を巡り松本人志が発したコメントに波紋が広がっている。

松本が語ったのは「一定以上の収入を得ている人たちへの補償」について。

「水商売のホステスさんが仕事休んだからといってふだんのホステスさんがもらっている給料を、我々の税金では、おれはごめん、払いたくないわ」と心情を明かしたのだ。

 この発言を受け、ネット上では賛否両論が入り乱れる事態になっているのだが─。

 松本に対し「率直に『ホステスの現状を誤解している』と思いましたね」と不満を漏らすのは都内のスナックに勤める30代ホステスだ。続けてこう実情を打ち明ける。

「高級クラブのイメージから『ホステスは過剰に給料をもらっている』と思われているのでしょうが、私を含めて周囲では『生活ギリギリ』の状態で贅沢をせずに暮らしているホステスが大多数。
日払いでやりくりしているシングルマザーもとても多い業界です。ホステスをひとくくりにして『税金を払いたくない』と言うのは職業差別ではないでしょうか」

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0407/asg_200407_3862443640.html
job_mizusyoubai_kyabakura

【【職業差別】松本人志のコロナ支援策コメントにホステスが切実反論】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/05(日) 13:05:03.23
ダウンタウンの松本人志(56)が5日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)で、新型コロナウイルスよる所得減少の世帯に1世帯30万円を現金給付する政府の支援策に疑問を呈した。

「水商売のホステスさんが仕事休んだからといって、普段のホステスさんがもらっている給料を、われわれの税金で、俺はごめん、払いたくはないわ」と主張。

また、安倍晋三首相が表明した1世帯に布マスク2枚配布についても疑問視。「マスク2枚レベルの、スケールの話は一回(国民の)みんなに聞いてみてらいいのに。マスク2枚配る案はどうですか?って。今の時代、簡単にSNSでみんなの反応を聞けるから…もっと活用したらいいのに」と首を傾げた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/05/kiji/20200405s00041000151000c.html 
2020年4月5日 

fblogo

【松本人志 コロナ禍の政府支援策を疑問視「ホステスさんが仕事休んだからといって税金では…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/15(日) 11:22:50.35
「ダウンタウン」の松本人志が15日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演した。

 番組では、スポーツジムなどで他のマシンがガラ空きなのにわざと隣に来る「トナラー」について特集した。

 松本は、「トナラー」と遭遇したことについて「例えば、すごくすいている映画館で座席指定かもしれないけど、なんでここに座るのやろ。もう始まったし、多分お客さん増えへんからどっか行きぃやって」と明かした。

 さらに「あとトイレも男子トイレだと広いところなら4つ5つ空いているのに意外と横来る人いる。まさにこれ」と話した。自分自身は「オレは絶対しないね」とし「こういうヤツってこういう性格なんでしょうね。あとオレって分かっててくるヤツもいる」と指摘していた。

報知新聞社
3/15(日) 11:13
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-03150067-sph-ent
fblogo

【松本人志、わざと隣に来る「トナラー」に憤慨…「すごくすいている映画館で、なんでここに座るのやろ。あとトイレも…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/19(日) 12:20:11.92
ダウンタウンの松本人志(56)が19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、子供のゲーム時間を規制しようとする香川県議会の条例素案に異議を唱えた。

10日に開かれた香川県議会の検討委員会では、子供がインターネットやオンラインゲーム依存症になるのを防ぐための「依存症につながるようなスマートフォンの使用」を1日60分までとする条例素案が示された。

松本は「ゲームの種類にもよりますよね。テトリスみたいなのを延々ずーっとやってんのは確かにアレかなと思うんですよ。でもね、『ゼルダの伝説』みたいなのはさ、1時間ぐらいでは伝説になれへんからね。アレも最後までクリアした思い出というか、絶対大事だし、寝る間も惜しんでやる時期っていうのは、あってもいいのかなと思いますね」と、ゲームの意義を主張。

「こういう条例をなんとかクリアしてもらいたいですよね」と、ジョークを交えて規制に異議を唱えていた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/19/0013046275.shtml 
2020.01.19 
fblogo

【松本人志 ゲーム規制条例素案に異議「『ゼルダの伝説』みたいなのは…寝る間も惜しんでやる時期はあっていい」】の続きを読む