芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

松居一代

1: なまえないよぉ~ 2017/12/15(金) 10:06:18.87 ID:CAP_USER9
 俳優、船越英一郎(57)との離婚が成立したタレント、松居一代(60)が15日、
東京都内で会見し、約5カ月半の“闘争”に終止符を打った胸中を激白した。

 松居は、船越に対する思いを問われ「私にとって、もう別の世界の人、別の星の人というような
気持ちなんです。私とはまったく関係のない方、真っ赤な赤の他人様でいらっしゃると
思っていますので、謝罪とかそういうものは私の中で必要なくなりました」と心中を明かした。

 さらに、船越に掛ける言葉は?と聞かれると、「掛ける言葉? 何一つありません。
大っ嫌いです。大嫌いな人に掛ける言葉はないでしょ?」と語気を強めた。

 再婚の予定については「まったく考えてません」と否定した。

サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000521-sanspo-ent
no title

【【頭おかしい】松居一代、船越英一郎は「大っ嫌い」 “赤の他人”を強調wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/14(木) 04:56:49.98 ID:CAP_USER9
女優松居一代(60)と俳優船越英一郎(57)の泥沼離婚騒動が13日、決着した。この日、東京家庭裁判所で行われた第2回調停に松居、船越とも出席し、離婚に合意したことが分かった。近く離婚届を提出する。松居が船越を一方的に糾弾する動画を公開してから161日。「最高裁まで戦う」と長期化を宣言していた騒動が急転、年内決着となった。

 日本中を騒がせた“リアルサスペンス劇場”に幕が下ろされた。

 松居は調停終了後、取材陣の「調停は成立したか」の問い掛けには無言のまま答えなかった。ただ「裁判まで行くか」の質問には「どこまでも行きますよ」と答え、その後も「次の戦いの準備をします」と強調。従来通りの強気の姿勢を見せたが、スポニチ本紙の取材では、この日の調停で離婚に合意。越年必至とみられていた調停が一転、成立した。

 調停は約90分間行われ、9月の第1回に1人で出席した松居は代理人弁護士が同席。船越側も本人と代理人が出席し、合意内容を確認したという。

 松居はこの日の調停開始直前、ブログで今年一年を漢字1文字で「戦」と表現した。だが、その一方でスポニチ本紙などの取材に「お金があると苦労しますよ」と漏らした。そして調停後、「2年戦うのはキツい。来年は笑いたい」と珍しく弱音を吐いた。それは騒動後初めて話した本音だった。

 ◆松居 一代(まつい・かずよ)1957年(昭32)6月25日、滋賀県生まれの60歳。80年に日本テレビ「11PM」のアシスタントで芸能界入り。映画「肉体の門」に出演。86年に実業家の男性と結婚。1児をもうけたが、その後、離婚。考案した掃除用具が大ヒットし、掃除好きのカリスマ主婦として活躍。

 ◆船越 英一郎(ふなこし・えいいちろう)本名船越栄一郎。1960年(昭35)7月21日生まれの57歳。神奈川県出身。父は俳優の船越英二氏、母は元女優・長谷川裕見子さん(共に故人)。82年TBSドラマ「父の恋人」でデビュー。劇団の主宰などを経て、テレビドラマに多数出演。「2時間ドラマの帝王」の異名も。

12/14(木) 4:50 スポニチアネックス 

松居一代と船越英一郎が離婚合意…泥沼騒動急転、年内決着 

 
松居一代、船越英一郎夫妻
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000153-spnannex-ent

【船越英一郎さん、安心して年を越せる模様wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/21(火) 08:58:44.51 ID:CAP_USER9
夫である船越英一郎所属の芸能事務所から、名誉を傷つけられたとして訴訟を起こされている松居一代。11月19日のブログでは船越の不貞疑惑による心労のために
「女性は、敏感です。まして、妻は変化に気がつきます。悲しみから…食欲はまったくなくなってしまいました。実は、11キロも痩せてしまいました」
と綴り、ブログ読者からは松居に同情する声が集まった。

 しかし、ネットやSNSでの反応は逆で「船越さんのほうがもっと痩せたよ!」「あれだけのことをしておいてよく言う」「痩せたとか、心配してほしい人、構ってちゃんがよく使う表現」など松居への同情はほとんど見受けられない。

「船越さんはテレビで見るよりも実物はさらに痩せた印象で、元気もあまりありません。こんなことがずっと続いている中で、よく頑張ってきたと思いますよ。
そもそも船越さんが不貞しているかどうかは現時点では不明なのに、松居さんを支持しているブログ読者のコメントを読んでいると不貞は事実という扱いになっています。
それだけでなく外見的な問題や病気、性的なものまで、松居さんは船越さんの究極のプライバシーを、あのショッキングな動画を使ってさらし続けた。
船越さんが俳優として著しいダメージをこうむったことは言うまでもありません。よくこれまで我慢したと思いますよ」(芸能ライター)

 提訴されたことで、いったん落ち着いていた松居のスイッチがまた入ってしまうのだろうか。再び彼女の動きから目が離せなくなりそうだ。

松居一代、心労で11キロ減を告白も「船越はもっと痩せた」と非難殺到 
芸能 2017/11/20 18:15 
http://asajo.jp/excerpt/41419 
no title


  【松居一代、心労で11キロ減を告白も「船越はもっと痩せた」と非難殺到】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/26(水) 19:41:01.32 ID:CAP_USER9
 沢尻エリカ(31)が、松居一代(60)と船越英一郎の離婚騒動の巻き添えをモロに食っている。沢尻vs松居の“猛女バトル”に発展する可能性もありそうだ。
 「7月初め、船越が松居に対し離婚調停の申し立てを行っていることが報じられて表面化。松井がブログや動画で、船越がハワイ在住女性と不倫しているなどと攻撃を始めたことで、騒動は拡大しています。ただ、松井が本当に根にもって、恨んでいるのは、沢尻エリカじゃないかと噂されているのです」(芸能記者)

 実は沢尻、'12年放送の主演TBS系特番ドラマ『悪女について』で、船越と共演し、濡れ場を演じた過去があったからだ。
 「船越が沢尻とラブシーンを熱演したことに、当時、松居は激怒。殴る蹴るのDV暴行を加えて夫をKOしたことをブログに記したほどでした。しかし、それが原因で船越は家出をしてしまい、離婚調停につながるきっかけとなった。松居は今、沢尻への怒りを再燃させているのです」(同)

 ただ、不良少女出身で、'07年には映画舞台挨拶で「別に…」とケンカ腰で答える騒動を起こした沢尻も黙ってなさそうだ。
 「当時、船越とラブシーンをしたとブログなどで言いふらした松居に対し、沢尻はかなり不機嫌になったそうです。ただ、松居も“あの女のせいで夫婦仲が壊れ始めた”と恨みを持っているようなので、万が一、遭遇でもしたら、非常に危険な状況ですよ」(芸能関係者)

 そうした中、いずれもヌード経験がある2人が“再ヌードバトル”で「女の決着」をつけるのでは、という仰天情報も浮上している。
 「実は松居、27歳頃の時にグラビアでヌードを披露したことがあり、超美乳とくびれたウエストの持ち主なのです。その後、映画などでも裸体を見せた彼女。もし60歳の今、披露したら、約30年ぶりの全裸になると思われます。実際、一部出版関係者が“還暦再ヌード”話を計画しているようです」(芸能ライター)

 一方の沢尻は26歳の時、主演映画『ヘルタースケルター』で全裸を披露した。
 「沢尻も、松居に匹敵する美全裸で世間を驚かせました。今回、松居が自分を恨んでいる話やヌード話が浮上している噂を耳にし“文句があるなら再ヌードになってもいい”と、勝利に自信満々とか。どちらかが脱げば、もう一方も脱ぐという“全裸バトル”勃発の可能性がありますね」(同)

 戦いの火蓋は切られた!?

2017年07月25日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/9829165/
no title

【沢尻エリカvs松居一代 船越英一郎を巡る猛女バトル再勃発】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/26(水) 12:23:13.41 ID:CAP_USER9
7月上旬からネット上で続く“松居一代”劇場。夫で俳優の船越英一郎をブログや動画で批判するあれだ。当初は「いじっちゃダメなやつだよ」と主張していたカンニング竹山さんは、時間が経って考え方が少し変わってきたという。

*  *  *
 1週間ぐらい前、テレビで松居一代さんのことを「いじっちゃダメだ」と言ったことに、いろいろ反響がありました。なぜああ言ったかというと、松居さんのやってることに不可解なことがいっぱいあったから。冷静に考えると、船越さんの所属事務所が離婚調停を申し立てているってコメント出しているんだから、双方の意見は裁判所で言うしかないじゃないですか。普通は。それなのにSNSを使って……って、異常ですよね。どんなにあがいても答えはそこには無いわけで。本人もそれわかってると思うんですけど。

 それに、いくら夫に憎悪があったとしても、自分の行動で周りの人に迷惑がかかる可能性があるわけじゃないですか。もしかしたら周りのスタッフや、お子さんにも。それでもやるって異常性があるから、そういう人はメディアが面白おかしくいじっちゃダメなんじゃないの?って思っていました。本人は笑わせようとしていないし、話題になろうとしていないからと。

 でも、こと最近に関しては、松居さん自身がいじってほしいんだなって思うようになったんです。youtubeの動画にいろいろ演出が入ってきたり、ブログで反論したりされてるんで。それならいじってあげたらいいんじゃん。本人が出たがってるんでしょ(笑)

 この連載で取り上げた「いじりといじめの違い」にも通じるけど、基本的には本人がどう思ってるかが僕の判断基準ですから。

 でも、最近はあのやり方を見慣れすぎちゃって、「あのオバサンの仕掛けにハマっちゃってるのもちょっとかっこ悪いんじゃない?」って感じてます。

 いじっちゃってるメディアってダサくねえ?(笑)

 わけのわかんないオバサンに振り回されて、それで飯喰おうとしているメディアの方が格好悪いよ。テレビも雑誌も。メディアのプライドとか、考えたほうがいいと僕は思いますよ。

つづく

AERA7/26(水) 11:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00000007-sasahi-ent

2: なまえないよぉ~ 2017/07/26(水) 12:23:24.26 ID:CAP_USER9
どっちが好きか嫌いかとか、良い悪いもないんだけど、週刊新潮さんは松居さんに乗っかった。部数上げたいんだろうなと思っちゃいますよね。週刊文春さんは反撃はしてるけど、受け合わないって感じ。今回の件で松居さんを追い返したりしてるみたいで、やり方はめちゃくちゃだけど、意外と文春さんのほうがちゃんとしてるんじゃない?って思う(笑) 

 僕は素人だから偉そうなこと言えないけど、ジャーナリストのプライドって無いの? 振り回されたらかっこ悪いって! 

 それに、メディアは次から次にそんな人を探してくる傾向があるでしょう。また次から次に出てくるし。衆院議員の豊田真由子と上西小百合も、暑い夏に熱いおばちゃんがいっぱい出てきたねって感じ。おばちゃんって言うと、また本人は怒ってくると思うけど。 

 上西議員も、つじつまが合ってないんですよ。サッカーのサポーターに「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」」ってコメントしてたけど、それが一番出てるのって有権者と国会議員の関係ですからね。我々の幸せを1票って形で国会議員に託すわけじゃないですか。その構図で働いている人が、それ言っちゃダメ。基本的には国会議員の給料って税金であって、有権者のために代表として働くんだから。 

 そういうものを我々は公民という授業で習ったのに、国会議員になった本人が何でわかってないんだろう。 

 それに上西議員は選挙では個人で落ちて、比例で通ってるから、維新を離れたら議員を辞めないとダメな立場なはずですよね。有権者はあんたを選んでないんだから。そのへんのことをほったらかしてモノを言う感じも、やっちゃいけないことを次々とやっちゃってるんですよ。 

 だからやっぱり議員辞めてタレントになるのをオススメします。そしたら僕と同じキレ芸のタレントで、いつ誰とケンカしようが何も問題ない。議員だから問題になるんですよ。ただ、議員という肩書きがなくてテレビ出れるかって問題はありますけどね。 

 結局、メディアはいじるだけいじって、飽きたらポイって捨てるんです。たまにメディアは“変な人”で遊びますから。そろそろ遊びの時間は終わりでいいんじゃないですか。 

写真 
no title

【【おまいう】カンニング竹山「松居一代と上西小百合をいじるメディアって、プライドあるの?」「いじるだけいじって、飽きたらポイっ」】の続きを読む