芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

松井玲奈

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/20(水) 20:36:47.25
「若手女優の登竜門」と呼ばれ、数々の女優を輩出してきたNHKの連続テレビ小説、通称“朝ドラ”のヒロイン。
近年は年齢やキャリア、性別に関係なく、実力や人気のある役者が主演を務める傾向にあるが、スポットライトが当たるポジションは主役だけではない。
共演者の中には“朝ドラ女優”“朝ドラ俳優”として飛躍する人も多い。
そんな中、AKB48やSKE48などのアイドルグループを擁するAKBグループの卒業生たちが、存在感ある芝居で注目を集めている。

その後、ついにオーディションでレギュラー役をつかみ取ったのが、15年にAKB48を卒業した川栄李奈。
生活総合誌『暮しの手帖』の創業者・大橋鎮子の軌跡をモチーフにした高畑充希主演の「とと姉ちゃん」(16年度前期)で、常子(高畑)が住み込みで働く仕出し屋「森田屋」の大将の娘・森田富江役を演じた。

朝ドラ出演が夢だったという川栄は、過去にオーディションで数回の落選を経験していたが、同作では一見クールに見えるが実は優しくてしっかり者の富江役を好演。
アイドル時代は“おばかキャラ”で人気者だっただけに、当初は女優としてのリスタートを心配する声もあったが、真摯(しんし)に作りこんだ芝居の出来は好評だった。

有村架純主演の「ひよっこ」(17年度前期)には、16年にAKB48を卒業した島崎遥香が登場。
同作は1964年に開催された東京オリンピック前後に、奥茨城村から東京に集団就職したヒロインが懸命に生きる姿を描いたもので、島崎はみね子(有村)が働く洋食店のコック・省吾(佐々木蔵之介)のわがまま放題の跳ねっ返り娘・牧野由香を演じた。

島崎は川栄とは違い、オーディションは「マネジャーに言われたから受けた」と明かしたが、合格したからには期待に応えたいと頑張り、脚本家の岡田惠和が当て書きをした同役を全身全霊で演じ切った。
アイドル時代をほうふつとさせるキャラクターは、ほっこりとした雰囲気が漂う同作の中でスパイシーなアクセントとなり、「みね子にも“塩対応”」と視聴者を楽しませた。

記念すべき朝ドラ100作目となった広瀬すず主演の「なつぞら」(19年度前期)には、17年にAKB48を卒業した渡辺麻友が出演した。
同作は日本アニメの草創期を舞台にした、ヒロインなつのアニメーターとしての成長と家族の物語で、渡辺はアニメーターの三村茜役に抜てきされた。

現役時代はアイドルの王道を突き進んでいた“まゆゆ”だけに、眼鏡を掛けた地味な風貌での登場に驚いたファンも多かったが、根が真面目な渡辺らしく、仕事や育児に一生懸命に取り組む芯の通った茜を説得力を持って演じ、女優としての存在感を示した。

戦後の滋賀県を舞台に、女性陶芸家の草分けとして独自の信楽焼を生み出そうと奮闘する喜美子(戸田恵梨香)の波瀾(はらん)万丈の人生を描いた「スカーレット」(19年度後期)には、大島がヒロインの幼なじみ・熊谷照子役で2度目の朝ドラ出演を果たした。

同作ではメインキャストの一人として、勝気な学生から旦那を立てる若奥様、家庭菜園にハマるパワフルなおばちゃんなど、15歳から40代後半の年代による違いを見事に演じ分けて高い評価を得た。

そして、現在放送中の「エール」には、15年にSKE48を卒業した松井玲奈が出演中。
同作は昭和を代表する作曲家・古関裕而と声楽家で妻の金子をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の姿を描いており、主人公の裕一を窪田正孝、妻・音を二階堂ふみ、音の姉・関内吟を松井が演じている。

吟は「おしゃれ好きで、すてきな男性と出会って幸せな家庭を作りたいと願っている女性」という役どころ。松井は「長女らしくあろうという責任感があるけれど、少し抜けているところもあるかわいい人」と解釈し、表情豊かにキュートな吟を好演。
SNSでも「自然な演技が好き」「いい味出してる」「演技うまいなー」「育ちがよくてすっとした雰囲気が大変いいなぁ」と上々の評判だ。

AKBグループのメンバーは「アイドル活動は夢の通過点」と捉え、在籍中から本来の目標であるモデルや女優業に積極的に取り組む人が多い。
そんな中、女優を目指す者の中には朝ドラオーディションにも果敢に挑戦している人もいるようだ。
さて、次に朝ドラ女優として輝くのはどのメンバーだろうか…。

全文
http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200520-00000003-tvfan-ent

「スカーレット」大島優子
no title

「ひよっこ」島崎遥香
no title

【大島優子、川栄李奈、島崎遥香、渡辺麻友、松井玲奈…朝ドラでAKB卒業生が存在感ある芝居で注目!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/28(金) 07:25:50.99
女優の森川葵(24)、松井玲奈(28)、「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子(25)が、アニメ映画「魔女見習いをさがして」(5月15日公開、佐藤順一監督)で主演声優を務めることが27日、分かった。

3人は初共演で、声優初主演。
気弱な教員志望の大学4年生・長瀬ソラを森川が、一流貿易商社で人間関係に悩む吉月ミレを松井、絵画修復士を目指すもダメ彼氏に悩むフリーター・川谷レイカを百田が演じる。

1999年から4年間、テレビ朝日系で放送されたアニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズ20周年を記念した新作。
「おジャ魔女どれみ」始まりの場所・MAHO堂のモデルとなった洋館の前で出会ったソラ、ミレ、レイカ。年齢、出身、悩みも違う3人が、「どれみ」の聖地を巡る旅を通して、大人になって見失ってしまったそれぞれの大切なものを探していく、大人のための物語。

「おジャ魔女―」の大ファンの3人は、「声優のお話が来た時は、夢かと思った。今も魔法にかけられたみたい」と口をそろえる。
ただ重圧もあるようで、森川は「絶対に失敗できないと思った。本当に大好きな作品だし、これが自分の責任で最悪なことになったら、自分が嫌になると思って」と明かした。
プレッシャーを跳ね返すために松井は、「改めて同シリーズを大人の気持ちで見直した。そうしたら、涙が止まらなくて。仕事だけど楽しい活動でした」と自身の作品愛を再認識し、自信をつけたという。

物語と同じく、好きな作品のキャストとして集まった。
魔法の様な縁に百田は「この作品を同じようにドレミちゃん見て育ってきた方々に見て欲しい。そこでまたファンの輪が広がればうれしいです」と期待した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-02280007-sph-ent

松井玲奈コメント
「ヒロインの声優に決まったよ!」というお話をマネージャーさんから聞いた時は、すぐには理解できないくらいビックリしました。その前から映画の公開は知っていて、すごく楽しみにしていたので、そこに自分が登場人物として参加できるなんて、本当に夢みたいです。

幼い頃、友達とどのキャラが好きかでケンカしたこともありましたが、仲直りの仕方を教えてくれたのもどれみちゃん達。たくさんの想いを教えてもらいました。

私が演じたミレは帰国子女で、自分の気持ちはストレートに伝えるような女性。それゆえに人とぶつかってしまうことも多いですが、ソラとレイカと出会って少しずつ成長していきます。そんな人間らしいところが魅力的だなと思います。

森川さんと百田さんと初めて一緒にリハーサルをした時に、それぞれがキャラクターにピタっとハマっていて、すごく素敵で、心地よく収録できました。

この作品は子供の頃に「おジャ魔女」を見ていた方達が、大人になった“いま”抱えているであろうことをすごく丁寧に表してくれています。私自身もひとりのファンとして、作品から勇気と新しい“魔法”をもらいました。

たくさんの愛情・夢・魔法が詰まっていますので、ぜひご覧ください。

アニメ「おジャ魔女どれみ」20周年記念作品に抜てきされた(左から)百田夏菜子、森川葵、松井玲奈
no title


元SKE48 松井玲奈
no title

no title

no title

【元SKE48松井玲奈、アニメ「おジャ魔女どれみ」主演声優に抜てき!「本当に夢みたい」 ももクロ百田夏菜子、女優の森川葵と】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/09(水) 14:27:15.94
俳優の窪田正孝(31)が主演を務め、来年春にスタートするNHK連続テレビ小説「エール」(月~金曜前8・00)の新キャストが9日に発表され、薬師丸ひろ子(55)、元SKE48の松井玲奈(28)らが出演することが分かった。
大ヒット映画「天気の子」でヒロインの声を演じた森七菜(18)も朝ドラに初出演する。

今回発表されたのは豊橋ゆかりの人々で、薬師丸、松井、森のほか、光石研(58)、古川雄大(32)。古川は朝ドラ初出演。
薬丸と光石は窪田演じる古山裕一の妻となる関内音(二階堂ふみ)の両親、松井は音の姉・吟、森は音の妹・梅、古川は音の歌の先生・御手洗潔をそれぞれ演じる。
また、第2週のゲストとして、平田満(65)の出演も決まった。

ヒロインの二階堂ふみ(25)演じる音の母を演じる薬師丸は「思い切り笑える日もあれば、溢れる想いに涙が止まらない朝もある…台本から人物たちが飛び出してくるような物語にとてもワクワクしています。独創性があり、芯が強い娘たちを育てた母はどんな女性だったのか…明るくにぎやかな家族の毎日を、チームワークを大事に演じていきたいと思います」と意気込み。
音の姉を演じる松井も「思わずクスリと笑ってしまう三姉妹の掛け合いがあります。それぞれに個性があり、関内吟として『エール』の世界でお芝居ができることが今から楽しみです。自分が生まれ育った愛知県豊橋市が舞台のひとつになっている事も、とても嬉しく思います。地元の皆様にも日本中の皆様にも、たくさん喜んでいただける作品になるように努めます」とコメントした。

二階堂、松井と三姉妹を演じ、朝ドラ初出演となる森は「夢だった連続テレビ小説に出演させていただけること、憧れの二階堂ふみさんとお芝居させていただけること、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。夢のような撮影期間を精一杯、梅として生きていきたいです。みなさまの朝をもっと明るくすることができるような梅になりたいと思っています。半年間、よろしくお願いいたします」とつづった。

今回の発表を受け、二階堂も「個性豊かな素晴らしい方々とご一緒させて頂けることになり、とても嬉しく思います!朗らかで賑やかな音さんファミリーを、紡いでいきたいです!!ご覧になられる方々に"エール"をお届けできるよう、頑張りたいです!!」とコメントを発表した。

朝ドラ通算102作目。
全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られる作曲家の古関裕而(こせき・ゆうじ)さんをモデルに、脚本はNHK「ハゲタカ」、フジテレビ「医龍」「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」シリーズ、テレビ朝日「アイムホーム」などで知られる林宏司氏が担当。
銀行に勤める福島の青年・古山裕一と豊橋に住む女学生・関内音が文通で愛を育んで電撃結婚。
音楽によって強く結ばれ、戦前・戦中・戦後を生き抜き、多くの名曲を生み出した少し気弱な夫と逞しい妻を描く。

男性の朝ドラ主演は14年後期「マッサン」の玉山鉄二(39)以来6年ぶり。
ヒロインは女優の二階堂ふみ(24)が演じる。現在放送中の朝ドラ100作目「なつぞら」、9月からの「スカーレット」(ヒロイン・戸田恵梨香)に続く102作目となる。
今作から月~金の週5日での放送となることも発表されている。今秋にクランクイン予定。
これまでに窪田、二階堂のほか、唐沢寿明(56)、菊池桃子(51)、佐久本宝(21)、風間杜夫(70)、山崎育三郎(33)、中村蒼(28)、森山直太朗(43)の出演が発表されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000136-spnannex-ent

NHK連続テレビ小説「エール」新キャスト(左から)薬師丸ひろ子、松井玲奈、森七菜
no title


元SKE48 松井玲奈
no title

no title

no title

【元SKE48松井玲奈、来春NHK朝ドラ「エール」出演決定!「今から楽しみ」 天気の子・森七菜、薬師丸ひろ子らも出演】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/29(月) 17:27:17.81
元SKE48で女優の松井玲奈(28)が、8月31日をもってブログを閉鎖すると発表し、SNSを通じたファンとの交流について思いを明かした。

松井は28回目の誕生日を迎えた27日、約5カ月ぶりにブログを更新。「仕事の面でももっと頑張らなくちゃ!という気持ちと共に、
枠に捕われず感じた事をそのまま表現するという事が出来るようになってきた気がします。より考えるようになったぶん、そうすると体がふわっと軽くなり、
お芝居を楽しいと思えて夢中になれる時間が増えました」と心境の変化をつづるとともに、「つらつらと書いているこのブログですが、8月31日で閉鎖することになりました」と報告した。

11年前に始めたブログは、最近は小説など執筆活動を始めたこともあり、更新が滞りがちだった。
「日々感じたことや、長く書き留めておきたいことは、自分の中に秘めて、物語を作る時のスパイスに出来たらと思うようになった事が大きなきっかけだと考えています。
私自身はこれからも文章を書くということを辞めるつもりがないので、自分の中のインプット、アウトプットの調節を測りたいのだと思います」と説明した。

また、「SNSというものの存在との向き合い方が難しくなってきたことも原因のひとつではあります」という。
「最近見ていると、さまざまなニュースや意見が飛び交い、それが意図してないのに自分の元に飛び込んで来ることが非常に多くなりました。
その現状に私は今とても心を疲弊させています。
そんなの見なければいいと言われるかも知れませんが、選択をできない部分がある。
これはエゴサーチをしているとかそういうことではないのです」と明かし、「しばらくはInstagramの方でゆっくりと私のお仕事や日常を発信できたらと考えています。
コミュニケーションを絶っているわけではありません。ただ、不本意に心を乱されることもあるので、少し距離を置きたいなという気持ちをわがままですがくんで貰えたらうれしいです」と呼びかけた。

https://news.livedoor.com/article/detail/16848199/
2019年7月29日 16時25分 日刊スポーツ
no title

【松井玲奈さんがブログ閉鎖、おまえらいじめすぎだろwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/15(月) 20:26:08.31
元SKE48の松井玲奈(27)が15日、都内で開かれた公開中の映画「今日も嫌がらせ弁当」(監督塚本連平)のトークショーイベントに出席。ファンからツイッターで寄せられた質問に答えた。

 「お弁当に入っていたらテンション上がるものは?」との質問に「冷凍のコーンクリームコロッケが一番好き」とニッコリ。一方、嫌いなものは「揚げ物の下に入っている謎のパスタ」だそう。理由については「パスタがかわいそう。油吸わされて。あんまり見たくない」と語った。

 また、「学生時代の思い出に残るお弁当は何か?」と問われると、松井は「ないです」ときっぱり。「お母さんには本当に申し訳ないんですけど…」と前置きし、「あるけどここでは言えない。映画にそぐわない」と謎めいた答え。さらにお弁当で唯一気にしていたのが「プチトマトがどこに置かれているか」で、「温かいものの隣にある」のがとても嫌だったと話した。

 同作では姉妹の姉を演じた松井だが、実際は兄がいるという。もしも、お兄さんではなくお姉さんがいたらいいなと思ったことはあるかと問われると「ないです。あんまり友達のお姉ちゃんを見ていて、いいなと思ったことがない」と率直な答え。「ロックマンとリカちゃん人形のバトルもできるし、お兄ちゃんでよかった」と話した。

 同映画は、篠原涼子(45)が演じる八丈島に暮らす主人公のシングルマザー持丸かおりが反抗期の娘・双葉(=芳根京子)に作るお弁当に込められた愛情あふれるメッセージに心打たれる感動作。

7/15(月) 20:01配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000265-spnannex-ent

写真
no title

【<松井玲奈>「お弁当に入っていたらテンション上がるものは?」「冷凍のコーンクリームコロッケが一番好き」嫌いなものは?】の続きを読む