芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

東京五輪

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/02(月) 16:06:35.75 _USER9
重量挙げのローレン・ハバードは男子として国内ジュニア記録を打ち立てた選手。女性になってもその自分を自分らしく貫きたいだけ──しかし、それと戦わされる女子選手の人生や気持ちは?

東京五輪には、男性から女性に性別変更したことを公表したトランスジェンダーの選手が史上初めて出場している。ニュージーランドの重量挙げ選手、ローレル・ハバード(43)だ。

ハバードは8月2日、重量挙げ女子87キロ超級の予選に出場する。現在43歳で、今大会の重量挙げ競技に参加した選手の中で最年長でもある。

ハバードは1978年2月、ニュージーランドのオークランドで生まれた。父は穀物会社の経営者で、2004~08年にはオークランド市長も務めた人物だ。重量挙げを始めたきっかけについてハバードは、自分は男だと自分に言い聞かせるために「いかにも男らしい」スポーツを選んだ、と語る。「すごく男っぽいことに挑戦すれば、そうなれるのではないかという気持ちがたぶんあった」と、2017年に地元ラジオ局の取材に語っている。「だが残念ながら、そうはならなかった。思惑通りにいけば、人生で最も暗かったあの時期が、多少なりとも過ごしやすくなるかもしれないと思ったのに」

1998年、20歳の時に男子選手(105キロ超級)としてニュージーランドの国内ジュニア記録を打ち立てた。バーベルを床から一気に頭上まで持ち上げる「スナッチ」と、いったん肩の高さまで持ち上げてから頭上に持ち上げる「クリーン&ジャーク」のトータル300キロという記録だった。だが3年後の2001年、ハバードは競技から引退する。「私のような人間のために作られたわけではないに違いない世界に自分を合わせなければならないプレッシャーが大きすぎて、耐えられなくなった」

ハバードは2012年、35歳の時に男性から女性への性移行を始めた。その後、女子選手として重量挙げ競技に出場するようになる。2017年には「ローレル・ハバード」の名で初めて国際大会に出た。オーストラリアで行われた大会で女子の最も重い階級に出場し、スナッチ123キロ、クリーン&ジャーク145キロのトータル268キロで優勝。男子選手時代に出したジュニア記録の300キロを大きく下回っていたが、女子の2位の選手を19キロも上回った。現在、ハバードは国際ウェートリフティング連盟の女子87キロ超級の世界ランキング7位だ。

そして今年6月、ハバードは東京五輪のニュージーランド代表選手に正式に選ばれた。国際オリンピック委員会(IOC)が定めるトランスジェンダー選手の参加基準をクリアしたからだ。それによると、トランスジェンダーの選手が女子として出場する場合、大会前の少なくとも12カ月間、テストテトロンの血中濃度が1リットルあたり10ナノモールを下回っていなければならない。「これほど多くのニュージーランドの人々から頂いた優しさと支援に感謝するとともに恐縮している」とハバードはニュージーランド・オリンピック委員会(NZOC)を通してコメントしたと、AP通信は伝えた。

ハバードはIOCの定めた基準を全てクリアしているが、それでも五輪への参加には批判も聞かれる。

「それはアンフェアだ。たとえその人が女性になりたいとか、(性移行を)せずにはいられないと感じているとしても、男がやるのはフェアじゃない。別の性別になりたいということ自体は構わない。私もそれに対して異議はない。だが競技に出るのはダメだ。男性が女性と戦うのはダメだ」
「もし私が本物の女性で――変な言い方だけれど――重量挙げの試合に出てこの人に負けたら、逆上するだろう」

全文はソースをご覧ください
https://news.yahoo.co.jp/articles/a1d23345698fc92c3153d113b75b1e287676f4c3?tokyo2020

olympic13_weight_lifting

【【東京五輪】元男性が女子の重量挙げに出るのは不公平じゃないの? 五輪史上初のトランスジェンダー選手にくすぶる批判】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/01(日) 17:32:23.74 _USER9
 国際フェンシング連盟副会長の太田雄貴氏が1日、自身のツイッターを更新し、SNSにおけるフェンシング日本代表の選手たちへの誹謗中傷を行わないよう呼びかけた。

 この日に行われたフェンシング男子フルーレ団体で、日本代表(世界ランキング7位)は準決勝でフランス代表(世界ランキング2位)と対戦。白熱した試合を繰り広げるも惜しくも敗退し、アメリカ代表(世界ランキング1位)との3位決定戦に臨むことになった。

 準決勝後、太田氏は「男子フルーレの準決勝、沢山の方に応援頂きありがとうございました。敗れましたが、フェンシングでは流れや調子の波があり、望んだ結果と違う事になる事がよくあります」と試合を振り返り、「現在、特定の選手への誹謗中傷が鳴り止まない状況です。3位決定戦を控えている中、悲しい状況です」と報告した。

 「スポーツでは、望んだ結果を出せない事が多々あります。私も現役の頃よくありました。そういった選手に対しての言葉の暴力は許されものではありません。笑って看過出来るものではありません」と憂慮し、「有名税で見過ごす事なんで到底ありません。SNSは、もはやインフラとして、生活に密着しており、選手の目に留まらない訳がありません」と選手への影響を訴えた。

 最後に「どうかお願いです。こんな時こそ、温かい言葉や、メッセージをかけてあげて下さい。ネガティブな感情を選手にぶつけるのはどうかおやめください」と呼びかけた。

 日本代表とアメリカ代表の試合は午後6時半から行われる。

オリコン
【東京五輪/フェンシング・男子フルーレ団体準決勝】(8月1日、幕張メッセ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/a3fb4ad27f80b64899f4f953c1f9679bd0591eab

dame_man

【【東京五輪】太田雄貴氏、フェンシング選手への誹謗中傷に「どうかおやめください」 ← 訴えなきゃダメだよ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/01(日) 12:50:04.38 _USER9
 東京五輪の自転車競技・BMXフリースタイル・パーク決勝が1日、有明アーバンスポーツパークで行われた。

 新種目として注目されるなかでツイッターのトレンドになったのは「CM多すぎ」だった。同競技は日本テレビとNHK―BS1で生中継したが、「日本テレビのCMが多すぎる」とのつぶやきが多くを占めた。

 決勝は60秒の演技を2本行い、高得点が採用される。日本勢は女子=大池水杜、男子=中村輪夢が出場し、さすがに日本選手はノーカットで伝えたのだが、民放の宿命か…日本テレビは世界のレジェンドやスター選手に容赦なく演技終了直後から30秒のコマーシャルに突入。終了直後の選手の表情やスタッフとのハイタッチなどは〝強制カット〟された。

 競技後のリプレーは途中から再開となり、技の解説も消化不良となる。これには「競技や解説が台なし」「日テレは空気が読めない」「世界のレジェンドよりスポンサー優先か」とブーイングが殺到。多くはCMのないNHK―BSや民放の五輪ネット配信にチャンネルを変えているようだ。

8/1(日) 12:31
東スポWeb

「CM多すぎ」日テレの東京五輪・BMX中継にブーイング
男子BMXフリースタイル決勝で声援に応える中村輪夢
https://news.yahoo.co.jp/articles/c75c72abf5fae0c92708d3a3e2fed6c8dd8dadd3

no title 【【東京五輪】「CM多すぎ」日テレの東京五輪・BMX中継にブーイング】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/01(日) 12:56:21.70 _USER9
 男子決勝が行われ、2019年W杯総合優勝の中村輪夢=ウイングアーク1st=は5位でメダルを逃した。

 無観客での開催だったが、競技の様子を見ることができる会場外の歩道橋の上には“観戦者”が殺到。中継では日本の横断幕を持ち声援を送る人々などが写し出された。

 これにSNS上では「無観客にした意味…」「無観客とは…」「橋の上に凄い人だかり」「密だなー」「人多すぎ」「間近で見たい気持ちは分かるけどー…」「がっかり」などの声があがっている。

8/1(日) 12:52
スポーツ報知

BMX決勝が見える歩道橋に人が殺到 SNSでは「無観客にした意味…」「密だなー」の声
BMXフリースタイル・パークを歩道橋から多くの人が“観戦”(ロイター)
◆東京五輪 BMXフリースタイル・パーク(1日、東京・有明アーバンスポーツパーク)

https://news.yahoo.co.jp/articles/00fad4ce9823b50800e3075f07f6c4c7a3fcc6e1

no title 【【東京五輪】BMX決勝が見える歩道橋に人が殺到 「密だなー」の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/30(金) 21:49:45.04 _USER9
 フェンシング男子エペ団体が金メダルを獲得。この日は柔道女子の素根輝(21)=パーク24=と合わせて2個を獲得し、日本の金メダル獲得が今大会17個となり、1964年東京五輪と2004年アテネ五輪の16個を抜いて最多となった。日本オリンピック委員会(JOC)は今回の東京五輪で金メダル30個を目標にしている。

 柔道の日本勢は、これで過去最多9個の金メダル。女子は3日連続の獲得で、今大会4つめの金メダルとなった。

【7月29日までに日本が獲得した金メダル】

▽柔道

高藤直寿(男子60キロ級)

阿部一二三(男子66キロ級)

大野将平(男子73キロ級)

永瀬貴規(男子81キロ級)

ウルフ・アロン(男子100キロ超級)

阿部詩(女子52キロ級)

新井千鶴(女子70キロ級)

浜田尚里(女子78キロ級)

▽競泳

大橋悠依(女子400メートル個人メドレー、同200メートル個人メドレー)

▽スケートボード

堀米雄斗(男子ストリート)

西谷椛(女子ストリート)

▽卓球

水谷隼、伊藤美誠組(混合ダブルス)

▽ソフトボール

日本

▽体操

橋本大輝(男子個人総合)

中日スポーツ7/30(金) 20:37配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b90c9514b1f61f02df6a415ae2fb0ea504d80325?tokyo2020

medal_medal

【【東京五輪】日本の金メダル17個獲得 過去最多に ← 反対派ダンマリwww】の続きを読む