芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

杉咲花

1: なまえないよぉ~ 2019/05/18(土) 16:35:20.55 ID:fHpJ7dKf9
 宮藤官九郎さんが脚本を手がけるNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で、三島家の元女中・シマを演じている杉咲花さん。物語序盤、その存在はベールに包まれていたが、中村勘九郎さん演じる金栗四三がストックホルムオリンピックから帰国し、再出発を切る新章では「女子スポーツ」というキーワード上、非常に重要な役割を担う存在と明らかになる。そんな大役を担う杉咲さんが、大河ドラマ出演への思いや、宮藤官九郎脚本の魅力などについて語った。

 ◇「あまちゃん」がすごく好きだった 「いだてん」は脚本が面白いからこそ…

 金栗や三島弥彦(生田斗真さん)がオリンピックを目指す姿を目の当たりにし、自らもスポーツの魅力に引き込まれていくシマ。女子がスポーツをすることなど「もってのほか」と言われる時代に、シマは女子スポーツの先駆けとなる活躍を見せる。

 「私は『あまちゃん』がすごく好きだったので、宮藤官九郎さんの脚本で大河ドラマが作られるというニュースを知ったとき『出られたらいいな』と思っていたんです。お話をいただいた時は『本当に出られるんだ』と信じられないような思いでした」とオファーを受けた時の感想を述べた杉咲さん。

 期待通り、宮藤さんの脚本はとにかく魅力的なようで「毎回読んでいると声を出して笑ってしまうことが多い」という。しかし、脚本が面白いからこそ「本を超えなくてはいけないという怖さもあります。こんな気持ちになったのは初めて。楽しみでもあり緊張もします」と率直な胸の内を吐露する。

 ◇脚本を読んでイメージしたものの50倍ぐらいを求められ

 宮藤さんの描いたシマは時代にあらがい、女子がスポーツを自由にできる環境を作ろうと人生をささげる。「シマさんは自分が信じたものに対してはブレることがない人。それでいてしっかりと人の気持ちを考えられる。すごく共感できる部分が多いです」。

 現場でも「脚本を読んでイメージしたものの50倍ぐらいを求められました」と語ると、これまで「このぐらいだろう」と思っていた自身のリミッターを軽く超える芝居を披露した。「シマのキャラクターが濃いので、振り切った演技ができました。宮藤さんの脚本だからこそできたことだと思います。自分自身でもそこまでできたということがうれしかった」と、充実した撮影の日々だったという。

 新章では、日本に女子体育を普及させた第一人者、二階堂トクヨ(寺島しのぶさん)や、夫の増野(柄本佑さん)、日本人女性初のオリンピック選手・人見絹江(菅原小春さん)ら、シマに負けず劣らずの個性的なキャラクターが多い。「寺島さんは撮影では少ししかご一緒していないのですが、シマ以上にパワフルな方でした。菅原さんも少しの時間しか共演できなかったのですが、撮影の合間に踊っているのを拝見することができました」とにっこり。

 一方、増野については「女性の自由があまりない時代、シマがスポーツへの憧れを強くしていくことを受け入れてくれる。家庭とスポーツの両方の夢に対して、あそこまで寛容な人はいないのではないでしょうか。柄本さんが演じていることもありますが、すごくすてきで格好いい男性だなと思いました」と語る。

 ◇四三の走りは独特で難しい? 走るシーンも数多く「筋肉痛に」

 劇中では、杉咲さんが走るシーンも数多く登場する。「一時期は毎日40~50分ぐらい走ったり、テニスをしたりとスポーツは結構やっていました」と話していたが「でも四三さんの走りは独特ですごく難しい。かなりトレーニングをしたのですが、筋肉痛になりました」と苦笑い。

 それでもシマを演じたことで、多くの発見があったという。なかでも女子スポーツ選手の結果には敏感になった。「シマを演じたからこそ、彼女が願っていたことが、こうして今実現しているのだなと思うとすごく感慨深いですよね」としみじみ語っていた。

 「シマが心の中で思っていたことを、少しずつ体現していきます」と今後の展開を話した杉咲さん。苦難があっても前に進もうとする力は「明日への活力になる。日曜の夜に『今週も頑張ろう』と思える作品になっています」と力強くアピールしてくれた。(磯部正和/フリーライター)

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は全47回。NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。


2019年05月18日 テレビ
https://mantan-web.jp/article/20190517dog00m200040000c.html
no title

【杉咲花さん、大河ドラマ「いだてん」シマ役に】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/05(火) 16:31:52.94 ID:PawBwNrU9
ドラマ『ハケンの占い師アタル』(日本テレビ系)の視聴率徐々に下がっている。
主演の杉咲花は別番組に映画の番宣で出演しPRに奮闘したが、
クイズで「おバカ回答」を連発。「意外とバカだった」と杉咲を叩く視聴者が続出した。
同ドラマの評判も上がらず、視聴率のテコ入れを図りたい杉咲にとっては痛手となったようだ。

杉咲は昨年、ドラマ『花のち晴れ』(TBS系)でブレークし、日本アカデミー賞の新人女優賞も受賞。
2月4日に放送された『ネプリーグ』(フジテレビ系)では「今、大注目の女優」と紹介され、「昔から出たかった」と口にした。

「ネプリーグ」でおバカ回答連発
この日は映画『十二人の死にたい子どもたち』で共演する橋本環奈や北村匠海、高杉真宙と出演し、名倉潤とチームを組んだ。
しかし杉咲は「一寸先は闇」の「一寸先」、「道の駅」の「道」をそれぞれ間違えて連続不正解する展開に。

さらに、漢字の読み書きを問うクイズでは「券売機」の「券」を「巻」と書き間違えるなど、散々な展開。
間違えるたびに周囲に謝っていたが、これを許さなかったのは共演者ではなく視聴者だった。

《杉咲花のせいで順番が回ってこない。他の人がかわいそう》
《ものを知らなすぎて気持ち悪い。ネプリーグ見ててドン引きした》
《杉咲花は世間知らずなんだね》

ツイッターでは杉咲を叩く声が立て続けに出た。

『ハケンー』の視聴率は初回こそ12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録したが、以降10.9%、10.0%と下降傾向。
杉咲は派遣社員としてイベント会社に入り、占い師の視点から先輩スタッフを分析し、活を入れる役を演じているが、

《実際にやってることはカウンセラーのような気もする》
《ハケン占い師アタルって占いじゃなしツッコミどころがいっぱい》
《こんなドラマを見ても人生の参考にならない》

など、このところ「つまらない」と不満の声が続出している。

ドラマが二桁割れしないように、杉咲には演技も勉強も頑張ってもらいたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1680228/
2019.02.05 11:02 まいじつ
no title

【杉咲花さん“おバカ”がバレて評判が急落wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/28(水) 05:05:47.83 ID:CAP_USER9
 女優の杉咲花さんが、2019年1月スタートの連続ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系)で主演を務めることが28日、明らかになった。
11年に大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当する。杉咲さんは、今作で初タッグを組む遊川さんについて
「作品をたくさん拝見していたので、出演が決まったときは初めてご一緒できる喜びを感じ、撮影が始まるのをとても楽しみにしていました」と喜んでいる。

 ドラマは、イベント会社「シンシアイベンツ」が舞台。杉咲さん演じる派遣社員の的場中(まとば・あたる)は、他人の悩みや原風景などを見る特殊能力を駆使して、周囲の正社員が抱える悩みを根本から解決していく。
「平成最後の新“働き方改革”」を描くコメディー作品となる。

 イベント会社「シンシアイベンツ」の正社員役を小澤征悦さん、志田未来さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、野波麻帆さん、板谷由夏さん、及川光博さんが演じ、毎回登場する“謎の占師”役で若村麻由美さんが出演することも発表された。

 「ハケン占い師アタル」は1月から毎週木曜午後9時に放送。

 ◇杉咲花さんのコメント

 遊川(和彦)さんの作品をたくさん拝見していたので、出演が決まったときは初めてご一緒できる喜びを感じ、撮影が始まるのをとても楽しみにしていました。実は、遊川さんの作品に出られた経験がある方々から「鍛えられた」と聞いたこともあったので、勝手に「すごく怖い方なのかな……」と思っていたんです(笑い)。
でも実際にお会いしたら、作品に愛情がある方で、プロデューサーさん共々「僕たちを信じて、ついて来てください。恐れずにチャレンジしていきましょう」と言ってくださったんです。
今回は主演ということで、プレッシャーや不安もあったのですが、その言葉のお陰で「面白い作品になるように挑戦していこう!」という気になれて、すごく救われました。

 私はアタルのような明るい役をあまり演じたことがないですし、本格的なコメディーも初めて。アタルは占うときに人柄が変わるのですが、その振り切り方も含めて、たくさん挑戦が詰まった役だと思います。
遊川さんと一緒に試行錯誤しながら、アタルという人物を作っていく時間がすごく楽しいです。
今、撮影している第1話では、憧れの志田未来さんとご一緒するシーンが多いのですが、志田さんのお芝居を誰よりも先に目の前で見ることができて、本当に幸せです! 毎日働くのが楽しいです。

 ちなみに、私自身には占いの能力はありません(笑い)。でも、占いは信じるタイプで、年明けにはおみくじも引きますし、悪い結果が出たときに引き直したこともあります(笑い)。
そんな性格なので、実は占師さんに占ってもらうのは避けているんです。言われたことに、なんだか執着しちゃいそうですから……。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


連続ドラマ「ハケン占い師アタル」で主演を務める杉咲花さん =テレビ朝日提供
no title

no title

2018年11月28日 
杉咲花:「家政婦のミタ」の脚本家・遊川和彦と初タッグ 派遣社員が占いで正社員の悩みを解決 

https://mantan-web.jp/article/20181127dog00m200069000c.html

【杉咲花「家政婦のミタ」の脚本家・遊川和彦と初タッグ 派遣社員が占いで正社員の悩みを解決】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/05(月) 13:51:18.37 ID:CAP_USER9
杉咲花が3日、自身のInstagramを更新。
新しい髪型を披露し「大人っぽい」「かわいい」と絶賛されている。

この日、杉咲は「はじめてのパーマ、髪の毛くるくるに」と報告すると、パーマをかけたウェーブスタイルを披露。
これまでのキュートな雰囲気から一変、大人っぽい髪型に挑戦した杉咲にファンからは「ゆるふわパーマ似合ってるよ~」「急に、色っぽい」「雰囲気変わりますね」「グッと大人! 凄く変わった!」など多くのコメントが寄せられた。

杉咲は今年4月のテレビドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS)で連続ドラマ初主演を務め、10月公開の映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』では映画初主演を担当。
さらに2019年には杉咲が主演を務める大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)の放送も控えている。
そんな中、新たな髪型で普段と違った魅力を見せた杉咲。
彼女の今後の活躍からも目が話せない。

http://news.infoseek.co.jp/article/rbbtoday_164936/

イメチェン前の杉咲花
no title

   ↓
パーマをかけたウェーブスタイル 大人っぽい髪型に
no title

【杉咲花さんの初パーマ、大人な雰囲気に!】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/06/27(水) 11:48:09.58 ID:CAP_USER9
 26日に放送された女優・杉咲花(20)がドラマ初主演を飾ったTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男Next Season~」(火曜・後10時)の最終回の平均視聴率が9・5%だったことが27日、分かった。

 初回は7・4%でスタート。第2話は7・9%、第3話は9・6%、第4話は9・0%、第5話は8・7%、第6話は8・3%、第7話は7・5%、第8話は9・6%、第9話は8・6%と推移。第10話は同時間帯にNHK総合で生中継されたサッカーW杯の日本対コロンビア(後9時53分~後11時)の平均視聴率が48・7%を記録したこともあり、5・2%にダウン。最終回は前回から4・3ポイントアップした。

 井上真央主演の大ヒット作「花より男子(だんご)」の“新章”で、杉咲は「King&Prince」の平野紫耀(20)、俳優の中川大志(19)と青春ラブストーリーを演じた。

 累計6100万部超えの漫画(作・神尾葉子)をドラマ、映画化して大ブームを起こした「花男」のその後を描いた漫画「花のち晴れ~花男Next Season~」のドラマ化。ヒロイン・牧野つくしやイケメン御曹司4人組「F4」が卒業した10年後、かつての栄華を失った名門高校・英徳学園を舞台に、庶民であることを隠して通う主人公・江戸川音(杉咲)が自分らしく生きる姿を描く物語だ。

 初回には嵐の松本潤(34)が「花男」で演じた道明寺司役で登場。第3話には俳優・小栗旬(35)が花沢類役で出演し、第10話には松田翔太(32)演じる西門総二郎が登場するなど「F4」メンバーも参戦して話題を呼んだ。

 最終回には、音の父親を演じる反町隆史(44)がサプライズ出演。大手化粧品メーカー社長だったが、倒産後は漁船で働いていたという設定で「花晴れの1番のイケメンは反町隆史」「反町隆史が全部もってった!」「たった数分でしか出ていないのに全ての女性視聴者を持っていく反町隆史というイケメン」 などの声が続々とツイッターに上がり、トレンドワードにもランクインした。

 また、反町の妻の松嶋菜々子(44)が「花男」で道明寺の姉を演じていたことから「花男の松嶋菜々子に対して花晴れは反町隆史」「夫婦揃って素敵だね」「音パパと椿お姉さんを是非共演させよう」などの声も上がっていた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000088-sph-ent

【【視聴率】杉咲花主演「花のち晴れ」最終回は9・5% 音の父・反町隆史登場で「1番イケメン」「全部持ってった!」と反響】の続きを読む