芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

本間日陽

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/12(木) 16:08:02.56
NGT48の本間日陽が、「BOMB4月号」(3月9日発売)に登場。
久々の水着グラビアとなった。

撮影は“恋人たちの二人暮らし”をテーマに実施。
彼シャツ、グレーのビキニ、白のチューブトップ水着とリアルな恋人目線で切り取られ、距離感の近さを思う存分感じられるグラビアとなった。

「BOMB」裏表紙は加藤夕夏&安田桃寧
なお、表紙・巻頭はAKB48の57thシングル『失恋、ありがとう』(3月18日発売)にて表題曲初センターの山内瑞葵、そして小栗有以と久保怜音というフレッシュな3人。
一方、裏表紙はNMB48の加藤夕夏と安田桃寧が飾る。

http://mdpr.jp/news/detail/1992689

「BOMB4月号」 本間日陽
no title

no title

オフショット
no title

no title


表紙 AKB48久保怜音、山内瑞葵、小栗有以
no title

裏表紙 NMB48安田桃寧、加藤夕夏
no title


NGT48 本間日陽
no title

no title

no title

no title


本間日陽も選抜入り 山内瑞葵センターAKB48 57thシングル
AKB48 MV「失恋、ありがとう」
https://www.youtube.com/watch?v=uo9b-lYK97c


【NGT48本間日陽(20)、久々水着グラビア!たわわバストがSEXY】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/28(月) 20:28:08.92
実録映画の金字塔『仁義なき戦い』がAKB48グループによって舞台化される。11月9日(土)から24日(日)まで博多座で上演される舞台で、
映画で矢野修司役を務めるのがNGT48本間日陽だ。本間に『仁義なき戦い』への思いを聞いた。

──本間さんは矢野修司を演じますが、自分と共通する部分ってありますか?

本間 矢野の登場シーンは無邪気さがあって、ちょっと自分に似ているのかなと。
ただ年月を重ねて偉くなっていくに従って風格が出てきて、結末では全く違うキャラクターになっているんですよね。その変化を舞台でどうやって表現すればいいのか考えながら稽古しています。

──NGT48の活動で、「ここは仁義っぽいな」と思うところはありますか?

本間 今年は、同期との絆を再確認できた1年でした。そういう熱い繋がりが共通しているのかなと思います。

──最後に舞台の意気込みを聞かせてください。

本間 任侠物をやるのはAKB48グループでにとっても、私にとっても新しいチャレンジです。舞台で矢野が少年から男の中の男になるまで成長していく様を演じながら、自分も成長できたらなって思います。

▽本間日陽(ほんま・ひなた)
1999年11月10日生まれ、新潟県出身。B型。ニックネームは「ひなたん」。NGT48の1期生。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00003120-entame-ent 

no title

【NGT48本間日陽『仁義なき戦い』を語る「楽しくて普段から広島弁を話しています」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/09(月) 22:24:53.15
NGT48の本間日陽が、雑誌「blt graph.vol.47」(9月11日発売)の巻末グラビアに登場するとともに、10000字インタビューで劇場公演再開に懸けた思いを告白する。

NGT48本間日陽、今日までの思いを答える
インタビューでは、グループに激震が走った日から、どう毎日を過ごし、感じ、考え、今日に至ったのかを告白。
本間の劇場公演再開に懸けた思いが募る内容となっている。

NMB48のプライペートショット、乃木坂46の特別グラビアも掲載
今号の表紙を飾るのは女優の吉岡里帆。
そのほか、「NMB48 近畿十番勝負 2019 PHOTOBOOK」から、各チームキャプテンの美ショットと最新コメント、密着ドキュメンタリーフォトブック「アンジュルムと書いて、青春と読む。」から、メンバーのみで過ごし、自ら撮影した夏のプライベートショットも披露。

また、今号から三重県・伊勢志摩にロケ場所を移した武田玲奈の連載「タビレナ」、「B.L.T.10月号」から乃木坂46・遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒、そして桃月なしこの秘蔵カットを集めた特別グラビアも掲載される。

http://mdpr.jp/news/detail/1869586

「blt graph.vol.47」 本間日陽
no title


NGT48 本間日陽
no title

no title

no title

no title

【【NGT48】本間日陽(19)、ふっくらバスト際立つ グループに激震が走った日から、どう毎日を過ごし、感じ、考え、今日に至ったのかを告白】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/23(火) 14:50:12.27
AKB48が56枚目シングル『サステナブル』を9月18日にリリースすると発表した。
「次世代エース」と期待されるドラフト3期生・矢作萌夏(17)がセンターを務めるほか総勢19名が参加する。
各姉妹グループからの選抜メンバーが発表されるなか、渦中のNGT48からは本間日陽(19)が選ばれた。
このタイミングでNGT48からの選抜入りを、ファンや世間はどのように捉えるのか興味深い。

「NGT48問題」は、当時NGT48メンバーだった山口真帆が昨年12月に自宅で暴行被害に遭っていたことを今年の1月にSHOWROOMやSNSで告発したことから始まる。
ファンを名乗る男2人が自宅玄関で彼女の顔を掴むなどして暴行を加えたもので、山口はNGT48メンバーが男たちに情報提供するなど関与したことを示唆した。
告発によって「NGT48暴行被害事件」が明らかになり真相が注目された。


こうした山口真帆の暴行被害事件とその後の運営による対応のまずさ、及び「メンバー関与」の真相究明などを含める「NGT48問題」によりNGT48とAKSはファンや世間の信頼を著しく損ねた。

NGT48は4月21日のチーム千秋楽公演をもって従来のチーム制を解体、「1期生」と「研究生」による再スタートを宣言して活動を続けている。
ただ、新潟県・新潟市のキャンペーンから外されたりスポンサーが降りるなど影響は大きく、信頼回復には暗雲が漂う。

そんななかで、AKB48ニューシングル『サステナブル』にNGT48から本間日陽が選抜入りした意味は大きい。
AKB48の前作『ジワるDAYS』(3月13日発売)にはタイミング的にまだ「NGT48問題」の余波が及ばずNGT48から荻野由佳と中井りかが選抜入りしたが、今回は外れている。

本間日陽はNGT48の2枚目シングル『世界はどこまで青空なのか?』(2017年12月6日)のミュージックビデオでは、アイドルを目指す荻野由佳のクラスメートで親友という役柄で登場、明るくて清純なイメージが印象的だった。
3枚目シングル『春はどこから来るのか?』(2018年4月11日)では表題曲でセンターを務めている。

また、2018年7月期に放送された日本テレビ系テレビドラマ『マジムリ学園』では清純派から一転、学園を支配する生徒会長・カイザー役を務め見事な独裁者ぶりを演じた。

荻野由佳や中井りかに代わる選抜メンバーとして、本間日陽は人気度×ホワイト感×存在感という点からして納得の人選だろう。
さらに彼女は新潟県村上市出身なので地元密着感も高い。
今回の選抜入りで本間日陽への応援が増えれば、NGT48にとって今後の活動を進めるうえで展望が開ける。
いわば人気回復の可能性をはかる「試金石」となるわけだ。

ニューシングル『サステナブル』のリリースは9月18日を待つが、それより早く7月24日放送のフジテレビ系『FNSうたの夏まつり』で初披露するという。
センターの矢作萌夏はもちろんながら、選抜メンバーのなか後列で頑張る本間日陽にも注目したい。

全文
http://news.infoseek.co.jp/article/japantechinsight_623664/

AKB48 56thシングル『サステナブル』選抜メンバー&フォーメーション センターはAKB48矢作萌夏
3列目:武藤十夢、倉野尾成美、吉田朱里、横山由依、坂口渚沙、本間日陽
2列目:須田亜香里、瀧野由美子、田中美久、石田千穂、岡部麟、向井地美音
1列目:白間美瑠、村山彩希、岡田奈々、矢作萌夏、小栗有以、柏木由紀、松井珠理奈
no title

no title


NGT48 本間日陽
no title

no title

no title

【AKB48新シングルに選抜入り「人気度×ホワイト感×存在感」NGT48本間日陽(19)は人気回復の「試金石」なるか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/06/09(日) 08:07:15.28 ID:lYafkw/z9
年初以来、何かと世間を騒がせ続け、すっかり〝疑惑の総合商社〟と化してしまった『NGT48』。先日は新潟市から正式に契約を打ち切られたことも話題となったが、時ほぼ同じくして小規模な〝炎上〟騒動も発生した。

渦中の人物となったのは、『AKB48』の選抜メンバーにもなったことがある本間日陽。本間は加藤浩次がメイン司会を務めるラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(MBSラジオ)にレギュラー出演しており、6月1日深夜放送の回では、原宿や新大久保で流行している『チーズハットグ』について語る場面があった。

本間はチーズハットグ店が新潟にも出店されたと明かし、「すごい話題になって、行列ができるぐらいにぎわってる」「メンバーの間でも話題になってる」とコメント。さらに、自身もひと目見ようと並んで購入したことを明かしたが、「熱々の出来たてが出て、チーズも伸びるから喉の奥にひっついてむせて死にかけた」「大反響で忙しかったのか、最後の方、生焼けっぽかった」「だから、流行してるからって食べに行くのはどうなのかな」など、同店への批判を次から次へと口にしていった。



ご当地アイドルが地元disというタブー
これに対し、司会の加藤は「それはあなたの食べ方ミスでしょ?」と冷静なツッコミを入れ、レギュラーの『平成ノブシコブシ』徳井健太も「クレーマーだよ。ラーメン熱いって言って怒ってる人と同じでしょ?」と、これに同調。すると本間は、「新潟の方だと思うので、焼いた方は。新大久保の焼き方が分からないのかも…」と反論したのだが、またも加藤たちから「バカにしてんのか新潟!?」「あんたが一番応援せなあかんやろ」とカウンターを食らってしまった。

ネット上でも、番組と同様に、

《これは新潟を敵に回す発言やね》
《新潟の人が作るからまずいって言ってる》
《ただでさえイメージ悪くしてるのにさらに新潟のマイナスになる発言は控えろよな》
《新潟のアイドルグループのくせに新潟ディスるとか頭悪いな》
《県のバックアップで税金使って活動してるのに新潟県民は田舎者って言いたいの?》

などといった本間への批判が続出。「NGT」メンバーの軽薄さ、思慮浅さが、あらためて浮き彫りとなった出来事だった。

組織的に犯罪を隠蔽したことで、もはや何をやってもたたかれるグループになってしまったようだ。

2019.06.09 07:31まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/85543

写真no title

【【炎上】NGT48メンバー、またやらかす! 新潟の飲食店へのクレームに批判続出、地元愛は皆無の模様wwwwwww】の続きを読む