芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

本田翼

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/11/10(木) 08:36:27.22
女優の本田翼さん主演の連続ドラマ「君の花になる」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が11月8日に放送され、平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)は世帯5.1%、個人2.7%だった。


第4話では、7人組ボーイズグループ「8LOOM」の佐神弾(高橋文哉さん)が初のラブソングの作成を命じられて焦る中、メンバーたちが寮で“恋バナ大会”を開催する。

周囲の協力さえもプレッシャーに感じる弾を気遣う寮母の仲町あす花(本田さん)。
新曲作りのための取材で、あす花は、弾が抱える自身への複雑な思いを知り、2人の関係に急展開が起き……という展開だった。

元高校教師がボーイズグループの寮母になる青春ラブコメディー。あす花と個性豊かな8LOOMの共同生活を描く。
8LOOMのメンバーは、高橋さん、宮世琉弥さん、綱啓永さん、八村倫太郎さん、森愁斗さん、NOAさん、山下幸輝さんが演じる。

<君の花になる>第4話視聴率5.1% “あす花”本田翼と“弾”高橋文哉の関係に急展開
https://news.yahoo.co.jp/articles/abad00e588c359ee0a6571a2b75db26c45fd079d

ochanoma_smile

【【視聴率】本田翼の主演ドラマ『君の花になる』 第4話は5.1%】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/11/02(水) 23:54:06.79
本田翼「君の花になる」第3話5・2% 
あす花と8LOOMは思わぬ事態に見舞われた


女優本田翼が主演を務めるTBS系連続ドラマ「君の花になる」(火曜午後10時)第3話が1日、放送され、平均世帯視聴率が5・2%(関東地区)だったことが2日、ビデオリサーチの調べで分かった。

第1話は6・5%、第2話は6・0%だった。
平均個人視聴率は2・8%だった。


同作は、本田演じる元高校教師の主人公が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ、8LOOMの寮母となり、トップアーティストになる夢に向かっていくというオリジナルストーリー。 

ボーイズグループメンバーはオーディションで選出され、高橋文哉がリーダー、佐神弾を演じるほか、宮世琉弥、綱啓永、WATWING八村倫太郎、BUDDiiS森愁斗、NOA、山下幸輝が出演。

劇中だけにとどまらず、期間限定のボーイズグループとして実際にデビューし、主題歌などの楽曲発表や物語と連動したライブやイベントも行っていく。


第3話で、敏腕マネジャー・香坂(内田有紀)が、8LOOMのチーフマネジャーに就任した。
香坂は、着ぐるみパフォーマンスをきっかけに見えた明るい兆しをつかむべく、新たな売り出し戦略を次々と打ち出した。

あす花(本田翼)は香坂の方針のもと、メンバーたちが自立しようと努力する姿を静かに見守ろうとした。

弾は突然の状況に戸惑いながら、香坂の言いなりになるあす花にいら立ちが募るばかりだった。
そして、香坂によってテレビ出演のチャンスをつかむが、あす花と8LOOMは思わぬ事態に見舞われた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/d7be64e113705e5e60ae3af41ccb733cd71daf66

figure_angry_shito

【【視聴率】本田翼の主演ドラマ『君の花になる』 第3話は5・2%】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/10/25(火) 23:52:47.97
本田翼が主演する連続ドラマ『君の花になる』(TBS系)が、10月18日に放送を開始。
初回の世帯平均視聴率は6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とイマイチだったが、ネット上ではそれ以上に「本田翼の演技がヤバい」と話題になっていた。

TBS系「火曜ドラマ」枠で放送されている同ドラマは、ある出来事により挫折した元高校教師・仲町あす花(本田翼)が、元教え子・佐神弾(高橋文哉)率いる崖っぷちボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の寮母となり、彼らを支えながら、自分の過去とも向き合い、成長していくという内容。


「本田の連ドラ主演は、2019年10月期の『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(日本テレビ系)以来3年ぶり。しかし、その間も単発ドラマで主演したり、今年5、6月に公開された映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』に出演するなど、女優業が途切れることはありませんでした」(芸能ライター)

そんな本田だが、テレビやスクリーンで演技を披露するたび、ネット上で「ヘタすぎる」と言われ続けてきた。

「15年7月期の連ドラ『恋仲』(フジテレビ系)でヒロイン役に抜てきされた頃から、“演技に難あり”という評価が世間に浸透していった印象。同作では『バイバイ』の言い方すらも違和感があると、視聴者の間で話題になりました。また19年7月公開のアニメ映画『天気の子』には声優として参加しましたが、同作を手がけた新海誠監督は、製作報告会見の場で『(本田のアフレコは)僕の予想のつかないアクセントだったり言い方だったり、聞いたらびっくりする』とコメント。一応『面白いと思います』と、褒めているふうではありましたが、大多数はネガティブな意味で受け取っていたようです」(同)


一方で本田本人は、自身の演技力を「ポジティブに捉えている」(エンタメ記者)との向きも。

今年8月、ファッション誌「VOGUE JAPAN」(コンデナスト・パブリケーションズ)の公式サイトで公開されたインタビューで、
本田は「モデルをはじめ、幅広く活動させていただいていることが演技に役立っていると思うことは多いです」「監督が『柔軟性があるね』と言ってくださることは多々あります」と述べている。

「インタビューなどで演技について語ることもあるので、そこまで苦手意識があるわけではなく、もしかするとそれなりにうまいと認識しているのかもしれません。しかし、『君の花になる』に関しては、初回から『相変わらず演技ヘタなまま、成長してないな』『可愛いし好きだけど、演技だけは残念』『しゃべり方も、表情の作り方もいまいち』『いつになったら演技上達するの? ずっとヘタって言われてるし、実際にヘタで笑っちゃう』など、ネットユーザーを騒然とさせていました」(同)


その結果、Twitterでは「本田翼の演技」や「演技下手」がトレンド入り。
それを見たネットユーザーからも、「本田翼、また演技のこと言われてる」「これだけ総ツッコミされる大根女優はなかなかいない」という声が寄せられていた。

「とはいえ、ドラマ自体は『面白かった』という書き込みも散見されます。劇中でトップアーティストを目指す『8LOOM』は、期間限定グループとして実際にデビューし、ライブやイベントなどを行っていくと発表されており、これからの展開を楽しみにしているファンが多いようです」(同)

今後、「8LOOM」の人気が爆発したら、本田の演技ベタ問題も少しは霞むだろうか。

「演技がヘタ」と言われ続ける本田翼――「いつ上達するの?」と視聴者騒然も、本人は「ポジティブ」?
https://www.cyzowoman.com/2022/10/post_408314_1.html

pose_heart_peace

【【かわいいは正義】『本田翼の演技』や『演技下手』がトレンド入り… 「いつ上達するの?」と視聴者騒然も、本人は「ポジティブ」?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/10/23(日) 15:13:45.38
女優の本田翼(30)が、21日放送のTBS系「この歌詞が刺さった!グッとフレーズ3時間SP」(後7・00)に出演し、大好きな楽曲の歌詞解釈をめぐり、MCの加藤浩次(53)と議論を戦わせる場面があった。

ロックバンド「B’z」の「もう一度キスしたかった」を選んだ本田。「この曲だけは特別なんですよ。普段は恋愛ソングとかあんまり聞かない。歌詞の情景が浮かぶ力に感動したというか」と、楽曲への思いを口にした。

別れなければいけない恋人同士、別れ際の彼女にもう一度キスをしたかった思いを歌った、切ないバラード。加藤から「この歌をどうとらえてますか?」と問われると、本田は「ひと目惚れ!」と即答した。しかし、加藤の解釈は「出会っているけど、ずっと(気持ちを)抑えていて…」と、まったく違うもの。本田は「ひと夏の恋じゃなく?え~!?」と驚きを隠せない様子だった。

本田はさらに「最後まで見ましょう?」と、2番以降の歌詞へ議論の場を移した。2番では2人は再会しているが、夢を叶えるためには一緒にいられず、時は刻々と過ぎていくといった歌詞。加藤から「やっぱり障害あるじゃないですか?」と振られると、本田は「どんな障害ですかね?」と逆質問。加藤が「ダブル不倫じゃないですかね?」とぶっ飛んだ解釈を披露すると、本田は「ドロドロにしないで下さいよ~」と悲鳴を上げていた。

とはいえ、本田は「これ1曲聴くだけで1本、映画を見たような作品です」と、変わらぬ楽曲愛をアピールしていた。

2022年10月21日
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/21/kiji/20221021s00041000695000c.html

pose_heart_peace

【本田翼、大好きな恋愛ソングはB’zの「もう一度キスしたかった」 歌詞の解釈めぐり加藤浩次と議論】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/10/19(水) 10:19:42.84
女優本田翼が主演を務めるTBS系連続ドラマ「君の花になる」(火曜午後10時)第1話が18日、放送され、平均世帯視聴率が6・5%(関東地区)だったことが19日、ビデオリサーチの調べで分かった。
平均個人視聴率は3・6%だった。


同作は、本田演じる元高校教師の主人公が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ、8BLOOMの寮母となり、トップアーティストになる夢に向かっていくというオリジナルストーリー。

ボーイズグループメンバーはオーディションで選出され、高橋文哉がリーダー、佐神弾を演じるほか、宮世琉弥、綱啓永、WATWING八村倫太郎、BUDDiiS森愁斗、NOA、山下幸輝が出演。
劇中だけにとどまらず、期間限定のボーイズグループとして実際にデビューし、主題歌などの楽曲発表や物語と連動したライブやイベントも行っていく。


第1話で、高校教師をしていた仲町あす花(本田翼)だったが、ある出来事をきっかけに挫折して退職し、姉・仲町優里(木南晴夏)の家に転がり込んで、優里が営むフードワゴンを手伝いながら、日々をなんとなく過ごしていた。

そんな中、優里と恋人の三ッ谷満男(菊田竜大)が結婚することになった。
これを機に独立しようと決意したあす花は、「可能性あふれる若者をサポートする仕事です」と書かれた住み込み寮母の求人に飛びついた。

そこはデビューするも売れない7人組ボーイズグループ・8BLOOM(ブルーム)の寮だった。
グループのリーダーは、かつての教え子・佐神弾(高橋文哉)だった。


久々の再会を喜ぶあす花と対照的に、弾はなぜかあす花に冷たく当たった。
弾のほか、最年少だが精神年齢が高い成瀬大二郎(宮世琉弥)、最年長でおとこ気がある古町有起哉(綱啓永)、しっかり者だがネガティブ思考の一之瀬栄治(八村倫太郎)、甘えん坊で自由人な桧山竜星(森愁斗)、一見クールだがド天然の久留島巧(NOA)、弟キャラで世話好きな小野寺宝(山下幸輝)と、グループのメンバーは個性的な子ばかりだった。

ひと筋縄ではいかない、あす花と8LOOMの共同生活が幕を開けた。

本田翼TBS「君の花になる」第1話6・5% 飛びついた寮母の求人でかつての教え子と再会
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6e5c74880e5571dc9cacdfcd1887fd7c3df594c

tv_monku

【【視聴率】本田翼主演ドラマ『君の花になる』 第1話は6・5% おまえらTV大好きだもんなwwww】の続きを読む