芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

木村拓哉

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/13(水) 11:12:50.10
俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香(49)の次女でモデルのKoki,(16)13日、自身のインスタグラムを更新し、この日に47歳の誕生日を迎えた父の拓哉を祝福した。

Koki,は幼少時代の自分と拓哉が唇を近づけるモノクロ写真などを投稿。英文で「お父さん誕生日おめでとう!!!」と祝福し、「家族へのすべての愛に感謝します いつも笑顔と笑いでいっぱいの家を作ってくれてありがとう!あなたを愛してます!」と感謝の思いをつづった。

この投稿に対し、ツイッター上では「素敵すぎる!!」「父娘の互いの愛情に溢れてる」「何て素敵なパパ」「Koki,ちゃんのパパへの愛に溢れた投稿に涙でる!」「可愛い写真 お兄ちゃんみたいなパパだー」「尊い…」「めっちゃ素敵やん!!!!こんな美形パパ羨ましいわぁ笑」「ホントに素敵な家庭だなぁ 拓哉さん、かわいいお嬢さんに祝福されて幸せだね」などの声が上がっている。

https://hochi.news/articles/20191113-OHT1T50045.html 
2019年11月13日 10時13分スポーツ報知 

no title


no title

【Koki,父・木村拓哉の47歳誕生日を祝福、キス寸前の親子ショット投稿】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

1: なまえないよぉ~ 2019/11/11(月) 09:51:21.34
木村拓哉主演の日曜劇場「グランメゾン東京」第4話視聴率は13・3%で番組最高更新

 10日に放送された俳優・木村拓哉(46)主演のTBS系日曜劇場「グランメゾン東京」(日曜・後9時)第4話の平均視聴率が13・3%だったことが11日、分かった。

 初回は直前にプロ野球日本シリーズが放送延長した影響で50分遅れのスタートとなり、12・4%。第2話は13・2%。第3話は11・8%。今回は前回から1・5ポイントアップ。第2話の13・2%を0・1ポイント上回り、番組最高視聴率を更新した。

 木村が令和初となる連ドラ主演作で演じるのは、フランス料理の天才シェフ・尾花夏樹。慢心から全てを失いながら、世界最高の三つ星レストランを目指して再び立ち上がるストーリー。木村にとって連ドラでは22職種目となる。

 尾花とともに三つ星を目指す女性シェフ役を鈴木京香(51)が演じるほか、尾上菊之助、及川光博、玉森裕太、沢村一樹ら豪華俳優陣が脇を固める。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000097-sph-ent

【【視聴率】木村拓哉主演の日曜劇場「グランメゾン東京」第4話視聴率は13・3%で番組最高更新】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/03(日) 18:52:54.79
 10月20日から放送されている木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)が好評だ。

「かつてパリで二つ星レストランに勤務し、将来を期待されていた主人公がトラブルを起こし料理界を追放されます。3年後に、料理人の鈴木京香さんと出会い、かつての仲間を誘ってお店を開き、三ツ星獲得を目指す物語です。共演者には、及川光博さんや沢村一樹さん、Kis‐My‐Ft2の玉森裕太さんなど、豪華なメンバーがそろっていますよ」(スポーツ紙記者)

 そんな話題作にいま“ある疑惑”が浮上している。


「設定やストーリーが、‘15年に公開されたアメリカの映画『二ツ星の料理人』に酷似しているんです。『グランメゾン』に原作はなく、フジ系のドラマ『世にも奇妙な物語』などでおなじみの脚本家の黒岩勉さんによるオリジナル作品。しかし、2作品が非常に似ていることから、ネット上では《パクリではないか?》という声もあがっていますよ」(映画配給会社関係者)

■多すぎるストーリーの共通点

 いったいどのあたりが似ているのだろうか。

「『二ツ星の料理人』は、一流の腕を持ちながらトラブルを起こして店を追われた元二つ星レストランのシェフが、三ツ星獲得を目指して奮闘する物語です。『グランメゾン』同様、主人公が3年後にかつての同僚や女性の料理人をヘッドハンティングするのですが、元同僚からは次々に断られて店を立ち上げるのは非常に難航します。主人公の経歴やかつての同僚を誘っても断られる展開など、2作品には共通点が多いんです」(同・映画配給会社関係者)

『グランメゾン』の第1話では、木村が日仏首脳会談の昼食会でフランスの大臣にアレルギー食材を提供してしまったことで職を失うシーンがある。『二ツ星の料理人』でも似たような場面があって……。

「仲間に裏切られ、レストランに現れたミシュランの調査員の料理のソースに大量の唐辛子を入れられます。その結果、三ツ星を得るチャンスを逃してしまうんです。大まかなストーリーだけでなく、こうした細かい部分でも似ているところがあっては盗作を疑われても無理ないですよ」(同・映画配給会社関係者)

■盗作か、オマージュか

 確かに似ている部分が多いような気もするが、それだけで盗作だと決めつけることはできない。映画パーソナリティのコトブキツカサ氏は、今回のようにストーリーが似るケースは多いと指摘する。

「あるテーマを扱って、かぶる部分があるのは当たり前です。『スターウォーズ』シリーズは、‘58年に公開された黒澤明さんが監督を務めた映画『隠し砦の三悪人』がモチーフだと言われていますし、三谷幸喜さんが脚本を手がけたフジ系のドラマ『古畑任三郎』は、‘68年から’03年まで放送されたアメリカのサスペンス・テレビ映画『刑事コロンボ』と似ていると言われていました。

 ただ、三谷さんは『古畑』が『刑事コロンボ』のオマージュであることはほぼ認めています。彼は『刑事コロンボ』が大好きで、その作品をモチーフにどう変化させるかを考えたそうです」

 ただ、昔はそうした類似性を咎めることは少なかったという。

「まだSNSやネットが発達していなかったので、作品が似ていると思っても、仲間内で話す程度でした。しかし、いまは似ている作品を見つけると、ネットで粗を探したり、重箱の隅をつつくような言い方をします。

 私も日本の映画を見て、“ここはハリウッド映画のあの部分と似ているな”と思うことはありますが、それをネガティブにとらえるのではなく、“この部分はあの映画のオマージュなんだ”と考えます。よいエッセンスを取りあげて作品を作るのはよいことですから、楽しんで見たほうがいいと思いますよ」(コトブキ氏)

『グランメゾン』も、海外映画をモチーフにして作っているのだろうか。TBSに問い合わせたところ、

「さまざまな取材や資料をもとに制作しております。今後の展開もどうぞご期待ください」(広報部)

 ストーリーが似ているのは、単なる偶然なのか、よい部分を参考にしたのか、それとも……。

週刊女性PRIME2019/11/3
https://www.jprime.jp/articles/-/16428?display=b
no title

no title

【【パクリ疑惑】木村拓哉主演『グランメゾン東京』が米映画に酷似、ネットのザワつきにTBSからの回答】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/25(金) 22:28:10.99
木村拓哉が10月24日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。
この日は元バレーボール選手がゲスト出演したが、そこで木村が取った行動が視聴者の間で物議を醸している。

木村は先週に引き続き、話題のドラマ『グランメゾン東京』(同系)で共演する沢村一樹とともにゲストとして登場。
番組では、沢村が憧れる女性として、元バレー日本代表の〝さおりん〟こと木村沙織がゲスト出演。
妻が178センチと高身長の沢村だが、身長184センチと大柄な沢村は高身長の女性を見上げた経験はないといい、ぜひ会ってみたかったという。

「一緒に並びたかったの!」と興奮した様子の沢村は立ち上がり、自身より1センチ背が高いさおりんと横並びに。
「(女性を)見上げるってことがないんで…うわ、ドキドキする!」「実物を見るともっときれい」と大喜び、さおりんは口元を押さえて恥ずかしがった。一方で、木村は自席に座ったまま、沢村の笑顔を見つめていた。

バレー選手の妹はエスコートも…

さおりんは、木村の大ファンだという自身の妹をスタジオに呼んでいた。
登場時から涙を流して大喜びしていた妹を見るなり木村は立ち上がり、妹のもとに駆け寄りエスコート。
姉と比べてかなり身長が低く小柄な妹の手を腰に回し、スタジオまで誘導。
木村自身が座っていた席に妹を座らせ、その隣に姉のさおりんを座らせた。

この後、姉妹を交えて番組を進行。自身のファンに〝神対応〟を見せた木村だったが、視聴者はさおりんの登場時には立ち上がらなかったにもかかわらず、
妹の登場時には立ち上がったことを疑問に思ったようだ。この行動について、

《キムタクが絶対、木村沙織とは並んで立たない…》
《キムタクなぜ一緒に並ばない!!》
《キムタクは、エスコートするフリして、背の高い木村沙織を座らせるw》
《キムタク身長差バレないように座ったままだったりカメラクレーンで上から撮って身長ばれないようにしてる》

など、木村が身長を気にしたのではという憶測が飛び交っている。

さおりんと同等に身長の高い沢村一樹と共演している時点で、特に問題ないような気もするが…。

http://dailynewsonline.jp/article/2052464/
2019.10.25 11:01 まいじつ

20191026003

no title

no title
20191026004

【木村拓哉さんが謎の行動!? 危うく公開処刑wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/11(金) 08:25:46.40
「親の七光りと言われない子供になるように」。木村拓哉(46才)、工藤静香(49才)の願いで、幼少時から英語、フランス語、水泳、ピアノ、フルート等の英才教育を受けてきた2人の娘。
モデルとして世界に羽ばたく次女・Koki,(16才)だけでなく、来年大学受験を控える長女(18才)も自分の夢に向かって着実に歩み始めている。

現在、フルートに取り組んでいる長女。
先日は第73回全日本学生音楽コンクール東京大会予選に出場、フルート部門の高校の部を勝ち抜き、10月16日に開催される東京大会本選への出場を決めた。
また、8月末に開催された『日本奏楽コンクール』では、管楽器部門高校の部で、見事1位に輝いている。

◆大学でもフルートを極めたい

木村家の娘といえば、次女Koki,の活躍が目覚ましい。2018年に『エル・ジャポン』のカバーを飾って衝撃的なデビューを果たした後も、
さまざまな雑誌の表紙に登場し、ブルガリやシャネルといったハイブランドのアンバサダーに就任。
今年5月には、シャネルのランウェイに登場し、パリコレデビューを果たした。

つい先日の9月22日には、ミラノコレクションでもランウェイに登場。「FILA」2020春夏コレクションに出演し、優雅なウオーキングを披露した。

「Koki,はインターナショナルスクール育ちで、英語はもちろんフランス語も習得している。
小さい頃から外国の人に囲まれていたからか、外国語で気の利いたジョークを言って、その場を和ませることもできます。
だから現地のブランド担当者からも、ご指名がかかりやすい。デビュー当時は『親の七光』という見方をしていましたが、近頃の活躍を見ると、彼女自身の実力を感じます」(ファッション誌関係者)

どうしても“親の七光り、いや十四光”といった視線を浴びる宿命にある2人の娘は今、着実に自らの足で道を拓いている。
それは静香が何より子育てで大切にしてきたことだった。

「日本を飛び出して活躍ができるようインターナショナルスクールを選びました。語学を身につけさせるだけでなく、外国の文化にも自然になじませてきた。
アトリエで絵を日常的に楽しませたり、フルート、ピアノ、さらには水泳といった習い事を“楽しんで”やれる環境をつくってきた。決してスパルタではなかったですね。

小さい頃はどの習い事も、長女もKoki,ちゃんも平等に習ってきました。だから、Koki,ちゃんのフルートの腕前も、かなりのものですし、長女もトリリンガルです。
その上で、それぞれが特に興味を持ったものを伸ばす教育をしていました」(木村家の知人)

静香は習い事のほかにも、子供たちに社会性を身につけさせようと、アパレルショップでのアルバイトを体験させていた。

「長女がインターにいた15才の頃です。ショップのオーナーが木村さんの知人だったようです。
勤務態度はまじめで、当初の予定では2週間だったところ、1か月に延長して、週5ペースで働いていました。
毎日食材にもこだわった手作りのお弁当を持参していましたよ。
スタッフには、将来の夢は音楽家だと話していましたが、アートから音楽、アニメまでいろいろなことに詳しいことが印象的でした」(前出・木村家の知人)

※女性セブン2019年10月24日号

https://news.livedoor.com/article/detail/17215512/
2019年10月11日 7時0分 NEWSポストセブン
no title

no title

no title

【Koki,はモデル、姉はフルート 実力で切り開いた道 ← これwwwwww】の続きを読む