芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

木下優樹菜

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_yareyare_woman

1: なまえないよぉ~ 2021/10/31(日) 12:10:08.76 _USER9
木下優樹菜がユーチューブチャンネルを開設し芸能活動再開を宣言した。いわゆる「タピオカ店オーナー恫喝事件」で“脅迫”が認定され、東京地裁から40万円の支払いを命じられた。

木下は動画で迷惑をかけたとして謝罪。深々と頭を下げたが、コメント欄は荒れに荒れ、

《涙が出てない》
《脅迫しておいて復帰は無理だろ》

などと批判の声が多数、寄せられた。

再生回数が170万回を超えたことから、世間の注目がいかに高いかがわかる。しかし低評価は高評価の5倍ほどになり4万6千ほどだ(10月30日現在)。

「要するに事務所を辞めて引退したふりをしましたが、やはり一般の仕事などやってられないということでしょう。明らかに今後はユーチューブに力を入れて稼ごうとしている。

他にもテレビから距離を取っている芸能人たちがいますが、そのあたりが虎視眈々とコラボを狙っているはずです。元夫の藤本敏史さんとの共演もあり得るのでは…」(スポーツ紙記者)

木下は“この2年間真摯に向き合い反省してきた”と動画で話したが「どこが反省してたの!?」と“視聴者総出”のツッコミが聞こえてきそうだ。

振り返れば緊急事態宣言下で医療現場もひっ迫していた中、“泥酔バーベキューパーティー”を公開したり、彼氏であるサッカー・湘南ベルマーレの三幸秀稔選手と高級ホテルに宿泊している姿をインスタにアップ。また、高級車の運転姿を掲載した際、スピードメーターに“ぼかし”を入れていたため炎上したりと、話題に事欠かない2年間だった。

反省していると口では言うもののインスタのストーリーでは過去にファンから

《ゆっきーな、アンチは気にしないでね!》

という応援メッセージが寄せられると、

《え、(アンチって)いる?っあ だとしたらごみん 見えてない ごみくずより小さいのかしら 視力1.5あるんだけど》(原文ママ)

と返信。アンチなど“ごみくず以下”であると言い放ったのだ。

また木下は芸能界を辞めると同時に、芸能人時代に使っていたインスタのアカウントを削除させられている。だが、引退後に立ち上げた個人のインスタは、当時の10分の1とはいえ、54万人以上のフォロワーがいるのだ。

「木下さんは離婚前、不倫疑惑が出ていたが認めていなかった。しかし噂を否定するに足る根拠が得られず、結局退社を余儀なくされた。その他にも複数の男性との噂があったそうですが、今までは元事務所の保護もあり、芸能人として成功していた。

その緩みからあのような恫喝事件につながったのでは。元所属事務所は今回の復帰も快く思っていない。メディアには過去の映像や写真は使用しないようにと言っているようです。事務所の名前すら出すことも不快感があるようですからね」(ワイドショー関係者)

「タピオカ恫喝」裁判も一区切りし謝罪もしたので、木下は芸能人として精力的に活動していくのだろう。“話題の人”としてネットを中心に、どこまで支持を得ることができるのか

https://news.yahoo.co.jp/articles/a749540885708dc927cb048dbc56c18148af3940

【木下優樹菜さん、反省の裏でアンチを「ごみくず以下」呼ばわりの過去www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
pose_yareyare_woman

1: なまえないよぉ~ 2021/10/30(土) 08:04:12.70 _USER9
「タピオカ裁判」で判決が出た木下優樹菜。YouTubeでは涙ながらに謝罪したが、ちゃっかり「芸能活動再開宣言」も飛び出した…

“タピオカ騒動”で大炎上した元タレントの木下優樹菜が芸能活動再開を宣言した。とはいえ、好感度ダダ下がりの彼女に積極オファーをかけるメディアはあまりにも少なく…このタイミングの復帰宣言には首をかしげるばかりだ。

木下は一昨年、姉が勤めるタピオカドリンク店に「事務所総出でやりますね」などと“恫喝DM”を送っていたことが発覚。世間から猛批判され、最終的にそれが原因となって昨夏に芸能界を引退した。

その後タピオカ店から民事で訴えられ、10月27日の裁判で東京地裁は木下の脅迫行為を認め、40万円の賠償金支払いを命じた。これを受け、木下は翌28日にユーチューブチャンネルを開設。初動画で涙ながらに謝罪したが、ドサクサ紛れて

「何ができるかなと考えても、私にはやっぱりみんなの前に立って仕事がしたいという気持ちがすごく強くて。この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないと思いました」

と芸能活動再開を宣言した。

動画には最初こそ「いいね」がついたが、現在「バッド(低評価)」の数2万とは4倍近く(10月29日現在)に膨れ上がっている。

視聴者の目がシビアなのは、木下が“言動不一致”だからだ。現在、木下はJ1湘南ベルマーレ所属の三幸秀稔選手とラブラブ交際中。謝罪動画で

「子どもたち、娘たちのためにも働きたい、働かなきゃいけないし、私も頑張りたいので、これからもまた一から活動させていただきたいと思います。これからもよろしくお願いします」

と嘆願してはいるが、今月26日には

「スウェットが好きすぎる このエンブレム素敵すぎない?」

と上下グレーのスウェット姿の写真をインスタにアップ。これが同日、三幸選手が投稿した「お気に入りのパーカー」と同じブランドであることがわかり話題となった。9月3日には三幸がインスタで千葉県浦安市の高級ホテルで木下と過ごした際の写真を掲載し、一部で「ホテル密着写真」と揶揄された。

「常に反省の様子を見せなきゃいけないというわけではないが、それにしても謝罪動画とは温度差がありすぎる。木下さんは三幸さんとオープン交際を続けている。それ自体は自由だとしても、『子どもそっちのけで新恋人と遊んでいる』とと思う人がいても仕方がない。その彼女が謝罪動画で『子どものため…』と言っても全く響きませんよ」(スポーツ紙記者)

それでも芸能活動をどうしても再開させたいのには理由がある。木下は“タピオカ裁判”以外にもう1つ訴訟を抱えている。いわゆる“美容フェイスマスク裁判”だ。

タピオカ店“恫喝”が判明した当時、木下は美容フェイスマスクのイメージモデルを務めていた。一連の騒動でフェイスマスクのイメージが損なわれたとして、販売元の化粧品会社などから東京地裁に民事提訴され、約3億円の損害賠償を求められていた。こちらは現在も係争中だ。

「タピオカ店への脅迫行為が裁判所に認定されたことで、“フェイスマスク裁判”にも影響を及ぼすことは確実。さすがに丸々3億円の賠償金はありえないでしょうが、多額の支払いが生じる可能性がある。

そうなると、彼女は金銭的に苦しい。引退後、ファッションブランドの広告塔を務めていますが、その収入だけではとても補いきれないでしょう。活動再開宣言は、将来の生活苦を危惧してのことだとささやかれています」(ワイドショー関係者)

木下自身の“後悔”も強い。木下を知る関係者は

「ママタレとして人気を博していた時は、インスタのフォロワーが約530万人いて、正直何もしなくても毎月ウン百万を超える収入があったことも。あれほどラクして稼げることはなかったのでは? 金銭的には『あの時に戻りたい』というのが本音だと思う」

と推察する。“代わりはいくらでもいる”と言われる芸能界。木下が再びブレークできるかは未知数だが、いい意味で世間の評価を覆してもらいたい。

10/30(土) 8:02配信
FRIDAY

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211030-00000001-friday-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/99c347d0a6472a599b44a094a10297d1edc2aa3b

【【図々しい】木下優樹菜 低評価だらけユーチューブデビュー裏に「3億円訴訟」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/08(木) 17:24:06.16 _USER9
6月下旬の夕暮れ、都内の閑静な住宅街にド派手な金髪ロングヘアーをなびかせ、鮮やかなピンクのワンピースに身を包んだ美女の姿があった。昨年7月に〝タピオカ騒動〟の末、芸能界引退を発表したユッキーナこと木下優樹菜(33)だ。5歳になる次女・茉叶菜(まかな)ちゃんと小柄な男性と3人、両手いっぱいに遊び道具や買い物を携え、仲良さそうに歩いている。

一緒に歩く男性は「顔デカいからや!」のツッコミでおなじみの元夫・『FUJIWARA』の藤本敏史(としふみ)(50)……かと思いきや、そうではない。日焼けした小麦色の肌が似合う、アスリート系の細マッチョイケメンだ。

3人は近くのマンションで友人らしき男女と合流すると公園へ。イケメン男性は茉叶菜ちゃんや友人たちと1時間ほどサッカーを楽しみ、日が暮れると、ユッキーナと一緒に友人宅と思われるマンションへと帰っていった。

気になるこの男性の正体――それは、J1『湘南ベルマーレ』に所属する三幸秀稔(みゆきひでとし)選手(28)である。しかも2人は、すでに交際をスタートさせているという。芸能事務所関係者が明かす。

「2人は昨年の木下さんの芸能界引退後、共通の知人の紹介で出会ったと聞いています。三幸選手は日々ハードなトレーニングをこなしていますが、練習後に1時間半かけ、頻繁に木下さんの自宅を訪れているといいます。もちろん彼女の娘さんたちにも紹介済み。2人とも、とても懐(なつ)いていると聞いています。家族4人で過ごす時間も多く、半同棲状態だといいます」

たしかに別日にも、練習後にユッキーナのもとを訪れる三幸選手の姿があった。

この日は夕方に2人で彼女のマンションから出てくると、近くのスーパーへ。慣れた手つきで生鮮食品を買い込むと、15分足らずでお店を後にする。どちらともなく手をつなぐと、仲良く自宅へと帰っていった。途中、道路を横断しようとするユッキーナに「そっちは危ないよ!」とばかりに手を引き、優しくリードする三幸選手。ユッキーナも嬉しそうに後に続くなど、何とも??(ラブラブ)な様子だった。

しかし、ここで気になるのが’19年末に離婚した前夫・フジモンとの関係だ。昨年6月19日号で本誌が報じたように、フロアこそ別ではあるが、離婚後もフジモンはユッキーナと同じマンションで生活している。しかも子供たちの送迎や、夕食を共にすることもあるという。実際に取材期間中も、通学時間帯に車で出入りするフジモンの姿を何度も目撃した。

さらに今年5月、ユッキーナはタピオカ店恫喝事件に関連して、化粧品会社などから3億円の訴訟を起こされている。その際に、裁判資料の名義が「藤本優樹菜」だったことから、偽装離婚説まで噴出していたが……。本当に三幸選手と新しい生活をスタートしているのか。ユッキーナ本人を直撃した。

――『湘南ベルマーレ』三幸秀稔選手と交際されているのでしょうか。

「はい。娘も含めて、家族ぐるみでお付き合いさせてもらってます」

――娘さんたちと三幸選手とのご関係はいかがですか。

「そうですね。2人ともかなり慕(した)っています。彼がそういう風に接してくれているから……。彼が出る試合は、みんなで観るようにしています」

――すでに半同棲状態だと聞いています。

「同棲……と言えるかどうかはわかりませんが、ほとんど一緒に過ごしています」

突然の取材にも足を止め、時折、笑顔を交えながら答えてくれたユッキーナ。堂々たる〝交際宣言〟に面食らうなか、気になるフジモンとの関係についても水を向けた。

――藤本さんはまだ同じマンションに住んでいらっしゃるのでしょうか。

「はい。住んでいますよ」

――交際についてはご存知ですか。

「そうですね……私に……こういう〝特別な存在〟がいるのは、知っています」

――〝特別な存在〟ということは、結婚も考えられているのでしょうか。

「えっ、結婚? いや、まだ、そんな……今すぐにということはないですけど(笑)。ただ、やっぱ支えてもらってるんでね。とくにメンタル面とか。子供の世話もしてくれたりとか。だから本当に、大切な存在です」

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e4277090a6e17bc0f78bb5bc6745357aad7c679
no title

【【驚愕】木下優樹菜さん、イケメンJリーガーと堂々交際宣言!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/04/12(月) 09:17:29.67 _USER9 BE:967837166-2BP(0)
 オフィス街に「チョリース」と参上! 昨年7月に芸能界を引退した〝ユッキーナ〟こと元タレント・木下優樹菜(33)の近況が明らかになった。木下は昨年12月、個人の会社を立ち上げていたことを現在発売中の「週刊新潮」が報じた。この新会社を足がかりにして芸能界復帰も考えられるが、まずは日本屈指のビジネス街である東京・丸の内を〝シマ〟にしてインフルエンサーとして活動していくという。

 週刊新潮によれば木下は昨年12月、自身を代表にした新会社を立ち上げた。下町の元ヤンキーが社長になるとは意外な感じもするが、実業家としても活動していただけに当然と言えば当然のこと。社名は「木下組」。木下は自身のファンのことを「木下組」と総称しており、社名はここから引用したという。

 新会社を足がかりに芸能界復帰も考えられるが、同誌の取材に本人は「芸能界には何の未練もないですよ」と笑いながらあっけらかんと話した。「ただ、今はモデルの仕事はやらせてもらっています」と続けた。

 今年3月にヤンチャ系御用達のアパレルブランド「ガルフィー」でモデルを務めたことが発表されるなど、オファーはあるとか。そういった仕事をこなすと当然、「お金が入ってくるので」新会社を設立したそうだ。

 同社は木下優樹菜ではなく「藤本優樹菜」の名で登記。2019年の大みそかに離婚したが、元夫の「FUJIWARA」藤本敏史(50)と婚姻中の名前を使ったわけだ。

 そんな木下だが、日本屈指のビジネス街である東京・丸の内を拠点に活動していく意向のようだ。

「木下さんは、丸の内にある30階建ての超高層ハイグレードオフィスビルの1室に会社を構えたんです。日本の経済を動かす大企業の本社が立ち並ぶ丸の内に、元ヤンが〝参上〟したわけで驚きでした。タレント時代にお世話になった関係者の助言などを受け、『ここはいっちょ、丸の内にチョリース!しよっか』と決めたそうです」(知人)

 丸の内を〝シマ〟にし、インスタグラムとティックトックを駆使し、今後はインフルエンサーとして情報発信していくつもりのようだ。

「木下さんはインスタで51万3000人、ティックトックでは14万7000人と多くのフォロワーを抱えています。インフルエンサーになれると評価した企業からモデルのオファーがあるそうです。また本人は、ファンミーティングの開催も視野に入れているみたい」(同)

 冒頭に記したように木下本人は否定しているが、新会社の業務にマネジメント業を加えて個人事務所とした上での芸能界復帰の可能性もありそうだ。

「ただ木下さんは、19年秋に起こした恫喝騒動の相手となったタピオカドリンク店側から提訴され、今も係争中とされています。復帰するにしても、まずはこれが和解してからでしょう。また、下の子(次女)が来年4月に小学校に入学します。これも区切りになる。だから復帰するとしても、もうちょっと先では」(同)

 藤本とは協力して育児しているようだが、木下が新潮の取材に「2人だけでご飯を食べることは絶対にないです」と断言しているように再婚はなさそう。スープの冷めない距離の関係を維持しつつ、〝丸の内の社長〟として愛娘を育てていくつもりのようだ。

4/12(月) 5:15配信
東スポWeb

木下優樹菜
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4f5ea9c081d5269fbadbe9b8cc4fdd8f4973bf7

no title 【木下優樹菜さん、丸の内の〝セレブ社長〟になっていた! 芸能界復帰も視野か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/04/12(月) 19:03:00.50 _USER9
4月4日未明、インスタグラムのライブ配信を通じて、タレントのマリエ(33)がおこなった “告発” が大きな波紋を呼んでいる。その内容は、15年前の18歳当時、『クイズ!ヘキサゴン』(フジテレビ系)などで共演していた島田紳助氏(65)に、関係を迫られたというものだ。

この告発を、「ファミリー」はどう受け止めたのか。本誌は2007年から4年以上にわたり後継番組の『クイズ!ヘキサゴン2』に出演していた木下優樹菜(33)を4月9日、直撃した。

ーーマリエさんが、紳助さんに枕営業を持ちかけられたと。

「そんなことを言ったんですか? ヤバいじゃん!」

ユッキーナは、この騒動を知らなかったという。

ーーマリエさんは、だれも信じられないと言っていますが。

「そうなんだ。マリエちゃんのほうが先にバラエティに進出しているし、出演時期がかぶったことも、絡んだこともないんですけど……。私は、『ヘキサゴン』出演者の集まりみたいなのには一回も参加したことがないし、紳助さんとプライベートでご飯に行ったこともない。紳助さんに誘われたことも、まったくないです」

木下自身には心当たりがなく、マリエの告発内容に懐疑的な口ぶりだった。

ーー告発をどう思いますか?

「何か言いたくなっちゃったのかな? 心配ですね」

ーー殺されてしまうかも、とまで言っています。

「命は大事にしてほしい(苦笑)。マリエちゃんとは同い年で、まだ33歳なんでね。頑張ってくださいという感じ……」

一方、名指しで告発された出川の所属事務所は、「お騒がせしているような事実はない」とのコメントを発表。さらに、やるせなすも、所属事務所を通じて否定した。
マリエの告発の真意はなんだったのか。ある芸能関係者はこう話す。
「当時、男女を問わず紳助さんの主催する飲み会に参加する若いタレントが、紳助さんにかわいがられて、番組に起用されるという事例はありました。

しかしマリエさんは、ネット配信で、不特定多数を相手に実名をあげて告発したわけです。密室のことで証明のしようがなく、彼らが、マリエさんを名誉毀損で訴える可能性だってあります」

マリエは、自身がMCを務める4月10日放送のラジオ番組に生出演したが、騒動についてふれることはなかった。番組のHPには、彼女を心配するメッセージが多数、寄せられているが……。

https://smart-flash.jp/showbiz/138812
no title

【木下優樹菜さん、マリエに「命は大事にして…」「私は誘われたこと無い」元『ヘキサゴン』メンバーの “枕営業強要” 告発に複雑な心境】の続きを読む