芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

木下優樹菜

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/05(水) 20:51:22.52
2月2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に鈴木紗理奈が出演。親友の木下優樹菜を見限ったと話題になっている。

この日、番組では、飲食チェーン『バーガーキング』が閉店する近隣の『マクドナルド』へねぎらいのメッセージを店頭に掲げたニュースを伝えた。しかし、それを〝縦読み〟すると「私たちの勝チ」とあおっていることが判明。海外では「バーガーキング」がコトあるごとに「マクドナルド」にケンカを売るのが〝お約束〟となっていることが紹介され、これもその流れでのメッセージだと解説した。

すると、MCの田中裕二から、この〝縦読み〟についてコメントを求められた鈴木は、「いやいや、優樹菜やから、縦読みの方は。私してない」と苦笑い。「(木下とは)どうなの、最近?」と聞かれても、「ちょっと分かんないんですよね… 最近はあんまりコンタクト取ってない」と小声で答え、どうやら距離を取っていることをニオわせた。

「紗理奈といえば、木下の〝タピオカ恫喝事件〟が明るみになった際、インスタグラムで『反省して、また次! みんな応援してるよーー!』などと励ましのコメントを送っていました。また、2人は互いのインスタに頻繁に登場するほど仲が良かったため、いきなり疎遠になるのは意外。さらに〝疑惑段階〟の縦読み騒動を、親友の紗理奈が暗に認めてしまったのも驚きでしたね」(芸能記者)

「ベッキーと上戸彩思い出した」
ネット上でも、木下をかばう気のない鈴木の言動に、

《薄っぺらい友情過ぎて、何か紗理奈、人としてどうよ?って感じ》
《しらじらしい! あんだけアホみたいに仲良しアピールしてたのに! クソ過ぎる!》
《ナゼかベッキーと上戸彩思い出したわ》
《浮かれ不倫してたのは知ってたよね。縦読みまでやらかす木下が誰にも言わずにいられると思えない》
《うわーないわー 妹みたいなとか言ってたろ? せめて悪いことしたと思いますが大切な友達ですくらい言うたれや》

など、薄情だと批判する声が相次いでいる。

「上戸彩とベッキーも一時は〝親友アピール〟をしていましたが、ベッキーが不倫騒動を起こした途端、上戸はダンマリ。ほとぼりが冷めてからまた〝親友アピール〟をし始めたことが批判されていますね」(芸能記者)

芸能人同士の人付き合いは、なかなか難しいようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2181469/
2020.02.05 10:30 まいじつ
20200206001

【木下優樹菜をポイっ! 親友・鈴木紗理奈の“ゲスコメント”に批判続出】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/31(金) 17:06:11.20
 昨年の大みそかにタレント・木下優樹菜(32)と離婚したお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)が31日、大阪・MBSテレビの
情報番組「ミント!」の生放送に出演。木下との離婚について「ズレが生じてきたというのはあります」「タピオカ騒動はホンマに関係ない」と
離婚について初言及した。

 番組冒頭に、司会で同じバツイチの大吉洋平アナウンサー(34)から「どうして離婚されたんですか?」と直球を投げかけられた藤本は
「そんな急に…」と戸惑いながらも「きっかけって、そんなん別にないんですけど、ズレが生じてきたっていうのはあります。いろいろ」と
生活でのすれ違いが積り積もったと告白。「前やったら、不満に思っていることを相手にぶつけて、ケンカになることもあったけど、スッキリしていた。
それがなくなってきて。『明日(仕事が)早いから、言わんでええか』『ケンカになったら嫌やからええか』…それがお互いたまってきた」と話した。

 木下が、姉が務めていたタピオカ店のオーナーをどう喝していた騒動に関しては「ホンマに関係ない。ウソやと思われるかもしれないけど」。
木下の「インスタ縦読み不倫」疑惑も「知らんのよね、それ」と一蹴した。

 木下との間にもうけた2人の娘とは「毎日会っている」といい「(木下は)しっかり協力して子育てしていくパートナー。夫婦だとちょっとしたことが
気になるが、離婚してからは気にならない」と関係性の変化にも言及。番組の進行をさまたげないよう誠意を持って応えていたが
「これが俗にいう空元気。…いやいや、元気!」と芸人として盛り上げた。

報知新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-01310143-sph-ent
rikon_tatakitsukeru_man

【フジモンが木下優樹菜との離婚に初言及 ← あの問題はwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/24(金) 22:01:38.75
タピオカ店店主への“恫喝DM騒動”で活動休止中のタレントの木下優樹菜(32)だが、木下の所属事務所・プラチナムプロダクション」が23日、同社および所属タレントへの誹謗中傷に対し、法的措置など厳正な対応を行うと発表した。

同社によると、「現在、インターネット上において当社及び当社所属タレントの名誉及び信用を毀損する、事実無根の記事やコメント等が散見」と説明。
具体的な内容については、「反社会的勢力が当社の立ち上げに関わった」、「当社社員の中に反社会的勢力のメンバーがいる」などのだという。

そのうえで、「事実に反し、当社及び当社所属タレントの名誉及び信用を毀損するインターネット上の記事・コメントを発見した場合につきましては、代理人弁護士を通じて、あらゆる法的措置を含めた厳正な対応を行ってまいります」とした。

「木下のインスタのコメント欄には万単位の批判コメントが殺到したが、ついにコメント欄を閉鎖してしまった。
そのため、多くのネット民がりのはけ口をネット上にぶつけているのでは。
木下の事務所についての過去記事などから“攻撃要素”を探しているのでは」(芸能記者)

一部メディアが木下との不倫疑惑が浮上したサッカー日本代表の乾貴士(31)を直撃。
乾は不倫を否定したものの、回答からは“グレーゾーン”の印象だっただけに、まだまだ木下へのバッシングは止む気配がなさそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2167185/
2020.01.24 21:00 週刊実話
20200125003

【【事務所総出】風評被害でついにキレた木下優樹菜の所属事務所】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/16(木) 06:27:58.24
唐突な発表に、誰もが「タピオカ恫喝騒動」を思い出したに違いない。昨年の大晦日、離婚を明らかにしたのが、タレントの木下優樹菜(32)と、お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)である。受難続きのところ、件のタピオカ店とは未だケジメがついておらず……。

 ***

 新年を迎える前に、これまでのしがらみを断ち再スタートしたい。二人が発表した離婚の報告には、その思いが滲み出ていた。

 二人は、それぞれの事務所から書面でコメントを発表。離婚理由については、〈お互いの芸能生活の中で、夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至りました〉と述べるのみ。通り一遍の説明に終始されては、昨年秋に木下が芸能活動自粛にまで追い込まれた「タピオカ騒動」が、二人の仲に亀裂を生じさせたのかと勘ぐりたくなる。

 実際のところは、以前から夫婦関係は悪化の一途を辿っていたと芸能担当記者が言う。

「数年前から夫婦はすれ違うことが多くなり、去年の夏頃には話し合いに入っていたそうです。結果的に、二人の子供の親権は木下が持つ形になりましたが、タピオカ騒動は、私生活に暗雲が垂れ込めていたタイミングで起きていた格好になります」

 よほど私生活でフラストレーションが溜まっていたのか。元来、ヤンキー気質といわれるユッキーナだ。鬱憤を周囲にぶつけて解消したいと考えて、怒りの矛先をタピオカ店に向けたのなら、一連の“恫喝”にも納得である。

“関東連合”

 ことの発端は、昨年7月に木下の姉が、東京の下町にオープンしたタピオカ店で働き始めて起きたトラブルにある。もともと友人関係にあった女店主と木下姉には、運営のあり方や賃金の未払いを巡って意見の食い違いが生まれたが、そこに木下が介入。一連の出来事をSNSでも公表し、口汚く罵る大人げない対応が大炎上してしまったのだ。

 その代償は大きく、木下は全面謝罪をして11月から芸能活動を取り止め。表舞台から完全に姿を消したが、一方的に言われっ放しだったタピオカ店も休業を余儀なくされていたという。

 店の近隣住民によれば、

「オープンして間もないのに、騒動で店主の方も体を壊してしばらく休業していました。なのに、問題を起こした木下さんの姉は、ママ友との会話で、“お店が関東連合の人間と繋がっていたから、優樹菜は謝ることになったの”などと言う始末で、周囲は呆れていました」

 半グレ集団の名前が出るなど穏やかでないが、一般人を相手に“恫喝”したのはユッキーナのはずだろう。

 ことの真偽を含め、件のタピオカ店に尋ねてみると、女店主の代わりに男性経営者が話をしてくれた。

「私共夫婦が、関東連合とつながりがあると言われているのは知りませんでした。そんなことあるわけないし、まっとうに商売しているだけ。記事に書かれるだけでも、そういうふうに見られてしまうじゃないですか」

 完全否定した上で、こうも言う。

「離婚の話はビックリしましたが、私共の問題とは関係がありません。向こうからの謝罪も含め、法的な対応は弁護士に任せています。年末年始だったので確認できていませんが、まだ謝罪の連絡はきていません」

 ユッキーナを赦す言葉が聞かれることは終(つい)ぞなかったが、最後に彼女の所属事務所に見解を問うたところ、

「和解は成立していません」

 と言うばかり。離婚報道で、木下へはファンから同情の声も集まるが、活動再開には、まだ暫くは時間がかかりそう。

「週刊新潮」2020年1月16日号 掲載


1/16(木) 5:58配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00602239-shincho-ent
no title

【木下優樹菜さん、たかし総出以前にタピオカ店に未だ謝罪なし・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/14(火) 22:05:34.67
 ユッキーナを救えるのはこの男しかいない! 2011年8月に芸能界を引退した島田紳助氏(63)が13日、歌手のmisono(35)のユーチューブチャンネルに降臨。引退前同様の軽妙トークで、健在ぶりをアピールした。復帰は「あり得ない」とのことだが、期待されるのは“タピオカ店恫喝騒動”で大炎上し離婚した木下優樹菜(32)の再生役。かつての人気番組「クイズ!ヘキサゴン」(フジテレビ系)のメンバーとして木下を人気者にした手腕から、業界では「紳助さんしか助けられる人はいない」との声が出ている――。

 紳助氏が動画に登場するのは約8年半ぶりで、引退後は初めて。“復帰”の場に選んだのは、ヘキサゴンメンバーとしてかわいがっていたmisonoのユーチューブチャンネルだった。

 中略

 昨今の芸能界について「芸能人がバラエティーに出て、これ言ったらアカンとか、不倫をしたらアカンとか。芸能人のなり手なくなるで。芸能人になるやつなんて世の中の痛いやつ。金持ちになりたいとか目立ちたいとか、有名になりたいとか、モテたいとか」と持論も展開した。

 トークの内容はおおむねヘキサゴンファミリーについてで、あの話題にも言及。昨年大みそかにお笑い芸人・藤本敏史(49)と離婚したヘキサゴンメンバーの木下だ。

 紳助氏は「フジモン頑張れー。あいつ泣き虫やんか。電話でしゃべったら泣いてるしかないねん。結婚するとき、離婚するとき、俺が(芸能界)辞める時、いつも泣いてんねん」と明かした上で「テレビで泣いたらええねんな。週に2、3回。タレントって個性やから。あいつ泣けるから。泣いたらええよフジモン」と“泣き芸”を勧めた。

 これに前出のお笑い関係者は「さすがの目利きぶり。その手は思いつかなかった」と感嘆する。

 木下の“再生”も期待される。姉が勤めていたタピオカドリンク店のオーナー夫妻に“恫喝DM”を送り付け、大炎上。昨年11月に無期限活動自粛を発表し、離婚までしたが、次から次へと新たな疑惑が浮上している。

「昨年7月のインスタグラムの投稿を縦読みすると『たかしあいしてる』となることが判明し、ネット上で不倫疑惑が浮上しています。もはや何でもアリの状態で、本人や事務所が否定しても、ネット上では真実のように拡散されてしまう。周囲もお手上げのようです」(ワイドショー関係者)

 木下のタレント生命は風前のともしび。もはやこのピンチを救えるのは紳助氏しかいない。テレビ関係者の話。

「この日に配信されたのは前編だけ。後編もあるようですが、反響によっては第2弾、第3弾もあり得ます。紳助氏にとってヘキサゴンメンバーは生徒のようなもの。開店休業状態の木下さんを引きずり出して、彼女の復帰の足がかりにしようと考えるかもしれません。何なら元夫のフジモンとのツーショット配信も実現するかもしれません。紳助氏に言われれば、2人も断れないでしょう」

 数々の“おバカタレント”を世に送り出した名プロデューサーだけに、木下をどう復活させるか。お手並み拝見だ。

島田紳助氏“ユッキーナ救出”業界から再生望む声
1/14(火) 17:03配信

【【事務所総出】業界から木下優樹菜の再生を望む声。島田紳介氏に期待】の続きを読む