芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

朝ドラヒロイン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/01/03(火) 09:58:23.94
人気女優の登竜門とされ、主演すれば高確率で売れると言われている『NHK 朝の連続テレビ小説』、通称・朝ドラ。しかし中には、主演を張るも、その後めっきり見なくなってしまった女優たちも存在している…。いくつかの例を紹介していこう。

2005年秋~2006年春の『風のハルカ』に主演した村川絵梨はこの1人だろう。

同作以降、飛躍が期待されたが、今日まで未だに民放ドラマでは主演経験がない。

出演作こそ数多いが、どれも脇役やチョイ役ばかりだ。NHKと結びつきの強いアミューズ所属のため、ヒロインに抜擢されただけだったのだろうか。

この前年、04年秋~05年春の朝ドラ『わかば』に主演した原田夏希も、その後、数々のドラマ・映画に出演するが、民放での主演経験はなし。

所属事務所はオスカープロモーションだが、イマイチの知名度に留まってしまっている。

04年の『天花』に主演した藤澤恵麻も、同作以降、地上波ドラマ主演がなく、知名度的にも人気女優とはいえない厳しい状況。

主演に抜擢されたからと言って、必ずしも売れるわけではない厳しさを物語っている。

この頃は、朝ドラも不作の時代だったのだろうか。

ブレークしたはいいが消えるパターンも

朝ドラをきっかけに大ブレークを果たすも、その後、消えていったという例も多い。

2010年、『ゲゲゲの女房』は流行語大賞を獲得するなど大ヒット。主演の松下奈緒は、以降の民放ドラマに引っ張りだことなり、特技のピアノで音楽番組にも出演していた。

しかし、10年代後半からは徐々に露出が減少。女優としては充分生き残っているが、流行語獲得など勢いがすごかっただけに〝消えた〟印象を強めている。

その「ゲゲゲの女房」で松下の夫役だった向井理と、現実で結婚したのが『ちゅらさん』主演の国仲涼子。

彼女もまた、朝ドラ大ヒットの勢いをそのままに、以降さまざまな作品で活躍した。しかし、14年の結婚以降は、育児で多忙なこともあってか、目にする機会は減ってきている。

12年の『純と愛』で主演した夏菜も、最近は目立った活動が見られていない。

夏菜は朝ドラ主演後、女優からバラエティーに舵を切るという異例のパターンで大成功。一時は連日のようにゴールデン番組で目にしていた。

しかし、2021年に結婚、翌年出産と、こちらも家庭の忙しさからめっきり露出は減少。かろうじてインスタグラムは2022年12月末に更新されているが、投稿の頻度は落ちている。

大役を得たからといって、そのまま売れ続けるわけではないようだ。

https://myjitsu.jp/archives/400372

pose_english_shrug_woman

【消えた“朝ドラヒロイン”たち! 主演だったあの人は今…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/06/09(水) 13:33:01.53 _USER9
 エンタメ情報サービス「ciatr」を運営するvivianeが、ドラマが好きな全国の男女500人を対象に「次に朝ドラヒロインをやってほしい女優は?」というWebアンケートを実施しました。

現在放送中の連続テレビ小説・第104作「おかえりモネ」に次ぐ朝ドラとしては、上白石萌音さん・深津絵里さん・川栄李奈さんがヒロインを務める「カムカムエヴリバディ」、黒島結菜さんがヒロインを務める「ちむどんどん」が控えています。2022年後期の朝ドラヒロインになってほしい女優は誰だったのでしょうか。さっそく結果を見てみましょう。

 (調査期間:2021年5月20日~5月23日、調査対象:全国10代~60代の男女、有効回答数:500人)

●第2位:今田美桜
 第2位は今田美桜さんでした。ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」や「3年A組-今から皆さんは、人質です-」などに出演してきた今田さん。「おかえりモネ」にも、若手気象予報士として出演しています。

 回答者からは「今田美桜さんの魅力である元気さや透明感が朝ドラヒロインのイメージにピッタリだと思うので」「色んなドラマで脇役として頑張っている今田美桜さんの主役のドラマがもっと見たい」との声が寄せられていました。

●第1位:浜辺美波
 そして第1位は浜辺美波さんでした。映画「君の膵臓をたべたい」で知名度を上げ、近年は映画「賭ケグルイ」や「約束のネバーランド」、ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」などに出演。連続テレビ小説・第92作「まれ」では、桶作麻美役を演じていました。

 アンケートでは「昔の設定の話でも、現代の設定の話でも合う顔だちをしていると思うから」「浜辺さんの爽やかなイメージが朝にぴったりだと思うため」といった意見がありました。

 また、ドラマ「私たちはどうかしている」で演じた和菓子職人の娘役が話題となったことから、「『わたどう』で見せた着物姿が似合っていたため、昭和時代の朝ドラヒロインを見たくなった」という声が多数寄せられています。

(出典元:ciatr)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2b8ebd5debe269a415749a62318091a14a9b55c3
no title


1位から8位
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/244151/2#utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20210609-10007184&utm_term=it_nlab-ent&utm_content=img

【「朝ドラヒロインをやってほしい女優」ランキングNo.1が決定! 「今田美桜」さんを抑えて第1位に選ばれたのは?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/26(火) 17:26:24.98 ID:JATFh0Hq9
4月スタートのNHK連続テレビ小説『なつぞら』でヒロインを務める広瀬すずのフォトブックが東京ニュース通信社からドラマ放送スタート予定日の4月1日より全国一斉販売される。

フォトブックでは広瀬の“朝ドラヒロイン”としての日々に、クランクインから密着。貴重なオフショット満載の内容となっており、さらに作品の舞台となる北海道では、夏と冬にグラビア撮影を敢行。
緑に包まれた広大な景色の中で動物や自然と触れ合う姿や、雪を目の前にしてはしゃぐ無邪気でキュートな姿に加え、ふとした瞬間に見せた大人っぽい表情もたっぷり掲載する。
さらに都内で撮影された20歳の素顔を切り取ったナチュラルなポートレートや、普段とはガラリと印象を変えたヘアメイク・ファッションで挑む「空」のイラストとのコラボ撮影も行った。

そのほかにも脚本・大森寿美男をはじめとしたスタッフインタビューやキャラクター&ストーリーガイド、美術・衣装の注目ポイント解説など、『なつぞら』の世界をディープに楽しむことができる特集も掲載。
別冊付録として、ポスターが付くことも決定した。

フォトブックの発売に広瀬は「“朝ドラ”のPHOTO BOOKですが、いろいろな要素がある本にしたかったので、撮り方やヘアメイク・ファッションについて私からも提案させていただいて、
私自身の“好き”やこだわりが詰まった1冊になりました。
夏の北海道、冬の北海道、都内、それぞれの撮影でスタッフさんを変えて撮影してもらっているので、シチュエーションによって全く違った空気感になっていますし、
この1冊で私がクランクインしてから過ごしてきた“季節”も感じてもらえると思います」と語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/16077924/
2019年2月26日 14時29分 RBB TODAY
no title

【広瀬すずの“朝ドラヒロイン”の日々に密着!フォトブックが発売決定】の続きを読む