芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

朝ドラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/20(日) 08:27:08.19 _USER9
 朝ドラ「おちょやん」の数字が上向かない。初回視聴率18・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)は7年ぶりの大台割れと報じられ、それを超える日がまだ1日もないのだ。3週目に入って、ヒロインも成長して杉咲花が登場、役者も出揃った。それなのに、なぜ? 

 ***
 民放プロデューサーは苦笑して言う。

「最近の朝ドラの中では不振と言っても、最低でも17・2%(第2話)も取っているわけですからね。民放のゴールデンなら、17~18%でも狂喜乱舞する数字です。しかし朝ドラでは、許してもらえない数字ということです」

 とはいえ、近年の朝ドラで平均17%台となると、12年後期の「純と愛」(17・1%)以来である。

「『おちょやん』の脚本は八津弘幸さん。『半沢直樹』第1シリーズや『下町ロケット』、『流星ワゴン』(いずれもTBS)など、硬派な日曜劇場の常連であると同時に、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)では遊び心も発揮しました。作り手として間違いなく、一流です。不振の原因とは考えにくい」

 実際に見てみれば、セリフにしっかりオチもあったり、涙と笑いもちりばめられている。
キャスティングが小粒? 

「当初は役者の小粒感かとも思いました。初週で知っているのはトータス松本くらい。2週目からは篠原涼子と名倉潤、いしのようこ、井川遥らが出てきましたが、それでも数字は上がらず。広瀬すずはじめ松嶋菜々子、草刈正雄らに加え、歴代ヒロインが出演した100作記念の『なつぞら』(19年前期)よりは劣るかもしれませんが、よくよく見ると、杉咲一座も決して悪くない。子役時代の毎田暖乃ちゃんの演技は素晴らしかったし、継母役の宮澤エマもよかった。大阪放送局の制作ですから、上方芸人が多くなりがちではあるのですが、チョイ役で出てくる芸人も多く、飽きさせません」

 コロナ感染から復帰したばかりの漫才“海原はるかかなた”のかなた師匠は3日に駐在役で出演、はるか師匠も11日に見事な水落ちで、まるで落ち武者のような乱れ髪を披露していた。18日には久しぶりにMr.オクレの姿も確認できた。

「芸の細かいキャスティングが楽しめます。篠原涼子のモトカレ役で登場した歌舞伎役者・片岡松十郎も第3週の月曜に登場して、金曜には亡くなってしまうという短い出演でしたが、あの役者は誰なんだと話題になっていますからね」

浪花千栄子を知らない

 ならば、不振の原因はどこに? 

「最大の原因は、最近、同じような時代設定が続きすぎていることだと思います。『おちょやん』のモデルである浪花千栄子(1907~1973年)が、大正後期あたりから太平洋戦争を経て昭和後期まで活躍するというのは、前作『エール』のモデル古関裕而(1909~1989年)と重なる。女性陶芸家の『スカーレット』、アニメーターの『なつぞら』、チキンラーメンの『まんぷく』だって、戦中戦後を経て昭和30~40年代に成功した人たちでした」

12/20(日) 8:00 
デイリー新潮 

朝ドラ「おちょやん」、役者は出揃っても視聴率はいま一つ 囁かれる根本的な原因 
杉咲花 
https://news.yahoo.co.jp/articles/4eec732a845232f31450891261461cf71a83573b
>>2続く
no title 【朝ドラ「おちょやん」、役者は出揃っても視聴率はいま一つ 囁かれる根本的な原因】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/01(火) 09:07:21.49 _USER9
 女優の杉咲花(23)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)が11月30日にスタートし、初回の平均世帯視聴率は18・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。2017年後期「ひよっこ」(19・5%)以来、7作ぶりに20%の大台を割った。前作「エール」の初回は21・2%だった。

 朝ドラ通算103作目。タイトルの「おちょやん」は“おちょぼさん”が訛り、茶屋や料亭などで働く小さい女中さんを意味する大阪ことば。女中奉公の8年間がヒロインの原点になっていることの象徴として採用された。TBS日曜劇場「半沢直樹」(2013年)「下町ロケット」(15年)「陸王」、テレビ朝日「家政夫のミタゾノ」などのヒット作を生んだ脚本家の八津弘幸氏(49)が手掛け、朝ドラ初挑戦となるオリジナル作品。明治の末、大阪・南河内の貧しい家に生まれた少女・竹井千代(杉咲)が芝居の世界に魅了されて女優を目指し、のちに「大阪のお母さん」と呼ばれる上方のコメディエンヌになる姿を描く。

 主題歌はシンガー・ソングライターの秦基博(40)が書き下ろした「泣き笑いのエピソード」。語りは吉弥が黒衣(くろご)役(観客からは見えないという約束事の下に舞台上に現れ、芝居の手助けをする人)として務める。

 当初は9月28日スタートを予定し、4月2日にクランクイン。だが新型コロナ禍のため同7日には撮影を中断することに。前作「エール」の放送中断を受けて、当初より2カ月遅れのスタートとなった。

 初回は、大正5年。竹井千代(毎田暖乃)は大阪の南河内で貧しい農家の家に生まれた。幼い頃に母を亡くし、飲んだくれの父・テルヲ(トータス松本)と弟・ヨシヲと3人で暮らしていた。千代は口が達者な元気な女の子だったが、父の留守中は小さい弟の面倒を見ながら、生活のため、鶏の世話をしなければならず、小学校にも通えずにいた。隣近所の子どもに陰口を叩かれる日々。そんな時、テルヲが新しい母親・栗子(宮澤エマ)を連れて帰る…という展開だった。

12/1(火) 9:00配信 
スポニチアネックス 

https://news.yahoo.co.jp/articles/55186c0695ea6d7df7fc6e1527792021bf03e289

20201201002

【【視聴率】朝ドラ「おちょやん」18・8%スタート 朝ドラ7作ぶり大台割れwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/28(日) 07:52:15.01
窪田正孝さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)。放送休止前最後の第13週「スター発掘オーディション!」(6月22~26日)は、山崎育三郎さん、古川雄大さんという2人のミュージカルスター(もしくはプリンス)がひときわ輝きを放った週となった。また「エール」では山崎さん、古川さん以外にも吉原光夫さん、柿澤勇人さん、小南満佑子さん、井上希美さんといったミュージカルを中心に活躍してきた俳優・女優が、それぞれ役の個性を見事に引き出し、シーンの多い少ないにかかわらず存在感を発揮。物語を大いに盛り上げてきた。なぜ彼(女)らは作品にハマったのか、その理由を探ってみた。

 ◇劇中で美声を披露 戦前の流行歌をよみがえらせるシーンも

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一(窪田さん)と、裕一の妻で、自らも歌手になる夢を追い続ける音(二階堂ふみさん)の、音楽と共に生きる夫婦の物語だ。

 モデルとなったのは、全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」や、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」などを手がけた作曲家・古関裕而(ゆうじ)さんと、その妻・金子(きんこ)さん。もはや有名な話で、ドラマと音楽が切っても切れない関係にあることは、改めて説明するまでもないだろう。

 柿澤さん、井上さん、小南さんの出演が発表された際、制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサーが「皆さんは、とにかく歌がうまい!」「お芝居はもとより歌が得意な俳優のそろい踏み」とキャスティングに自信をのぞかせていたように、やはり「歌のうまさ」というものが起用理由の一つだったことは間違いない。実際、山崎さん、古川さん、柿澤さん、井上さん、小南さんは劇中で美声を披露。その実力によって戦前の流行歌をよみがえらせるシーンもあった。

 ◇役者としての地力十分 「ミュージカル俳優=王様説」証明

 もちろん、山崎さんらの魅力は歌だけにはとどまらなかった。舞台経験で培われた身のこなしや仕草を含めた演技巧者ぶり、役になりきる力は一級品。多少なりとも勝手が違う映像作品でも、違和感なくそこに存在できたのは、役者としての地力が十分に備わっているからだろう。

 また朝ドラは、1話15分という尺の中で、時にシリアスとコメディーを行ったり来たり、コント的なシーンや突拍子もない展開が含まれたりと、身のこなしや仕草一つで何かを視聴者に伝えることができる、いい意味で大げさで即効性のある芝居が求められる瞬間がある。

 そういった役割を担う個性強めなキャラクターを演じるにあたって、ミュージカル俳優はうってつけ。だからこそ、山崎さんや古川さんは劇中で輝きを放ち、2人が扮(ふん)したプリンス久志とミュージックティーチャー御手洗(スター御手洗だったときも)は視聴者の心を捉えたのではないだろうか。

 かつて、「勇者ヨシヒコ」シリーズや実写映画「銀魂」などで知られる福田雄一監督は、「エンターテインメントの最高峰はミュージカル」と位置づけ、「お芝居できて、歌を歌えて、踊れてと、僕の中では、ミュージカル俳優=王様説というのがある」とも語っていたが、一組の夫婦を通して戦前からの日本のエンターテインメント界に光を当てた朝ドラ「エール」が、図らずも証明した形と言えよう。改めて、ドラマの再開を心待ちにしたいと思う。

2020年06月28日 テレビ 
https://mantan-web.jp/article/20200627dog00m200058000c.html 
no title


  【NHK連続テレビ小説「エール」、輝き放ったミュージカル俳優たち 朝ドラと相性抜群? 歌だけじゃない大いなる魅力】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/02(火) 21:57:21.69
NHKは2日、過去の連続テレビ小説を総合テレビの月~金曜の夕方に帯で再放送する第5弾として、女優の宮崎あおい(34)がヒロインを務めた2006年前期「純情きらり」が7月6日にスタートすると発表した。

月~金曜午後4時20分から1日2話ずつオンエア。全156話。放送開始日は変更の可能性あり。「純情きらり」は八丁味噌の産地・愛知・岡崎と芸術家たちが集まる東京の下宿先を舞台に、昭和初期から激動の戦中戦後、さまざまな試練や戦火を乗り越え、音楽への夢と愛を貫くヒロイン・有森桜子の波乱万丈の人生を描く。

全文はソースで

再放送情報「純情きらり」 | 再放送情報 | NHKドラマ
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/90000/430086.html

NHK朝ドラ旧作の夕方再放送 第5弾は宮崎あおい「純情きらり」7・6スタート予定(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース 
https://news.yahoo.co.jp/articles/24f99fa0d8c035e302351e2a143e9cbd3701c74a 

6/2(火) 18:28配信 
20200603001

【NHK朝ドラ旧作の夕方再放送 第5弾は宮崎あおい「純情きらり」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/27(水) 15:13:59.12
 NHKは27日、来年2021年度前期の連続テレビ小説が女優の清原果耶(18)がヒロインを務める「おかえりモネ」に決まったと発表した。脚本は安達奈緒子氏で、宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米で青春を送るヒロインが“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて人々に幸せな「未来」を届けていく姿を描く  朝ドラ通算104作目。  俳優の窪田正孝(31)が主演を務め、現在放送中の102作目「エール」、女優の杉咲花(22)がヒロインを務める次回作(103作目)「おちょやん」に続く。

5/27(水) 15:01 
NHK来春朝ドラは清原果耶がヒロイン「おかえりモネ」 

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb6a9a6abd94ff2ed3f9bca887950f1f5633bd32
no title

【来春のNHK朝ドラヒロインは清原果耶さん大抜擢!!!】の続きを読む