芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

朝ドラ

1: なまえないよぉ~ 2018/12/06(木) 16:23:00.01 ID:CAP_USER9
元乃木坂46で女優の深川麻衣がNHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)に出演することが発表された。
深川は今回が初の朝ドラ出演となる。

同作はインスタントラーメンをこの世に生み出した日清食品の創業者で実業家・安藤百福(ももふく)とその妻・仁子(まさこ)の半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を懸命に生き抜く夫婦の成功物語。
物語のヒロイン・福子を安藤サクラが、実業家の夫・萬平を長谷川博己が演じている。

新たな出演者に加藤雅也・牧瀬里穂・深川麻衣
来年1月からは池田に舞台が移り、この度、後半の物語を彩る、新たな出演者が発表に。
加藤雅也、牧瀬里穂、深川が登場する。

加藤が演じるのは、立花家が池田に引っ越した後、福子が働き始める喫茶店「パーラー白薔薇」の店主・川上アキラ。
若い頃は俳優を目指していたが、関西弁へのこだわりが強すぎて、オーディションに受からず、地元の池田に戻って、喫茶店を始める。
妻・しのぶと共に、福子の悩みを聞いては慰め、背中を押す人情派のマスター。間違った英語を日常的に多用する。

アキラの妻で共に喫茶店を営む川上しのぶ役には牧瀬。
アキラに負けず劣らず、コテコテの関西弁の話し手で、2人の言葉の応酬が店の名物になっている。
福子の良き理解者で、萬平の即席ラーメンの開発を支える福子を無条件に応援している。

そして、深川が演じるのは、克子と忠彦の次女・タカの妹の香田吉乃。
福子や萬平とは幼い頃から香田家で色々な思い出を共有しながら育ってきた。
何事にも積極的な姉・タカに比べて、マイペースで落ち着いた性格。
そのせいか、年頃になっても男性とのお付き合いはないが、周りほど本人は気にしていない。
しかし、元たちばな塩業のあるメンバーとふとしたきっかけで出会い、複雑な恋模様が…?

深川は「念願だった初めての朝ドラの現場は緊張もしますが、とても和気藹々としていて、素敵な出演者の皆さん、スタッフの皆さんとご一緒できることに、日々嬉しさを噛み締めながら撮影に臨んでいます」と喜びいっぱい。
「毎日にぎやかで個性豊かな香田家の次女として、朝からほっとしたり思わず笑みがこぼれてしまうような時間を皆様にお届けできるように、頑張ります!」と意気込んだ。

コメント他全文
http://mdpr.jp/news/detail/1808821

NHK朝ドラ『まんぷく』に出演が決定 深川麻衣
no title

加藤雅也
no title

牧瀬里穂
no title


元乃木坂46 深川麻衣
no title

no title

no title

【元乃木坂46深川麻衣、「まんぷく」で朝ドラ初出演!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/07(水) 05:48:11.12 ID:CAP_USER9
 女優の波瑠が11月5日、約3年前に主演を務めたNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』のオフショット画像を公開。その際に披露されることとなった彼女の美しい着物姿に、ネット上のファンからは称賛の声が相次いでいる。

 これは同日、波瑠が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼女は、「青山祭、ありがとうございました。明日から「あさが来た」再放送ですって。これはポスター撮影のとき、2015年7月4日に撮った写真です。もう3年以上経ちますのやなぁ、びっくりぽんや。」と、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』の再放送についてPRしつつ、同ドラマのポスター撮影時に撮ったという3年前のオフショットをお馴染みのセリフと共に紹介。

 彼女が着物姿で渓流に立つその姿に、画像を見たネット上のファンからは「懐かしい?」「びっくりぽん」「そうどすなあ?びっくりぽんや。ここのポスターは今でも好きな写真です!」「はるちゃん可愛いー!!!!!」「めちゃめちゃ綺麗だねー」「haruの変わらぬ、美しさ、可愛さにびっくりポンや」と、同ドラマの放送当時を懐かしみつつ、彼女の美しい着物姿を称賛する声が多数寄せられることとなった。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


[06_haru_17]
no title


2018.11.06 15:37 
波瑠、3年前の朝ドラ秘蔵ショット披露し「びっくりぽんや」 

https://abematimes.com/posts/5135358

【波瑠、3年前の朝ドラ『あさが来た』秘蔵ショット披露し「びっくりぽんや」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/09(火) 15:36:36.89 ID:CAP_USER9
女優の有村架純がヒロインを務めたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年4月3日~9月30日)の続編となるスペシャルドラマ「ひよっこ2」の制作が決定した。

舞台は前回から2年たった1970年の東京赤坂と奥茨城村。
おなじみの面々が繰り広げる心温まる物語となる。

ヒロイン・前田みね子役の有村は「再びみね子を演じられる喜びと、キャストやスタッフの皆さんと再会できる喜びでいっぱいです。ありがとうございます」と感謝し、「最終話からのその後の様子が描かれていきますが、相変わらずの『ひよっこ』ファミリーで、私の心もほっこり、見てくださる皆様の心もほっこりすることと思います」と紹介した。

脚本を担当した岡田惠和氏は「『ひよっこ』らしい続編を書きました。あれから二年たった、みね子達の日常のドラマです。二年しかたってないので、そんなに大きな変化はありません。『近況報告』のような続編です。みんな元気です。みんな相変わらずです」と続編の物語を紹介し、制作統括・菓子浩氏は「『続きが見たい!』『スピンオフは無いの?』。朝ドラ終了後、たくさんのありがたいご声援をいただきました。その声が力となり、このたび続編の制作が決定しました」と制作経緯を明かした。

「ひよっこ2」は有村のほか、沢村一樹、木村佳乃、磯村勇斗、和久井映見、佐々木蔵之介、三宅裕司、白石加代子、古谷一行、宮本信子らも出演。
2019年3月(30分×4回)に放送される。

(全文はコチラ)
http://mdpr.jp/news/detail/1797549

有村架純ヒロイン「ひよっこ」続編が決定
no title

【有村架純ヒロイン NHK朝ドラ「ひよっこ」続編が決定】の続きを読む

20180721-00000014-pseven-000-2-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2018/09/19(水) 05:06:19.38 ID:CAP_USER9
 永野芽郁さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」の放送も残すところあとわずかとなった。左耳の失聴にはじまり、マンガ家デビューするも挫折、結婚・出産・離婚、“おひとりさまメーカー”への転身と、まるでジェットコースターのように浮き沈みの激しい人生を送ってきたヒロインの楡野鈴愛(にれの・すずめ)の生みの親といえば、ご存じ脚本家の北川悦吏子さんだ。同作の執筆中に2度の入院を経験と、鈴愛同様、紆余(うよ)曲折を経て、物語を書き終えた現在の心境は? 「『あしたのジョー』の最後のように、真っ白な灰になった気分」といい、その過酷さを「恐れずに本当のこと言うと、精神的拷問」とも表現する北川さんに、話を聞いた。

 ◇どんどんと追い詰められていくのが本当に苦しくて

 “恋愛ドラマの神様”の異名を持ち、「愛していると言ってくれ」(TBS系、1995年)、「ロングバケーション」(フジテレビ系、96年)など、数々のヒット作を生み出してきた北川さんにとって、今回が初の朝ドラの執筆となった。

 「書き上げられたのは自分では奇跡」という北川さんは、それでも「今まで15分を156回という枠組みで物語を書いたことがなかったので、そこが一番、興味を引かれた部分。クリエーター心を刺激されて、どんどん新しい技を編み出していく楽しみがあった」と振り返る。

 北川さんいわく、1話分を執筆するのに与えられた猶予は「3日」。1話書き終えても、その3日後には次の締め切りがやってくるという、気の抜けない日々の中でも、「1話に1回は面白いこと、ハッとする展開、セリフなどを入れ込みたい」との一心で格闘を続けた。

 「今までアイデアが浮かんだから、今度も浮かぶに違いないって、自分を信じるしかなかったんですけど……。3日あるうち1日目、2日目とどんどんと追い詰められていくのが、本当に苦しくて。毎回ゼロからのスタートなので、ドラマの中の鈴愛ちゃんのように甘いものをガーっと食べて。そうすると頭の中が働き出し、何とか書き終えると、もう次が始まるの繰り返し。気がつくと8キロ太っていました」と話すなど、精神的、肉体的にもその過酷さは常人には想像の及ばないものだったようだ。

 ◇どこまで才能があるのか毎日試されているんだって思っていた

 「『あしたのジョー』の最後のように、真っ白な灰になった気分」とはまさに言い得て妙。北川さんは「恐れずに本当のことを言うと、朝ドラって精神的拷問だなって。これはどこかでクラッシュしてもおかしくはないと思っていました」と今だから話せる本音も。

 「どこかで自分なりに気を抜いてしまえばいいんでしょうけど、1話に1回は面白いこと、見せ場、もしくはハッとする展開などを入れ込みたいっていうのがあって。朝ドラは1話15分の中でいろいろな技が試せるので、楽しいは楽しいんでしょうけど、とにかく3日に1本を書く大変さは尋常ではなかった。クリエーターとして私は本当に自分を試されているんだなって。どこまで才能があるのか、毎日試されているんだって思っていました」としみじみと振り返っている。


>>2以降につづく)

2018年09月19日 
北川悦吏子:朝ドラは「精神的拷問」 もう一字も書きたくない!? 

 NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本を手掛けた北川悦吏子さん 撮影/萩庭桂太
no title


https://mantan-web.jp/article/20180918dog00m200049000c.html

【北川悦吏子:朝ドラは「精神的拷問」 もう一字も書きたくない!?】の続きを読む

20180721-00000014-pseven-000-2-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2018/09/03(月) 17:25:52.67 ID:CAP_USER9
9月3日放送の朝ドラ「半分、青い。」が驚きの展開を見せている。

前週土曜日放送回では、主人公・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみである萩尾律(佐藤健)が、ぎくしゃくしていた妻・より子(石橋静河)との関係を、たがいいの本心を語り合うことで解決。
ハッピーエンドとなっていた。ところがこの日の放送では、それからすでに2年が経過。海外赴任から戻ってきていた律は、何と離婚したことになっているのだ。

「廉子(風吹ジュン)のナレーションだけで離婚したことが視聴者に示されるという“ナレ離婚”でした。
先週、より子といい関係に戻って終わったはずなのに、週明け早々、しかも経緯など描かれず淡々とした口調で離婚が告げられたのです。
これには、後に続く番組『あさイチ』(NHK)でMCを務める博多華丸大吉の華丸も『土曜日にちゃんと話し合ったやん、奥さんと。離婚しちゃったよ。早すぎるわ。
日曜挟んですぐばい』と困惑を隠せませんでした。
ネット上でも『さすがに“ナレ離婚”はないわあ』『“ナレ離婚”とかトレンド入って、みんな怒りながら見てるんだろうな』『ほんと脚本が雑すぎる』など、困惑と不満の声が多数書き込まれています」(芸能ライター)

第22週の平均視聴率が22.3%で自己最高タイをマークするなど、クライマックスに向けて高い注目を集めているこのドラマだが、満足感だけでなく、首をかしげて疑問を感じながら見続けている視聴者も多いのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1514405/
2018.09.03 17:00 アサ芸プラス

【律が“ナレ離婚”!?「半分、青い。」が週明け早々大波乱で困惑と不満の声wwwwww】の続きを読む