芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

有村架純

1: なまえないよぉ~ 2018/03/09(金) 05:07:28.14 ID:CAP_USER9
女優の有村架純が、映画『コーヒーが冷めないうちに』(9月21日公開)に主演することが8日、わかった。原作は、脚本家・演出家として活躍している川口俊和氏の同名小説で、“過去に戻れる喫茶店”で起こる4つの心温まる奇跡を描く。現在放送中のTBS系連続ドラマ『アンナチュラル』のほか、同『リバース』(17年)、同『夜行観覧車』(13年)など数多くの人気ドラマの演出を手掛けてきた塚原あゆ子氏がメガホンをとり、満を持して映画監督デビューを飾る。

 時田数(有村)が働く喫茶「フニクリフニクラ」。そこには奇妙な都市伝説がある。それは店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというもの。ただし、そこにはとても面倒くさいルールもあるらしい。

 (1)過去に戻って、どんな事をしても、現実(未来)は変わらない(2)過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ(3)過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ。コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない(4)過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない(5)過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。すべてのルールを守ったとき、フニクリフニクラの客に優しい奇跡が舞い降りる。

 原作は、もともと川口氏が主催する劇団で舞台化され、その後演劇界で話題になり、第10回杉並演劇祭大賞を受賞。15年に小説化、17年には続刊『この嘘がばれないうちに』が刊行され、シリーズ累計発行部数は84万部を突破した。(中略)

 有村は「自分が淹れるコーヒーで、人を過去に戻すことができる。自分にしかできない自分の仕事を、彼女はどう感じているのか、人々の人生に触れるたび、自問自答しながら彼女の瞳の奥にあるものが見えるように、繊細に紡いでいければいいなと思います。素晴らしい役者の皆さんと影響し合い、すてきな作品となるよう、頑張ります」と意気込み。制作陣も「彼女はきっと大人の世代にも若い世代にも、この作品に込められたさまざまな想いを楽しく増幅して届けてくれる」と信頼を寄せている。

 塚原氏は「恋人、夫婦、姉妹、親子。誰もが共感できる、優しい人間ドラマが詰まった原作です。さらに映像ならではのエンタメと個性豊かなキャストの笑いと涙を、丁寧に詰め込みたいと思います」と話している。

 そのほか、健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子が出演する。撮影は関東近辺、都内スタジオを中心に3月10日にクランクインし、4月中旬にクランクアップ予定。

2018-03-09 05:00 

有村架純『コーヒーが冷めないうちに』主演 塚原あゆ子氏が映画監督デビュー 

 
映画『コーヒーが冷めないうちに』主演の有村架純。
no title

(上段左から)林遣都、波瑠、有村架純、健太郎、深水元基(下段左から)松本若菜、吉田羊、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、松重豊
no title

相関図
no title

https://www.oricon.co.jp/news/2107192/full/

【有村架純『コーヒーが冷めないうちに』主演 塚原あゆ子氏が映画監督デビュー】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/28(水) 20:56:39.21 ID:jN9WEHYh0● BE:322453424-2BP(2000)
「私が本当の大人になるための第一歩。新しいものを見つけるには、今を越えなきゃいけないんです」

 有村架純(25)が、南半球のオーストラリアで、“桜色乳首ヌード写真”を極秘撮影していたとの衝撃情報を入手した!
 「25歳の誕生日を迎えたばかりの有村は、5月9日に初のセルフプロデュース写真集(集英社)を発売します。
ロケ地や衣装などを自ら選び、昨年9月初め、ヒロインを務めたNHK朝ドラ『ひよっこ』のクランクアップ後に渡航。約5日間にわたり、メルボルンを拠点に大陸を2000キロも移動しつつの大掛かりな撮影でした」(芸能ライター)

 写真集は「今後も前向きに歩く」「のほほん、と自由に…」というコンセプト。現地で撮影された写真は、なんと約5000枚にも達したという。
 「荒野でたたずむカットや、ショートパンツ姿でうつぶせで寝る姿、ビーチでの水着写真などが収録される見込みです。ただ、約5000枚の中には未収録になる“超お宝写真”が存在するというのです。
朝ドラ終了の開放感と、大好きなオーストラリアに立った興奮が合わさり、“乳首出しカット”を撮影していたと言われています」(芸能関係者)

 有村は昨年大みそか、2年連続で『NHK紅白歌合戦』の紅組司会を務めた。美乳の谷間を生露出するセクシードレスで登場し、お茶の間を震撼させたほど、“エロ成長”していた。
 「有村はもともと“一番美しい時の裸の私を撮ってほしい”と希望していたといい、異国の地で実現した模様です。聞けば、ホテル内でベッドに寝ころんだポーズの流れで、シャツをまくりあげた“ノーブラ裸身”も撮ってもらったらしく、小ぶりな乳首は10代少女並みのきれいな桜色だったといいます。
プライベートビーチでも、ビキニの上を外した手ブラも披露しつつ、わざと手を外し、上半身スッポンポン姿も撮られているといいます」(同)

続きは↓
https://wjn.jp/sp/article/detail/8770366/

no title

【有村架純(25) “桜色乳首ヌード写真” 5000枚wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/13(火) 11:08:50.80 ID:CAP_USER9
女優の有村架純が自らプロデュースを手掛けた写真集(タイトル未定/集英社)の発売が決定した。
25歳の素顔を切り取った本作について、有村は「気楽に、のほほん、と、自由に、撮りました。そして、この写真集を見て、少しでも『今』の私の想いが伝わればいいなと思います」と語っている。

 本作では、撮影内容を有村自らがプロデュース。カメラマンには自分の素の表情を引き出してくれる写真家・川島小鳥を起用し、オーストラリアをロケ地に選んだ。
メルボルンを拠点に、街から広大な自然への旅を、ライブ感たっぷりに撮影し、街頭で、室内で、ビーチで、赤土の大地で、演技するときには見ることのない、有村のプライベート感溢れる解放された表情が切り取られている。
また、リアルな想いを語ったロングインタビューも収録予定だ。

http://www.crank-in.net/entertainment/news/54181 
2018年02月13日 09:00 

有村架純写真集(タイトル未定)は5月9日発売予定。

no title

no title

no title

no title

no title

【有村架純、自身プロデュースの写真集発売決定 25歳の素顔を切り取る】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/05(月) 21:49:08.48 ID:CAP_USER9
有村架純さん、おれんじ鉄道「素敵な気動車」 映画主演
2018年2月5日21時40分 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL254Q7DL25TLTB00H.html

「かぞくいろ」に出演する(左から)桜庭ななみさん、有村架純さん、國村隼さん、歸山竜成さん=鹿児島県出水市
no title


「かぞくいろ」は、有村さんが演じる主人公が若くして夫を亡くし、夫の連れ子である息子を伴って鹿児島の義父を訪ねて血縁のない息子と義父の3人で新たな家族を築いていく物語。会見には義父役の國村(くにむら)隼(じゅん)さんと息子役の歸山(きやま)竜成(りゅうせい)さん、息子の担任役で鹿児島出身の桜庭ななみさんが顔をそろえた。

有村さんは、実年齢とほぼ同じ設定で母親役を演じることを「役柄の幅が少し広がるのをうれしく感じた」といい、等身大で演じたいという主人公の戸惑いや葛藤、奮闘する姿を「見守ってほしい」と語った。

國村さんは2人が来るまで息子の死を知らなかったという親子関係に陰影を持つ役柄。「『ちゃんとした家族』の形を3人で一生懸命模索しながらつくっていく姿は、見る人に何かを伝えられるのではないか」と期待を込めた。

一方、沿線の美しい風景とともに「大役」を果たす肥薩おれんじ鉄道の魅力について、有村さんは「1両だけで人を乗せて静かに進んでいって、乗っていると自分自身とゆっくり向き合う時間ができる。とてもすてきな電車……ではなくて気動車だなと思う」と表現。

桜庭さんは子どものころに転校した友達を訪ねて1人で乗った体験を披露し、年配の女性に優しく声をかけられた思い出から「地元の皆さんの温かさを感じさせてくれる存在」と話した。

撮影は1月のクランクインから相次ぐ寒波の中で進み、地域の女性たちが炊き出しに出てスタッフに温かい食事をふるまったという。吉田康弘監督はそうした協力に感謝の言葉を重ね、「皆さんに愛される映画になるよう、ワンカットも手を抜くことなく丁寧につくっていきたい」と語った。

配給元の松竹によると、映画は年内の公開を予定している。

【有村架純さん、おれんじ鉄道「素敵な気動車」映画主演】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/01/11(木) 13:20:46.52 ID:CAP_USER9
no title

 女優魂が試されるシーンの1つである濡れ場。どれだけ清純派で売り出していた女優でも、この道はいつか通らなければいけないものであるのは確か。

●有村架純

 2017年に印象的だったのは、4月から9月にかけて連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)にヒロインとして出演していた有村架純(24)。同作では田舎から上京してきた素朴なヒロインを演じて大好評を博し、一気に国民的女優にまで上り詰めた。だが、直後の10月に公開された映画『ナラタージュ』では大胆な濡れ場に挑戦。同作では正常位や喘ぎ声も披露し、その女優魂は多くのファンから称賛を受けていた。

 そこで今回は、2017年に大胆な濡れ場を披露した女優達を紹介していこう。


●永野芽郁

no title

画像は、「永野芽郁」公式Twitterより
 まずは、永野芽郁(18)。2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)でヒロインを務めることが決定している清純派若手女優だが、2017年の7月から9月にかけて放送されたドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)で大胆な濡れ場を披露。

 女子高生役として出演した永野は、主人公で男子高生役の窪田正孝(29)と自宅のベッドで身体を重ねることに。服を自分で脱ぐシーンのあとに、背中や鎖骨を大胆に露出した姿をさらけ出すとネット上では歓喜の声が続出。しかし永野はラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)で撮影裏話を語っており、「結構大胆に肌を露出していますけど、服着てます」とのこと。

http://tocana.jp/2018/01/post_15608_entry.html
http://tocana.jp/2018/01/post_15608_entry_2.html


●佐々木希

no title

画像は、「佐々木希」公式Instagramより
 続いては佐々木希(29)。2017年4月にアンジャッシュの渡部健(45)と結婚を発表した新妻の佐々木だが、その直後にHuluオリジナルドラマ『雨が降ると君は優しい』で、セックス依存症の妻役を演じることに。

 役柄的にベッドシーンがかなり多かったが、中には玉山鉄二(37)と裸で抱き合うといったものまでも。佐々木の女優魂を称賛する声が多数あがっていたものの、一方で「ベッドで寝ててもシーツピタッと身体に貼り付けてる。そんな隠したいならこの役やるなよって思う」といった辛辣な感想も。また、ベッドシーンの度に「渡部の顔がちらつく」といった声も少なくなかった。


●今野杏南

no title

画像は、「今野杏南」公式Twitterより
 最後は今野杏南(28)。石原さとみ(31)似のFカップグラビアアイドルとして大活躍し、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)や『ゴッドタン』(テレビ東京系)などのバラエティ番組に出演するなどして人気を上昇させた今野が、なんと10月公開の映画『あゝ、荒野』でバストトップまで晒した。

 もともと女優志望だったという今野は、2017年7月にグラビア卒業を宣言。その決意の現れが今回の大胆な露出につながったそう。つい最近まで第一線で活躍していた人気グラドルのヌードにネット上では「ここ数年の中でも最高のご褒美」「石原さとみと思って見ると超興奮する」といった声が続出していた。

【有村架純、佐々木希… 2017年に大胆な濡れ場を演じた清純派女優たち】の続きを読む