芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

有村架純

1: なまえないよぉ~ 2019/01/04(金) 16:11:38.69 ID:+PcHlTXL0 BE:618588461-PLT(35669)
女優の有村架純さんが1月3日、姉でタレントの有村藍里さんとの2ショット写真をInstagramで公開。
貴重な姉妹ショットにファンからは、「姉妹そろって可愛い」「新年から超お宝写真ありがとうございます」など反響が寄せられています。

【画像】笑顔が際立つ別カット

 「たまにはこんなお写真も」とコメントを添えて、SNSでは初めてとなる姉妹ショットをアップした架純さん。
藍里さんは紫色の浴衣にボブヘア、架純さんは紺色の浴衣に後ろ髪をアップにしたヘアスタイルで優しい笑顔を浮かべており、
こうして並んでみると唇や鼻の形など各パーツがよく似ていることが分かります。さすが姉妹だ。

 お正月は家族で過ごしたそうで、架純さんは「声を大にして言いたいです。
家族、友達、時間を共有してくれて、ありがとう、ありがとう」と心を許せる人たちとの時間に感謝があふれた様子。
藍里さんも姉妹ショットをInstagramにアップしており、「家族と過ごすお正月。幸せな時間」と架純さんとともにお正月を迎えたことを報告しています。


no title

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000020-it_nlab-ent 

【有村架純&藍里の2ショットが可愛すぎてつらい、これお姉ちゃんの方が可愛く見えるんだけどwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/03(木) 18:18:19.01 ID:CAP_USER9
タレントの有村藍里(28歳)が1月3日、自身のInstagramで、妹で女優の有村架純(25歳)とのツーショットを披露。ファンの反響を呼んでいる。

藍里はこの日、「家族と過ごすお正月。幸せな時間」とのコメントと共に、架純とのツーショットを投稿。お正月は家族でゆっくりとしているようで、2人は浴衣姿でリラックスした表情を見せている。

2人が揃った写真は珍しいこともあり、ファンからは「素敵な姉妹!」「美人姉妹」「初めて見た二人がそろって写る姿」「恐るべし有村姉妹」「まさかのツーショット」など、大きな反響を呼んでいる。

2019年1月3日 17時21分 ナリナリドットコム
http://news.livedoor.com/article/detail/15824754/

画像
no title

【有村藍里が妹・架純との写真をインスタに投稿「美人姉妹」と反響wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/19(水) 20:37:51.24 ID:CAP_USER9
『中学聖日記』(TBS系)最終話では、ついに聖(有村架純)と晶(岡田健史)の恋の行方が描かれる。そして、それは人を思いやるという普遍的な行為のあり方も示した。
12月11日に放送された『中学聖日記』第10話で、警察に通報したのは晶の母・愛子(夏川結衣)だった。愛子は聖と晶がいまだに隠れて逢ったことに、気づいていたのだった。

しびれを切らした愛子は聖と晶が出会うことを法の力で禁じる。代理弁護士、賠償金、誓約書……その物々しさはグロテスクですらある。
「自分の気持ちに嘘はつかない」と誓った聖だが法律・契約という壁の前に、晶とは再び引き離される。晶に二度と会わないという誓約書にサインするか否かが『中学聖日記』最終話で聖が迫られる選択だ。

 再び迷うこととなる聖。そんな迷う聖の手をとり、常にクールに導いてきた原口律(吉田羊)が倒れる。律はかつての恋人・勝太郎(町田啓太)の子を妊娠していた。
その事実を聖も、勝太郎も知らなかった。弱みを見せてこなかった律も、一人で悩んでいたのだ。

身ごもった体で仕事に行こうとする律を強い調子で止める聖の姿に、律は「今、産むことにした」とケロッと口にし、迷ってばかりだとこぼしていた聖に語る。
「正解なんかない。わかるわけもない。だから自分自身の正解を探すの。一人で立ってその先に答えがあるって信じてる」。律は、聖より先に大きな決断をしたのだ。

 一方、晶は受験が終わったら聖のことを考えるという愛子の言葉を了承し、受験勉強に励んでいたが、偶然誓約書の話を聞き、激昂。再び聖の家に駆けつける。
「会いたい」と強く訴える晶からの呼びかけに聖は答えなかった。

 翌日、誓約書の提出期限が来る。愛子とその代理弁護士の前に姿を現した聖は、自分を追ってきた晶の姿を見て、母・愛子の気持ちを理解し、
彼を思うなら時間や距離、可能性を与えなければいけなかったと省み、誓約書にサインをする。聖は自らの思いまでも犠牲にする無償の愛を見出したのだ。

そして晶もその思いに答える決意をする。律の携帯電話を借りた晶は「聖ちゃんに幸せになってほしい。だからもう会わない。でもずっと願ってる。幸せにって」と呼びかける。
『中学聖日記』は自分をも犠牲にする無償の愛を「純愛」として描いた。決して結ばれることだけが恋愛の全てではなく、それでも人を想うことはできるのだと『中学聖日記』は訴えている。 

 しかし、この物語はバッドエンドではない。5年後、2人は再び中学生の頃のように出会う。

実は聖が書いた誓約書には間違いがあった。誓約書には平成~年と日付を記入する箇所があったが、
そこには「平成2018年」という文字が。その間違いに気づいていた愛子は作中では描かれていないが、おそらく晶が社会人になった時にその誓約書を晶に手渡したのだろう。

聖と晶の愛に、愛子も理解を示していたのだ。人が本当に人を想う時、どのような決断ができるのか。『中学聖日記』はその答えを教えてくれた。

12/19(水) 13:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181219-00010017-realsound-ent

写真
no title


【有村架純と岡田健史が示した“純愛”の答え『中学聖日記』が伝えた、人を本当に想うこととは? ← なんだこれwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/14(金) 09:59:25.00 ID:CAP_USER9
 中学生と女教師の禁断の恋を描き、放送前は「衝撃の問題作」として話題になっていた有村架純(25)の主演ドラマ「中学聖日記」だが、すっかり視聴率が伸び悩んでしまった。

 初回はなんと6・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)という低視聴率でスタート。以後、5%台を記録する回もあったものの、第9話で最高の7・8%を記録。しかし、11日放送の第10話は7・3%にダウン。結局“低空飛行”のまま18日の最終回を迎えることになってしまったのだ。

「相手役の岡田健史はイケメンですが演技経験ゼロのド素人で知名度ゼロ。相手役選びも低視聴率の原因でしょう。そして、やはり有村の“出し惜しみ”が数字が取れなかった一番大きな原因でしょうね」(テレビ局関係者)

 昨年公開のヒロイン役をつとめた映画「ナラタージュ」では自身のキャリアで最も激しい濡れ場を演じた有村。徐々に“大人の女優”にステップアップしているだけに、テレビで限界ギリギリのラブシーンを期待したかったところだが…。

「結局、キス止まりで男性視聴者をガッカリさせてしまいました。せめて、“両刀”役の吉田羊とのレズシーンでもあれば多少は視聴率アップにつながったはずだが、それもなかった。ドラマの低視聴率が影響してか、先月公開の主演映画『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』は興行収入がまったく伸びず。有村の所属事務所もいつまでも過保護だと有村が成長できません」(芸能記者)

 インスタでアップした“美ボディ”の写真が話題になっている有村だけに、思いっきりさらけ出してほしいものだ。
https://wjn.jp/article/detail/6540246/
no title

【“出し惜しみ”で主演ドラマの数字が伸びなかった有村架純 ← なんか違うwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/08(土) 10:23:40.37 ID:CAP_USER9
女優の有村架純(25)が5日、自身のインスタグラムを更新。主演を務めるドラマ『中学聖日記』(TBS系)で共演中の俳優・岡田健史(19)との2ショット写真を公開した。

有村は先日もドラマの公式インスタグラムで岡田との2ショットを披露し、ファンからは「本当にお似合い!」と反響が寄せられたばかり。
今回は「中学聖日記公式Instagramとは、別ショットです。良い天気だったなぁ。シャボン玉の演出付き。#中学聖日記」とつづり、後ろ姿の2ショット写真を公開した。

同作では生徒役の岡田と禁断の恋に落ちる教師役を演じている有村。そのため、コメント欄には「お似合いすぎます。。もう付き合ってください、、!」
「リアルなカップルみたいですね」「えーもう付き合ってください!!全力で応援するよ!お似合いすぎて胸が苦しい!」
「いい写真!やっぱ2人お似合いです!」「ホントお似合い!身長差もいい感じ!」などのコメントが飛びかっている。
ファンから「付き合うべき」と言われるほどお似合いの2人。ドラマの今後の展開からも目が離せない

http://dailynewsonline.jp/article/1599293/
2018.12.08 09:06 デイリーニュースオンライン

no title

【有村架純、中学聖日記・岡田健史との2ショットに「もう付き合べき」の声】の続きを読む