芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

有吉弘行

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/07/26(金) 12:49:23.11
タレントのマツコ・デラックスとお笑い芸人の有吉弘行が、「ヤバい」と感じるタレントについて語り合った。ネット上では、「誰のこと?」と話題になっている。

7月24日放送のテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、「今の時代に売れる人」についてマツコと有吉が語った。マツコは、「食い気味にいかない人のほうが仕事している気がする」「暑苦しいじゃん」と、野心を前面に出さないタレントが最終的には成功を収めるとの私見を述べた。有吉も、大所帯のアイドルグループを例に挙げて、「内部の競争が激しいから、結局前に出るキャラで行くんだけど、いざ来てみると『あれ?』っていうね。難しいよね」とコメント。グイグイ前に出ながらも大ブレークを果たしたタレントの指原莉乃を「トラブルが生んだ奇跡」と評した。

また有吉は、「CMでしか見ないタレントってヤバいとき多いよね」と持論を展開。「めちゃめちゃつまんないとか、めちゃめちゃ何にもないやつが多い」と言い放つと、マツコも心当たりがあるのか、「それをやれてるってことは、政治力だけはすごいのよね」と同意。さらに「若手の俳優さんで最近多いよね。なんかドラマ1回くらいしか出てなくて、あと最後にチューするだけの映画出てバンバンCM出て」と続けた。なんだか具体的な2人の意見に、ネット上では、「一体誰のこと?」と気になった視聴者の声が相次いだ。

https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/634817/ 
2019/07/25 16:15 

no title

【マツコ&有吉が"ヤバいタレント"の特徴語る、この2人は話題作りがうまいよねwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/07/11(木) 12:12:33.99
お笑い芸人・有吉弘行(45)がメインMCを務める日本テレビ系バラエティー番組「超問クイズ!」(金曜午後7時56分)が、9月いっぱいで打ち切りになることが9日、分かった。有吉は今年4月、NHKと民放キー局5局すべてで冠番組を持つ“全局制覇”を達成。地上波レギュラーを12本も持つことになったが、同番組の終了は有吉なりの「働き方改革」につながりそうだ。

今年4月からNHK総合でレギュラー番組「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」(土曜午後8時15分)を持った有吉。自身の名前が番組名の一部になることを「冠番組」と呼ぶが、「――カネオくん」がレギュラー化したことにより、有吉はNHKと民放キー局5局すべてで冠番組を持つ快挙を達成した。「有吉」の名は、もはやブランドと化している。

現在の地上波レギュラー番組は驚異の12本(不定期放送番組を除く)。冠番組は9本だ。レギュラー番組は月~日曜まですべての曜日にあり、文字通り「テレビで有吉の顔を見ない日はない」。

過去には「年収5億円」と報じられたこともあるだけに、最近のお笑い界で何かと話題になっている闇営業とは当然、無縁だろう。そうした中で日テレの「超問クイズ!」の終了が、このほど決定したという。

「視聴率は10%近くを推移していて悪くはない。ただ、日テレは裏番組の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に対抗するため、『超問――』を終わらせて新番組をぶつけたいようだ」(テレビ局関係者)

日テレは「超問――」をテコ入れしてテレ朝を迎え撃つ構え。後継番組は引き続きバラエティーになる予定だが、有吉は起用されないという。こうした状況から「とうとう有吉時代も終わるのか?」とみられてもおかしくないが、実際はそうとは言えなさそう。レギュラー番組の打ち切りは決して喜べるものではないが、こと有吉に限ってはダメージは少ない。むしろ“渡りに船”かもしれないという。

「12本も地上波レギュラー番組を抱えて本物の超売れっ子だけど、さすがに忙しすぎる(苦笑)。担当マネジャーも音を上げているようだ。番組サイドの終了通達に、有吉の事務所サイドもホッとした面があるのでは?」(制作会社関係者)

全文はソースでご覧ください

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1466727/ 
2019年07月11日 11時00分 
9b5ce2

【日テレ、有吉MC番組「超問クイズ!」9月打ち切りも超売れっ子にダメージなし】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/07/07(日) 13:17:10.98
1992年にスタートし、平成を代表する伝説的番組『進め!電波少年』(日本テレビ系)は、猿岩石のユーラシア大陸横断ヒッチハイクをはじめ、数多くの人気企画を生み出した。その演出・プロデューサーを務めたのがT部長こと土屋敏男(62)だ。

元猿岩石の有吉弘行(45)は、いまや何本も番組MCを務める、超売れっ子芸人だ。そこで、当時の有吉はどんな芸人だったのか、土屋プロデューサーに聞いた。

――ユーラシア大陸横断ヒッチハイク当時(1996年)の有吉弘行さんの、芸人としての能力はどう感じてましたか?

土屋 ゼロ。ゼロですよ。

――そうなんですか?

土屋 ただスケジュールが空いてたってだけだからね。

――ではヒッチハイクが始まってからの有吉さんの印象は?

土屋 ヒッチハイクは視聴者から愛されるようにしないといけないから。VTRの編集のときに「態度悪いな」と思ったところを、全部編集で切らないといけないから、「めんどくせーな」と思ってました。だから今のキャラは、その当時からありましたよ。

――毒舌キャラは、ヒッチハイクの旅にはいらなかったんですね。

土屋 そうそう。最初は使えるところが少なくて。たばこを吸いながらヒッチハイクしてるし。でもそのうち、愚痴も出なくなったね。

 本当に食えないから、食えるためだったら、丸坊主だろうが何だろうがやる状態になってくると、だんだんピュアな、きれいな目になってきて。態度もよくなってきたから、使うところも増えました(笑)。

――どのあたりで有吉さんの面白さに気づきましたか?

土屋 いや、最後まで気がつかなかったです。ヒッチハイクから帰って来て、西武球場で単独ライブをやったんですよ。それが面白くなくて、お客さん全員が帰ったからね。それから1年間いろんなテレビに出たけど、結果を残せなくて。どんどんテレビの仕事がなくなって、歌も売れなくなって、その後、3年間仕事がゼロだから。

――そういう時期があったって、ご本人も言ってましたね。

土屋 そこから『内村プロデュース』(テレビ朝日系)のネコ男爵というキャラで出てきて。そこは俺は関係ないから、だから有吉には恨まれてるの。

――有吉さんが再ブレークしてから共演されてますよね。

土屋 俺のあだ名をつけるっていうので。「出たがり豚野郎」だったかな。

――土屋さんの前で言いづらいですが、有吉さん、さすがですね(笑)。有吉さんは人気が落ちたときに、土屋さんが助けてくれなくて恨んでるような発言をしてませんでしたか?

土屋 そうそう。ヒッチハイクに行かせたことを恨んでるんじゃなくて、人気が落ちた後に、なんの援助もしなかったことを恨んでるんですよ。そんなの知らないよね。

 西武球場で別れたときに「お前らは今面白くないから、このまま売れるってことは絶対にないよ。お前らが本当にお笑い芸人になりたくて続けていたら、10年後に会おう」って言ったんだから。

――10年後と言えば、くしくも有吉さんが『アメトーーク!』
(テレビ朝日系)で品川(祐)さんのことを「おしゃべりクソ野郎」と呼び、再ブレークのきっかけになった時期ですよ。

土屋 また這い上がって来て、一個一個の仕事をすごい丁寧にやるようになったわけじゃない。それで今の位置になった。それはすごいなと。

 なんですごいかっていうと、俺は有吉を上の位置まで持っていったわけじゃない。でも底に落ちて、ツラいわけですよ。ずっと売れない奴は底にいてもツラくないわけ。有吉は一回上に行ったからツラいわけ。

 一回上に行った経験がなければ、落ちたときに頑張んない。俺が上まで持っていったから、また上まで行けたということを、有吉はわかってない。だから、まだまだだよ(笑)。

――今の有吉さんがあるのは土屋さんのおかげということですね(笑)。

土屋 まぁね(笑)。

https://news.livedoor.com/topics/detail/16735789/ 
001_size6

【有吉弘行は芸人としての能力ゼロ「電波少年」プロデューサーが語る当時】の続きを読む

i9Q65

1: なまえないよぉ~ 2019/05/10(金) 11:43:36.51 ID:A4EZpBMR9
お笑い芸人の有吉弘行(44)とタレントのマツコ・デラックス(46)が8日深夜放送のテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(水曜後11・15)に出演。「芸能界の頂点」について語った。

2人は「芸能界の頂点」をテーマにトークを展開。有吉が「(自分は)ここから努力しても何者にもならない気がする」と切り込むと、マツコも同意し「(若いころは)ガムシャラにやる時期があって、その先に違うステージがある。今はそのステージがないのよ」と自身の立ち位置を説明。「需要がなくなったら終わるの」と続けた。

有吉も「ここからもう一段階(ステージが)上がるって感じじゃない」と共感しつつ、「かと言って、急に戻って皆に交じって、リアクションや熱湯でも入れとかも違う」とひな壇芸人には戻れない現状に苦笑。マツコも「もうイスはないよね。今そこで必死にやってる人がいる」と熱弁した。

進行の久保田直子アナ(37)からあらためて「この先は…」と質問されると、2人は声をそろえて「ない」と断言。マツコは「私と有吉さんと坂上忍はね、身を粉にして働いてその先がない」と答えた。久保田アナが「それって(芸能界の頂点に)登り詰めたと言っていい?」と聞くと、2人ともあらためて否定。マツコは「物分かりの悪い女ね。登り詰める先がないのよ」と言い放っていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/10/kiji/20190510s00041000157000c.html 
2019年5月10日 09:56 

【マツコ&有吉「自分たちには先がない」「需要がなくなったら終わる」坂上忍もwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/04/26(金) 10:55:46.85 ID:e/k7BU5Q9
4月24日に放送されたテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に出演した有吉弘行とマツコ・デラックスが朝のテレビ番組で放送される占いコーナーについて語った。

番組では、“芸能人の様々なランキングを作成する際のアンケートに答えてみたい”というメールが寄せられ、これをもとに2人がトークを展開した。

その中で、マツコが「同じテレビを作ってる仲間だからあんまり言いたくないんだけどさ」と前置きをして「私、朝から占いするのってどうかと思うよ」と切り出した。これに有吉も「まぁね。毎朝占いやってるやつもう疲れてるよ」と発言し、スタジオは笑いに包まれた。

続けてマツコは「あれもうやめよ、もうそろそろ。変なジャンケンとかさ。なんとかレースとかやって動物がこうやって走ったりして、『タヌキが1位になったら何々』とかやってるじゃない、なんか。もうやめよ。ああいう子供だまし」と言うと、有吉は「手相の島田が『毎日の占いはインチキだ』って言ってた」と手相占いで知られる島田秀平の言葉を明かし、マツコは「そこで実名はかわいそうよ!」とツッコミを入れるも、有吉は「言ってやったぞ!島田」とカメラに投げかけ笑顔を見せた。

2019年4月26日 7時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16375367/

【<マツコ>“毎朝の占い”に持論展開!】の続きを読む