芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

月9

1: なまえないよぉ~ 2017/07/24(月) 06:13:03.99 ID:CAP_USER9
 「ミスセブンティーン2016」でグランプリに輝いた新人モデル、田鍋梨々花(13)が、フジテレビ系月9ドラマ「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」(月曜後9・0)で女優デビューすることが23日、分かった。

 ドクターヘリをテーマに、医師や看護師の活躍を描く人気シリーズ第3弾。田鍋は脳に病気を抱える天才ピアニスト役で、24日放送の第2話から登場する。

 オーディションで「特別な魅力を持った美少女」(制作側)と抜てき。主演の山下智久(32)扮する脳外科医に、医師としての正しい判断とは何かを突きつける重要な役どころだ。

 昨年10月から「Seventeen」の現役最年少専属モデルとして活躍する田鍋は、美少女中学生として人気上昇中。演技もピアノも未経験だったが、撮影に向けてピアノを猛特訓。「空いている時間はずっと鍵盤を触っていました」とストイックに役作りに励み、わずか3カ月で弾けるまでに成長した。

 このほど行われた撮影では演奏シーンも成功し、「思い切って弾くと感情も自然と出てくるので、今後もいろいろな場面でこの経験を生かしていきたい」と笑顔。目標の女優には表情が豊かな波瑠(26)を挙げ、「見ている人が感情移入できる女優さんになりたい」と飛躍を誓う。

 ドラマは初回平均視聴率が16・3%と好発進。フレッシュな女優の卵の登場で、さらに話題を集めそうだ。

田鍋梨々花(たなべ・りりか)
 2003(平成15)年12月24日生まれ、13歳。千葉県出身。保育園のころにモデルに憧れる。小学5年のときに山本美月(26)らが所属する芸能事務所にスカウトされ、芸能界入り。「ミスセブンティーン2016」で6103人の中からグランプリに輝いた。DHC「薬用アクネコントロール」のCMに出演中。特技は和太鼓。趣味はカエルグッズ集め、絆創膏集め。1メートル62。

2017.7.24 05:04
http://www.sanspo.com/geino/news/20170724/geo17072405040004-n1.html
no title

no title

no title

no title

【“美少女中学生”田鍋梨々花、月9で女優デビュー!天才ピアニスト役】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/21(金) 06:23:05.90 ID:CAP_USER9
 篠原涼子(43)が新米市会議員役を務め、市政や社会の悪と対決するフジテレビの10月期の“月9”ドラマのタイトルとの新キャストが21日、同局から発表された。

 タイトルは「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」で、新たに古田新太(51)、前田敦子(26)、千葉雄大(28)、余貴美子(61)、田中圭(33)らの出演が発表された。

 古田は月9ドラマ初レギュラー、市議会のドン・犬崎和久を演じ、前田と千葉は篠原と同期議員、余演じる河原田晶子は、クリーンなイメージと洗練された魅力で圧倒的な人気を誇る市長役となる。

 「民衆の敵―」のタイトルについてプロデュースを担当する同局の草ヶ谷大輔氏は「“民衆の敵”とは、日々の生活の中に潜む“しあわせを阻害する社会問題や政治システム”を指します。学歴なし、政治知識も経験もない、素人であるママさん議員の篠原さん演じる佐藤智子は毎回さまざまな“民衆の敵”に直面し、視聴者の代弁者となって、世の中のおかしなことと戦っていきます」とコメント、新キャストについては「一癖も二癖もあるキャストには、古田さんをはじめ、確かな実力を持つ豪華な方々に集まっていただきました」と期待を寄せている。

no title

10月期のフジテレビ月9ドラマに出演する(左から)余貴美子、前田敦子、古田新太、千葉雄大、田中圭


[ 2017年7月21日 05:45 ]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/21/kiji/20170721s00041000113000c.html

【フジ10月期、月9タイトルは「民衆の敵」、自虐か?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/12(月) 23:14:39.36 ID:CAP_USER9
相変わらず視聴率の低迷を打開できない続くフジテレビだが、10月クールの月9ドラマで女優の篠原涼子(43)が主演をつとめると発表された。
 
ドラマのタイトルは未定だというが、篠原が演じるのは議員報酬目当てで市議選に立候補したフツーの主婦。そんな主婦が魑魅魍魎の政界に飛び込み、市政にはびこる悪や待機児童など多くの社会問題を素人&女性目線でぶった斬る“痛快市政エンターテインメント作品”になるという。
 
「共演は、いずれもドラマにひぱりだこの高橋一生(36)と石田ゆり子(47)。テイスト的には、“仕事はできるけど型破りな派遣社員”を篠原が演じた『ハケンの品格』(日本テレビ系)。同ドラマは、全話の平均視聴率20.2%を記録。篠原にとってのハマリ役となったが、今回も明るく楽しく政界の裏事情を描くことになりそうです」(フジテレビ関係者)
 
篠原といえば俳優の市村正親(68)を夫に持ち、2児の子育てをしながら女優業を両立させている。また市村は14年に胃がんの手術を乗り越え、仕事に復帰している。市村をサポートするため、現在は仕事をセーブ気味の篠原だが……。
 
「月9の4月クールは嵐の相葉雅紀(34)、7月クールは山下智久(32)が主演。今や月9は視聴率が取れなくなっており、テコ入れできそうな俳優・女優は多くありません。そんななか篠原さんは『アンフェア』シリーズでフジへの“貢献度”が高い女優として知られています。女性の支持が高くスポンサー受けがいい彼女に、フジも白羽の矢を立てることになったそうです」(大手芸能プロ関係者)
 
フジは6月の株主総会を経て社長が交代するが、いまだに視聴率低迷打開のプラン提示はなし。
 
「局内では早くも『篠原のドラマがコケたら打つ手なし』ともっぱらのうわさ。奇しくも篠原は、社運を背負わされたかのような形になっています」(先のフジ関係者)
 
とはいえこの逆境で高視聴率を獲得すれば、各局から引く手あまたになりそうだ。


投稿日: 2017年06月12日 19:00 JST
https://jisin.jp/serial/%E3%A8%E3%B3%E3%BF%E3%A1/%E3%A8%E3%B3%E3%BF%E3%A1/29285
no title

【篠原涼子 月9主演決定にあった“崖っぷち”フジテレビの本音】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/08(木) 05:10:46.34 ID:CAP_USER9
女優の篠原涼子(43)が10月期のフジテレビ系月9ドラマ(タイトル未定、月曜、後9・00)に初主演し、新人女性市議会議員を演じることが7日、分かった。月9への出演は2010年春の「月の恋人~Moon Lovers~」以来、7年5カ月ぶり。今作は同局の連続ドラマとして、初めて女性を中心に政界が描かれる。

 フジ系の主演連ドラ「アンフェア」「ラスト・シンデレラ」で平均視聴率15%台を記録した篠原は、近年数字が伸び悩んでいる同枠での初主演に、「プレッシャーでいっぱいですが、周りの皆様に力をお借りして、楽しい作品にしたい」と意気込んでいる。

 今作は、夫と保育園に通う子供との3人暮らしの中卒新米ママ・佐藤智子(篠原)が、高額収入を求めて市議に立候補。無所属新人の智子候補は「しあわせになろうね!」をキャッチコピーに市民の不満に寄り添い、社会問題に立ち向かう。

 2児の母で女優としても精力的に活動する篠原の姿が、役にピッタリと起用された。自身のキャッチコピーは「楽しくやろうよ!」という明るい性格の篠原は、選挙報道を見るなど役作りに励んでおり「この役を通して、皆さまの代弁者になれたらいいな」と7月上旬のクランクインを待ちわびた。

 俳優・高橋一生(36)が選挙戦のライバル役に決まり、女優・石田ゆり子(47)は保育園のママ友役として智子をサポートする。
(以下略、全文はソースをご覧ください。)


月9初主演で新米女性市議を演じる篠原涼子ら
no title

no title

no title

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/08/0010263655.shtml

【篠原涼子 新人女性市議役でフジ「月9」初主演 ママ友役に石田ゆり子】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/30(火) 22:00:13.35 ID:CAP_USER9
5月26日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系)にて、女優・清水富美加(現・千眼美子)の独占インタビューが放送された。清水は幸福の科学での出家や今後の意気込みについて語っていたが、その舞台裏についてテレビ局関係者が耳打ちする。

「フジサンケイグループと幸福の科学は以前から良好な関係を保っていると言われている。5月23日には同グループの産経新聞でも清水がインタビューに応じており、両者の接近は明らか。フジ側としても視聴率の期待できる清水サイドとの関係は、視聴率低迷のなかでは有り難いコネクションだろう」

当の清水は映画やバラエティ番組への出演に意欲を見せていたが、大手芸能事務所とケンカ別れした彼女を使いたがるテレビ局はそうないはず。それゆえフジテレビは清水をなかば独占的に起用できるわけで、舞台裏ではこんな話も流れているという。

「今の清水なら話題性は十分だし、そもそも演技力の評価はかなり高いので、凋落著しいドラマにとっては願ってもない人材。しかも10月期の月9ドラマは木村拓哉の主演プランが飛んだばかりなので、そこに清水を出演させれば大きな反響を呼ぶことは間違いない」(前出・テレビ局関係者)

まさかの「月9で復帰」が実現するのか。清水の将来は意外と、前途洋々なのかもしれない。(浦山信一)

http://asajo.jp/30337

フジテレビ

【フジテレビ、清水富美加を「月9起用」の起死回生プラン!?】の続きを読む