芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

月曜から夜ふかし

    このエントリーをはてなブックマークに追加
873

1: なまえないよぉ~ 2018/11/27(火) 11:11:29.59 ID:CAP_USER9
27日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で放送された「関西弁に関する自由研究」が物議を醸している。

特集のきっかけは、以前マツコが「関西の若い子は実際全然関西弁じゃない。標準語を話す人が多い。東京にいる関西人と現地では物凄い隔たりができている」と自説を披露したこと。これを受け番組は実際に関西で調査を実施することに。

関西弁の代名詞というべき大阪流の挨拶「おおきに」を若者に使用しているか聞くと、「言わない」「言ったことがない」「村上くんがライブで言ってるだけ」などの厳しい指摘が。

そこで番組は「村上に教えておきたい今はもう使わない関西弁」を特集することに。

まず指摘されたのは「~かて」という言葉。「ガンガン行ったで俺かて」というような意味で用いられるが、関西の女性に聞くと「それ村上、村上節」「~かて言わんくない?」と一笑に付す。

次は、「~てまう」。例題として「笑てまう」が挙げられ使っているかを聞くが、女性たちは「笑てまうはいわん」「笑った」「ウケる」を使うと口を揃える。

そして高校生と思われる女性は「母親から大阪弁は汚いから使うの止めてと言われている」と衝撃の告白をした。

さらに「~ちゃうの」も「~じゃないん?」を使う、「ほいで」は「おっちゃん。ゴリゴリの関西弁で恥ずかしい」と関西の若い女性はバッサリ。

「~やさかい」は気持ち悪い、「かまへん」も「いいよ、いいよ」で言わないと断言する。また関西の若者はSNSなどではすべて標準語を用いるのだという。やはり関西弁は薄れつつある様子。一連の研究を見た村上信五は少々ショックを受けたようで、「ちょっとビックリしたわ。あそこまで。俺の関西弁なんて死語なんや」とコメント。マツコは「あんたは最後の砦かもな」と私見を述べた。

若者は関西弁を使わないと特集した『夜ふかし』だが、ネットの関西住民からは「使っている」とのツッコミが殺到している。
中略

今回インタビューを受けたのは全て若い女性。少々怖いイメージのある関西弁は「女性のかわいさを損なう」マイナスイメージを持つ人もいるだけに、そのような言葉を発することに抵抗を持っているのかもしれない。

https://sirabee.com/2018/11/27/20161893302/ 
2018/11/27 07:30 


【『月曜から夜ふかし』今はもう使わない関西弁特集に反論相次ぐ 「若い女性だけでは?」との指摘もwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
873

1: なまえないよぉ~ 2018/11/01(木) 16:36:08.06 ID:CAP_USER9
マツコが村上信五に「何言ってるんだブス!」納豆のタレで激論
 マツコ・デラックスと関ジャニ∞の村上信五が、10月29日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で「納豆のタレ」について激論を戦わせた。

「納豆のタレをかき混ぜる前か後に入れるか」で、村上は「前派」と語り、観覧客も8割ほどが「前派」だった。だがマツコは「最初に入れるとネバネバが少なくなる」と「後派」を主張。

 番組ではウェブ・Jタウンネットの調べで、全国的には「前が56.5%、後が43.5%」と「前派」が多いと発表。全国納豆共同組合連合会によると「タレを入れないで混ぜた方が粘りが出て旨味を感じやすい」と「後」を推奨しており、マツコは「ホラ! ホラ!」と勝ち誇った顔だった。

 さらに村上は「納豆ご飯」について、「納豆を混ぜる前に(ご飯に)乗っけてタレをかけてから混ぜる」と熱弁する。するとマツコは「何言ってるんだブス!」とマジギレ。「信じられない。(納豆を)容器で混ぜてから(ご飯に)入れるでしょ!」と怒りが収まらない様子だった。

 村上は「卵かけご飯の要領だった」と言い出すが、マツコは「卵かけご飯だって、といてから入れる」と反論。村上は「戦争や戦争や!」と両者の意見は真っ向から対立する。

 観覧客に問うと、卵かけご飯を「直接ご飯にかける」と「といてから入れる」が半々。その結果にマツコは「なんてさもしい人間たちなの」と悲しい顔。

 村上は「黄身が多めにいきたい」とあえて混ぜきらない方がいいと言い出す。だが、マツコは「それだと、ヌルって一気に白身が入ってくる。あれがダメなの」とあくまで完全に混ぜてから食べたい様子だった。

 地方によっても食べ方が異なる納豆や卵かけご飯。個人の好きな方法で食べればいいだけなのだが、身近すぎて、なかなか人には譲れない一線があるようだ。

11/1(木) 16:01配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00010008-flash-ent 
no title

マツコが村上信五に「何言ってるんだブス!」納豆のタレで激論 
Copyright (C) 2018 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.  【【月曜から夜ふかし】マツコ、村上信五と納豆のタレで激論 後派のマツコ「何言ってるんだブス!」wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
873

1: なまえないよぉ~ 2018/07/31(火) 20:05:58.49 ID:CAP_USER9
30日放送の関ジャニ∞村上信五とマツコ・デラックスがMCを務めるバラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系、月曜よる11時59分)にて、「滑舌が悪すぎる」キャラクターとして人気を集める“フェフ姉さん”の友人、“多田さん”が整形を告白した。

番組冒頭、全国のフェスを紹介する「全国フェフニュース」のVTRに登場したフェフ姉さんと多田さん。「何か変わったことありました?」とスタッフにたずねられた多田さんは、「整形しました」とストレートに告白した。

スタッフが驚きつつ「“プチ“みたいな?」と聞くと、「いや、ガチ」と多田さん。「あんまり変わってな気がしますけど…」と言われた多田さんは、鼻筋を触りつつ「もう入ってます」と明かした。

「割とサラっというの?今の子達って」とたずねられると、フェフ姉さんも「じゃないですかね」と回答。VTR後にはマツコが「こうなったら多田さんがどんどん別人になっていくのを楽しめるかも知れないわね」と話し、村上も「一回やったらちょっと気になりだすって言うやんか」とコメントした。

多田さんは実際に自身のInstagramにて5月5日、「残酷な天使のプロテーゼ入れてみた」「#小鼻も切った」と鼻の整形を報告し、ビフォー・アフター写真も公開。

約2ヶ月後の7月4日には「#多田とうとうやります #目頭切開 #目尻切開」と目の整形も告白した。家族には報告済みとのことで、「#整形とかありえない #と言ってた姉 #私やったよって言ったら #その辺さっさと詳しく教えろと #即レス #光の速さで長年の意見チェンジ」と明かしている。(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1783171 
2018.07.31 18:58 

no title

no title

no title

【「月曜から夜ふかし」多田さん、鼻&目の整形告白 ビフォー・アフターも公開wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
873

1: なまえないよぉ~ 2018/07/03(火) 18:57:43.93 ID:CAP_USER9
2日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、「言われてみれば見たことのないものを調査した件 Part24」と題するVTRがオンエアされた。

この中で「名曲コンプライアンスチェック」なる調査が行われ、往年のヒット曲で歌われている歌詞を法的に検証し、現代のコンプライアンスについて学んでいく。

■名曲の歌詞はセクハラの宝庫
菊地幸夫弁護士の見解によれば、歌詞の内容をそのまま職場で部下などに発言した場合、セクハラやパワハラに該当する可能性のあるフレーズが多数あるという。

最初のサンプルはオフコース『Yes-No』(作詞:小田和正/1980年)。「君を抱いていいの/好きになってもいいの」という一節が「セクハラですね、完全にアウトです」とのこと。

加山雄三『お嫁においで』(作詞:岩谷時子/1966年)では、「舟が見えたなら/ぬれた身体で駈けてこい」の部分が「海で水着になることを強要した場合パワハラになる。任意であればセーフ」だという。

さらに黒沢年男『時には娼婦のように』(作詞:なかにし礼/1978年)は、「時には娼婦のように/淫らな女になりな」という表現が売春防止法に引っかかる。

■パワハラもはびこる
伊東ゆかり『小指の想い出』(作詞:有馬三恵子/1967年)の「あなたがかんだ/小指が痛い」には暴行罪が適用される。仮に皮下出血などに至った場合は、傷害罪に当たる可能性もある。

沢田研二『カサブランカ・ダンディ』(作詞:阿久悠/1979年)の「ききわけのない女の頬を/ひとつふたつはりたおして」は「どんな場面でもダメです」と一刀両断。ただしそういうプレイであれば許容範囲だという。

和田アキ子『あの鐘を鳴らすのはあなた』(作詞:阿久悠/1972年)においては、「町は今眠りの中」という状況で「あの鐘を鳴らす」のは軽犯罪法違反となる。そんな行為を他人に要求するのは犯罪の教唆に当たるという。

■その他の犯罪や制裁対象も追及
ゆず『夏色』(作詞:北川悠仁/1998年)の「君を自転車の後ろに乗せて」は公道であれば道路交通法違反、「ブレーキいっぱい握りしめて/ゆっくりゆっくり下ってく」は整備不良の疑いがある。

弘田三枝子『砂に消えた涙』(日本語詞:漣健児/1964年)の「私は砂の中に/愛の形見をみんなうずめて」は不法投棄、さらに「いつわりのプレゼント」というフレーズには結婚詐欺の可能性もあるとした。

槇原敬之『もう恋なんてしない』(作詞:槇原敬之/1992年)には「君あての郵便が/ポストに届いているうちは」という一節があるが、転居して14日以内に住民票を移さない場合は過料が課されることになる。

以上のように菊地弁護士が9曲にわたって法的な解釈を施すと、MCのマツコ・デラックスはこの不毛な企画に「今日、全部これだけで良かったのに」と最大級の賛辞を贈った。

■歌詞の意味は重要視されている
しらべぇ編集部の調査によれば、「歌詞の意味がいい曲が好き」と考えている人が非常に多いことが分かっている。とくに60代以上の女性では88.0%と、9割に迫る勢いだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

このことは戦後日本におけるヒット曲の傾向を見ても明らかであり、一般人はリズムやビート感、コード進行の妙、サウンドの美しさなどにはあまり関心がない。近年では、メロディさえもが軽視されてきている。

たとえ音楽的に質の低い楽曲であっても、歌詞の内容が大衆に刺さればヒット曲になりやすい。これは何も日本に限った話ではないが、日本はとくにその傾向が顕著だと言える。

歌詞の意味だけを重視するのであれば、別にそれが「音楽」である必然性はどこにもない。理論的にはそう考えることができるものの、理屈通りに行かないのもまた世の中というものだ。
https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161694219/

【オフコースのヒット曲にセクハラ疑惑? 現役弁護士が歌詞を徹底検証】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
873

1: なまえないよぉ~ 2018/06/19(火) 08:52:03.96 ID:2HlrK9+X0● BE:887141976-PLT(16001)
6月18日に放送された『月曜から夜ふかし(日本テレビ系)』にて「秋田のストレス問題」が扱われた。
その中で秋田の女性が合コンしている場面での発言が話題になっている。

秋田女性の発言は「秋田の男は百発百中、首を絞めてくる」というもの。首を絞めるタイミングは行為最中とかで、
どんな相手でも首を絞めてくるという。

しかし知り合いの秋田出身の人物にこの件を聞いて見たところ「聞いたこと無い。若い人だちだけじゃない?」と語る。

ツイッターでもこの秋田の絞めを信じてしまっており「秋田では首絞めックスがデフォルトなの・・・」、
「まじかよ 秋田の男は百発百中で首絞めするの?」、「秋田の男は行為中は首絞めックスをするらしい」という
ツイートが投稿されている。

しかし秋田の人曰く「こんなの普通でも無いし百発百中でもない。この人達の周りだけでしょ」とのこと。
もしくは秋田の若い人の間で流行っている行為なのだろうか?

それでも秋田の男性全員が行っていると思われてしまっているが良いのだろうか?

http://gogotsu.com/archives/40849
no title

no title

no title

【月曜から夜ふかし「秋田の男はSEX中に首を絞める」発言→「聞いたこと無い。周りだけだろ」と指摘wwwwwwww】の続きを読む