芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

最終回

OBLZOqp

1: なまえないよぉ~ 2019/04/03(水) 11:26:53.26 ID:B6i1Xvlf9
女優の剛力彩芽がパーソナリティを務めるニッポン放送「剛力彩芽 スマイルS2スマイル」が3月29日、最終回を迎えた。

番組冒頭で剛力は、「この日を迎えることになりました。実感は湧いてないですよ、正直な話。でも最終回ですから、思い残すことがないようすべてを語り尽くしたい」と最終回を迎えての意気込みを語った。

番組を聴いていたという芸能ライターは「剛力の口調は終始冷静でしたね、通常通り。感極まったり涙声になったりという感じはなかったですね」と印象を述べ、番組での剛力の様子を振り返る。

「剛力は続いて現在置かれている状況を、『この番組だから言える話ですけど、色んなものが今、終わってきていて、今までやらせていただいてたものが…』と、
CMだったりテレビ番組だったりが、次々終了していく現状を語りました。その時はちょっと寂しそうな、不甲斐なさを悔やんでいるようなニュアンスが感じられなくもなかったですね。
ただ、剛力は『今回の終わりをただの終わりってのにはしたくない。ここからまた新たなスタートを切れたらいいなと思いますよ。
まったくこの仕事辞める気ないですから』と、ニュースで今後のことを心配されている点に触れていました。
その上で、『お芝居が好き、表現することが好き』と強調し、30歳までに代表作的なものを作りたいと意気込んでいました」

この所信表明に対し、ネット上では「辞める気ないと言われても求められてませんから」「表現できる場はほとんどないでしょう」
「やる気だけはあるようですが、だったらなぜ炎上するような言動をしたのか」などの辛辣な反応が出てしまっている。

「やはりその原因は、言わずもがな『ZOZO』の前澤友作社長との交際、その発信の仕方に反感を持たれてしまったことでしょうね。
26歳の女性である剛力に、男性と交際するなとは誰も言えないハズですが、大富豪との“浮かれた交際”を発信してしまったら、世間がどのような反応をするのかは、想像しないといけなかった。
この交際以前、剛力に対して起きていた『ゴリ押し』というバッシングのときには、世間の悪評に反して、彼女を支持する業界の声は多かったと記憶しています。
事実、礼儀や人当たりの良さに“業界内ファン”はたくさんいました」(前出・芸能ライター)

いずれにせよ、今回のラジオ番組終了をもって、剛力の残るレギュラーは「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)だけになってしまった。
それは歌や芝居といった“表現の仕事”ではないかもしれないが、このラジオ番組「スマイルS2スマイル」のタイトル通り、今後も笑顔の絶えない芸能活動が送れることを願いたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1757658/
2019.04.03 10:14 アサジョ

【「辞める気はさらさらない」剛力彩芽さんがラジオ番組最終回で語った“所信表明”wwwww】の続きを読む

2b83d01f-s

1: なまえないよぉ~ 2019/03/30(土) 10:15:29.19 ID:9F2NjaVP9
 女優の安藤サクラ(33)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜前8・00)が30日、最終回を迎えた。

 朝ドラ通算99作目。大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」「海猿」などのヒット作を手掛けた福田靖氏のオリジナル脚本。インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で明るくひたむきに生き抜く福子(安藤)とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川博己)の波乱万丈の物語を描いた。

 最終回は、「まんぷくヌードルの価値が理解できるのは頭の柔らかい若者たちではないか」という福子の気づきをきっかけに、大勢の若者が集まる「歩行者天国」で、社運をかけてヌードルの大試食販売会をすることになった。いよいよ勝負の日。誰もが成功を願う中、路上販売は大成功。これをきっかけに、まんぷくヌードル大ヒット商品となった。そして萬平は福子とともに新たな麺を開発するため、世界中の麺を食べる旅へ出る…という内容だった。

 放送を終えネットでは、「まんぷく 最終回 寂しい」「最終回とか悲しい」と放送終了を残念がる声がある一方、「半年間ありがとう」「めちゃくちゃ楽しく完走できました!」「カップヌードルを久々に食べたくなってきました」「たまらん最終回だな」「いい朝ドラだった…寂しくなるけどありがとう」「ステキな最終回。最後までハッピーな話で良かった」「綺麗に終わったなあ」「最後の咲姉ちゃん良かったなぁ」「鈴さんと完走できて良かった!」などと、最終回に満足する声が多く見られた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16239918/
2019年3月30日 9時8分 スポニチアネックス

【「まんぷく」最終回 視聴者に満足感漂う「最後までハッピーな話」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/26(火) 09:36:47.64 ID:4NsQhLnW9
27日(25:00~)に放送されるニッポン放送『AKB48のオールナイトニッポン』最終回に出演するメンバーが明らかになった。

同番組は2010年の4月より放送されており、9年の歴史に幕を下ろすことになる。毎回週替わりのメンバーでリレーしてきたが、
最終回は峯岸みなみ、柏木由紀、大家志津香、指原莉乃、宮崎美穂、横山由依、向井地美音の7人が出演することが決まった。

番組では懐かしの名場面を振り返るほか、AKB48の2009年のシングル「10年桜」にならい、メンバーそれぞれの10年後を予想。
10年後再び『オールナイトニッポン』で再会できることを願い、「声のタイムカプセル」企画を実施する。そして最後には、メンバーからリスナーへの感謝も伝えていく予定だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16217049/
2019年3月26日 7時0分 マイナビニュース
no title

【『AKB48のオールナイトニッポン』最終回出演メンバーがほぼお局様状態wwwww】の続きを読む

ダレトク

1: なまえないよぉ~ 2019/03/21(木) 07:26:49.71 ID:JntUGwpT9
 お笑い芸人の有吉弘行(44)が19日放送のフジテレビ「有吉弘行のダレトク!?」(火曜後10・00)に出演。番組終了を迎えた理由の一つをぶっちゃけた。

 この日の放送は最終回とあって全編総集編といった流れに。ダレトクならではのハチャメチャな企画のほか、番組名物となった“お色気満載!有吉の真麻アナイジリ”など、懐かしの名シーンが満載だった。

 番組終盤では“ダレトクマニアだけが絶賛!?”とのテロップが出てしまうほど賛否両論だった「キモうまグルメ」が復活。“キモうまベスト5”を発表した。

 数あるゲテモノ料理の中で、キモうま1位に輝いたのは「タイランドブラックタランチュラ」。最後に出演者全員で実食となったが、誰もが「ウマいね」「食べられる」「ソフトシェルクラブみたい」と絶賛(?)していた。

 この企画で飛躍的に評価が上がったのが藤田ニコル(21)。誰もが悲鳴を上げるような料理を前に、物おじせずハシを伸ばし続けた。本人いわく「これキッカケですもん。(自分が)ちょっと人気になったの。男性ファンが増えました」と、誰よりも“キモうま”効果を実感していた。

 有吉もその変化を目の当たりにしていたようで「いろんなテレビ局のスタッフとか見てて、ニコルちゃんの人気、ガンガン上がった」と大絶賛。しかしその半面「(ダレトクの)視聴率ガンガン下がる。気持ち悪いからみんな見ない」と苦笑い。「ジレンマだった…面白いのに視聴率下がってく」と思い通りに数字が伸びなかったことを残念がっていた。

 惜しまれつつ今回で最終回を迎えた同番組。4月からは有吉が引き続きMCを務める「噂の現場急行バラエティー レディース有吉」がスタート。TBS退社後、初のレギュラー番組となるフリーの吉田明世アナウンサー(30)がアシスタントを務める。

 番組では女性に関するさまざまな噂を徹底追及。噂の渦中にいる人々を密着取材し、その真相に迫っていく。


有吉弘行
Photo By スポニチ
no title

[ 2019年3月20日 00:08 ] 
有吉、「ダレトク」最終回で自虐コメ「ジレンマだった…面白いのに視聴率下がってく」 

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/19/kiji/20190319s00041000535000c.html

【有吉、「ダレトク」最終回で自虐コメ「ジレンマだった…面白いのに視聴率下がってく」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/02(土) 00:36:29.49 ID:DFEPc0C+9
女優の小芝風花さんが主演するNHKの連続ドラマ「トクサツガガガ」(総合、金曜午後10時)の最終回「スキナモノハスキ」が1日放送され、視聴者から「終わってもうた」「寂しーよー! 最高のドラマでした! ありがとう!!」「ロス確定(泣)」などに加え、「2期やってほしい!!」「続編はいつですか!?」「2期待ってる!」「ぜひseason2を!!」と続編を熱望する声が続々と上がった。

◇以下ネタバレあり

最終回では、大切なフィギュアをお母ちゃん(松下由樹さん)に壊され、大げんかしてしまった叶(小芝さん)。
吉田さん(倉科カナさん)とも気まずくなり、ダミアン(寺田心君)にはウソつきと呼ばれ、落ち込む。

ある日、兄ちゃん(渡部豪太さん)から渡されたエマージェイソンの古いビデオを見て、叶は幼少期からどんなに特撮好きだったかを思い出す。
北代さん(木南晴夏さん)の計らいで吉田さんとは仲直りし、残るはお母ちゃんとの関係だが……という展開だった。

またこの日は、書店の店主役として「仮面ライダーV3」や「秘密戦隊ゴレンジャー」などで知られるレジェンド俳優・宮内洋さんが登場。
「レジェンド、キター!」「まさかの宮内洋さん登場でガチテンション上がった!」「宮内洋さんでギャーってなったよ」と特撮ファンを興奮させた。

Yahoo!リアルタイム検索でも、「宮内洋」「エマージェイソン」「トクサツガガガ」「ダミアン」といった関連ワードが上位に来るなど、大いに盛り上がった最終回となった。

ドラマは、特撮オタクの主人公が、日々の生活でさまざまなピンチに陥ると、本人にしか見えない特撮ヒーローが現れ、その言葉に勇気付けられ、次々にピンチを切り抜けていく……という物語。
オタクたちの生態に迫るあるあるネタや共感必至の名言の数々に加え、「仮面ライダー」「スーパー戦隊シリーズ」で知られる東映の協力によって実現した“本気すぎる”特撮パートや劇中ソングが話題を集めてきた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000059-mantan-ent

ドラマ「トクサツガガガ」 小芝風花
no title

no title

【【ヲタ絶賛】小芝風花主演「トクサツガガガ」最終回wwwwwww】の続きを読む