芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

最終回

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/28(土) 08:22:18.90
※以下、最終回の内容を含みます。

NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜、午前8時)の最終回が28日に放送された。

最終回で、主演の戸田恵梨香(31)演じる川原喜美子は、息子の武志と信楽の仲間とびわ湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。武志は闘病しつつも作陶を続け、そばで喜美子も陶芸に励む日々。喜美子は武志との時間を大切に過ごす。そして喜美子に強く抱きしめられる武志の姿が描かれ、2人は幸せを胸に刻むと、舞台は2年後に移り、フィナーレを迎えた。

その結末にネットでは「楽しい半年だった。すごく良かった…。力強いラスト。終わるの寂しい」などの声があがった。

物語は焼き物の里の滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる主人公、川原喜美子の波乱の人生を描いた。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス” 
3/28(土) 8:15 日刊スポーツ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-23280018-nksports-ent 

スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス” 
戸田恵梨香(2019年9月11日撮影) 
no title

【【朝ドラ】スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス” ← テレビ大好きだもんなwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/28(土) 17:25:31.57
【モデルプレス=2019/09/28】
女優の広瀬すずがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の最終話が放送された。<※ネタバレあり>

◆朝ドラ「なつぞら」

脚本家・大森寿美男氏による『なつぞら』は、戦争で両親を失いながらも北海道・十勝でたくましく育った広瀬演じるヒロイン・奥原なつが、
当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に挑む姿を描くオリジナル作品。節目の100作目の朝ドラとなる。

◆最終話あらすじ

担当していたアニメ作品が終了し、家族で里帰りしていた北海道にて、嵐の翌日復旧作業に追われるなつたち。

そのころ夫の“一久さん”こと坂場一久は、東京から次回作について「早く相談したい」と電話を受けこれからについて考え始める。

照男(清原翔)と妻の砂良(北乃きい)も、嵐で散らかった小屋で落胆していたが、再び一からやり直すことを決意。

同じく北海道に来ていた妹の千遥(清原果耶)は、一足先に娘と共に東京に帰ることに。皆、新しい日常へ戻っていくのだった。

ラストシーンでなつと一久、娘の優は、十勝の草原を訪れる。ふと、「いつか君たち兄妹の戦争を描いてみたいな。
過酷な運命に負けずに生きる子供たちを、アニメーションでリアルに描くことに挑戦してみたい。できるとしたら、映画だろうな…」と夢を語った一久。

すると「一久さんとなつは、およそ12年後にその夢を叶えます」というナレーションと共に、映像は第1話の冒頭に流れた空襲のアニメーションシーンへ。

再び十勝に映像が戻ると、なつは「ここからまた始まるんだね。私たちの開拓が。私たちもまた、何もない道を歩いていきたい」と決意。

一久となつは、「君と出会っていなければ、僕の人生はつまらないものになっていたに違いない」
「私もきっとつまらなかったと思うわ」と家族になれたことに感謝し、「これからもアニメーションみたいに、1コマ1コマ、家族の夢を描いていきましょう」と前を向く。

家族3人で手をつなぎ、草原の中を新たな未来に向かって歩いていくのだった。

◆「火垂るの墓」が話題に

最終回を受け視聴者の間では、第1話のアニメーションが、幼い兄妹の戦争体験を描き、スタジオジブリがアニメ映画化した『火垂るの墓』を彷彿とさせていたことが話題に。

「第1話のアニメーションにラストでつながった!」「あのアニメはやっぱりなつと一久さんが作ったものだったんだ!」「『火垂るの墓』では妹が死んでしまうけど、
『なつぞら』ではなつが元気に生きていて素敵」「『なつぞら』は『火垂るの墓』のハッピーエンドバージョンなのかもしれない…」などさまざまな声が寄せられ、Twitter上では「火垂るの墓」がトレンド入りするほどとなった。

https://news.livedoor.com/article/detail/17149963/
2019年9月28日 8時34分 モデルプレス
00bed3

【「なつぞら」最終回で「火垂るの墓」トレンド入り 第1話に繋がるラストが話題に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/28(土) 08:18:07.25
 女優の広瀬すず(21)がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説の通算100作目「なつぞら」(月~土曜前8・00)は28日、最終回(第156話)を迎え、完結した。主人公・奥原なつ(広瀬)の戦死した父親役として語りを務めたお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(55)が毎週土曜日の回の最後で必ず言い、ドラマを彩ってきた名フレーズ「来週に続けよ」。注目されたラストの「続けよ」は「なつよ、朝ドラよ、101作目に続けよ」で、インターネット上で反響を呼んだ。また、放送終了を惜しむ「なつぞらロス」の声も見られた。

 なつ、坂場(中川大志)、優(増田光桜)が十勝の大草原の丘を歩くラストシーン。「スピッツ」の主題歌「優しいあの子」がかかり「日本のアニメーションが世界に誇れるほど大きく成長していくのは、これからなのです。その未来に迎えよ、なつよ」という内村のナレーション。そして、エンドロールが流れた後、最後の語りは「なつよ、朝ドラよ、101作目に続けよ」だった。

 この“異色”の終わり方にネット上には「来週に続けよ!じゃなくて101作目に続けよ!」「爆笑させていただきました」「そうきたか(笑)。やるなぁウッチャン(笑)」「野原に寝転ぶ泰樹さんが良い味出した後に、ウッチャンが全部持っていった」などの書き込みが続出。「『なつぞら』終わらないで。『来週に続けよ』って言って」「なつ&じいちゃんロス」「しばらくは、おんじロス」など“ロス”の声も見られた。

 節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(52)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けたオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつが、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描いた。

 最終回は嵐の翌日、復旧作業に追われる。荒れ果てた天陽の畑で靖枝(大原櫻子)がジャガイモを掘り起こし、なつと泰樹(草刈正雄)も手伝う。照男(清原翔)と砂良(北乃きい)も散らかった小屋で落胆していたが、再び一からやり直すことを決意。一方、麻子(貫地谷しほり)から次回作について電話を受ける坂場(中川大志)。再び皆が忙しない日常の中で自分の道を切り拓いていく…という展開。

 印象的なフレーズ「なつよ、~」「来週に続けよ」は脚本の大森氏が考案。内村は「来週に続けよ」について「半年間、毎週これをお決まりにするのは大変だと思いました。私も手を替え品を替え、いろいろ言い方でやりましたが、さじ加減が難しかったです。『来週に続けよ』というのは父親的じゃなく、ちょっと俯瞰ですからね。ただ、最終週はいい感じだと思います。『あ、なるほど』と。『来週に続けよ』を続けて、良かったと思いました。視聴者の皆さんも楽しみにしていてください」と予告。期待をあおっていたが、その言葉通り、視聴者も膝を打つものだった。

 大森氏は「『なつよ、~』は父親を印象付けられればと思ったのでチャレンジしましたが、内村さんがドンドンいい味を出してくださるようになったので、途中からはひたすら楽しみました。『来週に続けよ』も続けて良かった」と語っていた。

 「101作目に続けよ」について、制作統括の磯智明チーフプロデューサー(CP)は「大森さんは自信がないとおっしゃって、実は別案も用意していたんですが、やはり、これに落ち着きました。大森さんも『“来週に続けよ”を続けて良かった』とおっしゃっていましたが、途中でやめていたら、『101作目に続けよ』はなかった。最後に『101作目に続けよ』だけやっても唐突ですからね。大森さんは否定していますが、もしかしたら最初から『101作目に続けよ』のゴールを思い付いていたのかもしれません」と明かした。

 1961年の朝ドラ第1作「娘と私」から受け継がれてきたバトンは100作目「なつぞら」を経由し、次回作「スカーレット」(30日スタート)に託された。磯CPは「100作目と言っても、結局は99作目と101作目の間でしかありません。バトンを渡していくのが僕たちの役割ですから」。節目の“大役”を勤め上げた。


9/28(土) 8:15配信 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000140-spnannex-ent
1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

【「なつぞら」最終回 語り・内村光良“最後の続けよ”にネット反響】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/25(水) 07:45:06.44
AKB48グループの冠バラエティー番組、日本テレビ「AKBINGO!」(火曜深夜1・09)が24日の放送で最終回を迎え、11年半の歴史に幕を閉じた。
最後のメッセージを伝えるメンバーの言葉に、スタジオが涙で包まれた。

峯岸みなみ(26)は「人に笑ってもらえる喜びを知れて、自分にもグループで出来ることを見つけられた番組です。世代が違っても各自この番組で、悔しかったことや嬉しかったことがいっぱい胸に刻まれています。この経験を無駄にしないようにこれからも頑張ります。本当に長い間ありがとうございました」とコメント。

柏木由紀(28)は「この番組がみんなの糧にもなってるし、今後もファンやメンバーの中でもずっと思い出だと思います。伝説も作れたと思うので本当に感謝しています」と振り返った。

メンバーらのメッセージを受けてMCの村本大輔(38)は「今後みなさんがどういう人になっていくのか、すごく楽しみな時間が始まった感じがする。役者の道に行くのか、辞めて素人になって結婚してでもいいし、どういう人になっていくのか本当に楽しみ。俺も頑張りたいと思う。これからも応援してます、小栗ちゃん!」と恒例の“小栗びいき”で締めると「え~!!」「涙返して、もう」とブーイングを受けていた。

最後は総監督の向井地美音(21)が「11年半ありがとうございました。私たちの今の気持ちと感謝を込めてこの曲を歌います」といい、「前しか向かねえ」を全員で熱唱。
後継の番組等についての発表はなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000226-spnannex-ent

「AKBINGO!」最終回
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


AKB48
no title

【【AKB48】冠番組「AKBINGO!」最終回 11年半の歴史に幕】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/08(日) 23:16:40.44
「あな番」終盤へ向け注目度上昇!西野七瀬、秋元康が見抜いた“演技力の秘密”

 最終回に向け、回を追うごとに注目度が高まる、「あなたの番です」(日本テレビ系)。平均視聴率が過去最高の13%にまで跳ね上がった直近の18話では、いくつかの殺人犯は判明しても、肝心の“笑う死体”の黒幕は不明のまま。そうした中、視聴者の間でも最も怪しいと言われるのが、西野七瀬が演じる黒島沙和だ。

「18話の終盤、主人公の手塚翔太(田中圭)と犯人捜しをしている二階堂進(横浜流星)が持つAIが、黒島犯人説を89%の高い確率で割り出している。そもそも、実行犯と見られる内山達夫(大内田悠平)と高知県で同級生だった黒島に疑惑が持たれるのは当然のこと。ただ、黒島が真犯人だったすれば、残虐な殺し方や、これまでの複雑な人間模様を自供する際に、ふてぶてしく、さらに周囲を驚愕させる演技が求められるシーンが出てくることが想定される。そんな中、ネット上ではつい半年前までアイドルだった西野の演技力のレベルがどこまで高いのか、話題になっているんです」(芸能事務所関係者)

 西野は2月24日の卒業コンサートをもって乃木坂46の活動を終了し、本格的な女優業をスタートさせたばかり。「あな番」は、「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」(テレビ東京系)での銀行員役に続く出演だが、乃木坂時代にも数々のドラマ、映画に出演している。

「西野はもともと、同性にも好感を持たれる可愛いタイプ。それでいて、どこか内面に秘めたものがある点も魅力とされ、大阪出身ということもあり、関西弁で話す役がくれば、かなり肝が据わったキャラの演技もできる。以前、乃木坂のバラエティー番組のショートコントで、アイドルとは思えないほどのヤンキーぶりを発揮したこともあります。世間の評価は様々ですが、そうした点が、『あな番』の企画・原案である秋元康氏の目に止まっての抜擢なのでしょう」(テレビ制作会社関係者)

 18話では横浜流星とのキスシーンに、「それでおしまいですか」と積極的に誘うセリフまで披露し、その初々しさに視聴者を絶賛させた西野。ドラマの結末とともに、女優としての飛躍に期待だ。

https://www.asagei.com/132399
西野七瀬

【西野七瀬、秋元康が見抜いた“演技力の秘密”!「あなたの番です」最終回】の続きを読む