芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

最上もが

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/05(金) 19:45:35.53
 タレントの最上もが(31)が5日、自身のツイッターを更新。誹謗中傷に対する私見をつづった。

 最上は「そういう仕事してるんだから叩かれるのは仕方ないでしょ、覚悟がないだけじゃん、嫌ならSNSやめろって、ずっと言われてきたけど」と自身の経験を明かし、「それもある意味差別だなあとしみじみ」とポツリ。

 「なんだかんだ国とか人種とか職業でみんな差別してる気がする」と私見をつづり、「もうすこしフラットに“みんな同じ人間”て考えられたらいいのにな」と思いを記した。

2020年06月05日 12:52芸能 
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/05/kiji/20200605s00041000212000c.html 
no title

【最上もがさん「嫌ならSNSやめろってずっと言われてきたけど」誹謗中傷への私見つづる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/02(火) 12:35:15.37
31日、タレントの最上もががツイッターを更新。自身の「トレーニング観」をめぐる持論を展開し、ファンからは共感の声が相次いでいる。

30日の投稿で最上は「バキバキに割れてるわけではないですが、うっすら」と添え、引き締まったウエストラインに、うっすらと割れた腹筋を披露。まさに肉体美と言うべき姿にネット上では「めっちゃ素敵!」「腹筋かっこいいなぁ」と絶賛する声が多く見られた。

ただ一方で、「バキバキすぎたら女の子らしさなくなるからね」など心ないコメントを寄せるユーザーもいた模様。

どうやら「女性らしさ」について触れたコメントは最上の目にも留まっていたようだ。

翌31日、最上は「自分がすきな体でいたい」「これからも鍛えていきます」と、自身の意思をキッパリと表明。「男性ウケを目指して体づくりしたことない」「そういうのが苦手な人、ファンやめるのは自由ですのでどうぞです! ファンと恋愛しませんし」と綴り、女性のトレーニングに対する否定的な意見をバッサリと切り捨てた。

周囲の意見に左右されることなく、自身のポリシーを貫き通している最上。ファンからは「よく言った!」「人のために身体鍛えるわけじゃないもんね」「ファンはついていくだけだから、もがちゃんは好きなことをしてほしい」といった称賛の声が上がっていた。

他には「もがちゃんの芯の通った所が好き」といったコメントも。ネット上での誹謗中傷が目立つ昨今だが、毅然たる態度をみせた最上の姿は、ファンからは心強く映ったことだろう。

https://sirabee.com/2020/06/02/20162338659/ 
2020/06/02 

no title

【【激おこ】最上もがさん「◯◯の方が女性らしくていい思う」に苦言「男性ウケ目指してない」「ファンと恋愛しませんし」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/01(月) 20:30:39.23
 タレントの最上もがが26日放送の『グータンヌーボ2』(カンテレ/毎週火曜24時25分)にゲスト出演。トークの中で彼女は2017年まで在籍していたアイドルグループ・でんぱ組.inc時代の“キツかった仕事”について明かす一幕があった。

 ゲストとして番組に登場した最上は、MCの西野七瀬とゲストでモデルのNANAMIとトークを展開。現在は個人事務所で芸能活動をしている最上はグループ在籍時代を振り返り「アイドル時代って無理してやらなきゃいけないこととか結構多くて…」と明かし、乃木坂46の元メンバーでもある西野が「そうですね」と相づち。さらに最上が「最終的には楽しくなっても“これ本当にキツイな!”みたいな…」と言葉を絞り出すと、西野も「分かります」と応じた。

 最上は「例えば…」と切り出し「透明のパネルの向こうにカメラさんがいて、そこにキスしてくださいとか…“うわぁ、きっつ”みたいな」と当時の心境を明かすと、西野も「断れないですもんね…決まっちゃてるし」と返答。さらに最上が「あとスゴい苦手なのが、カメラを彼氏だと見立てて…」と話すと、西野は笑いながら「散々やりました」とコメント。最上が「どうでした?」と質問すると、西野は「もうマヒしてて、慣れちゃって…たくさんやりましたね、そういう系」と当時を振り返っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/76d0c31116e2d104fe69fd7fdded9a4121f155f0
20200527-00076918-crankinn-000-5-view[1]

【最上もが、アイドル時代の“キツかった仕事” 西野七瀬も「散々やりました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/15(金) 01:33:17.64
元でんぱ組.incメンバーでタレントの最上もがが14日、自身のYouTubeチャンネルにて生配信を実施。うつ病を患っていることを涙ながらに初告白した。

この日の配信で、自己紹介とともにこれまでの人生を幼少期から説明した最上。そしてでんぱ組.incとして活動している時期についての説明に入ると、「今後の活動のためにも言っておきたいと思ったので、告げます」とし、「脱退した理由としてブログに『心身ともに疲れてしまって体調が悪化した』って言っていて、具体的には言っていなかったんですけど、うつ病になりました」と初告白。

続けて「ちなみに今も治っていないです。最近ちょっと同じような人から相談のDMが来て、なんて言ったらいいんだろうって。自分もすごい辛い瞬間が多いから」と話し、「自分がうつ病であることを言うことによって、少しでも同じ気持ちの人たちの助けになればいいな」と病気を明かした理由を明かした。

でんぱ組.incの脱退についても「現場にいたかったけど気持ちがついていけなくなっちゃって」と気持ちの問題であったと言い、「うつ病って理解されにくくて、傷が見えるわけではないから伝わらなくて甘えてるって思われるし、できていたことが全然できなくなって笑えなくなっちゃって。人前に出るのもすごいしんどい時もあった」と涙ながらに語った。

当時は怖いという気持ちや仕事の都合もあり、病院に行けていなかったそうで、最近病院に行きうつ病と診断されたという。うつ病が悪化したことででんぱ組.incを脱退し、さらにうつ病と似た症状で繊細な人の心の特徴である「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」でもあることが発覚。現在は心療内科で治療を行いながら、なるべくポジティブな考えを持てるようにし、“生きやすさ”を模索しているそうだ。ほかにも動画では、アイドルに対する誹謗中傷の怖さについてや、過酷な家庭環境や対人関係に悩み、ネットゲームが救いだったこと、アイドルになるまでの経緯などを語った。

配信後のInstagramの投稿では「でんぱ組を脱退した時うつ病なので、と言えなかったのは 甘えと言われるのが嫌だったのと、説明も難しかったからです」と改めて説明。

「しっかりと診断されたのは最近ですが、症状的には6年ほどだったので ある意味、診断されたときはほっとしました。この考えは、いまの落ち込みは、治るんだっていう希望が少しでたからです」と少しメンタルが安定したという。

全文はソースをご覧ください
https://mdpr.jp/news/detail/2068308 
2020.05.14 

 【自己紹介】初告白とかヘアケアとか質問色々!
https://youtu.be/-h5RJXM0-bc



no title

【【ユーチューバー】最上もがさん、うつ病患っていることを涙で初告白、ずいぶんアクティブなうつ患者と話題にwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/09(土) 17:33:17.07
女性アイドルグループ、でんぱ組.incの元メンバーでタレント、最上もが(31)が9日、自身の
パスポート写真を並べて変化を公開し、反響を呼んでいる。
最上は「確かに、整形した?て言われても仕方ない気がする」と自虐気味につぶやき、二十歳の
頃にとったという黒髪ボブ姿と、5年後の金髪ショートを比較し並べたパスポート写真をアップ。
この投稿にタレントの武井壮(47)も「人間性が変わったんだろうか」とコメント。
最上が「めちゃくちゃに暗くて今の5倍は卑屈だったのでそれはありますね笑」と返すと、武井は
「オレもオタクやったからなあ」とやりとりした。

2020.5.9 17:09 
https://www.sanspo.com/geino/news/20200509/geo20050917090020-n1.html 

no title

最上もが

【最上もが「整形した?て言われても仕方ない」パスポート写真公開】の続きを読む