芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

暴走

1: なまえないよぉ~ 2019/05/11(土) 11:49:28.03 ID:YRCfUBkc9
 懸念していたことが、実際に次々と起こっている。メンバーの山口真帆(23)が昨年12月、新潟市内の自宅で男性から暴行される被害を受け、今月18日の公演をもって卒業するという、
異例の事態に追い込まれているNGT48。とりわけ、再出発を期するメンバーに対しての“風評被害”が、とどまるところを知らない。

 7日には、メンバーの清司麗菜(せいじ・れいな、18)が、公式モバイルサイトの「フォトログ」で山口に対して触れた記事が削除された。これがさまざまな憶測を呼び、清司のSNSは
あっという間に炎上。3月に行われたAKSの会見では直接指摘し、先日つづったコラムでも改めて触れた、NGTメンバーに対する「犯人探し」の動きは、日に日に苛烈さを増している。

 今回、清司が触れた内容の是非は、少なくとも部外者には分からない。当該の投稿を削除したのはだれか、これも部外者には分からない。だが、いわゆる「ネット民」は、清司とAKSを“総攻撃”した。
その結果として何が起こるか、もしかしたら、いわれのない中傷で誰かが傷つくかも…、という配慮は、恐らくなされないままに。

 AKBグループが、インターネットというツールを最大限に活用して大きくなったことは、疑いようがない。不特定多数の、ある意味「愉快犯」への対策も、それなりに取ってはきただろう。
だが、昨今の「炎上」の流れは、もはや簡単にコントロールできるものではない。言葉を選ばずに言えば、無責任な匿名の外野が方々から発火する行為に対して太刀打ちするのは、現実的に不可能だ。

 もちろん、インターネットは他人とのつながりに意味を見いだすツールであるし、自由に意見を言う権利は誰にでもある。だが、その権利を濫用し、誰がどのように傷ついても知らんぷり…、と
いうのは、さすがに問題だろう。NGTでは荻野由佳(20)も、起用されたアパレルブランド「Heather」のプロモーションが中止された。再三の指摘になるが、清司にせよ荻野にせよ、
山口の騒動に直接関与したと判断できる明確な材料は存在しない。その中で、こうした「私刑」が自然に行われているということは、およそ成熟した社会ではあってはならないことではないか。

 NGTの件に限らず、ネットユーザーの“暴走”は、恐ろしいものがある。仮にその主張が正鵠を射ていたとしても、綿密な検証の上で具体的な根拠をもった上で行われなければ、どこまで行っても
「私刑」に過ぎない。そういった自体を防ぐために、我々メディアはより深く取材を行い、事実の検証が完了した時点で報道する。それに物足りなさ、もっと言えば不信感を覚える方々が多いのは、
身にしみている。だからといって、逆に一部の声におもねるために、事実を曲げて報道するということは、我々には許されない。

 先日のコラムにも書いたが、実際のところ、この案件に対する取材は、恥ずかしながら十全ではない。それがまた、多くの憶測を生む“一助”になっているとしたら、忸怩たる思いだ。だが、改めて
ネットユーザーの方々に問いかけたいのは、「自分の行動の影響力を、十分に理解していますか?」ということ。仮に今回の件に関し、「山口真帆さんがいじめられた」という“正義感”に駆られて
行動したとして、いじめたと思う人間を、名前も場所も、何もかも秘匿して攻撃することは、よりたちの悪い「いじめ」に陥る可能性があることを、冷静になって理解するべきだと思う。

 5月18日、山口ら3人のメンバーはグループからの卒業を迎える。それは、決して望んでいたものではないということは、山口の主張からも明らかだろう。アイドルグループとして成立していくために、
今回の件に関して目をそらしたまま次の流れに進むことは、もちろん賛成できない。だがそのために、無差別に誰かを攻撃しても良いということではない。ファンにとっても、メンバーにとっても
最良の解決方法は何か。あと1週間で、運営側は結論を出さねばならない。(デイリースポーツ・福島大輔)

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000040-dal-ent
no title

【NGT騒動にみるネットの“暴走” 行き過ぎた犯人捜し ← これwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/04/09(火) 07:58:37.64 ID:diiMEWVr9
女優・橋本環奈が8日、都内で映画『キングダム』(19日公開)の公開直前イベントに参加。自称“1000年に1人の芸人”の平成ノブシコブシ・吉村崇の暴走を止め、笑いを巻き起こした。

橋本は俳優の山崎賢人、吉沢亮、本郷奏多と一緒に登壇。イベントではキャラクター診断をすることになり、コーナーMCとして『キングダム』大好き芸人の吉村が登場した。
エイ成役の吉沢にひざまずくなど、ノリノリ。ただ、その思いがあり余ってしまい、トークで暴走。関係者からの「テンポアップで」という指示も完全に無視して熱弁を奮った。

そして吉村は出演陣をよそに左慈や騰といったキャラクターたちへの愛を熱く語ったが、橋本は会場のリアクションが薄いことを察知して「さっきから吉村さんのオンステージ過ぎて…。
吉村の感想を聞きにきた会になってる」とストップ。吉村は「あれ? 誰も私を見てない」と我を取り戻し、会場は沸かせた。

また、キャラクター診断では「猪突猛進型リーダータイプ 信」という結果に。「天真爛漫で好奇心が強い。走り出したら止まらないやんちゃ坊主。
まず行動なので、思慮深い副官がいると最強」という内容に橋本は「なんか当たってる気がします。猪突猛進型。あんまり考えずに進みます」とうなずいていた。
吉村も同じタイプだったそうで「似てるよね? 考え方とか。私も『1000年に1人の芸人』ですから」とご満悦で、橋本は「似てるんじゃないですか」と気を使っていた。

原泰久氏による原作は2006年1月から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中で、コミックス53巻までの累計発行部数が3800万部を突破する人気作。
紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して
剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政の活躍を描いた物語。

主人公・信役を山崎、エイ政役を吉沢、河了貂(かりょうてん)役を橋本、成キョウ(せいきょう)役を本郷が演じる。
佐藤信介監督はこれまでに『GANTZ』『いぬやしき』『BLEACH 死神代行篇』など、数多くの漫画作品の実写映画を手がけている。

http://news.livedoor.com/article/detail/16286602/
2019年4月8日 21時25分 オリコン

https://youtu.be/mr4DS7Wkn-0



no title

no title

no title

00bed3

【橋本環奈、自称“1000年に1人の芸人”ノブコブ吉村の暴走止める 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/20(水) 08:27:58.17 ID:Vk3ULcYp9
2月16日、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、東京・調布市の武蔵野の森スポーツプラザメインアリーナで、初のファンミーティングを行った。
会場には、昼夜2回公演で1万6000人ものファンが集まったという。

「3人がジャニーズ事務所から独立後、初の単独イベントということで多くのファンが集結。
一部スポーツ紙によると、会場では『新しい地図』の代表曲『雨あがりのステップ』などのライブパフォーマンスや、抽選で選ばれたファンをステージに上げ、一緒にゲームを楽しむなど、ファンにとっては満足のイベントとなったようです」(芸能記者)

そんななか会場では、一部の心無いファンの暴走によって、お年寄りが大怪我を負う悲劇が起きたという。

「イベント後、ある女性ファンのツイッターの投稿が物議を醸しています。
彼女によると、85歳の母親がイベントに参加していたそうなのですが、客席に金のテープが落ちてきた際、我を失ったファンが殺到し、母親は押し倒され、骨折したというのです。
その時、ファンはイノシシ化しており、倒れた母親に目もくれずテープを追いかけていたとのこと。
また、怪我をした女性はその後、入院となったようです。
これにはSNSで『ご高齢の方を突き飛ばすとか、いい歳して常識がなさすぎる!』と批判の声が殺到。
今後、イベントでは警備員の増員やテープの廃止が検討されるかもしれません」(前出・芸能記者)

ファンには節度とマナーを守ってライブを楽しんでもらいたいものだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16044453/
2019年2月19日 18時15分 アサジョ
no title

【「新しい地図」ファンミーティングで起きた惨事がヤバいwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/11(月) 08:38:39.09 ID:kMxU9Vaf9
女優・平祐奈のインスタグラムが「コメント欄を閉鎖した」と話題になっている。

話題になり始めたのは今月1日ごろのこと。これまで平はインスタ投稿に対するコメントを受け付けていたが、コメント欄を設けない“いいね”のみの設定に変更していたことが確認された。

同じく若手女優の飯豊まりえも、今年に入ってからインスタのコメント欄を突如閉鎖。そしてこの2件は、実は同じ原因によるものだとみられている。

「平は昨年公開の映画『honey』で、『King&Prince』の平野紫耀と共演。すると、これをきっかけに“交際ニオわせ投稿”を頻発させた、と平野ファンから敵視されることになりました。
具体的には、流出した平野のLINE画像と平の投稿が一致したり、平野愛用のTシャツと同じ物を着た画像のアップなど。
飯豊も『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)での共演時に平野と仲むつまじくしていたとの情報が出回り、
こちらも平野ファンの嫉妬からくる猛攻撃に晒されることとなりました」(ジャニーズウオッチャー)

?

アカウント自体が閉鎖に追い込まれるケースも…
コメント欄の閉鎖にとどまった平と飯豊ならまだしも、昨年は更新自体を辞める“アカウント閉鎖”に追い込まれたケースもあった。
音楽デュオ『ゆず』北川悠仁の妻でもある、フリーアナウンサーの高島彩だ。

高島は昨年10月26日に、自身のインスタグラムを閉鎖すると突如発表。閉鎖理由については、《この場所が負の感情を生む場所になってしまっては悲しいので》と説明した。これもファンによる“怨恨”が原因のようだ。

「高島がインスタを開設したのは2017年10月。これまでブログやツイッターはしていなかったので、ネットの声をダイレクトに受ける初めての機会となりました。
しかし高島は、11年に北川と結婚して以降、ファンからの猛烈な怒りを買っていました。そのため、インスタが積年の恨みを晴らす場となって、連日猛烈なアンチコメントを浴び続けていました。
平、飯豊、そして高島の件といい、女性ファンの行動はあまりにも感情的でやり過ぎですね…」(芸能ライター)

《オンナの一念岩をも通す》という女性の執念の強さを表すことわざがあるが、嫉妬のあまり気にくわない人間を圧殺するような行為はいかがなものか。

http://dailynewsonline.jp/article/1687691/
2019.02.11 07:31 まいじつ
no title

【暴走する女性ファン…嫉妬に狂ってイケメンの“お相手”SNSを破壊!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/24(金) 07:55:23.67 ID:CAP_USER9
6月に行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」の結果を反映したAKB48の53枚目シングル
「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)のミュージックビデオ(MV)が23日、公開された。

同MVでは、総選挙1位に輝きセンターを務めるはずだったSKE48の松井珠理奈(21)が体調不良による長期休養のため不参加。
出演予定だったシーンは絵コンテやCGで代用されている。

前代未聞のセンター不在作品となったが、松井の復帰後、追撮・再編集を行った“完全版”を制作予定だというのだが…。

「SKEの地元・名古屋開催だった総選挙ですが、珠理奈は1人でプレッシャーを背負い込んだまま1位を獲得。
それにより、気持ちが“プッツン”してしまったようです。年内いっぱいか、来年の春ぐらいまでの休養もあるのではと言われています」(レコード会社関係者)

松井は6月16日の総選挙当日、午前から行われたコンサート中に過呼吸のような症状で倒れ、スタッフに抱きかかえられて退場。
公演中にステージ復帰。開票イベントにも参加したものの、翌17日の握手会、19日の生誕祭は体調不良のため中止となっていた。

その後もイベントや歌番組などへの欠席が続き、7月7日にしばらくの間休養することが発表されていた。
25万人のフォロワーを抱えるツイッターは6月18日の更新が最後だが、関係者はツイッターでの“暴走”を危惧しているというのだ。

「おそらく、休養中の松井はストレスが爆発寸前でしょう。なので一番手っ取り早く書き込める
ツイッターで思いのたけをぶちまけてしまう危険性はあります。そうなったら収拾がつかない事態になりそうです」(芸能記者)

精神面・体調面を含め、松井の近況が気になるところだ。
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180823-84053002-jitsuwa
no title

【【芸能】 速報! 関係者が恐れる休養中のSKE・松井珠理奈の “暴走”wwwwwww】の続きを読む