芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

春名風花

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/03(月) 23:19:46.03 _USER9
ツイッターに虚偽や誹謗中傷の内容を投稿されたとして、民事訴訟で投稿者を訴えていた、はるかぜちゃんこと女優の春名風花さんが、相手から315万円の示談金を勝ち取ったことが大きな話題となっています。
315万円という金額は大きく、一定の抑止効果が期待できそうです。


神奈川県警は告訴状を一時受け取ろうとせず

示談金を支払った人物は、春名さんに対してツイッターで「彼女の両親自体が失敗作」などと、誹謗中傷する内容を投稿していました。
春名さんはインターネットを中心に活動してきたことから、9歳の時から多数の誹謗中傷を受けており、精神的に苦しんできたそうです。

誹謗中傷はエスカレートし、殺害予告まで出るようになり、一時は家から一歩も出られないという状況になったそうです。
仕事にも影響するようになったことから、法的対処を決断。
入念に準備を進め、プロバイダーに対して住所や氏名の開示を依頼する「発信者情報開示請求訴訟」を行い、相手を特定しました。


相手を特定したのち、春名さんは刑事告訴に踏み切りましたが、ここで信じられないような事態が起きます。
何と神奈川県警が告訴状の受け取りを拒否し、直接、春名さんの母親に対して事実上、告訴しないよう要請する電話をかけてきたのです。
怒りに震えた春名さんは、この件をネットにアップしたところ批判が殺到し、ようやく警察が告訴状を受理し、捜査が始まりました。


警察の捜査を受けた相手は「示談金を支払うので告訴を取り下げてほしい」と弁護士を通じて連絡してきました。
春名さんは当初、法による処罰を望んでいたので、示談金の受け取りは拒否する方針でしたが、現行法ではあまりにも罰が軽すぎるため、示談に応じ、その金額を公表した方がネットによる誹謗中傷を抑止する効果が大きいと判断。

最終的には315万円というかなりの高額で示談が成立する結果となりました。


“はあちゅう”さんは「匿名税」と表現

誹謗中傷での示談においてここまでの金額になることは珍しく、相手はよほど裁判で名前が出ることを望まなかったと考えられます。
この件は逆に考えれば、失うものが多い人にとっては、誹謗中傷というのは極めて高い代償を伴うということを意味しています。

春名さんと同様、多くの誹謗中傷に悩まされてきたブロガーの「はあちゅう」こと伊藤春香さんは、近年、誹謗中傷に対して毅然と対応する人が増えたことについて「匿名税」であると指摘しています。

日本には、著名な人はネットなどで叩かれてもやむを得ないという「有名税」という奇妙な言葉があり、加害者を擁護する雰囲気がありました。
しかし匿名に隠れて卑劣な言動を行う加害者は、これからは示談金という形でお金を払わなければ、前科が付く時代になりつつありますから、はあちゅうさんは有名税にかけて、匿名税と表現しているわけです。


面と向かって言えないことをネットで言って良いわけがありません。
自分の言動には責任が伴うというのは、ごく当たり前の社会常識といってよいでしょう。

“はるかぜちゃん”へのネット誹謗中傷、315万円で示談 抑止効果に期待できるか 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d165d58dfe65d40bc4d6bc6c1ac7a0e7590fbb2d
春名風花

【“はるかぜちゃん”こと女優の春名風花さんへのネット誹謗中傷、315万円で示談 抑止効果に期待できるか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/24(金) 14:43:42.05 _USER9
▼記事によると…

・「俺たちは必死に汗水流して働いて、毎月毎月金納めてやっとこさ返してるってのに。悪口言われただけで315万もボーナスもらえる上級国民はるかぜちゃんは、やっぱ違うわ~。」

「春名風花、315万とかいいな~。悪口言われただけでタンマリ大金もらえて、みんなにチヤホヤされてなぁ。なんか損害受けたわけでもないのに、どういう315万なんだよ?」

「金持ちの暇つぶしが羨ましい」

「じぶんさえ良ければいいってか」

何を言ってるんだろう。そんなにうらやましいなら、あのとき代わってくれたら良かったのに。この金額はラクしてもらえる不労所得じゃなく、僕のこれまでの苦しみとトレードなんだから、そんなに10年ぶんの慰謝料が欲しいなら、僕と同じめにあって、10年間苦しんでみたら良いと思うんだよ。

(中略)

・あのね、僕は必死に汗水流して働いて貯めてきた学費を裁判費用に使ってしまったので、そのぶん奨学金を借りないといけなくなったんですね。だから慰謝料をもらっても、もちろん嬉しいけれど、それは単に「今まで損してきたお金が元に戻って嬉しい」ってだけのことなんです。

それと、もう10年近く嫌がらせを受けて、たくさんの仕事を失ってきたり、自分で警備を頼むための費用も払ったりしているので、トータルで考えたら、もらった慰謝料を遥かに超える損害が出ています。損したお金、かけたお金だけを純粋に計算しても、300万なんてものじゃおさまらない。これでも全然足りていないと思うんだよ( ;꒳​; )

また僕は裁判をしようと決心したとき、月収10万くらいで、5万円の家賃で都内で一人暮らしをしていました。実家から食糧を分けてもらって何とか生きていましたが、稽古場に行くための交通費を払ったら手元には何も残らない。お金も時間もコネも、何にも持っていない高校生でした。生活を限界まで切り詰め、芸能の仕事の空き時間に睡眠時間を削ってテレアポのバイトやイベントのアルバイトをし、お金を貯め、弁護士さんも自分でネットで探して決めました。そうしないと、そのささやかな生活すらも壊されてしまうと思ったからです。

(略)

no title

https://sn-jp.com/archives/4353 
2020-07-24 


全文はこちら
https://note.com/harukazechan/n/nb572c1e4cac0

【【はるかぜちゃん】春名風花さんが反論「悪口言われたぐらいで315万も示談金貰えていいな」と思っている皆さんへ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/20(月) 10:29:31.19 _USER9
ツイッターに虚偽の内容を投稿され名誉を傷つけられたとして、女優の春名風花さん(19)と春名さんの母親が、書き込みをした人物を相手取り、慰謝料など265万4000円の支払いを求めた訴訟は7月16日、横浜地裁で刑事告訴の取り下げと被告側が春名さん側に示談金計315万4000円を支払う内容で示談した。

春名さんが7月20日、自身のYouTubeで明らかにした。

春名さんのYouTubeなどによると、警察から書き込み主に対し電話があった翌日に、代理人弁護士を通じて「示談金を支払うので、告訴を取り下げてほしい」と連絡があったという。

春名さんは「お金の問題よりも、社会的に罪を償ってほしいという思いで裁判をしていた」と話し、示談についても「のちの人のために、判例を作るべきではないかという思いもあった」として最初は拒否していたという。

ただ、今の法律では軽微な罰で終わってしまうと聞き、「現行法では、やったことに対しての処罰が甘すぎる。
法律で裁く方が罪が軽くなってしまうかもしれないと判断した」と説明した。

春名さんは「何より相手の身元を特定できたことで、誰に狙われているかわからない恐怖から、何万分の一でも解放されたことは大きいです。お金そのものが心を癒すことはできなくても、勉強や仕事のため役者として頑張るために使おうと思う」と話した。

ここまで2年弱かかったといい、「勇気を出して訴訟をしたことでゆっくりと動き出したような気がします。
誹謗中傷されて何かが変わるなんて悔しすぎる。どうかみんなも勇気を持って立ち上がってほしい」と呼びかけた。
https://www.bengo4.com/c_23/n_11484/
computer_net_stalker_man

【【はるかぜちゃん】春名風花さんが「ネット中傷」の投稿者と示談成立 示談金がすごいwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/04(土) 17:56:50.79
「はるかぜちゃん」こと女優の春名風花さん(18)。9歳でツイッターを始めると、社会問題について自分の意見を率直につぶやき、すぐさま話題になった。今年2月に19歳の誕生日を迎える春名さんのフォロワーは、今や20万人を超えたが、この10年間は誹謗中傷との闘いでもあった。

「顔の見えない人たち」からの中傷に対抗するため、春名さんはついに法的措置をとった。裁判所が11月1日、ツイッターで誹謗中傷した投稿者の情報開示をプロバイダ側に命じるニュースが流れると、フォロワーからは「おめでとうございます」とお祝いの声がたくさん並んだ。

「本気でやれば、ネットは匿名じゃないと示せた」。春名さんはそう喜ぶ一方で、「裁判には時間もお金もかかって、被害者側が損ばかりしている。言ったもん勝ちはずるい」と複雑な心境も明かす。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00010611-bengocom-soci
20200104004

【はるかぜちゃんこと春名風花さん、ネット中傷に法的措置 ← おまえらこれどうすんのwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/08/26(月) 11:04:57.57
女優で声優の春名風花が25日から26日にかけてツイッターを更新。夏休みが終わるこの時期に、いじめられている子たちへ「つらいなら学校へ行かなくてもいい」と訴える声が増えることに「『学校に行かなくてもいいんだよ』というメッセージは、本来、いじめている側にかけるべき言葉です」と持論を訴えた。

 春名は「毎年この時期になると『無理して学校に行かなくて良いんだよ』というツイートがタイムラインに溢れます」と切り出し「一見優しい言葉に見えますし、緊急対応としても間違いではありません。でも『学校に行かなくてもいいんだよ』というメッセージは、本来、いじめている側にかけるべき言葉です」と訴えた。

 そして「他人の学ぶ権利を邪魔するのならば、学校には来ないでください」「真面目に学校に通いたい人達の迷惑になります」と“いじめている側”へ呼び掛け、いじめられている人へは「あなた方は堂々と学校に行く権利があります。誰にも遠慮せず学ぶ権利があります。その事を絶対に忘れないでください」と強く訴えた。

 さらには「『つらいなら学校なんか行かなくて良いんだよ』と、いじめられた側を追い出して、何事もなかったように学校生活を送る人達を、僕は絶対に許さない」ともつぶやいた。そして「なので、夏休みの終わりに声を大にして書いておきます。『いじめをするのなら、学校なんて来なくても良いんだよ』」と、自身の考えをつぶやいた。

 その後も春名は、いじめられ不登校になった側が勉強が遅れたり、社会復帰できないことの理不尽さをつぶやき、「不登校の受け皿が用意されているなら不登校でも良いと思います。けれど現状は、いじめで不登校を選択した末に学歴もなく引きこもり、社会復帰すらままならない子が大勢いる」。一方いじめた側は、普通に生活を送れることに「納得がいかない」ともコメント。「なぜいじめられた上に勉強する権利まで奪われるのか」など、つぶやきは止まらない。

 翌日にもツイートは続き、「これからは被害者を不登校にすることで『その時だけ』問題を解決したことにしている現状から、もう一歩先の『本当の解決』に踏み出して欲しいと僕は思う」とも呼び掛けていた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/26/0012642049.shtml 
2019.08.26 

 

no title

【春名風花「声を大にして書く」 いじめている人へ「学校なんて来なくても良いんだよ」】の続きを読む