芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

映画

1: なまえないよぉ~ 2019/08/07(水) 06:55:46.23
人気グループ・乃木坂46の白石麻衣が、千葉雄大主演の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2020年公開)で、千葉演じる加賀谷の恋人役を務めることが7日、発表になった。
白石がミステリー映画のヒロインを演じるのは初めてで「誰にも見せたことのない、そして私自身も見たことのない表情を監督から引き出していただけた」と語り、新境地の開拓を実感している。

同作は、北川景子主演で田中圭らが共演し、2018年11月に公開され興行収入19.6億円を記録した『スマホを落としただけなのに』の続編。
前作で“過去にトラウマを持つ”刑事・加賀谷を演じた千葉が主演で、獄中の“連続殺人鬼”・浦野を怪演が話題を集めた成田凌が演じる。
メガホンを取るのは、『リング』シリーズの名匠・中田秀夫監督が続投し、“誰にでも起こりうる身近にある恐怖”、さらに警察組織を巻き込んでのサイバー犯罪を描く。

白石が演じるのは、以前に加賀谷も務めていたIT系の会社に勤めている松田美乃里。
加賀谷とは付き合って3年経つが、2人の将来について煮え切らない態度をとる加賀谷に不満を募らせるも、ある日突然、謎の男に狙われることになる。

白石は「参加すると決まった時には緊張と不安でいっぱいでしたが、千葉さんはじめキャストの皆さん、スタッフの皆さんが本当に良い方ばかりだったので楽しく撮影することができました」と笑顔。
中田監督からは『今まで見せたことのないような恐怖の表情で(演じて)』と言われるなど様々な演出を求められ「今まで挑戦できなかった難しいシーンも盛りだくさんだったので、歓声した映像を観るのが楽しみです」と話している。

中田監督は「『クールビューティー』のイメージのある白石さんに、『キュートで熱い』女性像を演じてもらいたかった。初めて演じるハードな場面の連続を演じ切ってくださり大感謝です。『えっ!白石麻衣が、ココまでやる!?』とドキドキしてもらえる演出を心がけました」と白石が果敢に取り組んだ演技を絶賛。

平野隆プロデューサーは「前作では日本を代表する美の象徴である北川景子さんが映画を大ヒットに導いてくれました。今作が成立するかどうかは、北川さんに匹敵する美しさを持つ方を見つけ出せるのかという一点にかかっていました。様々な調査を重ね導き出された答えは私が当初想定していたまさに白石麻衣さんその方でした」と北川同様の美しさを備える白石を抜てきした理由を明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00000310-oric-ent

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』ヒロインに抜てき 白石麻衣
no title

クランクアップを迎え笑顔を見せる白石麻衣と中田秀夫監督(左)、千葉雄大
no title


乃木坂46 白石麻衣
no title

no title

no title

【乃木坂46白石麻衣、ミステリー映画ヒロインに抜てき!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/04/08(月) 12:28:53.86 ID:1hfC8uwZ9
4月4日、フル3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のボイスキャストが公開され、それに伴い予告映像も解禁された。

ところが、この国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの新たな挑戦に胸を躍らせていたファンを、大きく落胆させてしまったようだ。
「1つ目の理由は、キャストがほとんど芸能人であること。本業の声優を使わず、客寄せパンダの有名芸能人を並べまくったことに批判が続出しています。しかし、こんなことはまだ序の口でした…」(ゲーム雑誌編集者)

ファンを驚かせたのは、アニメのキャラクターデザインだ。「ドラクエ」といえば、『ドラゴンボール』で知られる鳥山明氏がすべてを担当しているのは万人の知るところ。にもかかわらず、何とこの映画のキャラは鳥山氏のタッチとはまるで違う。

これにはファンから、
《バカなの? 鳥山の絵があってのドラクエなのにふざけんなよ!》
《鳥山絵に寄せないドラクエって存在してる意味あるん?》
《もはやこれはドラクエじゃない。期待してたけど、絶対に見にいかないわ》
《ファンを馬鹿にすんなよマジで。これでドラクエを名乗るな》
などと批判が続出。シリーズのファンで知られるタレントの中川翔子も、ツイッターで《ドラクエ5映画鳥山さんタッチじゃない顔なのか!》と驚きを見せている。

◇ 海外展開に向けてキャラデザ変更

「『ドラクエ』は、〝ゲームデザイン&シナリオ〟の堀井雄二氏、〝音楽〟のすぎやまこういち氏、そして〝キャラデザ〟の鳥山明氏という3本柱で成り立っていました。しかし、映画の予告映像には、堀井氏とすぎやま氏の名前のみ登場。ファンが怒るのは当然ですね」(前出の編集者)

今回、鳥山氏を切ったのには、ある狙いがあるという。
「『ドラクエ』は国内だけで大ヒットし、海外ではウケていません。その理由の1つに、鳥山氏のデザインによるかわいらしいモンスターと、重厚なストーリーがミスマッチだという指摘があるのです。
そこで映画スタッフは、海外でも超有名な鳥山氏を、あえて切る選択をしたのかと。しかしこれは、国内での興行をある程度捨てたも同然。もし海外での展開にコケれば、とんだ笑いものでしょうね」(エンタメ誌記者)

これまでは国内の売上だけで十分にやってこれた『ドラクエ』。欲を出した海外展開がどうなるのか、注目していきたい。

2019.04.07 17:31 
https://myjitsu.jp/archives/80228 
https://youtu.be/pUFO5uE2FeM



 参考
no title

no title

【映画『ドラクエ』から鳥山明を切った裏事情! ファン大激怒】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/08(金) 18:02:46.98 ID:ix/cxrVI9
 自宅で派遣型マッサージ店の女性に乱暴したとして、強制性交の疑いで1日に逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40)が主演する映画「善悪の屑」の公開中止が8日、決定した。公式サイト、ツイッターで発表された。

 「本作を応援いただいております皆さま、また制作スタッフの皆さま、ご出演いただいた皆さまには、深くおわび申し上げます」と出演者、スタッフへの謝罪の言葉も記されている。

 同作は新井容疑者と林遣都(28)のダブル主演で、部分的な撮り直しは難しく、事実上のお蔵入りといえる。

 もともとは年内公開予定だったが、新井容疑者の逮捕を受け、製作・配給の日活は「捜査状況を確認しながら今後の対応を検討する」としていた。

 7日には、今月27日に発売を予定していた新井容疑者出演の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のブルーレイ、DVD版の発売延期も発表されている。

 また、NHKは7日の定例会見で、NHKオンデマンドで配信していた新井容疑者出演の10作品が逮捕を受けて配信停止になったことから、損害賠償請求を「検討している」と明言。請求先が新井容疑者個人になるのか、契約を解除された元所属事務所になるのかは「そこを含めて検討」中と話していた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000119-dal-ent
no title

【新井容疑者W主演作「善悪の屑」公開中止を発表…配給側、出演者にもお詫び】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/19(水) 08:45:10.50 ID:CAP_USER9
当初、主役には、蒼井優、満島ひかりなどの名前が挙がっていたが……
 菅義偉官房長官の天敵といえば、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者(43)である。彼女をモデルにした映画の撮影が、いよいよ開始された。当初、主役には、蒼井優、満島ひかりなどの名前が挙がっていたが、蓋を開けてみれば、意外な女優だった。

 ***

 望月記者は、社会部所属にもかかわらず、昨年6月から菅官房長官の定例会見に出席し、加計問題などについて執拗に質問を浴びせかけたことで、一躍注目を集めた。

 官邸詰めの記者によれば、

「それ以降も、菅官房長官とのバトルは続いています。11月28日には、出入国管理法改正案について、望月さんが“強行に採決が行われた”などと質問攻め。それに対し、菅官房長官は“強行採決なんか、やっていない”“まったく事実と違うことの質問はすべきではない”と、苦虫を噛み潰したような顔で反論していました」

 菅官房長官の天敵としてその名を知られるようになった望月記者は、2000年に入社。事件記者としてならし、昨秋、自伝本『新聞記者』を上梓した。その自伝本を原案とした映画の撮影がようやく始まったのだ。

 東京新聞の関係者によれば、

「12月1日、2日、16日の休日の3日間、本社7階にある放送芸能部、文化部などで、ロケが行われることになりました。会社としても、東京新聞の知名度を上げるために、撮影に協力することにしたのです」

ダブル主演

 一体、どのような映画になるのか。

「望月さんの自伝本をもとにしたオリジナルストーリーの映画。主役の新聞記者を演じるのは、24歳のシム・ウンギョンという韓国人女優です。当初、蒼井優や満島ひかりなども候補になっていましたが、やはり、政治色がつくことから、キャスティングできませんでした」

 と明かすのは、映画制作会社の関係者である。

「そのため、何のしがらみもないシム・ウンギョンが抜擢されたのです。ただ、難点は日本語が達者とは言えず、たどたどしい話し方をする記者になってしまいましたが……。この映画はダブル主演態勢で、もう一方の主役には集客力を見込んで、人気俳優の松坂桃李が起用されました。新聞記者とともに、不正に塗れた上司を追及する内閣情報調査室の役人という役です」

 それにしても、望月記者役のシム・ウンギョンは、日本ではほとんど知られていないが、韓流ウォッチャーが語るには、

「韓国では、子役出身の女優として知られています。有名になったのは、『ファン・ジニ』という人気ドラマで、日本でもよく知られているチャン・グンソクとともに子役で出演していたからです。かねてから演技力には定評があり、“演技神童”と呼ばれていたほど。韓国では誰もが知るお馴染みの女優ですが、かと言って、人気があるというわけではない。華のある美人ではありませんからね」

 昨春、シム・ウンギョンは、門脇麦や安藤サクラといった演技派が揃う事務所と契約し、日本での活動を本格化させたという。

 そこで、望月記者に、自分の役を韓国人女優が演じることについて聞くと、

「会社から、映画のことは喋ってはいけないと言われていまして……」

 菅官房長官を追及する威勢の良さとは打って変わって、歯切れの悪い回答だった。

 映画の公開予定は来年6月。

 ともあれ、菅官房長官が一番観たくない映画であることだけは間違いない。

12/19(水) 5:59配信 
デイリー新潮 
蒼井優に逃げられて… 「東京新聞の美人記者」映画、主役に韓国人女優 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181219-00553458-shincho-ent 


no title
【蒼井優に逃げられて… 東京新聞の望月衣塑子モデルの映画「東京新聞の美人記者」、主役はなんと韓国人女優 ← これwwwww】の続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー

1: なまえないよぉ~ 2018/11/23(金) 01:08:34.05 ID:CAP_USER9
アメリカの一般観客が続編を最も見たいと思っている人気映画シリーズが、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」であることが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

米ハリウッド・レポーターは調査会社モーニング・コンサルトと共同で、続編映画に関するアンケート調査を2201人を対象に実施。
すると、回答者の71%が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの新作を見たいと返答したという。「トイ・ストーリー」シリーズ(69%)、「インディ・ジョーンズ」シリーズ(68%)、「ジュラシック・パーク」シリーズ(67%)が続いている。

 また、全作品を視聴している人気シリーズに関する質問に関しても、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズが1位で、実に54%が3部作を視聴していると返答。「トイ・ストーリー」シリーズ、「インディ・ジョーズ」シリーズはそれぞれ47%だった。
ちなみに次々と続編やスピンオフが製作されている「スター・ウォーズ」シリーズをすべて視聴していると答えた人は、全体の36%だった。

 今回の調査で、回答者の71%が映画を見に行くときは、既に見たことのあるシリーズの新作を見たいと返答。人気シリーズの続編やリブートに大きな需要があることが、改めて浮き彫りになった。
その理由について、米ウェブサイトio9は、「ありとあらゆるメディアがあるいま、ユーザーはまったく知らないものより、馴染みのあるものにお金を使いたがる傾向があるのでは」と分析している。

 ちなみに、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメキス監督は、自分の目が黒いうちは続編を作らせないと発言している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000001-eiga-movi

【最も新作が見たい映画シリーズは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」!】の続きを読む