芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

早川支配人

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/08/03(土) 13:27:14.58
 NGT48劇場支配人の早川麻依子氏が3日、自身のツイッターを更新。グループが「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」のステージで“再始動”したことを「大きな一歩」と評し、感謝した。

 昨年12月に元メンバー山口真帆(23)が男性ファンから襲撃された事件の影響で、活動休止の状況が続いていたグループは、この日、都内で開催された同イベントで活動を再開。ステージが無事に終了したことを受け、
早川氏はツイッターを更新。「今日はNGT48にとって大きな一歩となりました」と再始動を報告。「ご来場頂いた皆様、遠くの地から応援してくださっていた皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました」と
集まったファンや関係者に感謝した。

 同イベントの通常の開始時間午前10時よりも早い、“前座”扱いとなる午前9時10分に出演したNGT48。“ゼロからのスタート”に荻野由佳(20)は
「本日このステージに立てるのは、私たちが34人全員でパフォーマンスをさせていただきたいという気持ちを、スタッフの方にお話しして、このような形になりました。そして、タイムスケジュールがすべて決まっていたにも
かかわらず、このようなステージを用意してくださったTIFの皆さまに、協力をしてくださった方々に、そしてデビュー前から応援して下っていた新潟県の皆さまに、また私たちを応援していただけるように…、
信じて待っていてよかったと思っていただけるように、精いっぱいがんばらせていただきます」とあいさつ。「Maxとき315号」など計5曲を披露し、最後は、本間日陽(19)が「私たちはここから精いっぱい全員で
頑張らせていただきます。今日は本当にありがとうございました」と感謝と誓いを立てた。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000155-spnannex-ent
no title

【NGT48早川支配人 ツイッターでグループ“再始動”報告「大きな一歩」 ← これwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/01(月) 00:17:49.68 ID:Cw9GpXPT9
【NGT48暴行問題】早川支配人が問題の対策について発表

https://ngt48.com/news/detail/100003326

お知らせ
2019.07.01
ご報告

いつもNGT48を応援して頂き誠にありがとうございます。

私たちNGT48を支えていただいているファンの皆様、新潟県の皆様、関係者の皆様におきましては、昨年12月からの当グループに関わる一連の出来事で、大変なご心配やご迷惑をおかけしておりますことを、改めて深くお詫び申し上げます。

縁あってNGT48として集ったメンバーそれぞれの夢を預かり、花開く場を提供していくことに最善を尽くすことが、私どもの役割ではございますが、今回、一連の出来事を通じて、かけがえのない存在であるメンバーを苦しい立場に立たせてしまったことは、支配人としても忸怩たる思いでございます。
今後は二度とこのような事態を招かぬよう、改善にベストを尽くしていく所存です。

又、この度運営会社であります、株式会社AKSとしましては、今回の一連の出来事に対する反省を踏まえ、企業としての社会的責任に対する取り組みの強化の一環として、コーポレートサイト( https://aks-corp.com ) を立ち上げましたが、一連の出来事を踏まえ、私どもが取り組んでいる対策などについては、下記にてご説明させていただきます。
尚、メンバーのプライバシーにかかわる事象や、進行中の法的手段の準備等の都合で、現段階では明確にお答えできない内容がございますことを何卒ご容赦の程お願い申し上げます。

①NGT48メンバーのセキュリティ対策の強化について
・ 防犯用のGPS通報専用端末の配布
・ 警備会社による劇場周辺やメンバーの自宅周辺の巡回の強化
・ 緊急連絡網の見直し
・ 地元警察との連携の強化
・ メンバーからの不審者情報等の集約と当該情報に基づく迅速かつ適切な対応
・ チケット受付における生体認証(顔)認証システムの導入の検討

②送迎対策
・ 送迎ルートや方法等の随時見直し
・ 送迎時のスタッフの帯同強化

③つながり防止対策
メンバー本人及びご家族の同意・協力の下、つながり防止対策として以下を実施して参ります。
・ 「私的領域(プライベートな空間)において特定のファンを優遇すること」等、ファンとの私的なつながりの定義の明確化と禁止ルールの遵守の徹底化
・ SNSのDM返信のチェック体制構築
・ プライベートな環境でファンと遭遇した場合の、運営への即時連絡
・ 握手会レーンへの防犯カメラ設置
・ まとめ出し時のスタッフの対応強化

④NGT48メンバーのメンタルケアの体制強化
・ 希望するメンバーへのカウンセリングの実施
・ メンバーのご家族との連絡強化、個別面談の実施

⑤NGT48メンバーと運営のコミュニケーション
・ マネージャー、支配人に加えて、役員、社長面談の実施
・ スタッフとNGT48メンバーによるミーティングの定期開催

⑥運営面での意識改善の機会創出
ファンの皆様との望ましい距離感をとるべく、考える機会の創出とルール化を進めております。
・ メンバー、スタッフ参加の専門家、弁護士を招いたSNS講習会の実施
・ 運営スタッフの危機管理意識の改善
・ メンバーの心得の作成

⑦活動の安心・安全のための毅然とした対応
・ 今回の出来事に関する民事訴訟の提起
・ メンバーの名誉やプライバシーの保護として、SNS等における脅迫ないし誹謗中傷の投稿や書き込みに対する民事上及び刑事上における法的措置の実施を含む厳正な対処

最後になりますが、上記を継続実施し改善することにより、皆さまからの信頼を取り戻しながら、NGT48が多くの皆様に笑顔を与える存在となれます様、努力してまいりますので、ご支援の程よろしくお願いいたします。

NGT48 劇場支配人
早川麻依子
ngt_logo

【【NHKで特集される前に】NGT48暴行問題、早川支配人が問題の対策について発表 ← もうねwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ngt_logo

1: なまえないよぉ~ 2019/05/29(水) 06:02:10.40 ID:Su/iFKIv9
NGT48の早川麻依子支配人がTwitterで第三者委員会の報告書と食い違うような内容のツイートを投稿したことで再び物議を醸し、ファンの不信感をあおってる。

問題とされている早川氏のツイートは、山口真帆(23)の暴行事件が発覚した際に浮上したメンバーとファンとの“つながり”についてのもの。5月26日、早川氏は《報告書に出ている、具体的に名前が挙がった12人》について「人から聞いた」「つながっていると思う」といったものだとし、《曖昧な話ばかり》と投稿。さらに《処分しようにも全く証拠がありません》とメンバーの潔白を主張した。

ところが同ツイートには疑問の声が上がった。というのも3月21日にNGT48の公式ホームページにアップされた「第三者委員会調査報告書」の冒頭部でAKSは“つながりがあった”と認め、こう反省している。

《責任を問われるべきなのは、組織運営に問題があり、スタッフ及びメンバーに対して、事前に明確な基準を示して適切な指導ができていなかった当社であることから、今までのNGT48内での私的領域におけるファンとのつながりを含め、風紀の乱れ全般は、今回は不問に致します》

さらに同書の21ページでは“つながり”について《本件調査の中で,「噂」レベルではなく,具体的な事実として垣間見ることができた》と明かされている。例えば被疑者の1人と思われる男性と他メンバーの行動に関する内容を話すメンバーがいたり、もう1人の被疑者に山口の家に行くことについて相談していたメンバーがいたことなどを列挙していた。

そのためTwitterでは、困惑する声が上がっている。

《第三者委員会で繋がりは認められていましたよね?》
《もう『第三者委員会』の調査自体信用に値しないという事を言っているのと同じなんですけど》
《第三者委員会と食い違う発言は信憑性ゼロの火に油》

早川氏はTwitter始動当初、《メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います》とツイートしていた。しかし投稿のたびに厳しい声が上がっている。

写真
no title


5/28(火) 23:58配信 女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00010016-jisin-ent

【NGT48早川支配人、第三者委員会と食い違う投稿「火に油」と物議wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20190330-00000240-spnannex-000-13-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2019/05/27(月) 07:09:10.16 ID:QZTQvO4+9
NGT48劇場の早川麻依子支配人が26日、ツイッターでグループのために「やるべきことはやります」と改めて決意表明した。

早川支配人は24日に自身のツイッターを開設し、元メンバー・山口真帆(23)が暴行被害を受けた事件に関する説明を続けている。しかし、コメント欄は懐疑的な声や怒りであふれ“炎上”状態が続いている。

そんな中、早川支配人は「このつながりの話は、私が第三者委員会の報告後にメンバーから聞いた話です。私がこのtwitterに書くことは、自分が直接聞いた話や、自分が確認を取れたものだけになります」と主張。

その上で「これから、運営の責任は責任として背負いながら、やるべきことはやります。私は、メンバーやファンの皆様に迷惑行為をしている『厄介』と呼ばれているファンのことを、本当のファンだと思ってはおりません。メンバーやファンの方のためにしっかりと対処をしていきます」と宣言した。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/akb/1408740/
2019年05月26日 22時41分

【元NGT48山口真帆さんが事務所移籍したとたんに、NGT48早川支配人が決意表明wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/05/25(土) 14:08:11.89 ID:YFlgI/cB9
 NGT48支配人の早川麻依子氏が2019年5月24日深夜から25日にかけてツイッターを更新し、18年12月に発生した山口真帆さん暴行事件について、経緯を説明するツイートを行った。

■「直接説明したがっていた」メンバーもいた

 早川氏は5月24日にツイッターアカウントを開設。24日深夜に

  「違うことは違うと直接説明したがっていたメンバーの話を3人に聞いてもらう機会をつくることは叶いませんでした。私がちゃんと話をする場を設けてることができていたなら、
違う結果になっていたかもしれない…自分の力不足を痛感しています」(原文ママ)

と投稿し、山口さんら卒業メンバーと一部メンバーの間で事件をめぐって認識のすれちがいがあり、それが解決されないまま山口さんらの卒業に至ったと説明した。

  暴行事件をめぐっては、一部のNGTメンバーが犯人グループとつながり、山口さんに関する情報を提供したという噂が繰り返し拡散されているが、早川氏はこの投稿より前にも

  「『あくまで噂は噂であって、真実ではない』ということを少しでもご理解して頂ける場になればと思っています」

と投稿し、改めて事件について説明を行っていくと表明している。また警察の捜査については

  「12/8に起こった暴行事件に加担したメンバーはおりません。警察で事情聴取を受けたメンバーは、捜査協力のため事情聴取を任意で受け、自ら携帯を提出しましたが、
関与はなかったと認められています」
  「被害届を本人の意思に反して会社が取り下げることは法律上できません。またそれを指示した事実もありません。なぜ不起訴になったかは、被害者かその家族でなければ
検察からは教えてもらえません」

と経緯を説明した。一連のツイートに対しては、事件の真相のさらなる説明を求めるリプライなどが殺到している。

JCASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000004-jct-ent

no title

【NGT48早川支配人、山口暴行事件に「加担したメンバーはおりません」 ← とことんしらを切るスタイルwwwww】の続きを読む