芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

日本テレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/05/22(月) 13:50:32.75 ID:CAP_USER9
日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)が、21日に放送された同局系バラエティ番組『ニノさん』(毎週日曜12:45~13:15)で、一部視聴者のバッシングに悩んでいることを打ち明けた。

この日は、「わかる人にわかってもらえばいい」という橋本龍太郎の生き方を学ぶ企画。
水卜アナは、「アナウンサーだからちゃんとしている、元気にハキハキしゃべるというイメージを持っていただくことはありがたい」と感謝しながら、
PCで黙々と作業しているところを後輩社員に目撃され、「三浦先輩って結構暗いんですね。入社してビックリしました」と言われたことがあったという。

そんな後輩の悪気のない発言を、「『おはよー!』みたいに何かを食べてるようなイメージで(後輩は)入社しているので、パソコンに向かってるのを見てビックリしちゃったみたいで」と分析。
元気で明るく前向きなイメージが、人々の中に強く残っているのを実感した出来事だった。

オリコン調査による「好きな女性アナウンサーランキング」で4年連続1位に選ばれている水卜アナ。
俳優の坂上忍(49)は、「女子アナでずっと何年も1位なわけでしょ? 当然『嫌い』も出てくるからね」と人気者にとっての宿命を話題にし、
「微妙に傷ついているんじゃないの?」とその心中を探る。

すると水卜アナは、「はい」と即答。
「引くぐらい傷ついています。耐えられないんです」と素直に心情を伝え、「すごくリアルな顔しちゃいました」と照れ笑いを浮かべる。
「だから、どんどん発言も保守的になってきちゃうし、余計なことをしゃべるくらいなら黙っていようと思っちゃうから」とアンチの存在を意識していることを明かし、
「こうやって言いたいことを言えるのはかっこいい」と橋本龍太郎の信念を称賛していた。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170522/Cobs_1629826.html

水卜麻美アナ
no title

【水卜アナ、アンチのバッシングに苦悩「引くぐらい傷ついています。耐えられない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/05/03(水) 10:21:39.63 ID:CAP_USER9
視聴者が一斉に離れて怪物に悲しみ募るーー。
4月30日、綾野剛(35)主演の連続ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)の第2話が放送された。
斎藤工(35)が友情出演するサプライズが用意されていたものの、平均視聴率は1ケタに転落し、
視聴者の反応も「綾野剛と柳楽優弥の無駄遣い」「キノコが気持ち悪い」などと芳しくない。期待された作品の不調はいったい何が原因なのか?

■キャスティングの失敗?「キノコ気持ち悪い」の声も

 30日に放送された第2話では、感情が高ぶった怪物・深志研(綾野)に触れられた津軽晴果(田島ゆみか・27)が、顔に透明なキノコをつけ、意識不明に陥る。
姉・晴果に付き添う津軽継実(二階堂ふみ・22)は、稲庭聖哉(柳楽優弥・27)に彼から話を聞いてきてほしいとお願いする。
翌日に判明した平均視聴率は7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。第1話にマークした11.2%から一気に3.9ポイントも下降した。

 そんな2話では、深志研を生み出した医学博士・深志研太郎として斎藤が友情出演。
それでも「今日は何を伝えたかったのか本気でわからなかった」「綾野剛と柳楽優弥の無駄遣い」「キノコ気持ち悪い」
「フランケンのやつなんでキノコなの? 綾野剛は見たいけど気持ち悪い」など視聴者からはブーイングの嵐だった。

「イメージが悪化している原因の一つが、綾野の体から生えるキノコでしょう。
顔がキノコに覆われるシーンはまるで湿疹や皮膚炎のようにも見え、綾野目当ての女性視聴者が嫌悪感を催しています。演出としてはかなり失敗の部類でしょう」(報道関係者)

 しかし、視聴者離れの要因はもっと基本的なところにもあるようだ。

 『フランケンシュタインの恋』出演者の中で、戦犯候補の一人に挙がっているのがヒロインの二階堂。
綾野と柳楽の二人から思いを寄せられる病弱の理系女子を演じているが、このキャスティングが視聴者にはピンと来ない様子だ。

「やたら演技派扱いだけど、普通の人が演じられないってうまいとはいえない」「売れている理由が益々わからなくなった」と放送中から非難が相次ぐ不人気ぶり。
また数々の浮名をはせる肉食女子だけに「二階堂さんみたいな肉食獣は狩る相手(共演俳優)次第なんでしょうね。狩りがいがない相手だとやる気無し」という揶揄まで飛んでいる。

「二階堂は菅田将暉(24)や山・賢人(22)、星野源(36)など数々の人気俳優と噂になった”オンナの敵”。
綾野や柳楽が次なる獲物に見えても仕方ないでしょう。そうした私生活でのネガティブイメージが強すぎることで、ドラマの役柄に余計な先入観を与えてしまう。
もはや二階堂への期待は、セクシーさを売りにする斎藤との濃厚なラブシーンくらいしかないのでは?」(前出・関係者)

 かたや主演の綾野も”共演者キラー”として数々の女優と浮名を流してきた肉食俳優で、かつては当時未成年だった橋本愛(21)とのデート現場をキャッチされたことも。
こうしたスキャンダルが多い2人による純愛ドラマに果たして視聴者が感情移入できるのか。
2話目にして大きく視聴率を落としてしまった『フランケンシュタインの恋』。
そんな明らかな配役ミスがはやくも露呈した格好だが、この先、視聴者を呼び戻すことができるのだろうか。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
>>1974年滋賀県出身。フリー記者。
某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。
主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

http://dailynewsonline.jp/article/1306739/ 

712UYGFFNDL

【二階堂ふみ(22)が戦犯? 『フランケンシュタインの恋(日本テレビ系)』が視聴者離れのワケ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/04/26(水) 06:42:43.95 ID:CAP_USER9
日本テレビアナウンサーの水卜麻美(30)が、4月19日放送の『今夜くらべてみました ゴールデン初回2時間SP』(日本テレビ系)に登場。知られざるプライベートを赤裸々に語った。

水卜は日本テレビの井田由美アナ(59)、尾崎里紗アナ(24)とともに 「トリオTHE華麗なる日テレ女子アナ」として登場。
入社8年目の水卜は、好きな女性アナウンサーランキング4年連続一位の人気者。
だが、中学のときは学級委員で、高校のときは変顔のプリクラを撮るのにハマるなど、いたって普通の青春時代を送ったという。

そして女子アナを目指し、慶応義塾大学に入学。「地味な自分を脱却してアナウンサーになるぞ!」と意気込んで入学したものの、切なすぎる事件が起こった。
それは「大学デビューを試みるも、カルチャーショックを受け挫折事件」。
ブランドのバッグを持ち、眉毛を描いて茶髪にして入学式に乗り込んだのだが、フルメイクに巻き髪であか抜けた女の子たちを目のあたりにし
「あ、間違えましたー! っていう感じで。けっこうショックだった」と、キラキラ女子に圧倒されてしまった当時を振り返った。

また、女子アナの登竜門であるミスコンにも出たかったのに、出られなかったという水卜。
その理由について「基本は人からの推薦だと思うんですね。なので、推薦されれば出られると思うんですけれど、
“あれってどうやって行われてんのかな?”って思って、気づいたらすべての選考が始まり、
すべてが決まってて、4年間誰にも推薦されないまま終わった」というトホホな体験を明かした。

大学時代もアナウンサーになりたいという夢を周囲に語っていなかったという水卜。
日本テレビ内定後は、大学で大騒ぎになると思いきや、友達が少なかったゆえに「誰もあたしのことなんか知らないので、“文学部にいるらしいけど誰? 
そんな人いた?”みたいな感じになってて」と、またもや水卜らしいエピソードを披露していた。

「水卜麻美は、視聴者が親近感を覚えるルックスや、言動が人気の理由。
こういった“学生時代から地味でトホホな青春を送った”というエピソードは、お茶の間に味方を増やすだけです。
本当に自己プロデュースの上手な、頭のいい人だと思いますね」(女子アナウォッチャー)

フリーで活躍する加藤綾子アナ(32)や夏目三久アナ(32)といった美女アナを差し置いて人気1位をキープできるのは、
天真爛漫なキャラながらも、ニーズを読めるクレバーさがあるからだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1304617/
2017.04.26 06:00 日刊大衆

水卜麻美2


【水卜アナ「ミスコンに出られなかった」大学時代を告白】の続きを読む