芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

日本

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/10(水) 00:24:03.12
日本には多くのギタリストが存在します。特に音楽業界にはすご腕のギタリストが多数存在しますが、誰もが“神”とあがめるほど素晴らしいテクニックを持つ人は一体誰なのでしょうか。そこで今回は、本当にかっこいい日本のすご腕ギタリストについて探ってみました。

1位 Char
2位 押尾コータロー
3位 仲井戸麗市/CHABO
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「Char」!

40年以上にわたり日本の音楽シーンで活躍を続けるChar。ギタリストなら誰もが知るレジェンド的な存在。8歳でギターをはじめ、その確かなギターテクニックは誰もが認めるところ。ロックだけでなく幅広いジャンルで多くの人を魅了しています。どこか憂いを帯びた70年代の音楽を感じることができる彼のギターは、大人を中心に多くの人から支持されています。新しいものも取り入れつつ、古きよき時代の音楽も大切にする…そんなCharが1位となりました。

2位は「押尾コータロー」!

アコースティックギターで唯一無二の世界観を作り上げる押尾コータロー。アコースティックギターの美しく弾むような音色が魅力的で、国内外に多くのファンを持ちます。34歳のときに遅めのデビュー果たした彼。オープンチューニングやタッピング奏法などの技法を巧みに使い、ギター一本とは思えない音の厚みを作り上げています。まるでセッションを聞いているような心地よい音の重なりと美しいメロディーに魅了された人が多数。2位となりました。

3位は「仲井戸麗市/CHABO」!

RCサクセションのギター&ボーカルとして有名なCHABOこと仲井戸麗市。RCサクセションのときは“破天荒”な演奏イメージを持つ人も多いかと思いますが、ソロのシンガーソングライターとしての彼は、鬼気迫る演奏の中にどこか哀愁が漂い、聞く人に感動を与えることで有名。「演奏を聴いて泣いてしまった」という人も多数。3位となりました。

このように、長年音楽シーンを彩ってきたギタリストが上位に選ばれる結果となりました。気になる4位~66位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どのギタリストが一番かっこいいと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:57,623票
調査期間:2019年5月14日~2019年5月28日

2019年07月10日 00:00
https://ranking.goo.ne.jp/column/5969/
no title

【本当にかっこいい!日本のすご腕ギタリストランキング】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/06/22(土) 00:09:34.14 ID:MV61XI779
先月26日に自殺未遂で病院に搬送された韓国のガールズグループ「KARA」の元メンバー、HARA(本名ク・ハラ=28)が日本で芸能活動を再開する。
以前、KARAのプロモーションに協力していた「プロダクション尾木」と契約することが21日までに決まった。

HARAは今年3月、横浜アリーナで開催された「TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2019」で同社所属のチューニングキャンディーと共演。その際、HARAが日本でのマネジメントを依頼し、話し合いが進められていた。
その後、先月26日に韓国・ソウルの自宅で倒れているところをマネジャーに発見され、入院していたが、今月になって同社を頼って来日。現在は日本で静養している。

同社の尾木徹社長は「契約の話し合いを進めている間にアクシデントがありましたが、日本に着いてすぐ事務所を訪ねてくれて瞳を潤ませながらもう一度日本で頑張りたいと語るハラさんの姿に胸を打たれ契約を決めました」と説明。
「仕事をする事が一番の薬だと思います」とコメントした。

HARAは「ファンの皆様に温かいお言葉を頂いてとても感謝しています。契約が決まったと聞いてすごくうれしかったです。いまは早く皆さんの前で良いパフォーマンスをしたいという気持ちです。
日本での活動、頑張りますので、これからもよろしくお願い致します」としている。

6/22(土) 0:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000180-sph-ent

写真
no title

【<元KARAのHARA>日本で芸能活動再開へ プロダクション尾木と契約】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/03/15(金) 15:53:36.20 ID:Z5wAY8Cx9
 モデルのローラ(28)が15日、インスタグラムを更新し、ゾウの孤児院訪問を明かした。

 ケニアに滞在しているローラは「こどもの象を保護する施設に訪れました」と報告。

「ここの施設では親を失ってしまった子供たちに栄養を入れたミルクを与えたりして自然にもどす2才までの間、母親象の代わりとしてなるべく自然に近い環境で
飼育員さん方が育てているんだ。子供の象は親がいないと1人で生きていけなくて去年はサイの子供も育てていました」と施設の概要を伝えた。

 アフリカゾウは激しい密猟のため、その数を急激に減らしている。メスの妊娠期間は22週と長く、オスはキバも立派になる繁殖期で殺されてしまうため、
増加が追い付いていない。

 ケニアでは首都ナイロビに国際的に有名な孤児院デイビッド・シェルドリック・ワイルドライフ・トラスト(DSWT)を設置。親を失ったり、サバンナではぐれた
小象を救出し、育成後、ツァボ国立公園などで自然に返す試みを続けている。 

 ローラは「象牙の女王」と呼ばれる中国人女性に禁固刑の判決が下った隣国タンザニアの状況も「過去5年間で60%の象が消えてしまい、その勢いは今も
止まらないんだ」と説明。

 その上で「日本は象牙大国にはいっているからこの事をみんなでシェアをして象を守っていこう」と象牙の国内流通を止めていない日本の現状を指摘し、
改善を訴えた。

 象牙の国際取引はワシントン条約で禁止され、中国でさえも国内市場を閉鎖した。ところが、日本はかつて象牙が合法的に輸入されたなごりで国内取引を禁じていない。
そのため、中国やベトナムの闇市場関係者が「抜け穴」の日本を経由して象牙を密輸している現状がある。動物保護に取り組むアフリカ諸国からの印象は良くない。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000025-tospoweb-ent
no title

【ローラさん、日本に象牙市場の閉鎖を要求 ← もう手あたり次第wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/09(金) 20:27:15.84 ID:CAP_USER9
 夕刊フジで報じてきた世界的人気を誇る韓流男性グループ「防弾少年団(BTS)」の“原爆Tシャツ”問題が波紋を広げている。テレビ朝日が8日、9日夜に予定されていたBTSの「ミュージックステーション」への出演を見送ると発表したのだ。

 テレビ朝日は2日にBTSの出演を告知していたが、8日になって出演見送りを発表。番組ホームページで「着用の意図を尋ねるなど、所属レコード会社と協議を進めてきたが総合的に判断した結果」と説明している。

 BTSは全米音楽チャート「ビルボード200」のアルバム部門で1位を獲得するなど、世界的な人気グループ。日本でも13日の東京ドームからドームツアーが予定されている。

 しかしかつてメンバーが原爆を揶揄するようなデザインのTシャツを着ていたことが、先月あたりからネット上で物議を醸していた。“原爆Tシャツ”は原爆を想起させるきのこ雲と、韓国国民が万歳している写真をコラージュするという許しがたいシロモノなのだ。

 「“原爆Tシャツ”問題に加えて、元徴用工に対する韓国最高裁の異常判決もあり、韓流アーティストへの風当たりは強くなっています。BTSの出演が発表されると、ネット上でもテレ朝が批判されています。今回、テレ朝がBTSの出演を見合わせたことで、各局とも当面出演を見送ることになりそうです」とマスコミ関係者。

2018.11.9 
https://www.zakzak.co.jp/smp/ent/news/181109/ent1811099139-s1.html 
no title

ドームツアーは予定通り行うというBTS(ロイター) 

【原爆Tシャツ問題が波及…韓流「BTS」を日本国内テレビが排除へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/07/10(火) 07:14:37.78 ID:CAP_USER9
女優の前田敦子(27)が、日本とウズベキスタンの合作映画「旅のおわり、世界のはじまり」(来年公開)に主演する。

両国の国交樹立25周年を記念した作品で、黒沢清監督(62)の最新作。
4月30日から1カ月間、全てウズベキスタンで撮影。
前田は長編映画で初めて海外オールロケに挑んだ。

バラエティー番組の取材で同国を訪れたリポーターが、現地の人々との交流によって新しい世界を開き成長する物語。
首都タシケントにあり日本人が建設に関わったナボイ劇場や、古都サマルカンドなどで撮影した。

黒沢監督作品には14年の「Seventh Code」、昨年の「散歩する侵略者」に続く出演。
2人がタッグを組む予定だった日中合作映画「一九〇五」が13年に製作中止になった経緯があり「黒沢監督の作品で主演を務めるのは、私にとって一番の夢でした」と大喜び。
ウズベキスタンを訪れたのは初めてで「驚くほど良いところ。街の人たちも本当にいい人で、言葉が通じなくてもこの国なら生きていけると異国で初めて思いました」と満喫した。

黒沢監督は前田について「カメラに写ると他の何物にも似ていない強烈な個性を発揮します。いやはや日本にも、もの凄い女優が出現しました」と絶賛している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000059-spnannex-ent

主演映画「旅のおわり、世界のはじまり」撮影終了後、現地のエキストラに囲まれ「かわいい」とキスされる前田敦子
no title

黒沢清監督と前田敦子
no title

no title


元AKB48 前田敦子
no title

no title

no title

【前田敦子、日本・ウズベク合作映画で主演 黒沢清監督が絶賛】の続きを読む