芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

日向坂46

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/07(火) 13:49:43.94
人気アイドルグループ「欅坂46」や「日向坂46」のマネジメント業務をおこなっている芸能事務所「Seed&Flower合同会社」が、
労働環境を改善するため、18歳未満の夜間労働を午後10時までにするルール運用を徹底することなどについて、
労働組合「総合サポートユニオン」と合意した。

総合サポートユニオンが12月27日、投稿サイト「note」で発表した。

投稿によると、契約タレントやスタッフたちが、深夜まで働くような状況があり、
その労働環境を改善するため、次のような措置について合意したという。

(1)18歳未満の夜間労働を午後10時まで、中学生の夜間労働を午後9時までとするルールの運用を改め徹底すること

(2)定期的な専門家のカウンセリングを実施すること

(3)ハラスメントや労務環境の相談窓口を設置すること

Seed&Flowerの担当者は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して
「(総合サポートユニオンの)noteに書かれていることがすべてです」とコメントした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010628-bengocom-soci
日向坂1

【「欅坂46」「日向坂46」所属事務所、18歳未満の 「夜間労働ルール」徹底で合意】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/28(土) 06:51:40.80
大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(総合、後7・15)の曲順が27日、発表された。
大トリは嵐で、2年連続3度目の大役で歌い納め。
紅組はMISIA(41)が初のトリを務める。
共にメドレー歌唱で、嵐は「A・RA・SHI」と「Tuning Up」、MISIAは去年ヒットした「アイノカタチ」や代表曲「Everything」などを歌う。

トップバッターは紅組のFoorin。
後半は、ラグビー日本代表による、「カントリーロード」の替え歌「ビクトリーロード」で幕を開け、同局W杯テーマソング「ECHO」を披露するLittle Glee Monsterへつなぐ。
乃木坂46の「シンクロニシティ」は、欅坂46、日向坂46との3グループ合同パフォーマンスで、総合司会の内村光良(55)もダンスに参加する。

ゲストも追加発表され、氷川きよし(42)の「限界突破×サバイバー」がアニメ「ドラゴンボール超」の主題歌だったことから、主人公・孫悟空の声優の野沢雅子が登場。
TWICEのメドレー曲「TT」に合わせ、チョコレートプラネットが持ちネタ「TT兄弟」で盛り上げる。
三山ひろし(39)の3年連続となるけん玉世界記録挑戦には、22日に「M-1グランプリ」を制したミルクボーイの緊急参戦が決まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000004-dal-ent

乃木坂46
no title

欅坂46
no title

日向坂46
no title

【乃木坂46「シンクロニシティ」は欅坂46、日向坂46との“坂道3グループ合同パフォーマンス” 内村光良もダンスに参加】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2019/12/18(水) 20:34:05.46
「ひなくり2019」でサプライズ発表(詳しいソースは後ほど)

日向坂46、東京ドーム2DAYS&アリーナツアー開催決定!
no title

no title

no title

no title

no title


「ひなくり2020」
12月6日(日) 東京ドーム
12月7日(月) 東京ドーム

日向坂 46全国アリーナツアー2020

3月18日(水) 広島サンプラザホール
3月19日(木) 広島サンプラザホール

3月31日(火) マリンメッセ福岡
4月1日(水) マリンメッセ福岡

4月10日(金) 大阪・丸善インテックアリーナ
4月11日(土) 大阪・丸善インテックアリーナ
4月12日(日) 大阪・丸善インテックアリーナ

5月8日(金) 群馬・Gメッセ群馬
5月9日(土) 群馬・Gメッセ群馬

5月12日(火) 神奈川・ぴあアリーナMM
5月13日(水) 神奈川・ぴあアリーナMM
5月14日(木) 神奈川・ぴあアリーナMM

日向坂46
no title


日向坂46
秋元康のプロデュースにより、2015年11月30日に結成、2019年2月11日までけやき坂46名義で活動していた。
2019年3月27日にシングルデビュー。

【日向坂46、2020年「東京ドーム2DAYS」公演開催決定! ← ゴリ押しがはじまるwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/18(水) 11:26:32.68
乃木坂46・欅坂46・日向坂46が出演するNHK総合「坂道テレビ~乃木と欅と日向~Vol.2」(12月30日よる10:30~)の放送内容が発表された。

3グループの代表曲フルバージョン テレビ初披露
同番組では、3グループ同時出演を果たす今年の「第70回NHK紅白歌合戦」直前まで、それぞれのグループが駆け抜ける“2019年”を追った密着ドキュメントを放送。

スタジオライブでは、乃木坂46が『夜明けまで強がらなくてもいい』を、欅坂46が『アンビバレント』を、日向坂46は『こんなに好きになっちゃっていいの?』をそれぞれフルサイズバージョンでテレビ初披露。

美術館のアート作品のよう、とメンバー絶賛のスタジオセットで、メンバー1人ひとりが高い集中力でハイクオリティーなパフォーマンスを繰り広げた。

グループの垣根を越えたクロストークも実現
また、テレビでは見ることができなかった“坂道”交流のメンバートークが実現。
意外なメンバーの組み合わせ3チームが、それぞれ趣向を持った街歩きロケで盛り上がる。
以下、企画内容とメンバー。

ホームセンタメンバーでお買い物編
秋元真夏・堀未央奈(乃木坂46)×菅井友香・松田里奈(欅坂46)×佐々木久美・松田好花(日向坂46)

井の頭公園ピクニック編
与田祐希・岩本蓮加(乃木坂46)×土生瑞穂・原田葵(欅坂46)×加藤史帆・渡邉美穂(日向坂46)

浅草ぶらり散歩編
遠藤さくら・賀喜遥香(乃木坂46)×田村保乃・森田ひかる(欅坂46)×上村ひなの(日向坂46)

コメントゲストも決定
さらに、同番組のコメントゲストにイルカ、小籔千豊、桜井日奈子、佐野恵太(横浜DeNAベイスターズ)、松平健が決定。
“坂道”ゆかりのゲストたちが彼女たちにコメントを寄せた。

http://mdpr.jp/news/detail/1914931

12月30日放送 NHK総合「坂道テレビ~乃木と欅と日向~Vol.2」
(左から)松田好花、堀未央奈、菅井友香、秋元真夏、松田里奈、佐々木久美
no title

(左から)土生瑞穂、加藤史帆、岩本蓮加、与田祐希、原田葵、渡邉美穂
no title

(左から)遠藤さくら、田村保乃、森田ひかる、上村ひなの、賀喜遥香
no title

乃木坂46
https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/udSU/nm/udSUgTOPxOAffBmfQpYBGqbNmZuPSslW_zs5vuh9Ih8.jpg
欅坂46 センターに平手友梨奈
no title

日向坂46
no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

【乃木坂46・欅坂46・日向坂46、NHK「坂道テレビ」番組詳細発表!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/17(火) 15:00:23.51
16日発売の「月刊ヤングマガジン」1号のグラビアは日向坂46がジャック。
表紙と巻頭グラビアは、小坂菜緒・加藤史帆・佐々木美玲・齊藤京子・金村美玖が飾った。

「けやき坂46」から「日向坂46」へと改名し、デビューシングル『キュン』を発売。
以降、その勢いは留まることを知らず、『第70回NHK紅白歌合戦』初出場も決定し、2019年最も輝いたアイドルグループとなった日向坂46。

ファッション誌の専属モデルを務めるほどの実力を持つメンバーが多数揃った巻頭グラビアでは、圧巻の美脚と透き通るような素肌を披露している。

日向坂46がグラビアジャック「月刊ヤングマガジン」
同号では表紙・巻頭・巻末と16ページに渡り、日向坂46がジャック。
巻末グラビアでは、上村ひなの・渡邉美穂・丹生明里と松田好花・富田鈴花が登場した。

http://mdpr.jp/news/detail/1914284

「月刊ヤングマガジン」1号 日向坂46がグラビアジャック 表紙:小坂菜緒・加藤史帆・佐々木美玲・齊藤京子・金村美玖
no title

no title

no title

(左から)上村ひなの、渡邉美穂、丹生明里
no title

no title

富田鈴花、松田好花
no title

no title


最新曲
日向坂46 『こんなに好きになっちゃっていいの?』
https://www.youtube.com/watch?v=EZBeo_k1k-A


【日向坂46がグラビアジャック!圧巻の美脚披露「ヤンマガ」グラビア 】の続きを読む