芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

日向坂46

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/06/01(木) 14:34:40.82
 5月29日放送の『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)が、『日向坂46』影山優佳のためにヤラセを行ったのではと物議を醸している。

 3時間SPだったこの日の放送は「学力王No.1決定戦」を開催し、影山を含む計14名の芸能人が頭脳で激突。影山は最終決戦まで残る奮闘を見せ、『ロザン』宇治原史規、石原良純と優勝争いを繰り広げる。


 そして最終問題に出されたのは、出された絵を頼りに「関所跡が描かれたこの都道府県はどこ?」というクイズ。ここで、宇治原は「山梨」と答えるも不正解、良純も「静岡」と答えたが外してしまう。

 棚ぼたで回答権が回ってきた影山は、ひと呼吸置いて「福島」と解答。これが見事に正解となり、番組史上最年少での優勝を果たすのだった。


「明らかにわざと」「酷いヤラセ」と物議

 しかし、この結果に視聴者は《酷いヤラセだな。もう少し上手くやれないのか?》《めちゃくちゃヤラセに見えるんやけど気のせい?》《視聴率取れないから、色々とヤラセ入れてきたか》《さすがにこれはないわ わざと間違えて影山に回してるじゃん》《これやってるな 今まででいちばん酷い》などと大荒れ状態に。

 影山を優勝させるというシナリオが決まっていたのではないかと、疑惑を招いたのだった。

 「影山はそれまでの問題で『分かりません』という発言を繰り返し、あまりクイズに精通しているようには見えませんでした。また、当初から頭脳派などと過剰に煽っていたので、話題作りのために、新たなクイズ王を誕生させる台本があったのではと勘ぐられてしまったようです。実際、影山優勝後には『令和のクイズ女王 爆誕』というテロップが大々的に出され、『史上最年少優勝』『Qさまの歴史が変わりました!』など、大げさに称賛されまくっていましたから、番組が今後の看板としてニューヒロインを位置付けたいという動機もあったのでしょう」(芸能記者)

 グループ内で多くのアンチも抱える影山だけに、日向坂オタクから過度に叩かれてしまった線もありそうだ。

日向坂46・影山優佳『Qさま』優勝にヤラセ指摘! 3時間SPの出来すぎたストーリー

https://myjitsu.jp/archives/426459

pose_yareyare_man

【日向坂46・影山優佳『Qさま』最年少優勝にヤラセ指摘!  3時間SPの出来すぎたストーリー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/05/10(水) 17:49:57.13
 アイドルグループ「日向坂46」の4期生の正源司陽子さんが、5月10日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)24号の表紙に登場した。

 正源司さんは2007年2月14日生まれの16歳で、4期生のオーディションで「少年サンデー賞」に選ばれたことも話題になった。同号では「『純粋』が、あふれてやまない。」と紹介され、制服姿やショートパンツ姿などの写真が掲載された。
 同号は、渥美駿さんの新連載「小さい僕の春」が巻頭カラーを飾った。

まんたんウェブ
https://news.yahoo.co.jp/articles/58556f3b8c5c7880016b6112381e7fc48fe8908d
https://pbs.twimg.com/media/FvvIAWQaIAAKO3W.jpg
https://pbs.twimg.com/media/FvvIAWQaMAE95VI.jpg
https://pbs.twimg.com/media/FvvIAWXaAAAhFRT.jpg
https://pbs.twimg.com/media/FvsgoNdaIAEmUty.jpg

otaku_girl_fashion

【日向坂46正源司陽子 話題の16歳が「サンデー」表紙に 純粋あふれる!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/04/23(日) 01:02:09.12
日向坂46・影山優佳の1st写真集『知らないことだらけ』より、ランジェリー撮影中に布団に包まるカットが公開された。

これは松本市内の旅館にて、初めてのランジェリーカットに挑戦した際に撮影された1 枚。

新たな挑戦を前にした彼女の、少しだけ緊張しているかのような伏し目がちな表情が大人っぽく、魅力的なカットに仕上がった。


■影山優佳コメント

長野県の旅館の一室で撮影した一枚です。これは初めてのランジェリー撮影中のカットなのですが、それがよく見るとチラ見えしています。

初めてのランジェリー撮影でしたので緊張しましたが、セピア色の光で身体の陰影を表現されているのが言わば絵画のようで「素敵な写真だなあ」という点でとても印象に残っています。

本誌ではさらにこの私の視線の先に立って撮影したランジェリーカットが収録されておりますのでよろしければそちらもぜひお楽しみに(笑)

日向坂46 影山優佳1st写真集『知らないことだらけ』は扶桑社より5月9日発売。価格は2200円(税込)。


日向坂46・影山優佳「よく見るとチラ見え」 ランジェリー撮影中の先行カット公開

https://news.yahoo.co.jp/articles/81814409fe0605613150c45d85baa5ea70d091c6

【写真】日向坂46 影山優佳、初の水着カットほか、先行カット
https://i.imgur.com/hvrU4pr.jpg
https://i.imgur.com/F2ny2ZJ.jpg
https://i.imgur.com/gDVcmo2.jpg
https://i.imgur.com/SjsKROb.jpg
https://i.imgur.com/p8eQ6wV.jpg

figure_anti

【日向坂46・影山優佳「よく見るとチラ見え」 水着カットに続き、ランジェリー撮影中の写真集先行カットを公開!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/04/14(金) 23:51:06.29
 桐蔭横浜大との開幕戦にはスタメン出場していたMF影山秀人(3年=三菱養和SCユース)だが、第2節の法政大戦はベンチで試合終了のホイッスルを聞いた。「すぐにリーグ戦があるので、また一週間、アピールできるように頑張っていきたい」。悔しさを押し殺すようにして、次戦に目を向けた。

 「影山優佳の弟であるという事実は変わらない。高校の時はヤジられたり、指をさされるのが嫌でしたけど、今はそれすらも受け入れている。あくまでも選手として評価される場はここ。付加価値としては大事だと思うけど、選手はピッチで評価されるべきだと思っています。姉に引っ張られるわけでもなく、自分の思うように、やっていきたいです」

 一歳年上の姉は影山優佳さん。女性アイドルグループ・けやき坂46のメンバーとして世に出た彼女だが、アイドルの枠を超えた抜きんでたサッカー知識は、今や誰もが知るところ。共演する解説者も驚くようなコメントを残す彼女の存在は、サッカー中継に欠かせなくなった。「ワールドカップの時は学校でも最初ころは『昨日出ていたね』と声を掛けられたけど、最後の方はもう言われなくなりました」。

 先日には自身のツイッター(@ROMA16CESTLAVIE)で、3月8日に発売が決定した「影山優佳1st写真集」に反応。影山優佳の弟であることを“公表”した。

 「戦略的に公表したつもりもなくて、学校とかでも聞かれればそうだよと答えるし、兄弟で仲がいいので、その一環でという感じです」。あくまでも姉弟であることは、「付加価値として」大事にしていきたいと強調する。

 姉の影響でサッカーも始めた秀人もサッカーエリートだ。名門・暁星小学校に入学してからもずっとサッカー一筋。中学の時は横浜F・マリノスの下部組織に入団。高校で再び暁星サッカー部に戻ると、高校2年生からは日本代表MF相馬勇紀らを輩出したことでも知られる街クラブの強豪、三菱養和SCユースに籍を移してプレーした。大学進学の際も高校の先生には指定校推薦で他大への進学を勧められたが、そこでも自らの意思を貫いたという。

「マリノスは技術的に優れたチームで、とにかくポゼッションの練習が多くて、暁星でずっと走り込みのチームを経験して。養和は比較的自由で、長所を生かす中でやらせてもらって。その中で自分がプロになるためにどういうチームかと考えた時に、自分は技術的なところが長所だと思ったけど、上手い人は本当に上手い。だから技術的な練習が多い大学に行ったら僕はつぶれるなと思った。国士舘は努力が評価される場であるなと感じた。その頑張りを、プロセスを、評価してくれるの国士舘が一番自分に合う場であると感じたので決めました」

 昨年までは同ポジションのボランチに東京ヴェルディに入団したMF綱島悠斗らがいたことでトップチームでの出場機会は限られたが、3年生になった今季からは主力としての活躍が期待されている。「去年は大臣杯で優勝して、練習をやっていても日本一のチームだなと実感していた。今年は去年の先輩が抜けて、その穴を誰が埋めるのとなって、負けたら自分の責任くらいに思っている。綱君の穴を埋めるよりも、自分ひとりの選手としてチームにいい影響をもたらしたいです」。

 名前は秀人(しゅうと)だが、「シュートが一番苦手」と笑う。「親はサッカーをしていなかったけど、僕が2002年生まれで、ワールドカップがあった年なので、サッカー選手になってほしいという願いを込めて付けたようです」。

 それともう一つ。姉・優佳の「優」と秀人の「秀」で、「姉弟そろって優秀な人になってほしいという願いを込められている」という。一足先にサッカー界で名を上げた姉を追いかけて。いずれは「影山秀人の姉が優佳」と紹介される日を目標に、まずは大学サッカー界で存在感を示す。


「影山優佳の弟である事実は変わらない」…国士舘大MF影山秀人「あくまでも選手として」

[4.8 関東大学L1部第2節 国士舘大2-2法政大 国士舘大G]
https://news.yahoo.co.jp/articles/3645c6d879e74808f5a880fdec40b96837ab09f1
https://i.imgur.com/SLxf0Xo.jpg

pose_naruhodo_woman (1)

【日向坂46 影山優佳の実弟・国士舘大MFの影山秀人「影山優佳の弟である事実は変わらない」「あくまでも選手として」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/04/13(木) 22:46:30.85
 櫻坂46と日向坂46が2021年、2022年に開催してきた野外ライブ「W-KEYAKI FES.」を「発展的に解消する」ことを発表した。両グループの公式サイトで伝えられた。

 2017年~2019年には、欅坂46とけやき坂46(ひらがなけやき)による「欅共和国」が行われ、2020年にはコロナ禍のため開催を見送り。

 2021年、2022年には櫻坂46と日向坂46による合同ライブ「W-KEYAKI FES.」が開催されてきた。人気の野外イベントだ。

 今年の開催についてこれまでアナウンスされていなかったが、この日、両グループの公式サイトでは、「夏の富士急ハイランドコニファーフォレストにて、皆さんと数々の思い出を残してきたこの合同イベントは、2023年、発展的に解消いたします」と発表。

 「櫻坂46と日向坂46は、更なる飛躍を期し、それぞれの新たな道を創り上げる舞台として、それぞれが野外スタジアムのステージを選びました」と伝えた。

 日向坂46は4月1日と2日に横浜スタジアムにて「4回目のひな誕祭」を行い、櫻坂46は「3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」を11月25日、26日に千葉県・ZOZOマリンスタジアムで行なうことを、きょう13日の「櫻坂46 3rd TOUR 2023」国立代々木競技場 第一体育館公演2日目の公演中に発表した。

 公式サイトでは最後に「両グループは、これからもファンの皆さまの声援を背に、成長してまいります。これからも、櫻坂46、日向坂46への変わらぬご声援、応援をよろしくお願いいたします」と締めくくった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a3ab357e5be9fb23e31e75c7123ef2e2630e5505

otaku_otagei

【櫻坂46・日向坂46の合同ライブ『W-KEYAKI FES.』、今年は開催せず 「発展的に解消」と発表】の続きを読む