芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

日向坂46

1: なまえないよぉ~ 2019/11/11(月) 05:39:05.71
日向坂46が、年末のNHK紅白歌合戦に初出場することが内定したことが10日、分かった。
先輩の乃木坂46、欅坂46に続き、下積み経験のある第3の坂道グループが、大舞台に立つ

16年5月に「けやき坂46(ひらがなけやき)」として結成。当初は欅坂46の2軍的存在だったが、ライブハウスZeppをまわる全国ツアーで経験を積み、見る者を幸せにするグループカラー「ハッピーオーラ」を武器に地道に人気を獲得していった。
 17年8月に現センター小坂菜緒(17)ら有望な2期生も加入し、昨年11月に最年少の3期生上村ひなの(15)も加わり、乃木坂46や欅坂46にはない個性を確立していった。

今年2月に日向坂46に改名し、3月にシングル「キュン」でデビュー。サビで見せる「キュンキュンダンス」はSNSなどでも話題になり、女性アーティストのデビューシングルで歴代最多となる初週売り上げ47・6万枚(オリコン調べ)を記録。
 7月発売の2枚目シングル「ドレミソラシド」、10月発売の3枚目「こんなに好きになっちゃっていいの?」も発売初週で40万枚以上を売り上げるなど、実績は十分だ。

大みそかは、日本中の視聴者を「ハッピーオーラ」で幸せにする。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-11101109-nksports-ent 
20191111002

【日向坂46紅白初出場が内定 乃木坂、欅坂に続く】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/05(火) 21:56:29.38
11月公開の映画『恐怖人形』で、映画初出演及び初主演を果たした日向坂46の二期生・小坂菜緒。
3月発売の1stシングル「キュン」リリースから、駆け足で飛躍し続けるグループの活動と並行した撮影では「メンバーが周りにいない不安もありました」と本音を明かす。
グループのメンバーとして、一人の女優として何を思うのか。単独インタビューにより、話を聞いた。

■女子大生役は同期メンバーの宮田愛萌を参考に

撮影に入る前は「初主演への不安で胸がいっぱいでした」という小坂。
本作では、実際の年齢である17歳よりも少し年上の女子大生役となったが、演じるにあたり「メンバーの宮田愛萌を参考にしていました」と明かす。

「私はまだ高校生なので、女子大生役を演じるからには『もう少し落ち着きが必要なのかな』と思っていたんです。
そこで参考にしたのが、同期で実際に大学へ通っている宮田でした。普段から大人の立ち振る舞いをしていると感じていたので、撮影中は何となく彼女を思い浮かべていました」。

単身で臨んだ撮影の合間には「共演者の方々と『人狼ゲーム』で遊んでいました」と回想。現場の空気にもなじんでいった一方で
「1週間もグループを離れる経験がなかったので、寂しさもありました」と話す。

「ホームシックのような気持ちもありました。メンバーとは家族よりも濃い時間を過ごしているから、やっぱりそばにいない不安もあったんですよね。
そんな気持ちを察してくれたのか、メンバーも撮影中に連絡をくれたんです。同期の渡邉美穂が写真付きで『撮影頑張ってる?』とか
『今、こんなことをしてるよ』といったメッセージを送ってくれたり、みんなからの報告も密かな楽しみで励まされていました」。

■加入前は「“しゃべりかけるなオーラ”がすごい」と言われて

過去にはグループとして、舞台『あゆみ』や『ザンビ』も経験。当時の記憶も頼りに演技の世界で成長を見せた小坂だが、一方で、メンバーとして今何を思うのか。
日向坂46の前身、けやき坂46のお披露目から約2年。自身の成長を実感しているのは「人とのコミュニケーションの取り方」だという。

「加入当初は人前に出るのも、誰かと話すのも得意ではなかったんです。
ンバーから話しかけられても一問一答みたいに終わってしまったり、中学時代はバレー部に所属していたものの、団体競技なのに端っこで一人ポツンといることも多かったんですよ。
それこそ同級生から『しゃべりかけるなオーラすごいよ』と言われるほどでした(笑)。

メンバーと打ち解けられるきっかけを作ってくれたのは、宮田でした。握手会の遠征でたまたま宿泊場所が同じ部屋になり、
会話しているうちに『一人が好きだと勘違いされてるかもしれないから、みんなで一緒に話してみない?』と提案してくれて。そこから同期とも話すようになり、
ようやく心から壁を壊せたと思えたのは『けやき坂46「走り出す瞬間」ツアー2018(以下、走り出す瞬間ツアー)』の終わり頃だったので、けっこう時間がかかりました(笑)」。

一方で、一期生から歩み寄ってくれたのは二期生よりも早い時期。小坂らが正式にお披露目されるよりも前で、けやき坂46の一期生や長濱ねる、
渡邉が出演したドラマ『Re:Mind』の撮影現場だったと明かす。

「当時はまだ追加メンバーとしての加入が決定しているのみで、一期生の皆さんとお会いしていたけど自分から話しかける勇気が出なかったんです。
でも、撮影現場へ見学しに行ったときにキャプテンの佐々木久美さんや影山優佳さん(現在は活動休止中)が、積極的に話しかけてくださって。
『実は、みんなで“こさかな”と呼んでるんだよ』とおっしゃってくれたり、二期生の印象も伝えてくれたりして、
はじめはそれこそ『こんな私に話しかけてくれるなんて』という気持ちもありましたがすごくうれしかったですね」。

https://news.livedoor.com/article/detail/17330706/
2019年11月4日 8時20分 クランクイン!
no title

https://www.youtube.com/watch?v=EZBeo_k1k-A


日向坂46 『こんなに好きになっちゃっていいの?』

【日向坂46・小坂菜緒、センターは「逃げ出したくても逃げられない」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/05(火) 06:34:38.06
『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)などで、アイドルグループ・日向坂46と共演しているオードリー。

彼らはそれぞれ日向坂メンバーに「推し」がいるのだが、一部ファンが「贔屓している」「距離感が近すぎる」と激怒。
2日深夜放送『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)でそういったファンから「詰められている」ことを若林正恭が明かした。

若林に批判殺到

春日俊彰は丹生明里、若林は小坂菜緒と「おたけ」こと高本彩花を推しメンとし、番組内であからさまな贔屓をしてきた。

一部メンバーを推し贔屓するのはあくまでも番組上の演出なのだろうが、若林は「結構、本気で捉えてる」と、
一部のファンが若林の言動に怒りを滲ませ、若林のインスタにコメントを書き込んでいることを告白。

放送後には「贔屓してる時に他のメンバーの顔、見たことあんのか?」「俺の地元で見かけたらぶっ飛ばすからな」など怒りの声が殺到していると明かし、
「俺、41まで生きてきて高校生にぶっ飛ばされるかもしれない」と苦笑した。

思いついた打開策は…

春日は「本当に好きなファンはそうなんじゃない。贔屓してると『お前ふざけんなよ』みたいな」とファンの心理に理解を示す。
さらに「若林が本当に好きで、(小坂やおたけを)狙ってる」と裏を読むファンもいるのではと指摘した。

これに若林は「それもある。『近づいてんじゃねぇぞ』っていうの。すげぇくる」と妄想するファンも多いと言及。

打開策として春日にSNSをはじめてもらい、春日の妻・クミさんとスリーショットの写真をアップして
「『僕と若林は一途に久美さんを愛してるからご安心ください』みたいな(表明をする)」しかないと主張した。

リスナーも恐怖
アイドルに夢中になっているファンにとって、仕事とはいえ、憧れの存在と楽しげに接する若林の姿は気に入らないのだろう。

リスナーには「クレーム入れるキッズ可愛すぎる」と純粋なファンに可愛らしさを感じる人もいた。
しかし、「近づくなよとか言ってるやつ怖い」「小坂菜緒ガチ恋勢はすごそう」「どうか穏便に頼みます」など、問題行動に発展しないことを祈る声も目立っている。

3割強が「好きな芸能人と仲良くなりたい」
しらべぇ編集部で全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の33.8%が「好きな芸能人と仲良くなりたいと思う」と回答している。

好きな芸能人を身近に感じ、仲良くなりたいとさえ思っている人は一定数いるようだ。そういったファンにとって、若林のアイドルへの接し方は嫉妬の対象となるのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ)

no title

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162192139/
2019年11月04日 08時40分 しらべぇ

https://www.youtube.com/watch?v=EZBeo_k1k-A


日向坂46 『こんなに好きになっちゃっていいの?』

【オードリー若林、日向坂・小坂菜緒ファンに詰められる「地元で見たらぶっ飛ばす」← 子供かwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/31(木) 21:09:13.66
日向坂46の小坂菜緒が、10月31日に発売の『BUBKA12月号』の表紙に登場。
ロングインタビューを含む18ページに渡り、“令和最強美少女”が圧倒的な存在感を示している。
日向坂46からは、河田陽菜と東村芽依のペアグラビアも掲載。
妹キャラとして他メンバーから可愛がられている2人が“愛され姉妹”としてグラビアに臨んでいる。

その他に乃木坂46からは、4期生・柴田柚菜が初となるソログラビアを披露。
4期生デビューから約1年、インタビューでは同期への思いや、自身の生い立ちについて語ってくれた。

この他にもアイドルの企画が目白押し。
NMB48からはグラビアで大活躍中の5期生・上西怜が前号に引き続きアザーカット水着グラビアを掲載。
さらには、研究生として活動中の小林莉奈がフレッシュな“初”水着グラビアを披露している。
また、SKE48からは9月28日に発売されたムック『100%SKE48 vol.6』から高畑結希×佐藤佳穂のアザーグラビア、先日グループ卒業発表をした高柳明音について語る江籠裕奈のインタビューを収録。
野口衣織(=LOVE)、新谷真由(Pimm's)の水着グラビアも掲載しており盛りだくさんの一冊。

特別付録として小坂菜緒・河田陽菜&東村芽依(日向坂46)、柴田柚菜(乃木坂46)・野口衣織(=LOVE)の特大両面ポスター2枚。
セブンネットでの購入者に限り野口衣織(=LOVE)ポストカード(3種より1枚ランダム)の特典もあり。

http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_42735/

「BUBKA」12月号 “令和最強美少女”小坂菜緒
no title

no title

no title

日向坂46 東村芽依、河田陽菜
no title

乃木坂46 柴田柚菜
no title


日向坂46 小坂菜緒
no title

no title

no title

no title


小坂菜緒センター
日向坂46 『こんなに好きになっちゃっていいの?』
https://www.youtube.com/watch?v=EZBeo_k1k-A


【【日向坂46】「令和最強美少女」小坂菜緒(17)、グラビアで圧倒的な存在感示す】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/07(月) 19:57:35.91
ファンとしては嬉しいような危ないような複雑な心境!?

今をときめくアイドルグループ「日向坂46」の人気メンバーである“べみほ”こと渡邉美穂と、
人気4人組ロックバンド「King Gnu」のボーカル&キーボードを担当する井口理のやりとりが日向坂ファンをザワつかせているようだ。

もともと、渡邉は井口がパーソナリティを務めるラジオ番組「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)のリスナーで、
去る9月12日更新の公式ブログの記事でラジオを聞いていることについて触れたところ、これがリスナー伝いに井口の耳に入り、井口が渡邉の名前を同ラジオで頻繁に登場させる展開に。
9月19日放送回では、井口は、前日の18日に行われた音楽アワード「VMAJ2019」で日向坂と共演し、日向坂の面々がKing Gnuの楽屋挨拶に訪れてくれたことを紹介。
その際に渡邉が井口にしっかりと挨拶をしたようで、井口はその時のやりとりを振り返り、「『あっ、生のべみほちゃんだ』と思って、オレもそのブログ読んだし、
写真も見てたからどんな子だろうなと思ってたけど、やっぱりね、実物は可愛いですよ」と、渡邉を大絶賛。
さらには「大好きだよもう」「ボクはもう生まれ変わったら、べみほちゃんのお兄ちゃんになりたいよね」とまで言い切っていた。

これがリップサービスでは終わらなかった。
というのも、9月26日にさいたまスーパーアリーナで行われた日向坂のワンマンライブに井口は足を運んでいたことが渡邉のブログにて明かされているのだ。

何でも、終演後にわざわざ挨拶にも訪れてくれて、記念撮影もしたようだが、井口はやたらと緊張していた様子だったとか。

ただ、井口はこの日の日向坂のライブにはとてつもなく満足感を得ていたようで、その直後のラジオで日向坂のライブについて触れており、「可愛い」を連発していた。

こんな一連のやりとりがわずか2週間ほどで繰り広げられ、急激に2人の距離が近まったことに、日向坂ファンからは喜びの声と心配の声が上がっているようだ。

「米津玄師やスガシカオなどもその音楽性を絶賛し、2020年代の日本のロックシーンを担うバンドともいわれるKing Gnuのボーカルの井口がここまで渡邉と日向坂をプッシュしてくれている。

このことは、相乗効果で日向坂の知名度アップにもつながるでしょうし、ファンとしても嬉しいことでしょう。ただ、井口はトークでは下ネタが多めで、
夜のサービスを受けるお店を非常に好んでいたりもするようです。その井口のキャラを考えると渡邉に悪影響をもたらすのでは? といった心配の声も一部ファンからは上がっていますね。
実際、井口は、ラジオで渡邉の話をした直後に、商品名を出して、男性向けの“大人の夜の玩具”について話したりもしていましたね」(エンタメ誌ライター)

注目のロックバンドであるものの、調子に乗ることもなく、アイドルという異なるジャンルの音楽にも理解を示し、日向坂のライブに足を運び、恥ずかしがっている井口。
そこまで悪い人とは思えないが、何はともあれ、ファンのことを考えれば程よい距離感を心がけることが大切か!?

http://dailynewsonline.jp/article/2031213/
2019.10.07 17:58 アサ芸プラス
mobIqqSE5

no title

no title

no title

no title
【日向坂46渡邉美穂に“急接近中”ロック歌手の「好きな話題」にファンが心配!】の続きを読む