芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

日向坂46

1: なまえないよぉ~ 2020/02/14(金) 10:20:31.99
活動を自粛していた人気アイドルグループ「日向坂46」の井口眞緒(24)が、グループから卒業することが12日、公式サイトとブログで発表された。

同サイトでは、「現在活動自粛中の井口眞緒ですが、この度グループから卒業することになりました」とし、「卒業の時期に関しましては、具体的な日程が決まり次第改めてご案内いたします」と報告した。

一方、ブログで井口は、「井口眞緒です。何度もたくさんのご迷惑とご心配をおかけしてしまいすみません」と謝罪し、「自分の心の弱さで、たくさんの人を裏切ってしまったこと、後悔しています。本当に申し訳ありませんでした。言葉でどんなに謝っても足りないです」。

卒業後については、「企業で働こうと思っています。その中で、あれもやりたい、これもやりたいと色々考えています」と明かし、芸能界引退を示唆した。

「昨年秋、ネット上で男性と腕を組んでいる写真が流出したが、潔く認めて活動を自粛。
年ごろの女性だけに、自分にウソを付かないまっとうな選択だった」(芸能記者)

日向坂のほか、乃木坂46、欅坂46の「坂道シリーズ」は今や人気絶頂だが、このままだとさらなる“脱落者”が出そうだというのだ。

「『恋愛禁止』が暗黙の了解だが、もはやガマンできないメンバーたちが大勢いる。
おまけに、一部の人気メンバーがそのあたりを“優遇”されているといううわさも流れる始末」(音楽業界関係者)
https://wjn.jp/article/detail/7940036/
日向坂1

【このままだとどんどん “脱落者” が出そうな坂道シリーズ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/02/13(木) 23:33:43.63
《井口眞緒です。何度もたくさんのご迷惑とご心配をおかけしてしまいすみません。自分の心の弱さでたくさんの人を裏切ってしまったこと後悔しています。本当に申し訳ありませんでした。言葉でどんなに謝っても足りないです。活動自粛期間中に外から日向坂46を見ながら自分のことを考えて私はアイドルとしての活動に区切りをつけて次の道に進もうと思いました。私は日向坂46を卒業します》

 2月12日、日向坂46のメンバーで活動を自粛していた井口眞緒(24)が、グループからの卒業を自身のブログで発表した。「週刊文春デジタル」では、1月19日に 井口と8頭身イケメンモデルの熱愛デート を報じている。

 井口の活動自粛のきっかけは2019年8月末、ネットに男性とのツーショット写真が流出したことだった。芸能プロ関係者が話す。

「この“写真流出”を受けて、井口は9月8日から活動自粛に入りました。発覚当初は、日向坂46として2019年の紅白歌合戦の舞台に立ちたいという本人の強い意志もあり、井口はグループに残るという決断をしたのです。本人も反省し、2カ月の自粛を経て復帰するという発表をしました。しかし、いざ復帰直前になって、その話が流れてしまった」

 活動自粛の2カ月で、井口のグループに対するモチベーションが萎えてしまったのだという。やはり、アイドル活動について回るプライベートの制限が理由のひとつだったようだ。

井口を知る人物が内情を明かす。
男性のケータイには100件を超える不在着信が

「実はもっと前、1年半ほど前から男性の影が見え隠れしていました。井口さんは今回のモデル男性と付き合う前には、六本木で毎日飲み歩いている、いわゆる“港区男子”とかなり親しかったのです。井口さんは甘えられる男性がいないとメンタル的にダメになってしまうタイプなんです。

 かなり束縛が激しく、自分が電話をしたときに相手が電話に出ないと、鬼のように何回も電話をかけ続ける。ときには、男性のケータイには100件を超える不在着信が残っていたこともあったそうです。当時の彼氏が、あるバーで飲んでいるということを聞きつけた井口さんが深夜にもかかわらずタクシーで駆け付けたこともありました。井口さんはパジャマ姿にサンダルで、不安だったのか、泣いていたのです」

 坂道グループ関係者が話す。

「そもそも坂道グループは”恋愛禁止”ではないんです。ただ、運営は口を酸っぱくして、『絶対にバレるなよ』と釘をさすのも事実。井口の場合、写真流出から本人と運営がしっかり話し合いをしたのです。そこで『2カ月の自粛』という結論が出た。

2/13(木) 21:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200213-00034237-bunshun-ent
20200214003

【日向坂46井口眞緒 卒業のウラにあった港区男子への”鬼電”と涙のパジャマ事件】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/02/12(水) 15:17:04.22
アイドルグループ・日向坂46の活動を自粛していた井口眞緒(24)が、グループから卒業することが12日、公式サイトで発表された。
卒業時期に関しては「具体的な日程が決まり次第」改めて案内するとしている。

井口は昨年9月8日、公式ブログで当面の間活動を自粛することを発表。
「ご迷惑とご心配をおかけしてすみません」と題したブログで「先日、とあるサイトで、私と思われる写真が掲載されました。あの写真は私で間違いありません」と説明。
「アイドルとしての自覚のない行動で世間をお騒がせしてしまったこと、応援してくださるファンのみなさん、メンバーやスタッフのみなさんにご迷惑をおかけしてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした」とお詫びしていた。

井口は日向坂46に改名前のけやき坂46(ひらがなけやき)に1期生として加入。
グループ最年長メンバーながら、ムードメーカーとして体を張ったギャグを披露し、バラエティー番組で活躍していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00000341-oric-ent

日向坂46 井口眞緒
no title

no title

【活動自粛中の日向坂46井口眞緒、卒業を発表!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/02/11(火) 09:37:53.81
日向坂46・佐々木美玲が10日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系/毎週月曜19時)の人気企画「超激辛チャレンジグルメ」に出演。
超激辛グルメを見事完食し、ネット上では驚きの声が殺到した。

かわいいけど、根性すごい! “みーぱん”日向坂46・佐々木美玲

企画ではレギュラー出演者のゴルゴ松本に加え、ゲストとして日向坂46の佐々木、東村芽依、齊藤京子(齊藤は応援での出演)、さらに夏樹陽子、川崎麻世が激辛グルメに挑戦。

一同の前に出されたのは“超激辛ベトナム麺”のデビルブンヘン。
これを30分で完食できるかチャレンジした。

佐々木は一口目から「辛~い!」と涙目。
辛さで「しゃべれないです…」「すべてが辛い」ともだえながらも食べ進める。

途中、東村は麺を完食するもスープのあまりの辛さに惜しくもギブアップしてしまう中、佐々木は「頑張ります。いろんな方に日向坂46を知ってもらうために」「こんなのキツくない」と自身を奮い立たせラストスパート。
見事、29分40分で食べ切った。

この佐々木の頑張りには視聴者から驚きの声がツイッターなどネット上に殺到。
「みーぱん頑張った」「根性凄い」「かっけえ~」「推しが世間に見つかった」など、反響の声が続々と上がり、佐々木の愛称「みーぱん」がトレンド入り。
日向坂46ファンとして知られるどきどきキャンプ・佐藤満春もツイッター(@satomitsuharu)で「みーぱん!!!!! #有吉ゼミ (遅れました!)」と感激のコメントをしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00073800-crankinn-ent

『有吉ゼミ』 佐々木美玲、東村芽依、齊藤京子
no title

佐々木美玲
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


日向坂46 佐々木美玲
no title

no title

no title

【日向坂46佐々木美玲(20)、超激辛グルメを完食!「かわいいけど、根性すごい!」驚きの声殺到】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/02/06(木) 11:54:59.35
日向坂46の齊藤京子が、6日発売の週刊少年漫画誌『週刊少年チャンピオン』10号にて表紙と巻頭グラビアを飾った。

齊藤京子の“恋人目線”に
今号は、バレンタイン特大号。
「私からのバレンタイン・」(・=ハート)と題した巻頭グラビアは特大12P。
バレンタインの思い出やバレンタインQ&Aも掲載される。

齊藤は、「みなさんには私の恋人目線で見て頂けたら嬉しいな~全ページが私から皆さんへのバレンタインプレゼントです」とコメントを寄せている。

齊藤京子コメント
「今回の『私からのバレンタイン・』というタイトルは、私が付けさせて頂きました!!みなさんには私の恋人目線で見て頂けたら嬉しいな~全ページが私から皆さんへのバレンタインプレゼントです」

http://mdpr.jp/news/detail/1959509

『週刊少年チャンピオン』10号
no title

no title


日向坂46 齊藤京子
no title

no title

no title

no title

【日向坂46齊藤京子の“恋人目線”】の続きを読む