芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

新木優子

1: なまえないよぉ~ 2019/11/29(金) 23:28:45.52
新木優子、艶やかな視線がたまらない! 写真集より水着カット解禁
クランクイン! 11/29(金) 18:00配信

女優の新木優子が12月15日に発売するセカンド写真集『honey』(SDP)より水着姿を収めた2点の収録カットが先行公開された。新木はロケ地・イタリアの温泉でワンショルダービキニ姿も披露している。

【写真】新木優子セカンド写真集『honey』フォトギャラリー
no title

no title

no title

no title


公式インスタグラムのフォロワー数が330万人を突破し、現在放送中のドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)では主人公・難波ユリカ役を演じる新木。彼女にとって2冊目となる写真集『honey』は、“恋人のような親密な距離感”をテーマに、読者が新木と1対1の、2人っきりの時間が楽しめるような1冊となっている。

公開された解禁カットは、イタリア・トスカーナ州にあるサトゥルニア温泉で撮影されたもの。周りはほとんどイタリア人の中で夕方と朝の2回に渡って撮影され、夕方に撮影された収録カットでは、水着の上に女性らしさ溢れるパステルカラーのちょっぴりセクシーなフリルのチュニックを着た姿を披露。また、朝に撮影されたカットでは、ナチュラルすっぴん風メイクとブルーのワンショルダービキニ姿を披露し、気を許した恋人だけに見せるような、2人っきりの甘い時間を彷彿とさせる1枚となった。

発売を記念して、12月14日よりパネル展やオリジナルグッズを展開する「2nd写真集『honey』発売記念 新木優子Limited Store」が、全国5ヵ所(東京/大阪/福岡/北海道/沖縄)のHMV店舗にて開催され、『honey』の収録カットに加え、写真集には入りきらなかったアザーカットを使用した写真展や、『honey』オリジナルグッズの販売などが予定されている。

新木は「今回のリミテッドストアでは、写真集に載っている写真を大きなサイズで見ていただけるので、写真集とはまた全然違った楽しみ方をしていただけるかと思います。さらに『honey』限定グッズも色や形にこだわって、沢山の方に喜んでもらえるものになったのではないかなと思います!」とコメントした。

新木優子セカンド写真集『honey』はSDPより12月15日発売。価格は2700円(税別)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00071429-crankinn-ent

【新木優子、艶やかな視線がたまらない! 写真集より水着カット解禁】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/15(金) 09:31:05.73
女優新木優子(25)と俳優高良健吾(31)がダブル出演するフジテレビ系連続ドラマ「モトカレマニア」(木曜午後10時)の14日放送の第5話の視聴率が15日、4・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と分かった。前回の3・0%より1・6ポイント、アップした。

初回から5・8%、5・2%、4・1%、3・0%だった。

新木が演じるのは、失業中の27歳独身・難波ユリカ。見た目にも気を使い、コミュニケーション下手というわけでもないのにうまく恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏のマコチこと斉藤真(高良)との恋愛にあった。そしてユリカは、母親の再婚で福盛真と名前が変わったマコチと再就職先のチロリアン不動産で、同僚として再会する。瀧波ユカリ氏の同名の漫画が原作。

第5話で、マコチ(高良)は、ユリカ(新木)のもとへ、誠意のない言動を謝りに行ったものの、追い返されてしまう。失意のマコチを救ったのは食品会社のエリート山下章生(浜野謙太)だった。“添い寝フレンド”の作家丸の内さくら(山口紗弥加)との同居を解消したばかりだったマコチは、山下のマンションに身を寄せた。

一方、ユリカは、失恋の傷を癒やすために温泉旅行に出かける。スケジュールの都合がつかなかった親友の人妻ネイリスト周防ひろ美(よしこ)の代わりにユリカが誘ったのは、さくらだった。

ユリカたちが訪れたのは、草木染や陶芸などレクリエーションが豊富で、傷ついた女性が現世を忘れるのにぴったりの“自分探しの宿”だ。そこでユリカは、ラジオパーソナリティーで、山下の元カノの来栖むぎ(田中みな実)と偶然再会する。だが、ユリカが山下の知り合いだと知ったむぎは、話すことすら拒否する。

大浴場で再びむぎと一緒になったユリカは、山下とは脱MKM同盟の同志だと自己紹介し、彼がいまでもむぎに思いを寄せていることを伝えようとした。するとむぎは、自身がパーソナリティーを務めるラジオの公開収録の現場にやってきた山下が、見せつけるように同僚の加賀千鶴(趣里)とキスしていたことを話す。「せっかく忘れようとしていたのに」。その言葉を聞いたユリカは、むぎもモトカレマニアだと指摘する。

同じ頃、自分を責めて落ち込むマコチを見かねた山下が、いまからユリカのいる温泉に行こうと言い出した。

11/15(金) 9:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-11110949-nksports-ent
20191115006

【【視聴率】新木優子さん、「モトカレマニア」第5話の視聴率が、爆上げしてしまうwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/14(木) 06:33:48.81
 フジテレビ系連続ドラマ『モトカレマニア』(木曜夜10時)の低調ぶりを受け、新木優子とダブル主演を務める高良健吾が8日、異例のコメントを発表した。

 同作は、元カレのことが忘れられないOLが、元カレと思いがけず再会を果たすラブコメディ。視聴者からは「内容がスカスカ」「深夜ドラマみたい」「新木優子を愛でるだけのドラマ」といった辛らつな声が相次ぎ、平均視聴率は初回から順に5.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、5.2%、4.1%、3.0%と下降線を辿っている。

 なお、3.0%を記録した第4話は、ゴールデン帯の『WBSSバンタム級決勝 井上尚弥vsノニト・ドネア』が延長した影響で、30分遅れで開始となった。

「ネットでは『低視聴率は放送時間がずれ込んだ影響』との見解も見受けられるが、むしろ逆。ボクシングの中継番組は平均視聴率15.2%で、終盤の午後10時20分には20.5%の瞬間最高視聴率を記録している。『モトカレマニア』が始まった途端、蜘蛛の子を散らすように視聴者が逃げてしまったということでしょう。

このままだと今後、プライム枠の民放ドラマとして今世紀最低を記録したEXILE・AKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)の2.8%を下回る可能性もありそう」(記者)

 そんな惨状を受け、主演の高良は8日、ドラマの公式Twitterで「この世に作品として存在してても、見てもらえなかったらその人にはないのと一緒。ないものをあるものにする作業はとても大切でやり続けるけど、まず、あるものにしてくれた方達に一生懸命これからも届けたい。面白がってもらえるように頑張ります」とコメント。

 続けて「自分は今日現場じゃないけど、現場のみんな頑張れーー やれることやろっと!!構えずに燃えてきた!! これからもモトカレマニアよろしくお願いします!!」「本番!よーい! カット!! が毎日のように聞ける状況。当たり前じゃないな。ありがとう。モトカレマニア。現場」と関係者にエールを送った。

 同様の発言といえば、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で主演した井上真央が、報道陣の前で低迷する視聴率に対し「いろんな原因があるのかなと思います」「主演である以上、わたしの力不足ですとしか言えない」などとコメント。

 また、フジテレビ系『セシルのもくろみ』が初回5.1%を記録した際には、主演の真木よう子が自身のTwitterで「私は悲しいんでません。むしろ更に燃えて来ました。大体、伝説のドラマとはこうして始まり右肩上がりで、最終話の予想だにしないラストを迎えるのです。皆様の助け。欲しがります負けたって。宜しくお願い致します」(原文ママ)と呼びかけたが、惨敗に終わってしまった。

「番組サイドが主演俳優に視聴率について言及させることに関しては、『俳優の負担が重過ぎる』『スタッフが止めるべき』と批判的な声は多い。『モトカレマニア』に至っては、キャストの問題よりも、脚本や放送枠の問題との見方が圧倒的。

数年前には、主演ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)が大コケした川口春奈が、映画の舞台挨拶の壇上で泣き出す騒ぎもありましたが、『モトカレマニア』が民放初主演となる新木のメンタルも心配です」(同)

 一見、視聴率上昇を諦めたようにも思える高良のツイート。スポンサー企業へ向けたポーズとの見方もできるが、果たして……?

2019.11.09
https://entamega.com/26596
no title

【新木優子ドラマ「打ち切り確定」!? 高良健吾渾身ツイート空しく“今世紀最低”記録か】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/08(金) 10:22:19.93
新木高良ダブル出演するフジテレビ系連続ドラマ「モトカレマニア」(木曜午後10時、今回はボクシング中継のため同10時半)の11月7日放送の第4話の視聴率が8日、3・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と分かった。前回の4・1%より1・1ポイント、ダウンした。

初回から5・8%、5・2%、4・1%だった。

新木が演じるのは、現在失業中の27歳独身・難波ユリカ。見た目にも気を使い、コミュニケーション下手というわけでもないのにうまく恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏のマコチこと斉藤真(高良)との恋愛にあった。そしてユリカは、母親の再婚で福盛真と名前が変わったマコチと再就職先のチロリアン不動産で、同僚として再会する。瀧波ユカリ氏の同名の漫画が原作。

第4話で、誕生日の夜、マコチ(高良)からキスされたユリカ(新木)は、今でも彼のことが好きだと確信。2人がキスしている所を偶然目撃してしまったユリカの親友の人妻ネイリスト周防ひろ美(ガンバレルーヤよしこ)は「キスはしたけど付き合うとは言っていない」と言ってその場から立ち去ったマコチのことを「誠実じゃない」と非難する。5年前にユリカと別れたときもマコチは何も言わなかった、というのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-11031195-nksports-ent
20191108002

【【爆死】新木高良ダブル主演するフジテレビ系連続ドラマ「モトカレマニア」、10時半スタート3・0%wwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/04(月) 19:34:18.09
女優の新木優子(25歳)が11月4日、自身のInstagramで、11月2日深夜に放送された「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)内の名物企画「ラブメイト10」の1位に輝いたことにコメントしている。
今年の「FNS27時間テレビ」では、明石家さんま(64歳)が、いま気になっている女性を発表する名物企画「ラブメイト10」が3年ぶりに復活。その結果は次の通りとなった。
◎「ラブメイト10」2019
1位 新木優子
2位 浜辺美波
3位 唐田えりか
4位 新川優愛
5位 東京ガーデンテラス紀尾井町の今半の外で告白を受けていた女性
6位 元バレーボール選手 滝沢ななえ
7位 BS国際報道の酒井美帆アナ
8位 仲村みう
9位 9月8日14:15羽田発 石垣島行 JALのCA
10位 「全裸監督」黒木香役 森田望智
この結果を受け、新木はInstagramで「昨日の27時間テレビにて、さんまさんの“ラブメイト10”というコーナーにてなんと1位に選んでいただきました とっても光栄です!!」とコメント。そして「また共演させて頂けてお礼を伝える機会がありますように」とつづっている。

新木優子、さんまの「ラブメイト10」1位にコメント 
11/4(月) 16:12配信 
https://article.yahoo.co.jp/detail/65be02a8cbf01c2128b1a38bae35c4e50dc0ad86 
20191105001

【新木優子、さんまの「ラブメイト10」1位にコメント ← なんかキモいwwwww】の続きを読む