芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

新型コロナ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/27(月) 13:38:04.35 _USER9
 お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(49)が新型コロナウイルスに感染したことが27日、所属事務所の公式サイトで発表された。

9/27(月) 13:36配信
オリコン

児嶋一哉 (C)ORICON NewS inc.
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210927-00000378-oric-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/826dc88612912a99b182dc905077b2792d353425

virus_corona

【【悲報】大嶋さん、新型コロナ感染】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
virus_corona

1: なまえないよぉ~ 2021/09/04(土) 02:33:14.37 _USER9
愛知県・日本ガイシホールで3~5日の予定で行われているロックフェス「TREASURE05X」の公式サイトは4日未明、3日公演の参加者の中に、公演中に新型コロナウイルスの陽性判定の連絡を受けた人がいたことを発表した。当該者は濃厚接触者としてPCR検査を受けながら来場していたのではなく「会社内全体の念の為の検査として受けられ」判明したと説明している。

公式サイトでは「現在は直接連絡もつき、行動履歴も確認できております」として、座席番号や移動経路を掲載。午後1時にバイクで来場し、午後6時半に陽性と連絡を受けて即帰宅したと説明している。

公式サイトでは「4日(土)日本ガイシホール公演につきましては、該当箇所の徹底した消毒作業に当たり、その上で予定通り開催させていただきます。またアリーナ内で従事していたスタッフに関しては、全員抗原検査を行います」と対応策を発表。「3日(金)公演に来場され該当座席付近にいらっしゃたお客様で、9月4日・5日のチケットをお持ちのお客様は、本当に申し訳ございませんが念の為、ご来場をお控えくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。また上記のお客様には主催者にてPCR検査の準備もさせていただきます。こちらは改めてお知らせ致します」と近くにいた人には来場自粛を呼びかけた。

また「4日、5日公演のチケットをお持ちの方で、来場に不安を感じるお客様には、公演終了後、チケットの払い戻しに対応させていただきます」としている。

https://hochi.news/articles/20210904-OHT1T51012.html


no title

【愛知県のロックフェス「TREASURE05X」来場者にコロナ陽性者判明 行動履歴など公開…近くにいた人には来場自粛呼びかけ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/03(金) 15:55:41.67 _USER9
女優の綾瀬はるか(36)が新型コロナウイルスに感染して都内の大学病院に入院中であることがわかり、ファンからは多くの心配の声があがった。この発表に対して、ネット上を中心に大きな反響が巻き起こっている。

 現在、コロナ病床のひっ迫が深刻化して、自宅療養せざるを得ない感染者が激増。自宅療養中に死亡する事例も続く中、綾瀬が入院したことについて、一部の人々は「なぜ入院できたのか?」と疑問を抱いたらしい。「『上級国民』(社会的地位の高い人間を指すネットスラング)は優先的に入院できるのか」といった声が上がり、Twitterでは「上級国民」がトレンド入りする事態となった。

 自宅療養者の増加が問題となるのにともない、「入院叩き」とでも言える動きが生まれつつあるのだ。まず「上級国民はすぐ入院できる」といったネット上の書き込みは本当なのか? 医師でジャーナリストの森田洋之氏は、「社会的地位というよりも、病院側とのコネクションがあると優先的に入院できる可能性はあります」と語る。

「公的機関であれば、上層部の人間が個人的な付き合いのある相手を優遇したとなると大問題です。しかし、日本の病院は民間が8割。そのため、お偉いさんの思惑が通りやすい環境になっており、それを禁じるルールが明文化されて存在するわけでもありません。あくまで民間の施設なので、経営などの判断は各々に任されている。つまり日本の医療とは、そもそも公共性の乏しいものなのです」(森田氏)

 ただ、森田氏も「入院叩き」のような風潮は問題視しているし、こうした状況下で有名人が入院することは、すなわち「コネ」とは言い切れない。

「誰かが入院したということは、全く批判されるべきことではありません。入院できることがバッシングの対象となっては、入院自体を遠慮してしまう人も出てきかねません。もしも日本の医療について考えるのであれば、ただ入院した個人を叩くのではなく、『医療の分野が民間に任されている』という根本的な問題に目を向けていただきたいと思います」(森田氏)

 綾瀬を含め個々人の入院の経緯はわからないし、症状を見た医師の判断で入院の必要があるかどうかが大きな基準となっているのは間違いないだろう。

一方で、森田氏が指摘する通り、コネ入院というもの自体は存在するし、お金を積めば特別な個室に入院できるのが現実だ。まるでホテルのスイートルームのような高級病室を持つ某病院には“政治家優先枠”も存在している。コロナ前から、特に体調が悪いとされていなかった政治家が、スキャンダルを報じられるや否や“体調不良”で入院して雲隠れするケースは何度となくあった。

 世界を見渡せば、日本の「一般人」への医療体制は、各国と比較して手厚いものであると言える。国民皆保険で、コロナ陽性者の治療費は無料。コロナ禍以前は、有力者と一般人の間にあるのは「入院部屋が豪華な個室か否か」「食事が豪勢か否か」程度の差で、受けられる医療に関して大きな違いはなかった。しかし、医療崩壊によって、今の日本では「医療を受けられるか否か」の差が生まれてしまった。

 現在の医療ひっ迫の原因のひとつには、民間病院でのコロナ患者の受け入れが少ないことが挙げられており、その背景には、政府や日本医師会による不作為がある。

 つまり、有名人や権力者が入院したという個別ケースに「ずるい」と騒いでも仕方がない問題なのだ。本質は、民間病院も含めて医療界全体でコロナ禍を乗り越える体制を作ることにこそあると言えるだろう。批判の矛先は、“カネ”や“コネ”が命の分かれ目になってしまう事態を招いた政府や医師会に向かうべきなのではないか。

https://www.news-postseven.com/archives/20210902_1688585.html?DETAIL

medical_jinkoukokyu_mask

【綾瀬はるかで話題「上級国民は入院できるのか」論が馬鹿げている理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/03(金) 10:18:55.41 _USER9
 新型コロナウイルスに感染し療養中だったお笑い芸人・ねづっち(46)が2日、浅草・東洋館の漫才協会上席「漫才大行進」で復帰。約3週間ぶりに高座を務めた。終演後にスポーツ報知の取材に応じ、闘病生活を明かした。

 ねづっちは、9日の北海道での落語会に出演し帰京。翌10日に発熱した。「朝起きた時の感覚がいつもと違った」。検温すると37度7分。「コロナじゃなきゃいいな」がその時の感想だった。昨年、コロナの感染が広まって以来、感染対策をして、健康には気をつけていた。体調に気を配り、1年半以上、風邪もひいていなかった。だが、熱は上がり38度台に。11日に自治体の発熱相談センターに連絡し、紹介された近所の病院に徒歩で向かった。PCR検査を受け、13日に陽性と判定された。

 「その時の感想? “だよな”でした」。その時点で熱は下がらず、38度台から39度台を行き来していた。病院からは解熱剤の有無を問われたのみ。保健所から連絡があり「自宅療養」になった。幸い、せき込むことはなかったが高熱は続く。「熱を計って、『38度台ならいいや』って。そんな感覚でした。今思えば全然良くないんですが…」。自分では、頭ははっきりしていたと思っていたが、その時の記憶は曖昧だ。妻からは「40度台を超えた時もあった」と後から聞かされた。

 妻と2人暮らし。部屋を分けて、ねづっちはほぼ寝室で生活した。解熱剤を飲むと少し熱が下がるが、またすぐに上がる。見かねた妻が119番通報。救急隊員が自宅にやってきて、色々と連絡を取るが受け入れ先は見つからない。それを繰り返した。「救急隊員の人がずっと家にいるんです。申し訳なくって。3回目は『また呼ぶの?』って言ってしまった」。3度目の119番は20日だった。ようやく入院先が決まり、救急搬送された。

 その後は点滴治療などで状態も回復。「点滴など(腕に)色々管がすごい付いていました」。治療の効果もあり、発熱し11日後には熱が下がった。27日に退院。「体力が落ちて、電車に乗っても意外に疲れるなと…」体重は5キロ減っていた。その後は2日間、処方された薬を飲みきり、近所を散歩するなどして、体力アップに努めた。ようやく2日から仕事復帰した。

 ねづっちにとって闘病生活はどうだったのか。「インフルエンザになったこともありますが、10日以上も高熱が続くことはない。ちょっと違いますよ。普通じゃない」。感染経路も分からない。「お酒も家でしか飲んでいないし、職場と家の往復だけ。(北海道公演も)出演者全員、抗原検査を受けて陰性証明を出して行っていた」。

 “整います”で次々となぞかけを披露してきたねづっち。「11日間、熱があって、どこか頭がおかしくなっているんじゃないかと…。本当に“整わない”かもしれない。そういう日が来るかも知れない」。不安と怖さもあったが、3週間ぶり15分の高座は楽しかった。「やっぱりうれしいです。お客様の前でネタが出来るのは一番幸せです」。

 味覚障害など後遺症はなく、復帰出来た。妻のお陰だ。「本当によくしてくれた。いなかったら無理でした。無残ですよ。おじさん一人で寝ているだけだから」。意識ももうろうとして、38度台で安堵(あんど)するような状態。「(救急車を呼ぶのも)一人だったらしない。全部やってくれた。ありがたいです。困っちゃいますよ孤独死してたら。妻のお陰です。元々頭が上がらないですけれど…」。

 高座では観客のリクエストで「コロナ陽性」でなぞかけを披露したが、闘病を経験し、慎重に思う自分もいる。「症状もみなさん違いますから。ボクは肺は何ともなかった。ラッキーでした」。

 妻をお題になぞかけをお願いすると、“整いました”とねづっちの声が響いた。「妻とかけまして、役人の家と解く。その心は…。そこにカンシャ(官舎・感謝)があるでしょう」。

 高座では鬼嫁エピソードで笑いを取っているが、実際の妻は? 「本当にありがたい。ボクにとっては女神だったんですから…」。

9/3(金) 5:00
スポーツ報知

ねづっちが語るコロナ闘病 単身なら孤独死の恐怖 高熱が続き、妻の3度目の救急通報で入院
新型コロナウイルス感染から復帰したねづっち
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5c8af025ef1697381b027303d0cb8fb7fc1033f

no title 【ねづっちが語るコロナ闘病 単身なら孤独死の恐怖 高熱が続き、妻の3度目の救急通報で入院】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/31(火) 19:11:15.31 _USER9
 綾瀬はるか(36才)が、新型コロナウイルスに感染し、都内の大学病院に入院していることがわかった。

 発症したのは8月中旬で肺炎の症状などが見られたため、緊急入院。中等症と見られる。芸能関係者が明かす。

「8月20日頃から入院していたようです。当初は肺に白い影ができるほどで呼吸もしづらかった。かなり心配されていましたが、今は容体も落ち着き始めているようです。今週中には退院できる見込みだと聞いています」

 綾瀬はこの9月から、東映70周年を記念して制作される映画で主演の木村拓哉(48才)と共演することが決まっていた。

 気になるワクチンについては未接種だったという。

「この夏は映画の撮影など仕事が立て込んでいたこともあり、副反応の影響を考えて接種の時期は9月を想定していたようです。その矢先に感染してしまった。もちろん感染には最大限気をつけていたようですが……」(前出・芸能関係者)

 一日も早い快復が待たれる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/dc7a300cbd8e14e3d1b9855883158d4feac886ae

sick_netsu


【【悲報】綾瀬はるか(36)さん、コロナ陽性で緊急入院「中等症で肺に白い影」】の続きを読む