芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

斉藤由貴

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/02(土) 22:04:31.36
俳優の染谷将太(27)が2日、都内で主演映画「最初の晩餐」(公開中、常盤司郎監督)の公開記念上映会で舞台あいさつした。

 父(永瀬正敏)の葬儀のため故郷に帰ってきた染谷が演じるカメラマンが、母(斉藤由貴)、姉(戸田恵梨香)らと夕食をともにしながら、家族の思い出がひもとかれていく物語。題名にちなみ「人生“最後”の晩餐は誰と何を食べたいか」と聞かれると染谷は「家族で寿司」と回答。「最後なので家族。あと寿司が好きなので。すみません、話が広がらなくて」と謝った。

 作品が家族ものということもあってか出演者がほぼ「家族と―」と答える中、斉藤は「正直に言います。1人で桃を食べたい」と小声で告白。「みそ汁だと温かくて切なくなっていけない。桃みたいにおいしくさっぱり、後味ない感じで。1人で食べたい」と意味深に話した。

11/2(土) 21:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000174-sph-ent
no title

【斉藤由貴さんの人生最後の食事www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/23(水) 05:06:49.13
 女優の斉藤由貴が22日放送の『ノンストップ』(フジテレビ)に出演。自身の代表作である『スケバン刑事』をフジテレビの三上真奈アナウンサーに“スケバンけいじ”と読み間違えられて爆笑する一幕があった。

 番組では斉藤のプロフィールを紹介するとして、三上アナが原稿を音読。するとその中で、三上アナが「主役の麻宮サキを演じた『スケバンけいじ』がヒット作に」と“刑事(デカ)”を“けいじ”と読み間違えてしまい、小籔千豊がすかさず「スケバンデカね」と訂正。一瞬表情の固まった斉藤だったが、この間違いに次の瞬間には爆笑していた。

 すぐさま訂正し読み進める三上アナだが、小籔やMCの設楽統から「スケバンけいじ?」「本当?」「嘘だろ?」などヤジのコメントが。その様子がさらに笑えたようで斉藤は顔を抑えながら大爆笑していた。

 原稿を読み終えた三上アナはあらためて「存じ上げていたんですけど文字で読んでしまって」と説明。設楽は「びっくりした。やっぱり世代かなって思っちゃった。それで『スケバンけいじ』の時はどうだったんですか?」と三上アナの読み間違いをいじりまくっていた。

 そのまま話題は『スケバン刑事』へ。印象に残っていることを聞かれると斉藤は「やっぱりヨーヨーですね」と言い、「ものすごく難しかったので、本当に最後まで全く上手になりませんでした。驚くくらい」と当時全くヨーヨーが上達しなかったと回顧。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
2019年10月22日(火) 12時01分 
斉藤由貴、三上真奈アナの読み間違いに爆笑「スケバンけいじ」 
https://www.rbbtoday.com/article/2019/10/22/174063.html 

no title



【斉藤由貴、三上真奈アナの読み間違いに爆笑「スケバンけいじ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/18(金) 18:21:28.11
 女優の斉藤由貴さんが、11月9日に放送されるオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語’19秋の特別編」(フジテレビ系)に出演することが10月18日、分かった。斉藤さんは、1990年10月放送の「世にも奇妙な物語 秋の特別編」内の「絶対イヤ!」と、1994年10月放送の「世にも奇妙な物語 秋の特別編」内の「出られない」に出演しており、約25年ぶりに同番組に出演する。

 3回目となる今回は、「恋の記憶、止まらないで」に出演。売れなくなったシンガー・ソングライターの村瀬志保を演じる。新曲を思うように作れず、SNSには批判的なコメントが書かれていた志保は、ある日、曲作りをしながらうたた寝をしてしまい、不思議な夢を見る。夢の中で流れていたメロディーを新曲として作り上げると、あっという間に大ヒット。そんなある夜、曲作りをしていた志保は、背後に不穏な空気を感じ……というストーリー。

 斉藤さんは、25年ぶりの出演について「久しぶりに出演させていただけて本当にうれしいです」とコメント。前2作はコメディータッチの作品だったが、今作はホラーテイストになっており、「今回はホラー色が強い、ある意味、最も『世にも奇妙な物語』らしい、王道を行く作品なので、新しいジャンルの作品に挑めることもうれしいです」と語っている。

 「世にも奇妙な物語’19秋の特別編」は11月9日午後9時に放送。

 ◇斉藤由貴さんのコメント

 ――25年ぶりに出演した感想は?

 久しぶりに出演させていただけて本当にうれしいです。私、オムニバス・スタイルのミステリー色のあるドラマを見るのが好きなので、そういう点からもうれしいです。今まで出演させていただいた2本は、コメディー色の強い、アップテンポで面白い作品だったのですが、今回はホラー色が強い、ある意味、最も「世にも奇妙な物語」らしい、王道をいく作品なので、新しいジャンルの作品に挑めることもうれしいです。どちらかというと私は、コミカルな作品の方が演じやすいので、叫んだり、怖がるという表現は難しく、チャレンジングな作品になると思います。

 ――注目のシーンは?

 見てくださるお客様が、本当に怖がる“王道のポイント”というか“要素”が随所にちりばめられていて、限られた分数の中ですが“ホラーはこうでなくちゃ!”という構成になるのではないでしょうか。

 ――今回の役をどのようにとらえ、演じていますか?

 私自身が、この仕事を始めてもう34年ぐらいでして……もう人生の半分以上、この仕事をしているのですが、その間にはお仕事がうまくいくときもあればいかないときもありました。仕事をする上で迷う気持ちには共鳴でき、役柄に寄り添うことができたのは確かです。だからといって、私の素の部分を作品に感じさせすぎるのはよくないと思うので、そのバランスが難しかったです。

 ――この作品を読んだ感想は?

 輪廻(りんね)的なテイストがあると思います。恐怖がほんのりエンドレスな感じがしました。

 ――視聴者の方にメッセージを。

 この作品には書き下ろしていただいた曲がいくつか出てきて、全編を通して随所で流れてきます。それがロマンチックですてきな気持ちを呼び起こしてくれるようなテーマチューンなのでぜひ音楽も楽しんでみてください。きっとこの作品を盛り上げてくれると思います。

2019年10月18日 テレビ 
オムニバスドラマ「世にも奇妙な物語’19秋の特別編」に出演する斉藤由貴さん(C)フジテレビ 

https://mantan-web.jp/article/20191018dog00m200038000c.html
001_size6

【斉藤由貴:25年ぶり「世にも奇妙な物語」に出演 売れなくなったシンガー・ソングライター役】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/03/02(土) 16:38:50.05 ID:dE2TnXvj9
人気声優・芹澤優(24)のセカンド写真集が4月26日に白夜書房から発売される(タイトルは未定)。
その収録グラビアの一部が先行公開された。

芹澤は2012年に声優とアイドルの両立を目指して活動をする「i☆Ris」のメンバーとしてデビュー。
17年4月にはソロデビューを果たし、これまでにミニアルバム2枚とシングル1枚を発売した。
現在放送中のTVアニメ「3D彼女 リアルガール」(日本テレビ系)では、主人公の五十嵐色葉を演じている。

今回の写真集は1月中旬にグアムで撮影され、水着姿を初披露しているという。先行公開ショットについて「そーなんです! その透けて見えるのは…水着! 人生初の水着!! 
せっかくグアムまで行ってせっかく写真集を作るんだから、今まで絶対見せたことのないセリコを!と思ってチャレンジしました。
でも、みんなのよく見ているニコニコセリコや、思いっきりはしゃいでるセリコもばっちり入ってます。
芹澤優をもっと好きになりたいなら絶対ゲット!だぞ」とコメントした。

芹澤といえば、自ら明かしているように、母親が女優・斉藤由貴(52)の姉で、斉藤のめいにあたる。
斉藤も1984年に第3回ミスマガジンに輝き、グラビア界を席巻した超人気アイドルだった。
その“最強遺伝子”を受け継ぎ、初めて水着姿を披露するだけに、今回の写真集が話題となるのは必至だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16099564/
2019年3月2日 15時34分 東スポWeb
001_size6

no title

no title


【斉藤由貴のめい・芹澤優がセカンド写真集で初水着】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/05/22(火) 22:53:34.52 ID:CAP_USER9
「私が、迷惑をかけてしまって……」──5月14日、都内にある斎場で、女優・斉藤由貴(51)は関係者に支えられ、嗚咽を漏らしていた。

髪を後ろで束ね、黒い礼服に身を包んでいるが、眼鏡の下の瞼は赤く腫れ上がり、化粧も涙で流れ落ちていた。この日は斉藤が所属する芸能事務所のマネージャー・A氏の告別式だった。

「30代でありながら、長澤まさみらを輩出した“東宝シンデレラオーディション”の委員長を務めるなど業界では有名な敏腕マネージャーでした。
前日まで元気に仕事をしていたのですが、現場に来ず、電話にも出なかったことを不審に思った事務所スタッフが自宅を訪れると、すでに亡くなった状態だったそうです」(芸能関係者)

斉藤といえば、昨年8月に報じられた医師との5年にも及ぶ“ダブル不倫”が記憶に新しい。当初は釈明会見を開いてまで不倫関係を否定したが、写真週刊誌に斉藤の自宅とみられる場所で医師がパンツを被った姿が掲載されるや、一転して不倫を認める。その後、大河ドラマ『西郷どん』やCMの降板に追い込まれた。

「この時に彼女を支えたのが担当マネージャーのAさんでした。クライアントへの謝罪行脚の傍ら、斉藤の家族と一緒になって、追い込まれていた本人のメンタルをケアしていました。
騒動直後も一部の仕事は続けていましたが、食事も満足に喉を通らなかった斉藤がそれらをこなせたのも、Aさんが昼夜を問わず励まし続けたからでしょう。
この4月からグループリーダーに昇格し、担当を外れましたが、公私にわたって連絡をとりあう仲でした」(同前)

現在、斉藤は「スキャンダルを乗り越え、仕事のオファーが多数ある」(スポーツ紙芸能デスク)状況で、A氏の訃報に接してもすぐに駆けつけることができなかったという。

「それでも通夜、告別式の前に弔問に訪れています。ご遺体に直面するや泣き崩れて、悲鳴に近い声で“ごめんなさい”と懺悔の言葉を口にしていました。“まさか”という心境だったようで、ただただ慟哭するばかりでした」(前出・芸能関係者)

所属事務所は、A氏の逝去を認めた上で「コメントは控えさせていただきます」と回答した。スキャンダルを乗り越えて活躍することが、A氏への弔いとなるのだろう。

斉藤由貴 不倫騒動の“どん底を支えた人”の急死で号泣の夜 
5/22(火) 16:00配信 NEWS ポストセブン 
http://www.news-postseven.com/archives/20180522_678131.html 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00000021-pseven-ent 

涙にくれた斉藤由貴 
5Y

※週刊ポスト2018年6月1日号

【斉藤由貴 不倫騒動の“どん底を支えた”マネージャーの急死で号泣の夜】の続きを読む