1: なまえないよぉ~ 2017/04/05(水) 18:57:35.46 ID:CAP_USER9
能年玲奈から改名した女優ののんが岩手銀行のイメージキャラクターに就任し3日、盛岡市内の岩手銀行本店で
行われた入行式に出席したことを、一部メディアが報じた。

 記事によると、制服姿で登場したのんは「大変なお仕事かと思うのですが、楽しく、パワフルに頑張っていただきたい」と
新入行員にエール。「みなさんと一緒に頑張って、岩手銀行のエバンジェリスト(伝道師)として務めさせていただきます」と
抱負を語ったという。のんは岩手を舞台にしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロインを務めたことなどからイメージキャラクターに起用された。

 のんといえば、ヒロインの声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」が大ヒット。同映画が受賞した各映画賞の
授賞式に出席し、作品の魅力をアピールしていた。

 また、現在放送中の「LINEモバイル」のCMに出演中。改名後、初のCM起用となった。いまだに所属事務所との
契約問題が解決していないが、CMの制作発表会見で同社の嘉戸彩乃社長は、「事務所の問題は把握していますが、
今回のテーマを表現できるのは彼女しかいないとお願いした」と起用理由を明かしていた。

 「のんの事務所といえば、2月には女優の清水富美加が突如、宗教法人・幸福の科学へ出家。タレントの管理が
まったくできていない、と業界内での評価が大幅にダウン。ネット上ではすっかりブラック企業扱いされてしまった。
のんとの契約問題だが、まったく話し合いが進んでいない状態。にもかわらず、のんにはオファーが殺到している状態」(芸能記者)

 タレントとしてのんの“商品価値”が高いことがうかがえるが、その状況を憂慮する関係者もいるという。

 「のんの事務所社長は、タレントの肖像権管理や安易な移籍・引き抜きなどを抑止することを目的とした業界団体の
次期会長候補だったが、すっかり権威が失墜。その団体の加盟社からは、『のんが順調に活動しているのを見て、
影響されるタレントが出そう。なんとかできないものか』などの声があがっている」(芸能プロ関係者)

 のんが契約問題をクリアにすれば、もっとオファーが増えそうだ。

no title

http://npn.co.jp/article/detail/62367080/

【のんが売れっ子になって困る人々】の続きを読む