芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

改名

1: なまえないよぉ~ 2017/04/10(月) 12:47:05.40 ID:CAP_USER9
能年玲奈から改名した女優の「のん」が、完全復帰に向けて着々と足元を固めているようだ。
4月3日に行われた岩手銀行の入行式に出席したのんは、同行のイメージキャラクターに就任。
彼女が出演するテレビCMの放送も始まった。

そののんは3月15日から放送されている「LINEモバイル」のテレビCMにも出演中。
いずれも一部上場企業の大手通信会社と地方銀行にて“企業の顔”として採用されたことになる。
そんなのんの現状についてテレビ誌のライターが指摘する。

「東京のキー局ではいまだに“のん”をほとんど取り上げていませんが、県庁が彼女を応援している岩手では事情が異なります。
岩手銀行の入社式は全局でニュースとなり、のんのスピーチもそのまま放送。
2月20日には岩手朝日テレビの開局20周年記念番組『賢治文学とクラシック~のんが解くダダダダーン~』に出演したほか、
3月25日にはテレビ岩手が主催する『わん博2017』にも出演しています」

ただ、のんに関しては前所属事務所との契約問題が解決しないうちは、キー局の番組に出演できないとの噂も根強い。
その点について前出のテレビ誌ライターはこう指摘する。

「テレビ局に対して最も強い立場を持つのはCMのスポンサー企業。
だからLINEモバイルのテレビCMはキー局でもそのまま放送されています。
連ドラのメインスポンサーを務める大企業がのんをCMに起用した暁には、彼女の主演ドラマができても不思議はありません」

岩手銀行のほか、JA全農いわての宣伝本部長として県産米の宣伝にも勤しんでいるのん。
次は何のCMキャラに就任するのか、目が離せないところだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/1298994/
2017.04.10 09:59 アサ芸プラス

no title

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=HMFFYtqiU1M


【 のん(能年玲奈改め) CM】岩手銀行 のんさん「ただいま」篇 小海女回來了!

【のんがCMに続々出演!スポンサーの力でキー局での完全復帰は秒読みか!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/05(水) 18:57:35.46 ID:CAP_USER9
能年玲奈から改名した女優ののんが岩手銀行のイメージキャラクターに就任し3日、盛岡市内の岩手銀行本店で
行われた入行式に出席したことを、一部メディアが報じた。

 記事によると、制服姿で登場したのんは「大変なお仕事かと思うのですが、楽しく、パワフルに頑張っていただきたい」と
新入行員にエール。「みなさんと一緒に頑張って、岩手銀行のエバンジェリスト(伝道師)として務めさせていただきます」と
抱負を語ったという。のんは岩手を舞台にしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロインを務めたことなどからイメージキャラクターに起用された。

 のんといえば、ヒロインの声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」が大ヒット。同映画が受賞した各映画賞の
授賞式に出席し、作品の魅力をアピールしていた。

 また、現在放送中の「LINEモバイル」のCMに出演中。改名後、初のCM起用となった。いまだに所属事務所との
契約問題が解決していないが、CMの制作発表会見で同社の嘉戸彩乃社長は、「事務所の問題は把握していますが、
今回のテーマを表現できるのは彼女しかいないとお願いした」と起用理由を明かしていた。

 「のんの事務所といえば、2月には女優の清水富美加が突如、宗教法人・幸福の科学へ出家。タレントの管理が
まったくできていない、と業界内での評価が大幅にダウン。ネット上ではすっかりブラック企業扱いされてしまった。
のんとの契約問題だが、まったく話し合いが進んでいない状態。にもかわらず、のんにはオファーが殺到している状態」(芸能記者)

 タレントとしてのんの“商品価値”が高いことがうかがえるが、その状況を憂慮する関係者もいるという。

 「のんの事務所社長は、タレントの肖像権管理や安易な移籍・引き抜きなどを抑止することを目的とした業界団体の
次期会長候補だったが、すっかり権威が失墜。その団体の加盟社からは、『のんが順調に活動しているのを見て、
影響されるタレントが出そう。なんとかできないものか』などの声があがっている」(芸能プロ関係者)

 のんが契約問題をクリアにすれば、もっとオファーが増えそうだ。

no title

http://npn.co.jp/article/detail/62367080/

【のんが売れっ子になって困る人々】の続きを読む