芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

撮了

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/08/21(水) 14:01:12.23
NHKは21日、女優の広瀬すず(21)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」
(月~土曜前8・00)の撮影が20日深夜に終了したと発表した。
 
NHKの発表に先立ち、この日午前、番組公式ツイッターとインスタグラムで報告。
SNSで動画を使っての視聴者への先行報告は異例の試み。クランクアップセレモニーの様子が伝えられた。

制作統括の磯智明チーフプロデューサーは「15カ月間に及ぶ長期撮影、大変お疲れさまでした。
19歳、20歳、21歳という大切な時間を『なつぞら』に預けてくれて、本当にありがとうございます」と広瀬に労いと感謝。
「超ハードスケジュールにもかかわらず、セリフと芝居を完璧に頭に入れ、
いつも前向きに現場に臨んでくれました。広瀬さんがセンターに立ち続けたからこそ、出演者もスタッフもみんな、
ドラマ作りに一生懸命に取り組むことができました」と最大級の賛辞を送った。

「オンエアは残り1カ月あまりですが、ここからの広瀬さんが凄い。母として、アニメーターとして、
様々なドラマが降りかかる中で、さらにパワーアップした芝居を見せてくれます。
最後まで是非お楽しみください」と予告した。

朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、
昨年前期「半分、青い。」に続き、近年、異例の非公開。NHKは視聴者に物語に没頭してもらうためのネタバレ防止、
20日の停電の影響もあって撮影が夜遅くに及んだことが理由だと説明した。
大河ドラマは2016年「真田丸」のクランクアップが最終回の結末に触れるため、異例の非公開となった。


節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、
映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(52)が
03年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。
戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、
高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

視聴率は第19週(8月5~10日)を除き、直近の第20週(8月12~17日)まで週平均
(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)で大台20%超えと好調をキープしている。

スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/21/kiji/20190821s00041000187000c.html
1年3カ月の長丁場となったNHK連続テレビ小説「なつぞら」の撮影を完走した広瀬すず。
クランクアップセレモニーで花束と絵を贈られ、笑顔
no title

「なつぞら」撮了 磯CPが広瀬すず絶賛「セリフと芝居を完璧に頭に」放送残り1カ月「ここからが凄い」 
[ 2019年8月21日 13:10 ] 


『なつぞら』クランクアップ パート1
笑いあり、涙あり、サプライズありのクランクアップの様子をいち早くお届けします。
https://twitter.com/asadora_nhk/status/1163964209203490819
『なつぞら』クランクアップ パート2
https://twitter.com/asadora_nhk/status/1163964340422266880
『なつぞら』クランクアップ パート3
https://twitter.com/asadora_nhk/status/1163964613198852098


【NHK朝ドラ「なつぞら」撮了 磯CPが広瀬すず絶賛、放送残り1カ月】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/09/12(水) 06:14:23.55 ID:CAP_USER9
 こうの史代さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)で、主人公・北條すず役の松本穂香さんと北條周作役の松坂桃李さんがこのほど、クランクアップした。2人は5月にクランクインし約4カ月間の撮影を乗り越え、最後のあいさつをした。

 すず役をオーディションで射止め、初めて経験することが多かったという松本さんは、撮影について「不安だったし、大変だったこともあったけれど……」と言葉を詰まらせ、「出演者、スタッフみなさん一人一人が本当に大好きです。このドラマでは(すずが)みんなに支えられて生きていると思いましたが、私もみんなに支えられて生きているなと感じました。本当に、ありがとうしかないです。本当にありがとうございました!」と、涙を流しながら感謝の言葉を述べた。

 一方の松坂さんは「クランクインしてからこの4カ月、濃い時間を過ごすことができました。撮影中も笑いの絶えない現場で、スタッフのみなさんの愛を感じました。個人的なことですが、この作品が20代最後のドラマになるので、それがこの作品でよかったなと心から思います。参加できてよかったです。本当にありがとうございました」とあいさつした。

 「この世界の片隅に」は、マンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞した。戦時中、呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争激化で崩れていく様子が描かれた。

 最終話(16日放送)は、終戦を迎え、空襲におびえることがなくなったが戦時中以上の物不足に悩まされる日々が続く中、北條家では円太郎(田口トモロヲさ)の再就職が決まり、径子(尾野真千子さん)も働きに出るようになった。しかし、終戦直後に海兵団に召集された周作はまだ帰ってこない。すずは夫の無事を願って前向きに日々を過ごそうとする。秋のある日、実家の様子が分からず気をもんでいたすずは、意を決して広島に向かう……というストーリー。


2018年09月12日
https://mantan-web.jp/article/20180911dog00m200051000c.html
no title

no title

【松本穂香「この世界の片隅に」撮了で涙】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/18(土) 16:13:00.05 ID:CAP_USER9
NHKは18日、女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」
(月~土曜前8・00)の撮影が17日に終了したと発表した。
朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、近年、異例の非公開。
昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した永野は同局を通じて
「私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、
また戻ってきたいなって思っています」とコメント。
同局関係者によると、永野は最後の撮影を終え、涙を流したという。

ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクイン。
永野は「長いようで短いような10カ月でした。こんなに長期間の撮影は初めてだったので、
先が見えずに不安になってヒロインとしては頼りない時もあったと思いますが、共演者の皆さんや
スタッフの皆さん、本当にたくさんの人に支えられて、乗り切ることができました」と
クランクアップの心境を明かし、周囲に感謝。

「『半分、青い。』は私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!
だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、また戻ってきたいなって思っています」と笑いを誘い、手応えを示した。

「鈴愛の七転び八起きの人生をテレビの前で応援してくださっている皆さん、
まだまだ驚きの展開が待っています!ハラハラ、ドキドキしながら最後まで見守ってください。
きっと素敵なラストになっていると思います」と呼び掛けた。

朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、今回は異例の非公開。
同局はネタバレを防ぎ、視聴者に物語に没頭してほしいこと、撮影が夜遅くに及んだことを主な理由とした。
大河ドラマとしては2016年「真田丸」のクランクアップが最終回の結末に触れるため、異例の非公開となった。

近年の前期朝ドラの撮影終了日は17年「ひよっこ」(ヒロイン有村架純)が9月4日、
16年「とと姉ちゃん」(ヒロイン高畑充希)が8月25日、15年「まれ」(ヒロイン土屋太鳳)が8月20日、
14年「花子とアン」(ヒロイン吉高由里子)が8月26日、13年「あまちゃん」(ヒロインのん)が8月1日、
12年「梅ちゃん先生」(ヒロイン堀北真希)が8月24日、11年「おひさま」(ヒロイン井上真央)が8月23日、
10年「ゲゲゲの女房」(ヒロイン松下奈緒)が8月19日。

朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」や
TBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み
“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。
岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が
高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

序盤はやや苦戦した視聴率も、第7週(5月14〜19日)から直近の第19週(8月6~11日)まで
週平均(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)で13週連続大台超えと好調をキープしている。

北川氏が自身のツイッターを連日更新。視聴者とやり取りしてきた。
放送中のドラマを執筆している脚本家と視聴者の直接交流は異例。
「神回」予告や秘話・裏話で“副音声的”なドラマガイドの役割を担った。

「半分、青い。」撮了 異例の非公開 永野芽郁は涙と感謝「永遠に自慢の作品」「またヒロインをやりたい」 


スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/18/kiji/20180818s00041000152000c.html
ヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」の撮影を終え、花束を受け取る永野芽郁
no title

【NHK「半分、青い。」撮了、異例のメディア非公開 永野芽郁は涙と感謝】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/10/12(木) 05:20:44.29 ID:CAP_USER9
女優の柴咲コウさんが主演し、放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が11日、浜松市内でクランクアップを迎えた。最終シーンの撮影を終えた柴咲さんは「体力がありあまっています。あと1年ぐらいできそう」と満面の笑み。また、大河ドラマをやりたいかと聞かれると「もちろんです! やりたいです!」と力強く即答した。

 この日は、柴咲さんは「クランクアップです!」と声をかけられると、共演者らと顔を見合わせ「わー!」と大はしゃぎ。うれしそうに記念のくす玉を割り、花束を受け取った。

 くす玉割りと花束贈呈のセレモニーには、菩提寺・龍潭寺の僧侶、傑山(けつざん)役の市原隼人さん、昊天(こうてん)役の小松和重さんらも出席した。会見には.制作統括の岡本幸江チーフ・プロデューサー(CP)も出席した。

 この日の撮影は、浜松市久留女木(くるめき)の棚田で行われた。最終回となる第50回(12月17日放送予定)で放送される井伊谷(いいのや)の民が、里の豊かな実りを感謝するシーンが撮影された。

 同作は2015年8月26日に制作と、柴咲さんの主演が発表され、16年9月6日にクランクインした。

 「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる主人公・直虎(柴咲さん)が、男の名で家督を継ぎ、今川、武田、徳川が領地を狙う中、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守りながら、生き延びていく……というストーリー。放送はNHK総合で毎週日曜午後8時ほか。


浜松市で行われたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップ会見に出席した柴咲コウさん
no title

no title

no title

no title

https://mantan-web.jp/article/20171011dog00m200009000c.html

【柴咲コウ 大河「直虎」撮了で満面の笑み】の続きを読む