芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

撤退

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/20(月) 21:38:39.96
AKB48グループを運営する株式会社AKSが、2月に社名を「株式会社ヴァーナロッサム」に変更し、国内の48グループの運営からは撤退することが20日、発表された。同社は現在募集中も含めた海外の9グループと、グローバルガールズグループ・IZ*ONEの運営を行う。

現在、AKSが運営しているAKB48、HKT48、NGT48はそれぞれ独立し、株式会社AKB、HKT、NGT(それぞれ仮)となり、すでに独立済みのSKE48、NMB48、STU48と合わせ、国内6グループがすべて独立採算制を敷くことになる。関係者によると、グループが巨大化したことを受け、「運営側とメンバーがより密接なコミュニケーションを行ったり、地域との連携をより深めるため」という理由だという。

独立する新会社は、株式会社AKBが4月、HKT&NGTが3月に発足予定。AKBは現AKS取締役・内村和樹氏が、HKTは同・前田治昌氏が、NGTは現NGT48劇場副支配人の岡田剛氏が社長に就任する。また、選抜総選挙やグループ全体のコンサートなど、全グループ合同で行うイベントについては、ヴァーナロッサムが管轄するという。

AKSは2006年、AKB48の運営管理を主たる事業として設立された。国内姉妹グループの中で、STU48以外の6グループは、過去にAKSの運営管理下に置かれていた。昨年2月にはSKE48の運営事業を株式会社KeyHolderに30億円で譲渡。NMB48については、16年10月にKYORAKU吉本.ホールディングスから運営事業を譲渡されたが、昨年6月に再譲渡していた。STU48は17年3月の発足から、株式会社STUが運営を行っている。

ソース/デイリー
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/20/0013049833.shtml
no title


【【終わりの始まり】AKSが国内AKB全グループから撤退…HKTなど6グループは独立採算制に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ngt_logo

1: なまえないよぉ~ 2019/02/22(金) 15:10:07.04 ID:q5GBosu29
NGT48の寮で起こった暴行事件が明るみになってから40日近くが経過した。この間、議論されるべき「タレントの安全管理」
の問題についてではなく、メディアもネットも「誰がファンとつながっていたのか?」の犯人探しゲームに明け暮れた。

そして、いまではそれも完全に飽きられてしまった。NGT48暴行事件は騒動から得るべき教訓も得られないまま、風化していこうとしている。

現在は第三者委員会による調べが進んでいるが、この第三者委員会に関しては人選を含め疑問の声が絶えず噴出しており、
これまでの運営の対応を見ている限り、この調べで何かが進展するかどうかは疑問だ。

一正蒲鉾はNGT48とのスポンサー契約を終了

そんななか、大きな動きが起きている。新潟市内に本社を置く有名企業の一正蒲鉾がNGT48とのスポンサー契約を終了させたのだ。

一正蒲鉾はグループが結成されて間もない2015年11月からNGT48をサポートし続け、テレビCMなどでNGT48を起用してきた。

しかし、暴行事件が明るみになった後の1月15日に<消費者の皆さまの声を重く受け止めて判断した>
としてテレビCMの放送を休止すると発表。その後もいまにいたるまでNGT48を起用した一正蒲鉾のCMは放送されていない。

そしてここ数日、「CM放送休止だけにとどまらず、スポンサー契約自体を打ち切ったのではないか?」という噂がネット上で飛び交い始めた。

編集部が一正蒲鉾株式会社に問い合わせたところ、NGT48との契約終了に関しては「事実でございます」との回答を得た。

山口真帆の告発と食い違うAKSおよびNGT48運営の対応はグループへの不信を抱かせ、ついに活動初期からサポートしてくれた企業を失う結果を招いてしまったのだ。

新潟県内で50%近いシェアをもつ新聞・新潟日報は、NGT48の活動をサポートしてきた企業のひとつだが、
今回の問題についてどのメディアよりも厳しく追求する姿勢を見せており、
ネットニュースサイト「新潟日報モア」のトップページには、現在でも「NGT48暴行問題」と題された特集ページを設けている。

http://dailynewsonline.jp/article/1701942/
2019.02.21 21:05 wezzy

【【終わりの始まり】NGT48からスポンサー企業が撤退】の続きを読む