芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

持論

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/06/13(木) 18:47:42.12 ID:NRAgGmIv9
元HKT48でタレントの指原莉乃が9日、自身のツイッターを更新。そうめんをめぐる何気ないツイートが、思わぬ共感を集めている。

■指原莉乃「そうめん……」

「そうめん、一束だと少ない、二束だと多い」と綴り、そしてその後、「打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか」と続けた指原。

そうめんは一束が50グラム程度であることが多く、実際手にとってもかなり少ない量。
しかし、茹でると水分を吸収するため、二束だとかなり多くなる……という、多くの人が経験していそうなジレンマを、岩井俊二監督の名作映画とあわせて綴ったようだ。

なぜ、『打ち上げ花火~』と並べたのか、語感の良さ以上の理由があるのかどうかは謎だが、独特な味わいのあるツイートだ。

そうめん、一束だと少ない、二束だと多い

打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか

? 指原 莉乃 (@345__chan) June 10, 2019

■「めちゃくちゃわかる」と共感の声

この投稿に対し、ファンからは共感の声が多く寄せられることに。

「素麺の量めちゃくちゃわかる。ひとりぶん難しい」

「わかりみが深い」

「めちゃくちゃわかる! カロリーも気になるし」

「焼きそば作る時、一玉だと少ない、二玉だと多い」

また、『打ち上げ花火~』絡みのコメントを残す人の姿も見られた。

■4割強が「指原莉乃が好き」

しらべぇ編集部では以前、20代から60代の男女1,474人に指原の好感度を調査。その結果、「大好き」「まあまあ好き」を合計した数値は41.4%だった。

ユーモアあふれる一面も、彼女の人気の理由のひとつだろう。

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,474名(有効回答数)

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162097799/
2019年06月11日 16時20分 しらべぇ

【指原莉乃さんの、そうめんをめぐる持論に共感の声】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/24(金) 05:34:55.89 ID:efkN2KKs9
女優の本田翼が、22日放送のバラエティー番組『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演。赤ちゃんと電車や街中で会ったときの対応について明かし、視聴者から共感の声があがっている。

■本田「過剰に甘やかす必要はない」

番組中盤、ゲストこだわりのテーマを討論する企画を実施。本田が持ち込んだのは、電車や街中にいる赤ちゃんの相手を「する派」「しない派」のどちらかというものだ。

「しない派」の本田に対し、「する派」の明石家さんまがその理由を尋ねると、「同じ人間なので」と回答。全く相手にしないというわけではなく、「過剰に甘やかす必要はない」と考えているのだという。

■赤ちゃんと目があったときの対応

さんまが「絶対に結婚したらあかんタイプ」と話すと、本田は首を振り否定。「赤ちゃん言葉は使わなくてもいいんじゃないかなと思う」と説明する。

また、赤ちゃんと目が合ったときには、スッと目線を外すらしく、「逆にどうされるんですか?」と共演者に質問。

「する派」の西島秀俊が「わーっ!」と笑顔で手を振るジェスチャーをとってみせると、スタジオから黄色い歓声が起こっていた。

■ネットでは共感の声が続出

今回の放送を受け、本田の考え方には共感の声が続出。ツイッターでは、「翼ちゃんと一緒だ」「すごく分かる」といったコメントが寄せられている。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

本田翼「赤ちゃんを過剰に甘やかす必要はない」 その理由に共感の声が相次ぐ 
本田翼が『ホンマでっか!? TV』に出演。赤ちゃんと電車や街中で会ったときの対応について明かし、視聴者から共感の声があがっている。  
2019/05/23 20:00 音無 まりも 
https://sirabee.com/2019/05/23/20162086808/ 

本田翼 
no title


【【かわいいは正義】本田翼ちゃんの持論に共感の声】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/12(日) 21:04:40.63 ID:D0SwGp079
歌手きゃりーぱみゅぱみゅ(26)が12日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に女優の橋本環奈(20)、タレント最上もが(30)と出演。
SNS上の誹謗中傷に対する自身の思いを述べた。

プライベートで仲の良い3人。きゃりーは番組序盤に“ご飯が大好き”という橋本の魅力を紹介。
「環奈ちゃんはガッツがあるというか、バッシングを受けても全然余裕なの。
例えば、ネットで『劣化』とか『太った』とか私たちは書かれやすいのに“全然気にしないっすねー”って」と話してからご飯を食べるジェスチャー。
「ここ(心臓)が強いぞって」と語り、橋本と最上は爆笑。

番組終盤にはネットやSNS上の誹謗中傷について触れる場面も。
きゃりーが「ツイッターとかで信じられないくらいバッシングがきたときがあって。“消えろ”とかって…。
その人のアカウントを見ると、みんなに(バッシングを)やってたり」と話すと、最上も「あー、そうそう」とうなずいた。

「あと、意外と本人見ているよね。見ないだろうなって思って書いてるかもしれないけど。インスタのコメントとか見るし」ときゃりー。
橋本は「コメントとか見ていると(誹謗中傷コメントが)出てきますよね。いいコメント見たいのに、ザって入ってくる」と反応すると、
最上は「しかも一言『ブス』とだけあって。“あー、はい、分かってるよ…”みたいな」と続けた。

橋本は「“中傷コメントなんて気にしなけりゃいいじゃん”って言う人いますけど、じゃあ、言われてみなよって思いません? 気にしないようにはしている。
でも、そりゃ傷つくよ」と告白。きゃりーも「そうそう。“気にしなければいい”って、あとは“(SNS)やめればいいじゃん”って言われる」と応じると、
2人も「そうそう!」と同意。最上は「なんで“芸能人は傷つけていいじゃん”って思っているんだろう」と本音を明かした。

http://news.livedoor.com/article/detail/16447841/
2019年5月12日 18時14分 スポニチアネックス
no title

【きゃりー、橋本環奈、最上もが SNS誹謗中傷コメに持論「気にするなって言われるけど…」】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/04/26(金) 10:55:46.85 ID:e/k7BU5Q9
4月24日に放送されたテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に出演した有吉弘行とマツコ・デラックスが朝のテレビ番組で放送される占いコーナーについて語った。

番組では、“芸能人の様々なランキングを作成する際のアンケートに答えてみたい”というメールが寄せられ、これをもとに2人がトークを展開した。

その中で、マツコが「同じテレビを作ってる仲間だからあんまり言いたくないんだけどさ」と前置きをして「私、朝から占いするのってどうかと思うよ」と切り出した。これに有吉も「まぁね。毎朝占いやってるやつもう疲れてるよ」と発言し、スタジオは笑いに包まれた。

続けてマツコは「あれもうやめよ、もうそろそろ。変なジャンケンとかさ。なんとかレースとかやって動物がこうやって走ったりして、『タヌキが1位になったら何々』とかやってるじゃない、なんか。もうやめよ。ああいう子供だまし」と言うと、有吉は「手相の島田が『毎日の占いはインチキだ』って言ってた」と手相占いで知られる島田秀平の言葉を明かし、マツコは「そこで実名はかわいそうよ!」とツッコミを入れるも、有吉は「言ってやったぞ!島田」とカメラに投げかけ笑顔を見せた。

2019年4月26日 7時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16375367/

【<マツコ>“毎朝の占い”に持論展開!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/14(木) 07:00:08.78 ID:o+7AgYhl9
日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、13日深夜に放送された同局系単発バラエティ番組『犬も食わない』で、最近のセクハラの風潮について困っていることを明かした。

現代社会にはびこる“犬も食わないケンカ”を対照的な2人のキャラクターによるコントで描き、
オードリーの若林と水卜アナがTwitterの視聴者を巻き込んで応援する同番組。昨年秋に10回限定で放送され、復活版となる今回は、全5対決が繰り広げられた。

この中の「セクハラビクビクおじさん」(小手伸也)vs「セクハララインわかってますおじさん」(かもめんたる・う大)を受け、
水卜アナは「放送できるか分からないんですけど…」と言いながら、セクハラに対する持論を展開。

「『ちょっと太ったんじゃない?』って言われるのはダメなんですよ。でも『ちょっと痩せたんじゃない?』もダメです。
セクハラって結局信頼関係と受け取り方ですけど、私は会社の人が好きなので、『痩せた』って言われたらすっごいうれしいし、
『太ったね』とか言われても、むしろ面白いのでいいんです。でも全部禁止されちゃうと、女子も女子でちょっと困る人もいるでしょうね。
もしかしたら古い考えかもしれないですけど」と、コミュニケーションが制限されてしまうことを恐れた。

それを聞いたにもかかわらず、若林は「これからの時代、コンプライアンスも厳しくなってくるから、水トちゃんにそういうこと言うのは世の中でやめたほうがいいね」とおどけた様子。
すかさず、水卜アナは「それは困るんですよ。本当に困るの、本当に困る!」と、若林に両手を合わせて切実に訴えていた。

この日の放送では他にも、「ビジネス本全部読み男」(SixTONES・ジェシー)vs「帯だけ読んでる男」(かまいたち・山内健司)、
「マイナーアイドルファン」(犬飼貴丈)vs「メジャーアイドルファン」(ミキ)、「ハッシュタグ仕分け女子」(趣里)vs「ハッシュタグ活用女子」(武田玲奈)、
「腹筋女子」(奥山かずさ)vs「美尻女子」(西野未姫)が展開され、「#犬も食わない」がTwitterのトレンド入りする盛り上がりとなった。

また放送中には、番組公式SNSで、若林と、翌朝に『スッキリ』の生放送を控える水卜アナによる生配信も実施し、視聴者からは「レギュラー化希望」の声が殺到。
“犬も食わないTシャツ”を着用して日テレ社内や汐留界隈で番組をアピールしていた水卜アナは「次はちょっと半径広げますわ。
麻布十番とか…」と、さらなるPR活動をやる気十分で、若林も「またいつの日か、よろしくお願いします」と、次回の放送に意欲を示していた。

なお、オードリー・春日俊彰ふんする「YouTuberナメてるおじさん芸人・古井ひでお」によるYouTubeチャンネル「古井ひでおチャンネル」は、レギュラー放送終了後の今もなぜか更新中。
それに加え、今回の「マイナーアイドルファン」コントに登場した、ハーパー・あいなぷぅ演じる地下アイドル・あいにゃんが、
“動画アイドル”として活動を開始したことが発表され、またも番組を飛び出してひとり歩きしだすキャラクターが誕生した。

http://news.livedoor.com/article/detail/16156186/
2019年3月14日 4時0分 マイナビニュース
no title

【水卜アナ、セクハラの風潮に持論「全部禁止されると困る人も」】の続きを読む