芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

批判続出

    このエントリーをはてなブックマークに追加
土屋太鳳

1: なまえないよぉ~ 2019/08/07(水) 12:18:28.83
『24時間テレビ?愛は地球を救う』(日本テレビ系)で土屋太鳳が4000メートル級の登山に挑むことが発表され、視聴者から「危険過ぎる」と批判の声が上がっている。

発表されたのは8月3日の『嵐にしやがれ』(同系)の番組内だった。
土屋はスイスの名峰・ブライトホルン(標高4164メートル)に挑む。
「難病の少年の壮大なチャレンジをサポートする」ための登山だという。
土屋は「私にとって本格的な登山は初めての挑戦。挑戦する方の思いに寄り添って、全力でサポートしたい」と意気込み、「頂上からはアルプスの絶景が見られる。ぜひみなさまに素敵な景色をお届けできるように頑張りたい」と完全踏破を目指すとした。

「山登りの経験もないのに…」苦言殺到
番組は未発表の挑戦者を加え、登山の模様を完全生中継するとしているが、これに疑問の声が噴出している。「ブライトホルンは4000メートル超の山の中では比較的登りやすい」との声があった一方で、ネットユーザーは登山経験のない土屋に挑戦させるのは酷だとしている。

《山登り経験の浅い女優に4000メートル峰を挑ませる企画意図が理解できない》
《4000メートル級の登山を生放送って登山を舐めてるのか?》
《どっちにしろ、それが彼女の女優人生にプラスになるとは思えないなぁ》

同時に視聴者からは、イモトアヤコのフォローを望む声も出た。8月4日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(同系)でイモトはアメリカに飛び、岩と岩の間に設けられたロープを渡る「ハイライン」に臨んだ。命綱は装着しているものの、目下に高さ100メートルの谷底が広がる中、イモトはロープ渡りに挑戦。途中で足を踏み外し、空中で何度も回転してしまった。

視聴者はイモトのチャレンジに喝采を浴びせると同時に「土屋のフォローに回ってはどうか」と提案していた。

《イモトならできなくはないと思いますが》
《イッテQ!のチームなら、無謀な登山はしないだろうし、的確な判断してくれそう》

土屋は無事に頂上にたどり着けるのだろうか…?

http://dailynewsonline.jp/article/1954437/
2019.08.07 11:00 まいじつ

no title

【土屋太鳳の4000m登山に批判続出! イモトのサポート望む声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/01/24(木) 16:46:18.76 ID:nrxteeQ19
木村佳乃主演の連続ドラマ『後妻業』(フジテレビ系)が1月22日よりスタート。物語の舞台が関西であることから、ドラマでは関西弁が飛び交っているのだが、
ネット上では「発音が気持ち悪過ぎる」「関西弁に違和感があり過ぎて見てられない」などと、否定的な声が上がっている。

「後妻業」とは、遺産相続目当てで資産家の老人を狙った結婚詐欺。
オトコをたぶらかす天才・武内小夜子(木村佳乃)は、結婚相談所を経営する柏木亨(高橋克典)が陰で営む後妻業のエースで、第1話では元教師の中瀬耕造(泉谷しげる)に接近した。

小夜子は耕造の後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功。
その後は耕造に塩分過多の食事や、寒空の中を薄着で連れまわすなどして、どんどん死に追い込んでいった。

木村は東京出身の女優だが、同作ではコテコテの関西弁を使用。
また、柏木亨の行きつけのホステス嬢役で出演した元『AKB48』の篠田麻里子も、福岡出身でありながら関西弁を使用。


「まんぷく」は叩かれないのに…
すると、関西出身の視聴者からドラマでの関西弁に対して、

《ネイティブじゃない人らが関西弁使うから気持ち悪いw》
《木村佳乃さんが関西弁頑張ってるのはよく分かる。けど、関西人からしたら正直、全然なってない》
《変な関西弁がむず痒くてあんまりちゃんと見れてない》
《関西弁がみんな下手過ぎて聞いてられへん》
《なんで関西出身の役者使わんわけ? アホなん? 気持ち悪い関西弁さぶいぼ出るわ》

などといった批判が続出してしまった。

「一方で、現在放送中の朝ドラ『まんぷく』(NHK)では、東京出身の安藤サクラや松坂慶子がコテコテの関西弁を使用していますが、ほとんどたたかれていません。
役者の技量の差なのか、演出指導者の差なのかわかりませんが、残酷なほどに差がついています」(テレビ誌記者)

『後妻業』は関西テレビ放送(カンテレ)の制作ドラマ。現場には関西出身の人が多そうだが、誰も不自然な関西弁にツッコまなかったのだろうか。

?
http://dailynewsonline.jp/article/1663901/
2019.01.23 19:01 まいじつ
no title

【木村佳乃と篠田麻里子『後妻業』のヘタ演技に批判続出wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/20(木) 12:30:09.46 ID:CAP_USER9
『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のコーナー『モンスターハウス』に出演する芸人・クロちゃんへの「袋叩き」が止まらない。ただ、12月19日放送分では出演女性に対するバッシングも相次いだ。

視聴者からやり玉に挙げられたのはタレントの百瀬はるか。前回放送から「モンスターハウス」に入った新参者だ。
ハウス内で開いたパーティーでは、リビングの中で寝込んだクロちゃんと添い寝するなど、クロちゃんに対して一定の恋愛感情があることをうかがわせた。

百瀬は自ら食事を作り、2人きりで朝食をとるなどいちゃいちゃぶりは加速。クロちゃんに「ハグしたくなる」と告げるなど、思わせぶりな態度を続けるとクロちゃんは後ろからハグする「暴挙」に出た。

ハウスから外出したクロちゃんは、理容室で施術を受けながら「僕、(ハウスに入居する全員の女性から)モテてると思う」と手応えを口に。
自らクロちゃんのほほにキス「本気なのか?」
さらに百瀬とクロちゃんはアイドルグループのコンサートに一緒に向かい、夜景のもとでデート。
「私のことを好きになってほしい」と事実上の告白をすると、クロちゃんは前回放送に引き続き「僕とキスできる?」と問う。
百瀬は「恋愛経験がないから…」と恥ずかしながら、「ほっぺたになら…」とクロちゃんの頬にキスをしていた。

女性部屋で出演女性3人が「ガールズトーク」を展開した際には、「頬にキスをした」と他の女性2人に告白した百瀬。
2人からは「口、臭くなかった?」と心配されていたが、クロちゃんへの気持ちは変わらない様子だ。

この日もクロちゃんへのバッシングは止まらなかったが、百瀬を批判する声も相次いだ。その大半は百瀬の行動を「売名行為」と断罪するもので、

《百瀬はるかは絶対売名だろ》
《百瀬はるかは本気だったら絶対女に嫌われるタイプ》
《会って1週間も経たずにキスしてる。台本のないヤラセでもないんだったら嫌いだわ、こういう女》
《こいつのせいで番組の趣旨変わってきたわ。クロちゃんよりもこいつが気持ち悪い》

次週が最終回であることが伝えられた。まさか2人が結ばれることはないだろうが…。

http://dailynewsonline.jp/article/1618098/
2018.12.20 11:01 まいじつ
no title

【『モンスターハウス』出演女性がクロちゃんよりも気持ち悪いと批判続出www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/10/13(土) 18:50:34.75 ID:CAP_USER9
米倉涼子が主演を務める連続テレビドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)の第1話が10月11日に放送され、平均視聴率15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とロケットスタートを切った。

 米倉の代表作といえば、「私、失敗しないので」のフレーズで人気を博している同枠のドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子』。視聴率20%超えを連発し、これまで全5シリーズが放送されている。今回はいわば、その“女弁護士版”ということで、「『ドクターX』を超えられるか?」という点も注目されていた。

 今クールは、初回の平均視聴率14.2%を記録した織田裕二主演の『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)が話題を集めている。また、こちらも人気作の続編である阿部寛主演の『下町ロケット』(TBS系)も控えており、『リーガルV』はそれらのドラマとしのぎを削ることになりそうだ。

 初回の展開を振り返ると、弁護士資格をはく奪された小鳥遊翔子(米倉)が、ポンコツ若手弁護士の青島圭太(林遣都)とペーパー弁護士で元大学教授の京極雅彦(高橋英樹)をスカウトし、京極の名を借りて「京極法律事務所」を立ち上げる。「弱者を救うための法律事務所」をうたう小鳥遊は、元ストーカーで服役経験のある馬場雄一(荒川良々)と、1億円横領で服役経験のある元銀行員・伊藤理恵(安達祐実)をパラリーガル(弁護士業務を補助する者)として採用する。

「弱者を救うって、そういうこと?」と思わずツッコミそうになったが、現役ホストの茅野明(三浦翔平)も加え、自身は管理人として京極法律事務所をスタートさせた。

 そして今回、小鳥遊たちが扱ったのは、一度訴えられると有罪率99.9%といわれる「痴漢冤罪事件」。事の発端は、君島化学の会社員である安田勉(児嶋一哉)が三島真央(山谷花純)に「お尻を触られた」と糾弾されている現場に、青島が偶然居合わせていたことだ。そして、無実を訴える安田を見過ごせず、青島は弁護を引き受けることになる。

 三島が嘘をついていることを見抜いた小鳥遊は、「鉄道研究歴30年」「カリスマ鉄子」「全日本鉄道社・鉄道研究1級のライセンスを持つ専門家」という肩書きで証人として法廷に入り、鉄道オタクの目線から次々に三島の証言の矛盾点を指摘する。最終的には、怖くなった三島が「ごめんなさい」と嘘を認め、京極法律事務所は初仕事で無罪を勝ち取った。

 しかし、それだけでは終わらない。小鳥遊は、この事件の黒幕が安田の同僚である冨樫博之(安井順平)だという証拠をつかみ、君島化学に「安田の不当解雇に対する賠償金」として100億円を請求する。さらには、「特許出願をめぐる会社の内紛を告発する会見を開く」という脅しで会社側を追い込み、安田へ賠償金を支払わせることに成功した。

 放送前から期待が大きかったドラマだけに、インターネット上では多くの反響があがっている。特に、小鳥遊に「ポチ」とあだ名をつけられてしまった青島の「わんこっぷり」にキュンとした視聴者が多かったようで、以下のような反応が見られた。

「青島の小鳥遊さん好き好き感と“ポチみ”にやられました」

「小鳥遊さんカッコいいし、青島くんの一生懸命なポチっぷりにはニコニコしてしまう」

「きっとポチの成長物語でもあるので楽しみだなぁ。遣都くん、あの髪型大正解だと思う。ポチ感が4割増しくらいになる」

「これから、心揺れるエモいポチとかコメディ感あふれるスピーディなポチを堪能できるのかぁ。木曜が楽しみすぎる!」

つづく

Business Journal2018年10月13日18時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_483731

写真
no title

【米倉涼子主演『リーガルV』痴漢冤罪の描写に批判続出!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
日テレ

1: なまえないよぉ~ 2018/04/20(金) 06:23:47.93 ID:CAP_USER9
4月12日放送の『カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)で、北海道の雪事情を特集。その番組内容が物議を醸したようだ。

 この日の放送では、「北海道 驚愕SNOWライフの真実」と題し、北海道の雪事情を取材。北海道独特の雪質や、積雪時の対応などを紹介した。

 その中で、今年の冬に20センチ超の積雪で都市機能が麻痺した東京についての感想を現地の人に聞くと、札幌市民の男性は「バカだなと思いました」とバッサリ。「(雪が)降るのが分かってるのに、なぜこんな右往左往してるの!」と率直な感想を述べた。

 また、別の男性に対し、札幌では雪の影響で交通が麻痺しないのかを聞くと、「(交通麻痺は)しない」「逆になんで東京が(雪で)麻痺してるのかが分からない」と答えていた。

 さらにその後、札幌市の雪対策室の職員が、札幌市では約1000台の除雪車と、約3000名の作業員が除雪に当たっていることを説明。そして市内全線の道路の除雪を行った場合、ひと晩の費用として1億2000万円かかることが明かされた。

 今回の番組で、東京での積雪パニックを引き合いに出す内容があったことに、視聴者からは疑問の声が上がった。放送後、ネットには「東京のことバカにしてるけど、そもそもの気候が違うだろ」「東京に来たことない人なんだろうなぁ」「積雪量に雲泥の差があるのに、比較するのがおかしい」「北海道と東京じゃ人口も雪日数も全然違うのに、比べる意味あるの?」など、批判的な反応が続出していた。

「同番組では、たびたび都市同士の対立をあおるような内容を放送し、物議を醸しています。4月5日放送の『ヒミツのKYOTO』というテーマの回では、大阪府民と京都府民に、それぞれの地域に対する感想を聞くという検証を実施。案の定、お互いをけなすような発言が飛び交っていましたね」(テレビ誌ライター)――ちょっとやりすぎた!?

日刊大衆2018年4月19日19時30分
https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_58972/?ptadid=

写真
no title

【<ケンミンSHOW>北海道特集での“東京バッシング”に批判続出!「東京のことバカにしてるけど、そもそもの気候が違うだろ」】の続きを読む